レポート:教会広場で8人の歌声が鳴り響く!「Wake Up, May’n!『One In A Billion』リリース記念イベント」レポート

2017年8月9日、東京・お台場にあるヴィーナスフォート教会広場において、TVアニメ「異世界食堂」のOPテーマである「One In A Billion」のリリース記念イベントが行われました。今回は、こちらのイベントをレポートします。

今回のイベントでは、「Wake Up, May’n!」からMay’nさん、吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さんの8人が出演されました。

イベント当日、日程は平日にも関わらず、会場には満員になるほどのファンが訪れ、配布していたイベントの整理券も早々に捌けるなど、Wake Up, May’n!の人気の高さが窺えました。そして、今回のイベントは公開スペースと言うこともあり、通りがかりのお客様もイベントを興味深そうに見ている人も多数いらっしゃいました。

イベントが始まると、オープニングテーマを担当しているTVアニメ「異世界食堂」の“洋食のねこや”の扉が開くように、教会の扉が開き、メンバー8人が颯爽と登場し、Wake Up, Girls!の楽曲「タチアガレ!」を一曲目として披露。しかも、今回はMay’nさんがメインボーカルを担当するバージョン。これには会場のファンも驚きと喜びの声を思わずあげていました。

一曲目が終わり、MCパートとなり、Wake Up, May’n!が一人ずつ自己紹介をした後、今回のWake Up, May’n!が結成されたきっかけとなる去年の12月開催のイベント「アニメJAM2016」で披露した「タチアガレ!」を今回選曲した話をされていました。

続いて二曲目は、「王様のカデンツァ」。8人それぞれが甘く爽やかな歌声で歌い上げ、会場のファンも思わず聞き入っていました。

歌い終わってから、ここで新情報として、新曲の制作が発表されました。ANiUTaで、8月23日から独占配信が決定!さらに今日のイベントでも初披露と言うことで、三曲目の「ハートライン」へ。

「ハートライン」はアップテンポで、会場に集まったファンも大いに盛り上がっていました。是非8月23日のANiUTaでの楽曲配信を楽しみにしていて下さい。

「ハートライン」の初披露で、会場も興奮している中、更に最新情報として、12月24日に行われるイベント「アニメJAM2017」において、Wake Up, May’n!が出演することや、現在放送中のアニメ「異世界食堂」にWake Up, Girls!の7人のメンバーがフェアリー役として出演することが発表されました。

そして、今回のイベントの最後の曲…という締めの台詞になると、会場からは「今来たばっかり!」とコールと返しで、Wake Up, May’n!も「それな!」というWake Up, Girls!のイベントでのお約束のやりとりが行われ、そして最後の曲で「One In A Billion」が披露され、キャストも会場のファンも最高潮に盛りあがりました。

曲が終わると、会場からは割れんばかりの歓声が起こり、イベントが終了しました。


<商品情報>

タイトル:「One In A Billion」
アーティスト:Wake Up, May’n!
発売日:2017年8月9日発売予定
価格:

【初回限定盤】2200円[税抜]

【通常盤】1200円[税抜]

収録曲:
01. One In A Billion
(作詞:藤林聖子/作曲:渡辺未来/編曲:R・O・N)
02. 王様のカデンツァ
(作詞・作曲・編曲:宮川 弾)
03. One In A Billion
(Instrumental)
04. 王様のカデンツァ
(Instrumental)
※初回限定盤には『One In A Billion』Music Video&Dance Videoをマルチアングルで収録したBlu-ray Discを同梱
【初回封入特典(初回限定盤&通常盤)】リリース記念イベント 特典お渡し会参加券


Wake Up, May’n!『One In A Billion』リリース記念イベント
日時:8月9日(水)18:00スタート
場所:東京・お台場 ヴィーナスフォート教会広場
内容:フリーライブ+特典お渡し会


May’n 公式HP
http://mayn.jp/

May’n 公式Twitter
https://twitter.com/mayn_tw

Wake Up, Girls!公式HP
http://wug-portal.jp/

Wake Up, Girls!公式Twitter
https://twitter.com/wakeupgirls_PR

レポート:VRシアター、冬のライブと盛りだくさんの発表が!「アイドルタイムプリパラ サマーライブツアー2017」東京公演昼の部レポート

2017年8月6日、東京・豊洲にある豊洲PITにおいて、「アイドルタイムプリパラ サマーライブツアー2017」が行われました。今回は東京公演の昼の部をレポートします。

