ニュース:70年代ロボットアニメ4作品の約40周年プロジェクト「ミラクルロボットフォース」テーマソング CD発売決定!アニメ、特撮音楽の巨匠・渡辺宙明書き下ろし楽曲をアニソンの女王・堀江美都子が歌う! 70年代ロボットアニメ4作品集結!

1976年~1977年にTV放送されたロボットアニメ『UFO戦士ダイアポロン』『合身戦隊メカンダーロボ』『ブロッカー軍団IV マシーンブラスター』『超合体魔術ロボ ギンガイザー』のコラボレーションプロジェクト「ミラクルロボットフォース」。約40年の時を経て制作会社の垣根を超えて集合した、“スーパー”でも“リアル”でもない奇跡の「ミラクルロボット」たちとなる。

その「ミラクルロボットフォース」のテーマソングの制作が、作詞・桑原永江、作曲・渡辺宙明、編曲・籠島裕昌、歌・堀江美都子の参加とともに発表され、話題となっている中、本テーマソングを収録したCDアルバムの発売が決定した。テーマソングに加え、各作品のオリジナルオープニングおよびエンディングテーマが収録される。

また、付属のDVDには各作品の第1話も収録する大変豪華な収録内容。70年代テレビの前でロボットアニメに胸を熱くした人たちに送るスペシャル企画となっている。

ジャケットは、越智一裕(コミック『ダイナミックヒーローズ』『コズミック・ファンタジー』ほか)描き下ろし。12月1日からは、中野ブロードウェイにて「ミラクルロボットフォース資料展」も開催される。


<テーマソング>
タイトル:「勇躍!ミラクルロボットフォース」
作詞:桑原永江(『救急戦隊ゴーゴーファイブ』『神魂合体ゴーダンナー!!』ほか)
作曲:渡辺宙明(『合身戦隊メカンダーロボ』『マジンガーZ』『神魂合体ゴーダンナー!!』ほか)
編曲:籠島裕昌(『ドラゴンボール超』『ハートキャッチプリキュア!』ほか)
歌:堀江美都子(『超電磁マシーン ボルテスV』『キャンディ・キャンディ』ほか)


<CD概要>
タイトル:ミラクルロボットフォース ソングコレクション
フォーマット:CD+DVD
発売日:2017年12月13日(水)
価格:3,000円+税
品番:COZX-1389~1390
発売元:日本コロムビア株式会社

<CD収録曲>
01.『ミラクルロボットフォース』テーマソング
勇躍!ミラクルロボットフォース ※新曲
作詞:桑原永江
作曲:渡辺宙明
編曲:籠島裕昌
歌:堀江美都子
02.『UFO戦士ダイアポロン』オープニングテーマ
UFO戦士ダイアポロン
作詞:山本正之
作曲:山本正之
編曲:武市昌久
歌:子門真人
03.『UFO戦士ダイアポロン』エンディングテーマ
UFO少年団
作詞:山本正之
作曲:山本正之
編曲:武市昌久
歌:子門真人
04.『超合体魔術ロボ ギンガイザー』オープニングテーマ
超常スマッシュ! ギンガイザー
作詞:保富康午
作曲・編曲:横山菁児
歌:ささきいさお / 東京荒川少年少女合唱隊
05.『超合体魔術ロボ ギンガイザー』エンディングテーマ
さがしにいかないか
作詞:保富康午
作曲・編曲:横山菁児
歌:ささきいさお / 東京荒川少年少女合唱隊
06.『ブロッカー軍団IVマシーンブラスター』オープニングテーマ
ブロッカー軍団マシンブラスター
作詞:とくら清和
作曲:小林亜星
編曲:筒井広志
歌:ヒデ夕樹/東映児童合唱団
07.『ブロッカー軍団IVマシーンブラスター』
男・天平の唄
作詞:武者造
作曲:小林亜星
編曲:筒井広志
歌:北原浩一
08.『合身戦隊メカンダーロボ』オープニングテーマ
トライアタック!メカンダーロボ
作詞:保富康午
作・編曲:渡辺宙明
歌:水木一郎/コロムビアゆりかご会
09.『合身戦隊メカンダーロボ』エンディングテーマ
さすらいの星ジミーオリオン
作詞:保富康午
作・編曲:渡辺宙明
歌:水木一郎/こおろぎ’73
10.ミラクルロボットフォース』テーマソング
勇躍!ミラクルロボットフォース(オリジナル・カラオケ)

