公式レポート:コトリンゴ アニメーション映画『この世界の片隅に』オリジナルサウンドトラック発売記念スペシャルライブ カタスミクインテット@渋谷・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREライブレポート

今年2月から、映画『この世界の片隅に』サウンドトラックの発売を記念したライブを、全国各都市で開催しているコトリンゴ。どの会場も盛況で、チケット発売開始からまもなく、東京での追加公演が決定した。

その追加公演が、4月11日(火)、渋谷・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREでおこなわれた。

出演者は、コトリンゴを含めた「カタスミクインテット」の5人。副田整歩(サックス・フルート・クラリネット)、徳澤青弦(チェロ)、須藤ヒサシ(ベース)、鈴木カオル(ドラム)は、いずれもサウンドトラックのレコーディングにも参加している演奏者だ。

演奏者が登場し、ステージ下手のピアノの前にコトリンゴが腰掛けて、ライブはスタート。サウンドトラックの1曲目「神の御子は今宵しも」を演奏し、オープニングテーマ「悲しくてやりきれない」を歌い上げる。

ステージ後方のスクリーンには、その楽曲が使われてた『この世界の片隅に』のシーンが、場面カットや動画によって映し出され、視覚的にも映画を振り返れる趣向。広島・中島本町を歩いていく8歳のすずや、青空の下に咲くたんぽぽの情景が、演奏にさらなる情感を与えていく。

今日は、サウンドトラックのほぼ全ての曲に、自分のこれまで出してきたアルバムの曲を織り交ぜて演奏します、とコトリンゴ。サントラの「引き潮の海を歩く子供たち」から「朝のお仕事」までを演奏し、「隣組」を歌うと、自分の曲である「みっつの涙」と「ツバメが飛ぶ歌」を披露した。

トントントカラリという、のどかなリズムの「隣組」と、アフロキューバン風の「みっつの涙」は絶妙のマッチング。彼女自身の楽曲は、どれも穏やかで、普通の暮らしを描いたものも多く、『この世界の片隅に』の世界観に自然にとけ込んでいく。

「私の好きなシーン、No.2かな?」という「ありこさん」と、それに続く「ヤミ市」では木琴が活躍。あまり出番がなく持て余していた自宅にある3台の木琴のうちの2台を持参したという。「ありこさん」では、コトリンゴとドラムの鈴木カオルが、「ヤミ市」では、サックスの副田整歩が木琴を演奏した。

「ヤミ市」は、すずが砂糖を買いに、初めて闇市に足を踏み入れたシーンの曲。キュートかつコミカルなメロディとリズムで、コトリンゴはピアニカを演奏した。そこから、ピアノソロによる「りんさん」に繋ぎ、すずとりんという、表裏一体とも言える二人の女性の出会いのシーンがスクリーンに映し出された。

コトリンゴの好きなシーンNo.1は、すずが台所に立って、楠公飯など、いろいろな料理を作っていくシーン。TVの情報番組などで『この世界の片隅に』が紹介される時に流れる頻度が多かったこともあり、そのシーンの曲「ごはんの支度」はファンにとって、よりなじみの深い曲だ。レコーディングではさまざまな日用雑貨が楽器として使われたが、ライブではドラムの鈴木が、菜箸やボウルやざるを叩いたりして、軽快なリズムを作り出していく。

『この世界の片隅に』の物語の転換点となったシーンの曲「あの道」からのパートは、それまでの楽しい雰囲気から打って変わって、心を締めつけられる曲が続くことに。これもまた、サウンドトラックの大切な要素であり、これらの楽曲に乗せて、映画が描いたものの重みを、観客は噛みしめる。

そこから「こんにちはまたあした」「つくりごと」など、彼女自身の曲を5曲挿み、いよいよクライマックスへ。主題歌「みぎてのうた」と、りんの物語が描かれた、2番目のエンディング映像で使われた曲「すずさん」で、一旦、ライブは幕を閉じた。

アンコールでは、戦後のシーンでラジオから流れたビッグバンドジャズの「New Day」を、クインテットのアレンジで。コトリンゴ自身にとっても「大切な大切な曲」というエンディングテーマ「たんぽぽ」が、それに続いた。

「たんぽぽ」に合わせてスクリーンに現れたのは、制作準備のために描かれたイメージボード。完成した映画のカットと交互に映し出されることで、『この世界の片隅に』という作品の、制作開始から完成、そして大きな評価を得るまでの歩みを感じさせてくれた。