今回のライブは東京公演昼・夜共にチケットSOLD OUT満員御礼!で昼夜公演で4200人を動員と多くの人が足を運んだライブになりました。

出演者は、真中らぁら役の茜屋日海夏さん、南みれぃ役の芹澤優さん、北条そふぃ役の久保田未夢さん、東堂シオン役の山北早紀さん、ドロシー・ウェスト役の澁谷梓希さん、レオナ・ウェスト役の若井友希さん、夢川ゆい役の伊達朱里紗さん、虹色にの役の大地葉さん、幸多みちる役の山田唯菜さん、紫京院ひびき役の斎賀みつきさん、緑風ふわり役の佐藤あずささん、真中のん役の田中美海さん、月川ちり役の大森日雅さん、太陽ペッパー役の山下七海さん、わーすたから坂元葉月さん、廣川奈々聖さん、松田美里さん、小玉梨々華さん、三品瑠香さんの豪華な顔ぶれが出演されました。

会場は開始時間前からアニメなどの映像が流れ、その曲に合わせて盛り上がるファンもたくさんいました。開始十分前になると、「アイドルタイム!!」のダンスのレクチャーも始まり、開場も暖まってきました。

時間となり、わーすたが登場し、早速「Just be yourself」、「ハロハロフレンズ」、「GOGO!プリパライフ」を元気よく熱唱。会場も最初から大盛りあがりでした。

そして、舞台上の画面にアイドルタイムプリパラの映像が流れてから、らぁらとみれぃが登場し、「ま~ぷるMake up a-ha-ha!」を熱唱。と思いきや、途中からアイドルタイムプリパラのコンビ、らぁらとゆいにバトンタッチをして、らぁらとゆいの二人で最後まで歌い上げました。

続いて、今度は初めてのゆいのソロ披露と言うことで、「チクタク・Magicaる・アイドルタイム!」に。会場は黄色一色に染まり、ゆいが初のソロとは思わせない素晴らしい歌声を披露していました。

六曲目は、「TRIal HEART ~恋の違反チケット~」みれぃがパワフルに歌い上げ、会場もそのパワフルな歌声に負けないコールがこだましました。七曲目の「太陽のflare sherbet サクラシャワー ver.」は、そふぃが大人の雰囲気の歌声で歌い上げていました。八曲目は「絶体絶命 final show女」は曲の間の台詞で会場も一瞬静かになり、場の空気を掴んでいました。

九曲目は、「Twin mirror♥compact」テンポの良い曲に合わせて、会場も踊っていたことや、ペアだから出来る歌以外の表現も豊かで、会場も盛り上がっていました。十曲目は、「ブランニュー・ハピネス!」らぁらとゆいのペアでゆめかわいく、二人で歌い上げました。

 十一曲目の「あっちゃこっちゃゲーム」では、リズミカルな曲に合わせてにのが歌い、会場もその盛りあがり負けず、コールが入っていました。十二曲目の「GOスト♭コースター」はみちるが大人っぽい歌声で会場を魅了していました。にのとみちるについては後ろで流れていたアニメの映像とシンクロした形でダンスをしており、キャストが更にキャラに寄せた形になっていました。

ここで、ライブは小休止で、告知コーナーとなり、様々な告知がされていましたが、告知の最後に『飛び出すプリパラ!?「アイドルタイムプリパラ み~んなあつまれヨコハマ!ゆめかわマジカるライブ」』が「横浜DMM VRシアター」で開催も決定!10月13日~11月1日の期間に行われる情報が発表されました。
https://vr-theater.dmm.com/schedule/pripara

 一通り告知が終わったところで、ステージにバンドセットが設置され、SoLaMi Dressingによるライブパートに。「レインボウ・メロティー♪」はアコースティックに、「Love friend style」は心地の良いテンポで歌い、「Growin’ Jewel!」は折り重なる六人のハーモニーとバンドのサウンドがベストマッチしていました。

続いて、「シュガーレス×フレンド」をNonSugarが熱唱。テンポの良い曲で、会場も先ほどまでの落ち着いた雰囲気から、一気に盛りあがりました。「コノウタトマレイヒ」は優しい雰囲気に包まれていました。