<DVD収録内容>
1.『UFO戦士ダイアポロン』より第1話「合身!!悪魔軍団を倒せ!!」
2.『超合体魔術ロボ ギンガイザー』より第1話「出動だ!ギンガイザー」
3.『ブロッカー軍団IVマシーンブラスター』より第1話「運命の大あらし!」
4.『合身戦隊メカンダーロボ』より第1話「コンギスター軍団 日本大襲撃!」


<「ミラクルロボットフォース」とは>
1976年~77年に放送され、今年約40周年を迎えた“アラフォー”ロボットアニメ4作品のコラボレーションプロジェクト名。各作品の最新情報および「4作品合同企画」は、公式WEBサイト、Twitterで随時発表しています。

活動期間:
2017年4月3日(月)より約1年間を予定

公式サイト:
http://miraclerobot-force.com

Twitter:
http://twitter.com/gin_machine_re

『ミラクルロボットフォース資料展』中野ブロードウェイで開催!
開催日:2017年12月1日~19日
場所:中野ブロードウェイ3F『墓場の画廊』
概要:アニメ制作当時の設定資料等の展示、及び墓場の画廊オリジナルグッズを含む物販。

<コラボ作品名>
『UFO戦士ダイアポロン』
(1976年4月6日~9月28日/制作:(株)エイケン)
『ブロッカー軍団IV マシーンブラスター』
(1976年7月5日~1977年3月28日/制作:日本アニメーション(株))
『合身戦隊メカンダーロボ』
(1977年3月3日~12月29日/制作:(株)ワコープロ)
『超合体魔術ロボ ギンガイザー』
(1977年4月9日~10月22日/制作:日本アニメーション(株))


<テーマソング参加アーティストコメント>
渡辺宙明 (作曲)
「今回の歌詞は非常に長いのが特徴で、そして素晴らしい内容でした。長いけれども、歌詞がいいので、作曲する時の苦労はそれほどでもありませんでしたね。アレンジのリズムセクションも上手くいってましたし、何よりも堀江さんの歌はやっぱり素晴らしい! と思いました。」

堀江美都子 (歌唱)
「ミラクルロボットフォースは、往年のロボットアニメ4作品を皆さんのパワーで一つにして、新たに生まれ変わらせるすばらしい企画ですね。この歌には、そんな想いがとても熱く感じられます。私もロボットアニメの歴史の中でずっと生きてきた一人として、その歌をまた宙明先生の曲で歌わせていただけることを、感無量に思っています」

桑原永江 (作詞)
「昔カッコいい大人になろうと思っていた少年が今どうなっているのか? 今カッコよく生きているのか? というところを自分に呼びかけるつもりで詩を書きました。そこに宙明先生が本当に熱い曲をつけてくださり、堀江さんがビックリするぐらいカッコよく歌ってくださって、籠島さんのアレンジも最高で本当に幸せでした。」

籠島裕昌 (編曲)
「今回は参加させていただいて、ただただ光栄です。子供の頃、ロボットソングを友達と遊びながら歌っていた世代ですから、全力で頑張るしかないな、と思っています。歌の持っている力。メロディの持っている力、言葉の持っている力。すべての力が合わさると、まさにこういう、ロボットもの王道の歌ができあがるのだと、作家陣の力に感激しています」


©1976 雁屋哲・エイケン ©ワコープロ ©NIPPON ANIMATION CO., LTD.

ニュース:タイの人気ロックバンドSlot Machineと仮面ライダーGIRLSの奇跡のコラボレーションが生み出した「仮面ライダーエグゼイド」タイ版オープニング主題歌「EX-AID」の配信がスタート!

『仮面ライダークウガ』から15年以上途切れることなく放送が続くなど、仮面ライダーシリーズの人気が高いタイ王国の地上波テレビ局「WORKPOINT」で、9月9日から朝8時より放送開始した『仮面ライダーエグゼイド』。

昨年放送されていた『仮面ライダー鎧武』から始まった「オープニング主題歌プロジェクト」は、放送される地域の人気アーティストとコラボレーションをした楽曲を番組のオープニング主題歌に起用する企画だ。

第2弾となる今回は、2004年のデビュー以降、2016年と2017年の2年連続でFUJI ROCK FESTIVALにも出演するなど、タイ国内に留まらない不動の人気を確立しつつあるロックバンド「Slot Machine」と、仮面ライダーシリーズ40周年を記念して結成されたシリーズ初の女の子ライダーユニットとして活躍を続けている「仮面ライダーGIRLS」のコラボレーションが実現した。楽曲「EX-AID」は今作のために、Slot Machineが書き上げた。

