公式レポート:芹澤優・7月25日発売1stシングル「最悪な日でもあなたが好き。」ハートがたくさん!まさに『好き』が散りばめられたピンクの衣装を初披露&初歌唱!発売記念リリースイベントレポート

声優とアイドルのハイブリットユニットi☆Risのメンバー、芹澤優が本日7月15日(日)にお台場パレットプラザにて1stシングル「最悪な日でもあなたが好き。」(7月25日発売)のリリースイベントを開催、オサレカンパニーの茅野しのぶ氏制作による、衣装の初披露と、本作の初歌唱を行った。

芹澤優は、2012年にエイベックス・グループと81プロデュースのダブルマネジメントによる、声優とアイドルの活動を両立するハイブリッドユニット“i☆Ris”としてデビュー。i☆Risとしての活動に加え、2017年にミニアルバム「YOU&YOU」でソロデビュー、自身が描く“究極のアイドル”を詰め込んだ拘りのクリエイティブが人気を博し、これまでに2枚のミニアルバムと2回のソロライブを実施。さらに2018年9月と10月には、名古屋と大阪にて国内初のファンミーティングイベント、そして12月には自身3回目となるバースデーソロライブも開催が決定している。

また、声優としては、今回EDテーマを担当するTVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』でヒロインのシェラ・L・グリーンウッド役を担当、さらに、今年の4月クールのTVアニメで、人気を博し第2シーズンの制作も決定している『3D彼女リアルガール』五十嵐色葉役、『キラッとプリ☆チャン』赤城あんな役など、多くの作品に出演し、声優、アイドルと共に全力で活動中だ。

今回、発売に先駆けて、ミニライブ付きのリリースイベントを開催。ピンクを基調としたワンピースに、ハートがたくさん散りばめられた、愛らしい衣装に会場からは熱い声援が起こりました。オサレカンパニーの茅野しのぶ氏による今回の衣装は、ワンピースが「白」と「ピンク」のツートンカラーとなっており、白は“純白の恋”そして、ピンクは“燃え上がるような恋”をイメージして制作されており、まさに本作のテーマとなっている「好き」が全面に込められた仕上がりとなっています。

今回のイベントでは、猛暑日にも関わらず約1000人が集まり、芹澤は「今日はとっても暑いので、スタッフさんにお願いして入口で熱中症対策のタブレットを配ってくださいってお願いしたんですけど、みんなちゃんと食べて、気を付けてライブしてくださいね!」と、観客へ注意を促しつつ、場を盛り上げていきます。

そして、ミニライブがスタートし、「最悪な日でもあなたが好き。」を初披露。大人気クリエイターユニット「HoneyWorks」プロデュースにで、アップテンポのキュートなラブソングに、会場はさらに盛り上がりを見せます。また、2曲目は、TVアニメ「魔法少女サイト」で芹澤が演じた穴沢虹海のキャラクターソングで、ロックテイストな恋の歌「…私だけ見てて♡」を披露し、レアな選曲に、会場からは歓声が上がります。

そして、最後の曲の前にMCへ。芹澤は「3曲目はどうしようかなと考えた時に、せっかくコール&レスポンス出来る曲だし、みんなで盛り上がりたいなと思って、もう一度「最悪な日でもあなたが好き。」を歌いたいと思います!」と掛け声をレクチャーし、2回目の表題曲を披露。会場は「セリコ!セリコ!」、「大好き!」コールで溢れ、暑さを吹き飛ばすほどの熱気で大盛り上がりを見せました。

また、芹澤は「この曲は、きっと自分の人生の中で大事な曲になるんだろうなと感じています」と曲への熱い想いも語り、会場全体が「大好き」で溢れかえった、ミニライブが終了しました。7月25日に発売される1stシングル「最悪な日でもあなたが好き。」は、現在、TVアニメ「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」のエンディングテーマとして絶賛OA中となりますので、ぜひチェックしてください。また、9月と10月には名古屋と大阪で国内初のファンミーティングイベント、そして、12月には自身3回目となるバースデーソロライブの開催も決定している芹澤優に引き続きご期待ください。