「トンでもSUMMER ADVENTURE」はキャストが出てくると、会場から絶叫のような声も聞こえてくる位の声援が聞こえ、歌もキャストが舞台中を移動し、盛り上がっていました。「純・アモーレ・愛」会場からの黄色い声援がひときわ大きくなっていました。ひびきのアルトの歌声が会場に響き渡っていました。

そして、「トライアングル・スター」、「ラン♪ for ジャンピン!」、「Ready Smile!!」は様々なコールと歌声が融合し、ライブ会場全員が参加者という雰囲気でした。

最後にキャスト全員が集合して…と思いきや、速報が入り、なんと過去最大級の超豪華キャストが出演する「アイドルタイムプリパラ Winter Live」が12月10日に幕張メッセ国際展示場での開催が決定!詳細はお待ち下さい。

最後に「アイドルタイム!!」を出演者全員で熱唱し、ライブは終了しました。


<イベント情報>
イベント名:「アイドルタイムプリパラ Winter Live 20117」
日時:2017年12月10日(日)開場17:00 開演18:00予定
開場:幕張メッセ 国際展示場
チケット価格:
一般チケット;7990円(税込)
親子チケット(大人1名、子ども1名):9800円(税込)
親子チケット(大人2名、子ども1名):13200円(税込)
親子チケット(大人1名、子ども2名):15000円(税込)
出演者:
茜屋日海夏(真中らぁら役)、芹澤優(南みれぃ役)、久保田未夢(北条そふぃ役)、山北早紀(東堂シオン役)、澁谷梓希(ドロシー・ウェスト役)、若井友希(レオナ・ウェスト役)、伊達朱里紗(夢川ゆい役)、大地葉(虹色にの役)、山田唯菜(幸多みちる役)、渡部優衣(白玉みかん役)、真田アサミ(ガァルル役)、山本希望(北条コスモ役)、斎賀みつき(紫京院ひびき役)、佐藤あずさ(緑風ふわり役)、田中美海(真中のん役)、大森日雅(月川ちり役)、山下七海(太陽ペッパー役)、山下誠一郎(ショウゴ役)、小林竜之(アサヒ役)、上田玲央(コヨイ役)、わーすた(坂元葉月、廣川奈々聖、松田美里、小玉梨々華、三品瑠香)

<チケット販売>
8月11日発売の「プリパラ クリスマス☆ドリームライブ2016」Blu-ray&DVD初回生産限定版に、「アイドルタイムプリパラWinter Live 2017」おnチケットが必ず購入できるシリアルコードが封入されています。
※8月20日開催「アイドルタイムプリパラ サマーライブツアー2017」大阪会場でも販売致します。
※この最速販売受付では親子チケットの購入はできません。
・対象商品
プリパラ クリスマス☆ドリームライブ2016 Blu-ray&DVD 初回生産限定版
価格:
・Blu-ray 5000円(税抜)
・DVD 4000円(税抜)
詳しくはプリパラDVD・CD公式HPをご確認下さい。
http://avex.jp/pripara


<セットリスト>
M1 Just be yourself(わーすた)
M2 ハロハロフレンズ(わーすた)
M3 GOGO!プリパライフ(わーすた)
M4 ま~ぷるMake up a-ha-ha!(らぁら(CV:茜屋日海夏)&みれぃ(CV:芹澤優)→らぁら(CV:茜屋日海夏)&ゆい(CV:伊達朱里紗))
M5 チクタク・Magicaる・アイドルタイム!(ゆい(CV:伊達朱里紗))
M6 TRIal HEART ~恋の違反チケット~(みれぃ(CV:芹澤優))
M7 太陽のflare sherbet サクラシャワー ver.(そふぃ(CV:久保田未夢))
M8 絶体絶命 final show女(シオン(CV:山北早紀))
M9 Twin mirror♥compact(ドロシー&レオナ(CV:澁谷梓希、若井友希))
M10 ブランニュー・ハピネス!(ゆい(CV:伊達朱里紗)&らぁら(CV:茜屋日海夏))
M11 あっちゃこっちゃゲーム(にの(CV:大地葉))
M12 GOスト♭コースター(みちる(CV:山田唯菜))
M13 レインボウ・メロティー♪(SoLaMi Dressing)
M14 Love friend style(SoLaMi Dressing)
M15 Growin’ Jewel!(SoLaMi Dressing)
M16 シュガーレス×フレンド(NonSugar(CV:田中美海&大森日雅&山下七海))
M17 コノウタトマレイヒ(ふわり(CV:佐藤あずさ))
M18 トンでもSUMMER ADVENTURE(らぁら、ふわり、ドロシー、レオナ、シオン)
M19 純・アモーレ・愛(ひびき(CV:斎賀みつき))
M20 トライアングル・スター(SoLaMi♡SMILE(CV:茜屋日海夏、芹澤優、久保田未夢))
M21 ラン♪ for ジャンピン!(DressingPafe’(CV:山北早紀、澁谷梓希、若井友希)
M22 Ready Smile!!(SoLaMi Dressing)
M23 アイドルタイム!!(出演者全員)