仮面ライダー・スーパー戦隊シリーズの大ファンであることを公言していたSlot MachineのベースATIRATが、FUJI ROCK FESTIVAL 2016の出演の際に受けた日本のメディアのインタビューの中で仮面ライダーシリーズへの愛情を熱く語っていることがきっかけでSlot Machineに白羽の矢が立ち、今回のコラボレーションが実現した。

そして、タイで話題のこの楽曲がiTunes/レコチョク他にて、10月17日より配信がスタートした。


<Slot Machine>
配信開始日:10/17(火)0:00~配信
楽曲名:「MASKED RIDER EX-AID」主題歌「EX-AID」
アーティスト名:Slot Machine featuring KAMEN RIDER GIRLS
配信サイト:iTunes/レコチョク 他
価格:239円+税


<Slot Machine>
タイのロック界を率いるバンド「スロットマシーン」は2004年にデビュー。2006年、カナダのボーイズグループの元メンバーScott Moffattがプロデュースしたアルバム【Mutation】を発売。アルバムから「Phan(Yesterday)」と「Kham Sutthai (Song for U)」がスマッシュヒットとなる。
その後アメリカのスーパーグループ「Linkin Park」のバンコク公演のオープニングアクトに抜擢され、3万人の前でパフォーマンスした。2013年、MTVヨーロッパ音楽アワードで「トップ東南アジアグループ」の栄冠に輝く。「MTV EXIT LIVE IN MYANMAR」のチャリティーライブで世界的に有名なJason Mrazなどの大スターと共演し、7万人の前でパフォーマンスした。
2015年8月、台北で行われた初のインターナショナル・ミュージックフェス「Super Slippa Festival」に出演。台湾発の「Magic Power」や「MayDay」などのアジア出身グループだけでなく、世界のスーパースター達と共演。10月には初のイギリスツアーを敢行。その後日本の「FUJI ROCK 2016」、韓国の「Jisan Valley Rock Festival」、台湾の「Super Slippa Festival」、香港の「Clockenflap」に出演。
2017年、Live Nationによる北米での「Asia On Tour」に出演。また、バンコク最大級の「Impact Arena」にて自身のライブを開催、地元を熱狂に包みこんだ。


<仮面ライダーGIRLS>
「仮面ライダーシリーズ」40周年を記念して結成された東映オフィシャルガールズユニット。
主な活動としては、仮面ライダーを題材にした楽曲の歌唱、関連イベントへの出演。メンバーは、井坂仁美、秋田知里、鷲見友美ジェナ、黒田絢子

レギュラーの活動として文化放送「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」アシスタント
ラジオ日本「レッツゴー!仮面ライダーGIRLS」東映の動画配信サービス「東映特撮ファンクラブ」の大使も務めている。最新情報、8/23日にソロアルバム「invincible」を発売!


©2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
©ISHIMORI PRODUCTION INC., and TOEI COMPANY, LTD. All Rights Reserved.

舞台:「Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-」秋公演開始!キャストインタビュー

2017年9月29日より10月8日まで、東京・六本木のZeppブルーシアター六本木において、「Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-」の秋公演が行われます。

今回、「Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-」に出演されるペディヴィエール役の佐奈宏紀さん、マシュ・キリエライト役のナナヲアカリさん、アルトリア・ペンドラゴン役の高橋ユウさん、ランスロット役の小野健斗さん、オジマンディアス役の本田礼生さん、ロマニ・アーキマン役の井出卓也さんがインタビューにメディア向けインタビューに応じて頂けました。


<今回の舞台への意気込みは?>
佐奈さん:
「夏とまた良い意味で違った作品が見せられればと思います。」

ナナヲさん:
「進化した秋公演を皆様に見せればと思っております。」

高橋さん:
「夏公演を経て、秋公演、また新しい舞台になっていると思います。私は普段笑顔をチャームポイントにしているのですが、完全封印しているのでそちらも是非見て下さい。」

小野さん:
「円卓の騎士として悔いの無いように生きぬきたいとおもいます。」

本田さん:
「夏公演が終わって、待ちに待った公演だったので、溜まっていた思いをぶつけたいと思います。」

井出さん:
「稽古中に本田さんがあまり参加できなくて、オジマンディアスの代役をさせて頂いたのですが、新しい視点が出来たと思います。秋公演は新しいロマンを見せられればと思います。」