<芹澤優1stシングル「最悪な日でもあなたが好き。」>
発売日:2018年7月25日(水)
【CD+Blu-ray】EYCA-11968/B 2,100円(税抜)
CD+Blu-ray版にはMusic VideoとOff Shot Movieを収録♪
【CD】EYCA-11969 1,200円(税抜)
・TVアニメ「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」エンディングテーマ曲!
・HoneyWorksプロデュース
※収録曲、内容、新曲タイトルなどは予定です。変更がある可能性がございます。


芹澤優オフィシャルHP:
http://yu-serizawa.com/

i☆Ris 公式HP:
http://iris.dive2ent.com/

i☆Ris公式Twitter:
https://twitter.com/iris_official_

公式レポート:東京スカイツリーに2人のヒーローが見参!アニメ『僕のヒーローアカデミア』声優の山下大輝と石川界人がゲリラトークショーを開催!

TVアニメ3期シリーズの第2クールの放送スタート日となった7月14日(土)に、『僕のヒーローアカデミア』が東京スカイツリータウンイーストヤードB3Fのエントランススペースでイベントを開催。主人公デクの6m以上にもなる巨大バルーンの横に設置された特設ステージにて、デク役の山下大輝さんと飯田役の石川界人さんという、ヒロアカでメインキャラを演じる2人のヒーローキャストがトークショーを展開しました。

このトークショーは前日に開催が発表され、加えて登壇者の名前は明かされていませんでした。それにもかかわらず、当日整理券を手に入れるべく電車の始発で会場に駆けつけたファンも多数。そんな熱いファンたちを前にして、山下さんと石川さんはヒロアカトークを展開していきました。

まず、2016年4月放送スタートのTVアニメ第1期から、現在放送中の第3期まで、それぞれデクと飯田を演じてきて思うことはあるか?とMCから質問が飛びます。「デクはいつだって努力を惜しまない、120%くらいやる、そんな男の子なので、僕自身もデクに置いて行かれないように、負けないようにと思って必死に演じてきました。ただがむしゃらなだけだった1期の頃のデクから、最近ではちょっと冷静になれるような成長も見えてきています。だけど、誰かを救けるために危険を顧みないで飛び出しちゃうところもあったりして危うさもあったり…。まだヒーローの卵としても未熟ですが、そんなデクと一緒に僕も成長していきたいと思って演じています。」と山下さん。

一方、飯田について石川さんは「飯田は、体育祭での戦いだったり、雄英高校に身を置く中で成長していってると思いますが、やっぱり第2期で描かれた“ヒーロー殺し”ステインとの戦いが一番大きな経験でした。兄を傷つけた憎い仇を倒したいがために暴走しましたが、あの出来事で仲間の大事さだったり、ヒーローとしての考え方を見つめ直したり、飯田の視野が広がって、人間的に成長したなと思います。」とコメントしました。

そしてTVアニメ3期第1クールを振り返る中で、石川さんは「デクと敵<ヴィラン>マスキュラーと戦った第42話「僕のヒーロー」のアフレコは飯田の出番がなく僕は参加していないんですが、その回の山下さんの演技がとにかくすごくて、音響のミキサーさんが話しかけても聞こえないくらいものすごく集中していたと聞いたんです。それでオンエアを見たら、本当にすごかった!」と激賞。それを聞いた山下さんは照れながらも「あの回はデクにとって初めて1対1で命のやり取りをする戦いでした。だから僕も喉が飛んでもいい、次は考えないくらいの気持ちで臨ませてもらいました。」と応えました。

