公式レポート:劇場版「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~の初日舞台挨拶にキャスト&監督が登壇!

2018年1月13(土)より全国公開がスタートした劇場版「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~の公開記念舞台挨拶が、その公開初日に東京・新宿バルト9にて行われた。舞台挨拶にはエレン・イェーガーを演じる梶裕貴、ミカサ・アッカーマンを演じる石川由依、アルミン・アルレルトを演じる井上麻里奈、ライナー・ブラウンを演じる細谷佳正、ベルトルト・フーバーを演じる橋詰知久、そして肥塚正史監督が登壇し、映画の見どころや撮影時のエピソードなどを語った。

映画の最後には、2018年7月より放送のTVアニメ「進撃の巨人」Season3の新規のカットもあり、満足度の高い内容となった。

また、舞台挨拶中にTVアニメ「進撃の巨人」Season3の第二弾キービジュアルが初解禁となり、会場からは歓声が上がった。梶は新ビジュアルにエレンが映っていないことに対して「これエレンいないですよね?監督、説明してもらっていいですか?」と肥塚監督に冗談交じりに詰め寄り笑いを誘った。

劇場版のヒット祈願に、巨人絵馬に2018年の抱負を書くコーナーでは、梶が「駆逐してやる!!」と力強く書き込み「僕にとって進撃の巨人とエレンという役はライフワークみたいなところがあるので、これからも駆逐していきたい」と語り、客席からは拍手が起こった。

石川は「馬に乗る!!」と綴り、作中だけでなくリアルでも馬に乗ってみたかったことを明かした。「外の世界へ」と書いた井上は「私は基本的にインドア派なので、家の外へ出よう、壁を超えて行こう(笑)世界に向けて進撃の巨人を広めていきたいです」と語った。

そんななか細谷は「クズの役を演りたい。」と綴り「クズの役を演りたいと常々思っておりまして…結婚詐欺師のような」とコメントして会場に笑いが起こった。一方「裏切りたくない!」と書いた橋詰は「作品の中で嘘をついていたからこそプライベートでは紳士に向き合いたい」と語り、昨年は作品の展開に辛い思いもあったことを明かした。そして肥塚監督は「Season3成功!」と綴り「夏に向けて頑張って作っているので、皆さん楽しみに待っていて下さい」とトークを締めくくった。

最後に梶は「Season2の劇場版を皮切りに、今年7月に放送のSeason3にうまく流れをつないでいけたらと思います。引き続きこの作品を応援していただけたらと思っております。」と挨拶をした。そして観客総立ちの「心臓を捧げよ」のコール&レスポンスで舞台挨拶は締めくくられた。

ついに第二弾キービジュアルが解禁された今年7月放送のTVアニメ「進撃の巨人」Season3の放送や、ロバート秋山のクリエイターズ・ファイルとのコラボなど、今後も様々に盛り上がりを見せる本作に、是非ご注目いただきたい。


<劇場版「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~ 作品情報>
2018年1月13日劇場公開
公式HP:
http://shingeki.tv/movie_season2

予告編映像:


<数量限定!週替わり入場者プレゼント「浅野恭司描きおろしコースター2種ランダム配布」>
週ごとに変わるキャラのイラストと、肥塚正史監督のサインがプリントされたコースターを、劇場入場者を対象に2種類の中から先着でランダムに配布する。


<TVアニメ「進撃の巨人」Season3 作品情報>
2018年7月放送開始
公式サイト:
http://shingeki.tv/season3/

公式Twitter:
https://twitter.com/anime_shingeki

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

公式レポート:TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」上村祐翔、戸松遥、市ノ瀬加那、梅原裕一郎が登壇!舞台挨拶付き先行上映会イベントレポート

「キルラキル」や「リトルウィッチアカデミア」などの人気作品を手がけるアニメーションスタジオ TRIGGER と、「アイドルマスター」や「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を手がけるA-1 Pictures共同制作によるオリジナルTVアニメーション「ダーリン・イン・ザ・フランキス」。

1月13日(土)より放送が開始する本作の舞台挨拶付き先行上映会が、本日ユナイテッド・シネマ豊洲にて開催されました。主人公ヒロ役の上村祐翔、ヒロイン・ゼロツー役を演じる戸松遥、イチゴ役の市ノ瀬加那、そしてゴロー役の梅原裕一郎が登壇。放送よりも一足早く第1話をご覧頂いた観客の前で、作品に関するトークをお届けいたしました。