「今年でデビュー10周年なんですけど、あっという間で、特別なことは何も計画していなかったんです。でも、『この世界の片隅に』のサウンドトラックを作らせていただいて、なんだかとても賑やかになって、これで10周年は十分だなと思っています」と、ライブの途中で語ったコトリンゴ。彼女と『この世界の片隅に』の出会いは、多くの人を幸せにしてくれたはずだ。

ライブの最後は、片渕監督との出会いとなった、映画『マイマイ新子と千年の魔法』の主題歌「こどものせかい」を、徳澤のチェロとともに。

終演後には、「いつまでもみなさんの中で、すずさんがフワフワと笑っていますように」という、コトリンゴからのメッセージが、スクリーンに映し出された。

以降、このライブは形態を変えてコトリンゴソロ、および徳澤青弦 (cello)との共演で開催が決定している。ライブの詳細は以下のとうり。


<LIVE INFORMATION>
アニメーション映画『この世界の片隅に』オリジナルサウンドトラック発売記念ライブ
すずさんとハナウタライブ

2017年4月21日(金) 神戸・ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園
時間:18:00 open / 19:00 start
料金:前売 4,000円 / 当日 4,500円 (ドリンク代別途)
問合せ:
http://cowandmouse.com/
kotringotour2017@gmail.com
080-3136-2673 (Cow and Mouse)

2017年4月22日(土) 鳥取市・わらべ館 いべんとほーる
時間:14:30 open / 15:00 start
料金:大人 500円 (入館料)予約開始日:4月1日(土)
予約 & 問合せ:0857-22-7070 (わらべ館)

2017年6月4日(日) 千葉・鎌ヶ谷MT MIlly’s
時間:16:00 open / 17:00 start
料金:前売3,800円 / 当日4,300円 (税込 / 全席自由 / 整理番号順入場) *未就学児童入場不可
イープラス:イープラス(PC/スマートフォン共通)
会場に関する問合せ:MT Milly’s 047-401-6605

2017年6月18日(日) 早稲田奉仕園・スコットホール
コトリンゴ:vocal, piano, pianica, glocken, xylophone … and more!
時間:16:30 open / 17:00 start
料金:4,500円 (整理番号付)
一般発売日:4月15日(土) ~
問合せ:ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999(平日12:00~18:00)

コトリンゴ with 徳澤青弦 (cello)
2017年7月8日(土) 那覇・桜坂劇場ホールA
時間:14:30 open / 15:00 start
プレイガイド:桜坂劇場窓口 / チケットぴあスポット / ローソンチケット / ファミリーマート各店 / イープラス
問合せ・電話予約:桜坂劇場 098-860-9555

上田映劇100周年記念
アニメーション映画『この世界の片隅に』オリジナルサウンドトラック発売記念イベント
映画上映 × コトリンゴのすずさんとハナウタライブ
2017年5月20日(土) 長野県・上田映劇
時間:16:30 開場 / 17:00 開映 / 19:15〜20:45 コトリンゴ ライブ(終演時間は前後する可能性あり)
料金:前売4,500円、当日5,000円(税込 / 整理番号付)
問合せ:上田映劇
http://www.uedaeigeki.com/usermail/index.php?id=93280
プレイガイド:
ローソンチケット
http://l-tike.com
0570-084-003 (Lコード:75181)
イープラス
http://eplus.jp

INFORMATION
コトリンゴが主題歌をてがけたドラマ「100万円の女たち」の主題歌
「漂う感情」 2017年4月20日から、iTunesにて配信決定!!
※木ドラ25「100万円の女たち」(RADWIMPS野田洋次郎 連ドラ初主演作品)
テレビ東京(ほか、Netflix、BSジャパン)
毎週木曜日・深夜1時~1時30分放送中!!
番組HP:
http://www.tv-tokyo.co.jp/100man/

公式レポート:『GANGSTA.』Blu-ray&DVD発売記念上映会~便利屋@新宿バルト9~

コースケ原作(新潮社「月刊コミック@バンチ」連載)の人気コミックがTVアニメ化され、2015年7月〜9月まで放送された『GANGSTA.』のBlu-ray&DVD発売再開を記念した上映イベントが、2017年3月28日(火)、新宿バルト9にて開催された。本編3話分の上映をはじめ、ウォリック・アルカンジェロ役の諏訪部順一さん、ニコラス・ブラウン役の津田健次郎さんによるトークショーも実施された。