トークはTVアニメ3期第2クールからの新章の話へ。デクが憧れる平和の象徴・オールマイト(声:三宅健太)の壮絶な戦いに「本当に胸が震えた」と語る山下さんは、「力を使い果たしたオールマイトが「次は君だ」と指差した先にデクがいたとおり、今度はデクたちがオールマイトの魂を継いで、まっすぐにヒーローを目指していきます。彼らの新たな戦いが待ってます。」と期待感を膨らませます。石川さんは「新キャラクターが登場して新しいキャストの皆さんも加わって、ヒロアカは大きなスタジオでアフレコをさせていただいているんですが、それでも入りきらない(笑)。今後始まるプロヒーロー仮免取得試験編はとにかくすごい展開になります。」と話しました。

その後、トークテーマは8/3(金)公開の劇場版に移ります。劇場版の見どころについて、山下さんは「原作やTVアニメでは見ることのできない、この劇場版でしかやれない、デクとオールマイトのあるシーンです。どんな展開で、というのは言えないんですが、僕としては夢が叶った、そんな気持ちです。」と熱く語りました。石川さんは、「デクやオールマイトだけじゃなく、僕が演じる飯田をはじめ、キャラクターそれぞれが叫びました。それぞれに活躍があります。どんな人が見ても見どころがある、熱くなれる作品だと思います。」とアピールしました。

そして、TVアニメ3期第2クール放送に向けて、劇場版公開に向けて、山下さんは「この夏、ヒロアカの熱は本当に熱いです。僕たちも高い熱量を持って演じさせていただいています。そんなヒロアカ熱を皆さんにも全身で感じていただいて、もっと熱いものにしていければと思います。よろしくお願いします!」とメッセージを送り、最後に恒例の掛け声「更に向こうへ!Plus Ultra<プルスウルトラ>!!」と集まったファンと一緒に叫び、イベントはエンディングを迎えました。


『僕のヒーローアカデミア』は、“個性”と呼ばれる超常能力を持つ人々の存在が当たり前の世界を舞台に、主人公・緑谷出久、通称“デク”が、社会を守り、個性を悪用する犯罪者“敵<ヴィラン>”に立ち向かう“ヒーロー”になるため、ヒーロー育成の名門・雄英高校で仲間たちと共に成長する物語が展開する、「友情・勝利・努力」をまっすぐに突き進むジャンプ王道ヒーローアクション。TVアニメ新シリーズ第3期は、読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットにて毎週土曜夕方5:30放送中(※一部地域を除く)。初のオリジナル劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』は8月3日(金)に全国東宝系にて公開。


アニメ『僕のヒーローアカデミア』
毎週土曜夕方5:30放送中! ※一部地域を除く
読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット

<イントロダクション>
『僕のヒーローアカデミア』は、週刊少年ジャンプ(集英社刊)で連載中の堀越耕平によるシリーズ累計発行部数が1500万部超の人気コミックを原作としたTVアニメ。舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持つ世界。事故や災害、そして“個性”を悪用する犯罪者・敵<ヴィラン>から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを目指し、雄英校に通う高校生・緑谷出久の成長、戦い、友情のストーリーが繰り広げられていく。そんな本作は「ONE PIECE ワンピース」「NARUTO-ナルト-」といった「友情・努力・勝利」の系譜を継ぐ、“新世代”ジャンプ王道の筆頭。その“ヒロアカ”のTVアニメが現在毎週土曜夕方5:30より読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットで絶賛放送中!