ヒロ:上村祐翔
スタッフ、キャスト全員が全力を出し切らないと出来ない作品だと自負しておりますので、画面を通して皆さまに伝われば良いなと思っております。精一杯これからも演じていきますので、「ダーリン・イン・ザ・フランキス」を宜しくお願いします。

ゼロツー:戸松遥
本日は第1話先行上映会にお越し頂きありがとうございます。スタッフ、キャストの全員が全身全霊を込めて作っています。話が進めば進むほど面白くなりますので、最後までぜひ見て頂けたらと思います。

イチゴ:市ノ瀬加那
コドモ達が懸命に戦っている生き様を見て頂きたいなと思います。私自身イチゴを勉強して、もっと魅力的なイチゴを演じられるように頑張っていきます。

ゴロー:梅原裕一郎
第1話ご覧いただきありがとうございました。まだ分からない事が徐々に明らかになりますので、「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の今後の展開をお楽しみください。


さらにイベント会場では、メカニックデザイン:コヤマシゲトによる監修で、3ヶ月に渡り制作が進められていたフランクス「ストレリチア」の大型立像がお披露目された。

本作は明日1月13日(土)23時30分より、TOKYO MX、とちぎテレビ、群馬テレビ、BS11、ABC朝日放送、メ~テレほか各局にて順次放送開始となる。


<「ダーリン・イン・ザ・フランキス」 舞台挨拶付き先行上映会>
日程:2018年1月12日(金)場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
キャスト:
上村祐翔:ヒロ役
戸松遥:ゼロツー役
市ノ瀬加那:イチゴ
梅原裕一郎:ゴロー役


<フランクス「ストレリチア」立像お披露目!>


<TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」作品情報>
放送情報
TOKYO MX:1月13日より毎週土曜23:30~
とちぎテレビ:1月13日より毎週土曜23:30~
群馬テレビ:1月13日より毎週土曜23:30~
BS11:1月13日より毎週土曜23:30~
ABC朝日放送:1月13日より毎週土曜26:29~
メ~テレ:1月13日より毎週土曜26:39~
広島ホームテレビ:1月18日より毎週木曜27:00~
BSS山陰放送:1月19日より毎週金曜26:18~
BBCびわ湖放送:1月22日より毎週月曜26:45~(1月15日(月)26:45~ 事前特番放送)
※放送開始日・放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

主題歌情報:
オープニング主題歌:
中島美嘉「KISS OF DEATH(Produced by HYDE)」
作詞・作曲:HYDE
編曲:HYDE/Carlos K.
エンディング主題歌:
XX:me(キス・ミー)
作詞・作曲・編曲:杉山勝彦


<スタッフ>
原作:Code:000
監督:錦織敦史
副監督:赤井俊文
シリーズ構成:錦織敦史/林直孝(MAGES.)
キャラクターデザイン/総作画監督:田中将賀
メカニックデザイン:コヤマシゲト
アクション監修:今石洋之
ミストルティンデザイン:中村章子
叫竜デザイン:岩崎将大
美術設定:塩澤良憲
美術監督:平柳悟
色彩設計:中島和子
3Dディレクター:釣井省吾/雲藤隆太
3DCG:スタジオカラー/A-1 Pictures
モニターグラフィックス:座間香代子
撮影監督:佐久間悠也
音楽:橘麻美
音響監督:はたしょう二
編集:三嶋章紀
制作:TRIGGER/A-1 Pictures

<キャスト>
ヒロ:上村祐翔
ゼロツー:戸松遥
イチゴ:市ノ瀬加那
ミツル:市川蒼
ゾロメ:田村睦心
ココロ:早見沙織
フトシ:後藤ヒロキ
ミク:山下七海
ゴロー:梅原裕一郎
イクノ:石上静香
ナナ:井上麻里奈
ハチ:小西克幸
フランクス博士:堀内賢雄


<ストーリー>
彼らは夢を見る。
いつの日か大空へはばたく夢を。
ガラスによって遮られたその空が、どれだけ遠いものだと知っていても。

遠い未来。
人類は荒廃した大地に、移動要塞都市“プランテーション”を建設し文明を謳歌していた。

その中に作られたパイロット居住施設“ミストルティン”、通称“鳥かご”。コドモたちは、そこで暮らしている。
外の世界を知らず。自由な空を知らず。
教えられた使命は、ただ、戦うことだけだった。

敵は、すべてが謎に包まれた巨大生命体“叫竜”。
まだ見ぬ敵に立ち向かうため、コドモたちは“フランクス”と呼ばれるロボットを駆る。それに乗ることが、自らの存在を証明するのだと信じて。