<夏公演を終えて課題にされていた事や、秋公演の見所を教えて下さい。>
佐奈さん:
「演出家の福山桜子さんとも話して、こうだねとなった所もあるのですが、如何にドラマを生み出すかを重視していて、そのシーン、そのシーンで必要なドラマや役割をしっかり明確に表現してお客様に届けようと思って、課題と思って、それを秋で見せられればなと思っています。」

ナナヲさん:
「ドラマを起こすために、カルデラチームとして重要なのがベディとの絆の積み重ねを課題にしてフォーカスし、秋公演はそこを頑張ってきたので、きっとベディとの最初の出会いから最後の所までの積み重ね、絆が見えると思うのですが、そこを見て頂きたいなと思います。」

高橋さん:
「私はアーサー王時代のアルトリア・ペンドラゴンと獅子王になった時のアルトリア・ペンドラゴンの違いをより大きく見せるのが課題だなと思っていて、獅子王はより王の威厳だったり、恐ろしさを出したいと思っていました。アーサー王はベディとの繋がり、こんなに長く追いかけて、私を追いかけて、追いかけたであろう素晴らしいアーサー王でいようと如何に今回の舞台で見せられるかと思っております。そちらを見て頂ければと思います。」

小野さん:
「円卓の騎士として、殺伐とした感じとか、緊張感だったり、もうちょっとパワーアップ出来たら良いかなと、獅子王にいつ殺されてもおかしくないという緊張感に繋がればと思います。」

本田さん:
「ファラオとしているかと、本当に自由に王らしくいること、いかにみんなが土下座をしたくなる、王らしく、獅子王とは違う王らしく暴君としても愛される所を、そこをとにかく追求しました。」

井出さん:
「マシュも言っていましたが、ベディとの絆と、毎回円卓が一人一人出てくるのですが、一人くらい見逃しても良いんじゃ無いかな…全員と当たるんですが、一人一人との円卓との戦いがあって、最後のラスボスの獅子王にたどり着く所と、ロマンとしてのベディの気持ちは夏より更に上がっているのではないかと思います。」


<ファンへのメッセージをお願いします。>
井出さん
「アニメやゲーム原作の舞台は多く、『2.5次元』というジャンルで語られることも多いのですが、僕らはあくまでこの世界を行き、原作でも描かれていない部分も演じることで、3次元の一人の人間として生きています。切り取った絵というよりも生き様を実感していただいて、いろんな視野から一人の人間を観ていただけたらと思います。よろしくお願いします。」

本田さん
「3次元になったときに初めて見えることが、この舞台では丁寧に描かれていると思います。原作でも描かれていないけれど、オジマンディアスとしてふるまっているところなど。そういう部分、キャスト一人ひとり、深めていっていますのでぜひ観ていただければと思います。」

小野さん
「これだけ長い時間一緒にいますので、チームワークも上がってきていますし、まあ……できるっしょ、みんな(笑)。ちなみに、僕は『2次元から飛び出してきた男』だと、自分では信じています(笑) よろしくお願いします」

高橋さん
「今回は円卓がめちゃめちゃパワーアップしていて、獅子王としても誇りに思える騎士たちになっています。そこを本当に注目していただきたいです。TVアニメ「Fate/Apocrypha」があったり、Fateが盛り上がっているときに舞台をやれること、本当にうれしく思っていますので、たくさんの人に観ていただいてFateの世界観を楽しんでいただければと思っています。」

ナナヲさん
「Fateシリーズに関しては中学のころから本当に好きだったので、自分がそのシリーズのキャラクターになっていることが未だに信じられないんですが、Fateの好きな人ももちろん楽しめる作りになっていると思います。一方で私たちは私たちとして舞台上で生きている、一人の人間として生きているそのストーリー自体も感じてもらえればきっとFateをあまり知らない人でも、絶対に絶対に楽しんでいただけると思います。」

佐奈さん
「ひとつひとつのシーンが本当に大切で、無駄なシーンや無駄なキャストはひとつもなく、一個一個が本当に大事で最後につながっています。見どころを強いて言うならみんなの顔です。リアルにその場を生きている顔になっているんです。村の民もアンサンブルも、皆その場で必死に生きている表情がリアルというか、もう本気なんです。その部分を生で観て、透き通った心で感じてほしいです。」

<公演概要>
タイトル:Fate/Grand Order THE STAGE –神聖円卓領域キャメロット-
公演日:
<夏公演>2017年7月14日(金)~7月17日(月・祝)
<秋公演>2017年9月29日(金)~10月8日(日)
劇場:Zeppブルーシアター六本木
公式サイト:
http://stage.fate-go.jp
公式ツイッター:
https://twitter.com/fgothestage