今回のイベントでは、Act.08「EVENING DRESS」、Act.09「SIBLINGS」、Act.10「LAND OF CONFUSION」の3話が上映された。上映後、観客の大きな拍手に迎えられ、諏訪部さんと津田さんがステージに登壇。それぞれの挨拶が済んだところで、バンダイビジュアルの遠藤プロデューサーも加わり、トークショーがスタート。

久し振りの『GANGSTA.』のイベントということで、簡単に作品を振り返りながらトークは進行。まず、パッケージが第2巻から第3巻の発売まで約1年半の期間が空いたという話題に。津田さんが「1年半あれば世界一周できますね」と答えると、諏訪部さんも「恋が始まって、終わるよね。2、3回くらいパートナーが代わっていてもおかしくない…あくまで個人の感想ですけど(笑)」と語り、会場は笑い声に包まれた。

その後は今まであまり語られていないオーディションの話題へ。諏訪部さんが「ウォリックとニコラスの両方を受けて、結果ウォリックに決まったんですけど、ホント良かったです」と、ウォリック役に決まったことを素直に喜ぶと、すかさず津田さんが「どういうこと?」と返し、「だって大変そうじゃないですか」と、ニコラスの役作りの難しさについて諏訪部さんが語ると客席も大きく頷いた。一方の津田さんは「記憶が定かではないんですけど、ニコラスはちゃんと受けました」と回答。

そんな中、遠藤プロデューサーが「元々オーディションではウォリックのみの方、ニコラスのみの方、ウォリックとニコラスの両方を受けた方がいらしたんです。その途中、監督や音響監督との話の流れで、急遽全員にウォリックとニコラスの両方をやってもらうことになったんです。その途中からの無茶振りをされたのが諏訪部さんです」と、オーディションの舞台裏を明かした。すると諏訪部さんが「僕は面白半分で両方やらされたってことですね(笑)。でも、そういうことって実はよくあるんです。現場で声を聴いて、別のキャラクターもお願いしますみたいな。むしろ、それで別のキャラに決まることも結構あるんですよ」と“声優あるある”を語り、会場を盛り上げた。

また、オーディションでの思い出に残っているエピソードとして諏訪部さんが「オーディションを受ける人の一覧表が会場の壁に貼ってあって、そこには錚々たる“セクシー”&“ダンディー”な声の持ち主が揃っていたんです。それを見た瞬間、これは無理だって思っていたら自分に決まったので嬉しかったですね。その甲斐あって、今では“セクシー”や“ダンディー”を欲しいがままにしているんですけどね」と語り、客席からは大きな拍手と笑い声が起きていた。その他、Blu-ray&DVD各巻に収録されている音声特典のオーディオコメンタリーの話題では収録時の思い出話に花を咲かせていた。トークショーの最後は登壇者が一人ずつ会場のファンへ感謝のメッセージを送り、この日の上映イベントは幕を閉じた。


Blu-ray BOX:6月23日(金)発売
全12話収録/BCXA-0994/28,000円(税抜)
※Blu-ray BOXには特典・描き下ろしイラストは付属・使用しません。 ※本編のみの収録となります。


<ストーリー>
マフィアの支配する街・エルガストルムで宅配から殺し、護衛に人探しまで、なんでも請け負う【便利屋】を生業にするウォリックとニコラス。2人は警察やマフィアからも一目置かれ、どの組織にも所属しない中立な存在として、様々な依頼を引き受けていた。そしてある日、警察から舞い込んだ依頼で、1人の娼婦と出会う。

閉ざされたこの街でしか生きられない健常者(ノーマル)たちと『黄昏種(トワイライツ)』と呼ばれる超人的な能力を持つ者たち。つながり続ける、過去と現在。重なり合う、使命と運命。――2人と一人が出会ったとき、街の混沌は加速する

<スタッフ>
原作:コースケ(新潮社「月刊コミック@バンチ」連載)
監督:村瀬修功
シリーズディレクター:初見浩一
シリーズ構成:猪爪慎一
キャラクターデザイン:植田羊一
美術設定:久保田正宏
美術監督:甲斐政俊(スタジオカイム)
色彩設計:斎藤裕子
プロップデザイン:常木志伸
撮影監督:長田雄一郎(旭プロダクション)
編集:長坂智樹(ジェイ・フィルム)
音響監督:長崎行男
音楽:TSUTCHIE
オープニングテーマ:STEREO DIVE FOUNDATION「Renegade」
エンディングテーマ:Annabel「夜の国」
アニメーション制作:マングローブ