<ストーリー>
超常能力“個性”を持つ人間が当たり前の世界。憧れのNo.1ヒーロー・オールマイトと出会った“無個性”の少年・緑谷出久、通称「デク」は、その内に秘めるヒーローの資質を見出され、オールマイトから“個性”ワン・フォー・オールを受け継いだ。デクはヒーロー輩出の名門・雄英高校に入学し、笑顔で人々を救ける最高のヒーローになることを目指して、クラスメイトたちと試練の毎日を過ごしていた。

夏休みの林間合宿に臨んだデクたちだったが、死柄木弔率いる敵<ヴィラン>連合の襲撃により爆豪勝己を連れ去られてしまう。爆豪奪還に向かうオールマイトたちプロヒーロー、そしてデクたち。そこに現れたのは、敵<ヴィラン>連合のブレーンとして暗躍する、オールマイトの宿敵オール・フォー・ワンだった。オールマイトは死闘の末にオール・フォー・ワンを倒すが、力を使い果たしプロヒーロー引退を余儀なくされる。デクはオールマイトの意志を継ぎ、最高のヒーローになることを改めて決意する。

新たなスタートラインに立ち、必殺技の取得など更なるレベルアップを目指すデクたちの次なる試練は「プロヒーロー仮免取得試験」。雄英生だけでなく、全国の有力校のライバルたちも続々と集結し、繰り広げられるのは激しいサバイバル。果たしてデクは、爆豪は、ヒーロー科1-Aのメンバーは、プロヒーローへの切符をつかむことができるのか!?

「次は僕たちだ。」更に向こうへ!Plus Ultra<プルスウルトラ>!!

<スタッフ>
原作:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
シリーズ構成・脚本:黒田洋介(スタジオオルフェ)
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
キャラクターデザイン補佐・総作画監督:小田嶋瞳
総作画監督:小森高博
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ
オープニングテーマ:「Make my story」Lenny code fiction
エンディングテーマ:「ロングホープ・フィリア<TV Limited>」菅田将暉

<キャスト>
緑谷出久:山下大輝
爆豪勝己:岡本信彦
麗日お茶子:佐倉綾音
飯田天哉:石川界人
轟焦凍:梶裕貴
蛙吹梅雨:悠木碧
八百万百:井上麻里奈
切島鋭児郎:増田俊樹
相澤消太:諏訪部順一
オールマイト:三宅健太


アニメ公式サイト:
http://heroaca.com/

アニメ公式twitter:
http://twitter.com/heroaca_anime

アニメ公式Instagram:
http://instagram.com/heroaca_insta

番組公式ホームページ:
http://www.ytv.co.jp/heroaca/

(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

公式レポート:TVアニメ『バキ』島﨑信長(範馬刃牙役)、大塚明夫(範馬勇次郎)が登壇ッッ!!「MX4Dバッキバキ体験上映会ッッ!!」イベントレポート到着ッッ!!

累計発行部数7,500万部突破ッッ!板垣恵介による人気格闘マンガ「刃牙」シリーズ第二部「バキ」・最凶死刑囚編のTVアニメが、NETFLIXで先行配信スタート!そして、遂にTOKYO MX1他でもTV放送がスタートした!

秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載の原作「刃牙」シリーズは、地下闘技場の最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙(はんま バキ)と “地上最強の生物”と呼ばれる父・範馬勇次郎(はんま ゆうじろう)との壮絶な死闘を軸に様々な格闘士たちの闘いを描いた大人気格闘漫画。新しいTVシリーズでは最凶死刑囚たちと刃牙、地下闘技場戦士たちとの闘いが描かれる。

TVアニメ『バキ』の放送を記念して、6月30日(土)に、TOHOシネマズ六本木にて、「MX4Dバッキバキ体感上映会ッッ!」が開催された。

第1話「シンクロニシティ」では、世界各地の刑務所にいる最凶死刑囚5人が東京へと向かう姿が描かれ、迫力のアクションシーンにあわせて、身体を激しく揺さぶる振動や衝撃、さらに降りかかる水しぶきや、血の匂いなどを再現。劇中のシーンにマッチした臨場感溢れるMX4Dでアニメ映像が特別上映された。

上映後には、島﨑信長さん(範馬刃牙役)が登壇してのトークイベントを開催!アニメ第1話について「原作の再現度がすごいです。」とコメント。衝撃的な表現の多い原作の映像化にあたり、一切妥協のない仕上がりについて、「スタッフの作品への熱や愛を感じます。」と感想を語りました。