チケットに関するお問い合わせ:
アズプロジェクト
fgo_stage@as-project.com
公演に関するお問い合わせ:
アニプレックスカスタマーセンター
TEL:03-5211-7555
(平日10:00~18:00/土・日・祝日除く)


<千秋楽公演、Gyao!にてライブ配信決定!アンコール配信も実施!>
千秋楽のライブ配信が決定!話題の舞台を観覧できるチャンスです!!
LIVE配信
日時:
10月8日(日)
・12:00公演(女性マスターの回)
・17:00公演(男性マスターの回)
販売金額:
・1公演のみ(12:00の回or17:00の回を選択)3,000円(税込)
・2公演セット5,000円(税込)

アンコール配信
日時:
10月12日(木)午後~10月15日(日)23:59
販売金額:3,000円 (税込)
※LIVE配信をご購入いただいた方は無料でご覧いただけます。
視聴期間:購入から5日間

GYAO!特設サイト「ニゴステ(2.5次元ステージ)」
https://gyao.yahoo.co.jp/special/25stage/


<Blu-ray&DVD発売決定!>
2種類の公演をそれぞれ1枚のディスクに収めた豪華仕様。ぜひご注目ください!
発売日 2018年2月28日(水)
形態 Blu-ray/DVD
価格
Blu-ray 8,800円(税抜)
DVD 7,800円(税抜)
仕様 本編DISC2枚組 (特典映像入り)三方背、デジケース仕様、特製ブックレットつき
特典映像:バックステージ映像、メイキングなど

ANIPLEX+・アニメイト版
さらに特典DISCがもう1枚ついた、「ANIPLEX+・アニメイト版」も発売!
Blu-ray 9,300円(税抜)
DVD 8,300円(税抜)

店舖共通特典:両面告知ポスター
対象の店舗にてご購入頂いた方にプレゼント!
対象店舗:
ANIPLEX+、アニメイト、Amazon(【早期購入特典あり】商品のみ対象)ほか
※ANIPLEX+・アニメイト限定版も対象となります。
※特典はなくなり次第終了となります。
発売:アニプレックス 販売:ソニー・ミュージックマーケティング


Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-
<キャスト>
ベディヴィエール:佐奈宏紀
藤丸立香:佐伯 亮/岡田恋奈 (Wキャスト)
マシュ・キリエライト:ナナヲアカリ
アルトリア・ペンドラゴン:高橋ユウ
ランスロット:小野健斗
ガウェイン:山口大地
トリスタン:菊田大輔
モードレッド:甲斐千尋
アグラヴェイン:JAY
呪腕のハサン:富沢たかし
アーラシュ:西川俊介
オジマンディアス:本田礼生
レオナルド・ダ・ヴィンチ:RiRiKA
ロマニ・アーキマン:井出卓也
奏者:Ayasa
アンサンブル:
おごせいくこ
加藤貴彦
澤邊寧央
高木勇次朗
前原雅樹
増山航平
松岡篤志
KiKi
島田友愛
中野夏奈
工藤博樹
合田孝人
白石拓巳
海谷ひとみ
山の民:
葵洋輔
阿久津千尋
石橋佑果
千葉由香莉
野崎みちる
萩原梨美子

<スタッフ>
原作:Fate/Grand Order(FateRPG)
脚本・演出・作詞:福山桜子
音楽:
大塚茜
芳賀敬太(「Fate/Grand Order Original Soundtrack Ⅰ」より)
深澤秀行(Fate/stay night Original Soundtrack&Drama CD「Garden of Avalon-glorious,after image」より)

美術:松生紘子
照明:大波多秀起(デイライト)
音響:天野高志
映像:横山 翼(オーベロン)
アクション:根本太樹(ATT)
振付:楢木和也、BOB、山根和馬、松GORI
衣裳:ヨシダミホ
衣裳製作:梅森充
ヘアメイク:黒田はるな、川井友美、遠田瞳
特殊造形:林屋陽二(アトリエオレンヂ)
小道具:羽鳥健一
大道具:俳優座劇場舞台美術部
歌唱指導:原田千栄
稽古ピアノ・音楽助手:安藤菜々子
演出助手:加藤雅人
舞台監督:瀬﨑将孝
制作:杉田智彦(アズプロジェクト)
宣伝写真:金山フヒト
宣伝美術:羽尾万里子

©TYPE-MOON/FGO STAGE PROJECT