キャスト
SoLaMi Dressing(CV:茜屋日海夏、芹澤優、久保田未夢、山北早紀、澁谷梓希、若井友希)


公式サイト
http://avex.jp/pripara/

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/IPP製作委員会

レポート:イベント全部で作品愛が詰まっていた!「うらら迷路帖 ファン感謝祭」夜の部イベントレポート

2017年7月23日、東京・虎ノ門にあるニッショーホールにて、TVアニメ「うらら迷路帖 ファン感謝祭」が行われました。今回は夜の部「~真夜中の棗屋、マツコ本領発揮!~」をレポートします。

今回のイベントは、千矢役の原田彩楓さん、紺役の本渡楓さん、小梅役の久保ユリカさん、ノノ役の佳村はるかさん、ニナ役の茅野愛衣さん、佐久役の諏訪彩花さん、大島役の高倉有加さん、塩沢役の咲々木瞳さん、Luce Twinkle Wink☆の宇佐美幸乃さん、深沢紗希さん、錦織めぐみさん、板山紗織さん、桧垣果穂さんが登壇されました。

最初に影ナレで、佐久と大島と塩沢の三人でショートドラマ風会場内諸注意、千矢と紺と小梅とノノとマツコとニナで今日のイベントの概要説明があり、イベントがスタート。

司会の茅野さんと諏訪さんが先に登場し、原田さん、本渡さん、久保さん、佳村さん、高倉さん、咲々木さん、Luce Twinkle Wink☆の計13人が勢揃いしました。

各出演者挨拶の後、最初のコーナーへ。登壇キャストへの事前アンケートを元にした「うらら迷路帖」の印象的なシーンについて、映像での振り返りと、トークが行われました。

最初はノノのくしゃみのシーンが挙げられ、その時のアフレコ秘話が披露されました。他のシーンでは、千矢が佐久を押し倒す場面が挙げられ、このシーンはイベントで盛り上がるだろうということで、チョイスされたという事でした。

そんな中、九番占でマツコが大活躍するシーンは、キャストの中でもなかなか謎が多いというシーンだと言う事で、会場からも歓声が起きていました。他にも、大島と塩沢が佐久とニナの子供になろうという妄想シーンや、ニナの温泉での酔っ払いシーンなどが挙げられ軽快なトークが楽しめました。

そして、ここからは三チームに分かれての企画コーナーとなります。「マツコの知ってる世界」というゲームで、お客さんに質問をして、5人以下を目指すゲーム。棗屋チーム、警らチーム、ルーチェチームに分かれて行われました。

ルールは客席に2回質問して、如何に少ない人数を当てられるかの勝負になります。マツコチャンスを使うと、3回質問が出来ますが、マツコさんがランダムで質問をするので成功するか失敗するかは分かりません。最終的な該当する人数が5人で1ポイント、4人で2ポイント、3人3ポイント、2人で2ポイント、1人で5ポイントのルールで競われました。

最初はルーチェチームで、テーマは「お風呂」のお題で会場に質問を行いました。ルーチェチームの第一問は「昨日銭湯に行った人」→「コーヒー牛乳を飲んだ人」で3人が手を挙げ、ルーチェチームは3ポイントを獲得。