また、『バキ』は、印象に残る名言が多い作品だと紹介した上で、「そんな名言を大先輩方の声で聴くことができて嬉しいです。」と、ベテラン声優陣が作り上げる作品の魅力についても語りました。「ファンにとっても、アニメからご覧になる方にとっても楽しんでもらえる良い作品になると思います。」と力強くコメントしました。

続いて、最新のプロモーション映像を上映した後、いよいよ初解禁となる範馬勇次郎役のキャストが発表となりました。会場に「100年かかってもワカりゃしねぇよ、1回観ただけじゃな!」と勇次郎の声が響き渡ると、観客が興奮!勇次郎役に決定した大塚明夫さんがスペシャルゲストとして登場し、大きな拍手で迎えられました。

“地上最強の生物”と呼ばれる刃牙の父・範馬勇次郎は、素手のみで軍隊を殲滅するほどの戦闘力を誇るキャラクター。勇次郎についての印象を伺うと、「最強の生物ということで、どういった形で表現したらよいかと悩んでいます。」と役作りについてのプレッシャーを語りました。

勇次郎がアニメに本編で刃牙と絡むのは後半からの展開となるため、現状ではまだ親子としての共演シーンは少ないのですが、『バキ』への出演が決まって以降、島﨑さんと大塚さんは様々な作品で一緒になる機会が多いとのこと。役者同士の不思議な縁を感じており、まさに第1話のサブタイトルとなる「シンクロニシティ」ではないかと言われ、笑顔を見せる一幕もありました。

また、本作は、地下闘技場での最大トーナメントが終わった直後の物語となるため、序盤では少しアンニュイで気が抜けたような刃牙の表情が描かれています。しかし、刃牙は今後、最凶死刑囚たちと闘う運命にあるため、島﨑さんが「これから闘いが始まり、ヒートアップしていきます。大先輩方と闘い合うことになるので、アフレコが今から楽しみです。」と今後の期待を込めて語りました。

作品への意気込みや情熱がたっぷりと語られた後、大盛り上がりとなったイベントは終演を迎えました。イベントの最後には、島﨑さんと大塚さんより、ファンへのメッセージが贈られました。

島﨑さん:
「刃牙と勇次郎の親子の闘いまで演じてみたいです!『バキ』はアフレコも楽しく、スタッフやキャストも熱いメンバーで作品を作っています。期待して頂いて間違いないと思いますので、ぜひ応援をお願いいたします。」

大塚さん:
「範馬勇次郎が活躍するのはだいぶ後になりますが、皆さんのお力添えで、勇次郎が活躍するところまでオンエアを引っ張っていってほしいです。僕たちも頑張りますので、応援を宜しくお願いいたします。」

TVアニメ『バキ』は、NETFLIXにて先行配信中、TOKYO MX1ほかでも大好評放送中!!さらに、7月26日(木)に、TVアニメ『バキ』放送記念・MX4Dバッキバキ体感上映会がTOHOシネマズ なんばにて開催決定となりました!ぜひお見逃しなく!


<TVアニメ『バキ』放送記念・MX4Dバッキバキ体感上映会ッッ! 開催概要>
開催日:6月30日(土)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(SC8)
出演:島﨑信長(範馬刃牙役)、大塚明夫(範馬勇次郎役)
MC:村田晴郎


<最凶死刑囚が大阪にも上陸ッッ!TVアニメ放送記念のMX4Dバッキバキ体感上映会がTOHOシネマズ なんばにて開催決定ッッ!!>
TVアニメ『バキ』の第1話をMX4Dにて上映!迫力のアクションを視覚だけでなく、全身で体感できる衝撃の上映イベントが再びッッ!来場者特典として、「原作者・板垣恵介×島﨑信長 複製イラスト&サインミニ色紙」をプレゼント!!