<キャスト>
ウォリック・アルカンジェロ:諏訪部順一
ニコラス・ブラウン:津田健次郎
アレックス・ベネデット:能登麻美子
チャド・アトキンス:金尾哲夫
コーディ・バルフォア:石川界人
テオ:三上 哲
ニナ:悠木碧
ダニエル・モンロー:宝亀克寿
マイルズ・マイヤー:小山剛志
ヤン:前野智昭
デリコ:橋詰知久
イヴァン・グラジエフ:桐本琢也
ジーナ・パウルクレイ:榊原良子
ダグ:吉野裕行
ジンジャー:小松未可子
ロレッタ・クリスチアーノ・アモーディオ:植田佳奈
マルコ・アドリアーノ:櫻井孝宏
ガラハッド・ウーフー:稲田徹
ウラノス・コルシュカ:梅津秀行
ヨエル・ラヴォー:磯辺万沙子
コンスタンス・ラヴォー:小清水亜美
ウォレス・アルカンジェロ(ウォリック少年期):村瀬歩
ニコラス・ブラウン(少年期):花江夏樹


公式HP:
http://gangsta-project.com

公式twitter:
http://twitter.com/GANGSTA_project

(c)コースケ/新潮社・GANGSTA.製作委員会

公式レポート:「この素晴らしい世界に祝福を!2」感謝祭~この素晴らしいファンの皆様と祝宴を!~開催!

4月9日(日)、ディファ有明にて『「この素晴らしい世界に祝福を!2」感謝祭~この素晴らしいファンの皆様と祝宴を!~』を開催した。

感謝祭には福島潤さん(カズマ役)、雨宮天さん(アクア役)、高橋李依さん(めぐみん役)、茅野愛衣さん(ダクネス役)、稲田徹さん(荒くれ者役)、Machicoさん(オープニング主題歌担当)が出演し、たくさんのファンとこのすばロスを吹き飛ばす熱気で盛り上がりった。

Machicoさんによる「この素晴らしい世界に祝福を!2」オープニング主題歌「TOMORROW」のライブで幕を開けると、まずは「このすばらシーンに祝福を!」のコーナー。皆さんから募集した「みんなで選ぶ!このすばらシーン投票!」のランキング結果が発表され、さまざまな名シーンがランクインする中で1位に輝いたのは2期10話「魔王軍幹部ハンス討伐戦」。※すべてのランキング結果は、後日アニメ公式サイトでも発表する。

「クイズ・スバオネア」のコーナーでは稲田さんとクイズの神様・Machicoさんを司会に、パーティーのチームワークを試すため福島さん、雨宮さん、高橋さん、茅野さんが「このすば」クイズに挑戦。選択肢を2択にする、偉い人に電話をかけるといった“魔法”も駆使しましたが、難易度の高い問題に悪戦苦闘する4人。結局、正解数が過半数に達しなかったため豪華賞品は司会の手に渡る。しかし、福島さんがスティールを使って目録を奪い取った。

続いては、感謝祭のために書き下ろしたスペシャルドラマを生朗読。個性的なセリフや口調、軽妙な掛け合い、生アイキャッチなどプロの技に随所で歓声や笑いが起こる。さらに、劇中ではカズマたちがアクセル祭の歌合戦に出場するということで、キャラクターソングを初披露。荒くれ者の「酒と泪と男と女」、めぐみんの「Right☆eye」、ダクネスの「連れ去って・閉じ込めて・好きにして」、アクアの「わたし音頭」が披露され、テーマカラーのペンライトが輝く会場を盛り上げる。そして、カズマの「ろくでもないBLUES」が始まったかと思いきや、いつものようにアクアがトラブルを起こし、歌合戦は中止になってしまうのだった……。

ラストは雨宮さん、高橋さん、茅野さんがエンディング主題歌「おうちに帰りたい」でみんなをあたたかく包み込む。アンコールではMachicoさんが1期オープニング主題歌「fantastic dreamer」、全員で1期エンディング主題歌「ちいさな冒険者」を歌い、「このすば」の世界をたっぷり堪能できた感謝祭は終了となった。


TVアニメ「この素晴らしい世界に祝福を!2」公式サイト:
http://konosuba.com/

日本コロムビア公式サイト:
http://columbia.jp/konosuba/

(C)2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会