棗屋チームは「朝ごはん」というテーマを引き当て、「冷凍食品を食べた人」→「うまく解凍出来なかった人」で4人が手を挙げ、棗屋チームは2点を獲得しました。

警らチームは「電車」を引き当て、「会場まで電車を使わないで来た人」→「一週間電車に乗っていない人」が6人以上で終了しました。

その後もゲームは続き、棗屋チームは「甘い物」を引き当て、「フロートを飲んだ人」で、マツコチャンスを使い、「フロートのサクランボを手か口の中で結んだ人」で2人に絞りましたが、更に攻めて「毎回作るか?」で、1人が手を挙げ、5ポイントを獲得しました。

結果として、警らチーム5ポイント、棗屋チーム12ポイント、ルーチェチーム12ポイントと棗屋チームとルーチェチームが同点となり、じゃんけん勝負になりました。じゃんけんは昼の部の雪辱を晴らしたルーチェチームが優勝し、それぞれのチームが満員の会場の中で、難しい条件で正解を探り出すゲームが大変白熱しました。

企画コーナーも終わり、場面転換がされ、続いては朗読劇のコーナーに。朗読劇は棗屋のメンバーがニナにプレゼントを考える話が披露され、アドリブでも盛り上がりましたが、最後は心温まる話に、会場も心優しい雰囲気になっていました。

朗読劇が終わったところで、次はライブパートに。Luce Twinkle Wink☆の「go to Romance>>>>> 」を披露し、続いてらびりんずが「夢路らびりんす」を披露し、どちらの曲も会場が大変盛り上がりました。

最後に出演者の挨拶が行われ、Luce Twinkle Wink☆のリーダー宇佐美さんは「私たち、本当に「うらら迷路帖」が大好きで、TVアニメは終わってしまいましたが、これからルーチェがまだまだ盛り上げていけるように精一杯頑張りますので、また皆様に会えるように楽しみにしています。今日は本当に本当にありがとうございました。」と挨拶し、他のメンバーも同様のコメントを残してくれました。

警ら隊からは、諏訪さんが「みなさん本当に今日はたくさん盛り上がってくれてありがとうございます。朗読劇は結構みんなで自由にやらせていただきました。楽しかったです!」と挨拶。高倉さんは「この作品って、本当に愛が凄いな詰まっているなと思っているのですが、大島と塩沢って本誌では正直あまり出ていないのですが、スタッフさんの愛のお陰で我々ここにいます。本当に感謝しております!」、咲々木さんは「我々大島と塩沢のキーホルダーと缶バッジが売っているんですよ。初グッズなんですよ。一緒じゃなくて、個別包装なんですよ!」と興奮気味に話しつつ、今日会場に来られた方にお礼もしていました。

ニナ役の茅野さんは「うちの生徒たち、自由でしょ?朗読劇もアドリブ合戦が凄すぎてね。ビックリしちゃったんですけど、そういう自由な所も楽しくやらせて頂いたのは暖かいスタッフさん達のお陰だと思います!」とコメント。

佳村さんは「みなさん、ありがとうございました!大好きなメンバーで出来て、本当に幸せで、会場のみなさんからも愛を頂けて、本当に今日は幸せです!皆さんこれからも応援よろしくお願いします。」と挨拶し、久保さんは「昼に引き続き、夜もフルライブを終えた後のような、一人だけ発散したような(笑)。先生も毎回アフレコに顔を出してくれたり、監督も愛に溢れた、他の現場でもうららの話をしてくれて、うらら愛に恵まれた現場だったなと思います!是非、またみんなで揃って、 二期やったり、劇場版出来たら…最高だと思います!」とコメント。会場も大歓声となりました。

続いて本渡さんは「うらら迷路帖のアニメ関連の事等は一旦終わるのですが、紺ちゃんとして凄く、千矢ちゃんをはじめ、他の皆さんと出られて良かったです。泣いちゃうよ。みんな優しいから。だから、二期やって…。」と思わず涙ぐむ場面もありました。

最後に挨拶をした原田さんは「うらら迷路帖という作品は本当に本当に皆様に愛されていて、スタッフの方もそうですし、キャストの皆さんもそうですし、本当に本当に皆様が愛してくれたから、ここまでこれた作品だと思っております。これからもうらら迷路帖をよろしくお願いします。」とコメントし、イベントは終了しました。