かつて神童と呼ばれた少年がいた。コードナンバーは016。名をヒロ。けれど今は落ちこぼれ。
必要とされない存在。
フランクスに乗れなければ、居ないのと同じだというのに。

そんなヒロの前に、ある日、ゼロツーと呼ばれる謎の少女が現れる。彼女の額からは、艶めかしい二本のツノが生えていた。

「――見つけたよ、ボクのダーリン」


タイトル:「ダーリン・イン・ザ・フランキス」

公式サイト:
http://darli-fra.jp

公式ツイッター:
https://twitter.com/DARLI_FRA

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

公式レポート:“工藤静香ソロ活動30周年記念企画ミニアルバム「Shizuka Kudo Tribute」座談会”速報レポート

1月10日(水)、男性声優7名参加による工藤静香の名曲ばかりを集めたトリビュートミニアルバムの発売を記念した座談会イベントが都内某所で開催され、同アルバムで楽曲を歌唱した関智一、鈴村健一、谷山紀章、下野紘が出演した。また、イベント後半にはサプライズゲストとして工藤静香本人が登場し、会場中を驚かせた。

司会を務める鷲崎健の呼び込みから男性声優陣が登壇。それぞれ挨拶ひとつで観客の笑いを誘い、会場が温まったところで、今回の企画に参加した感想を語っていく。

関は年も近く親近感があり大好きだという工藤の企画ということで「マジか!絶対やるやるやるやる」と参加を即答したそうだ。

鈴村は姉が大好きで頻繁に楽曲を歌っており、その時によく聴いていた『嵐の素顔』を担当させてもらったと明かし、谷山は工藤を知った当時のことを振り返って思い出話に花を咲かせた。この3人よりも少し下の世代の下野も妹や後輩がカラオケで楽曲をよく歌っていたことを話し、世代を超えて楽曲が愛されていることをアピールした。

担当楽曲の選曲については男性声優陣に任されており、用意されたリストから選んでいったが、すんなり決まった曲がある一方、曲によっては争奪戦だったことも明かされた。

続いて、工藤のライブを見に行ったことがないという4人のために用意された1992年のライブの上映へ。

どんな風にライブが始まるか気になるということでオープニングから見始めることに。バラードから始まるステージのインパクト、色っぽさ、ダンス、曲ごとに変わる衣装など、ひとつひとつに驚きながら、鷲崎が語る当時の豆知識を聞きつつスクリーンに見入る。『MUGO・ん…色っぽい』の白スーツ姿は、皆が持つ工藤のイメージに一番近いと語り合いつつ、この曲を担当した下野が可愛さを前面に出して歌ったと、レコーディング時のエピソードを話した。

『工藤静香クイズ大喜利』では、大喜利ということでただ正解を目指すのではなくボケを挟みつつクイズに挑戦。「工藤さんの大ヒットソング『慟哭』のタイアップだったドラマのタイトルは?」「中島みゆきさんがインタビューで『工藤さんの○○に憧れる』と答えた○○の内容は?」などの難問に対して、最初はいまいちボケきれなかったものの4人の回答のキレは徐々に増していき、会場は笑い声に包まれた。そんな中、しっかりボケつつも関が次々と正解を連発し、皆を驚かせた。

次は、谷山が『めちゃくちゃに泣いてしまいたい』を工藤静香と同じキーでレコーディングしたという話から、急遽カラオケをすることに。急な展開に谷山は戸惑いつつ周りに押される形で1コーラスだけと前置きし、同曲を熱唱。他の3人もタンバリンを持ってステージを静かに盛り上げる。

皆が谷山の美声に酔いしれていると、なんと工藤静香本人が歌いながら登場し、ステージ上は大パニック。驚いた4人は次々とステージを飛び降り、客席から工藤静香の歌に聴き惚れていた。

4人はサプライズに取り乱した様子を見せながらも工藤からトリビュートミニアルバムの感想を受け取り、関には先ほどのクイズで優勝したということで工藤からプレゼントが贈られた。工藤は最後に「愛絵理」というペンネームで作詞した曲が貯まったので今年は何かをしたいと抱負を語った。エンディングでは4人は満足げな表情を浮かべつつ、今日のイベントの感想、トリビュートアルバムに参加出来た喜びを語り、ステージ上にマイクをそっと置いたところでイベントは終了となった。

カメラマン:福岡諒祠