<TVアニメ『バキ』放送記念・MX4Dバッキバキ体感上映会ッッ! 開催概要>
日時:7月26日(木)19:00~
会場:TOHOシネマズ なんば
料金:2,000円
※本作品はR15+となります。
チケット販売:
・PC・スマートフォン 7月19日(木)0:00~(7月18日(水)24:00~)
・劇場窓口 7月19日(木)劇場オープン時~
来場者特典:原作者・板垣恵介×島﨑信長 複製イラスト&サインミニ色紙

●パソコンからの購入方法
TOHOシネマズ なんば 上映スケジュール
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/032/TNPI2000J01.do
ページ中央にある「上映スケジュール」から開催日である7月26日(木)を選択。TVアニメ「バキ」放送記念・MX4Dバッキバキ体感上映会ッッ!!を選択し、購入画面へお進みください。

●劇場窓口
劇場窓口にてお買い求めください。

注意事項:
※本作品はR15+となります。
※身長が100cm未満の方は、ご入場いただけません。
※チャイルドシートはご利用いただけません。
※お子様を膝の上に座らせての鑑賞はご遠慮ください。
※妊娠中の方、体調のすぐれない方、車いすをご利用の方、心臓・背中・腰・首などに障がいのある方、泥酔している方は、専用シートでご鑑賞いただけません。
※膝の上に置けない荷物や傘は、スクリーン内にお持ち込いただけません。ロッカーや傘立てをご利用ください。
※飲食売店でお渡しする座席用トレーはスクリーン内でご利用いただけません。
※所持品が紛失・破損等した場合、当館では如何なる場合でも保障いたしかねますのでご了承ください。
※上映中にお座席を立たれる場合やフォークやスプーンを使用する商品をお召し上がりになる際は、十分ご注意ください。
※座席の上に立ったり、座席と床の間に手を入れるなどの危険な行為はご遠慮ください。
※飲食におけるこぼれや汚れ、怪我があった場合、特殊効果による衣服の濡れ、身体に不調をきたした場合など、責任を負いかねますのでご了承ください。
※上映中に水しぶきが顔や目にかかる場合がございますので、予めご了承ください。


<テレビアニメ『バキ』作品概要>
NETFLIXにて先行配信中!TOKYO MX1ほかにてTV好評放送中!

NETFLIX 先行配信スタート
TOKYO MX1
毎週日曜 深夜0:30~
サンテレビ
毎週日曜 深夜1:00~
TVQ九州放送
毎週月曜 深夜3:00~
テレビ愛知
毎週火曜深夜2:05~
KBS京都
毎週火曜 深夜0:30~
北海道テレビ
7月7日より 毎週土曜 深夜2:35〜
※放送開始日・放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。

<STAFF>
原作:板垣恵介(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
監督:平野俊貴
シリーズ構成:浦畑達彦
キャラクターデザイン:鈴木藤雄
色彩設計:宮脇裕美
美術監督:河野次郎 大石ノリコ
撮影監督:野口龍生
編集:佐野由里子
音楽:藤澤健至(Team-MAX)
音響監督:浦上靖之 浦上慶子
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
製作:バキ製作委員会

<主題歌>
オープニングテーマ:「BEASTFUL」GRANRODEO(Lantis)
エンディングテーマ:「RESOLVE」田所あずさ(Lantis)

<CAST>
範馬刃牙:島﨑信長
範馬勇次郎:大塚明夫
愚地独歩:菅生隆之
渋川剛気:島田敏
烈海王:小山力也
花山薫:江口拓也
ドリアン:銀河万丈
ドイル:子安武人
シコルスキー:津田健次郎
スペック:茶風林
柳龍光:二又一成
徳川光成:麦人
愚地克巳:川原慶久
松本梢江:雨宮天
ナレーション:古谷徹


公式サイト:
http://baki-anime.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/baki_anime

©板垣恵介(秋田書店)/バキ製作委員会