朗読図書:遂に完結!アニメ出演声優が再集結し田中芳樹の原作小説『銀河英雄伝説 ユリアンのイゼルローン日記』のオーディオブックが完成

アニメの声優が再集結して朗読した、銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記が完成しました。田中芳樹原作小説アニメ出演声優でオーディオブック化!株式会社
アールアールジェイは、田中芳樹事務所、有限会社らいとすたっふの協力許諾を
受けアニメ出演声優を再集結し、唯一アニメ化出来ていなかった原作のオーディ
オブック化を完了し、朗読配信サイト「キクボン!(http://kikubon.jp/)」にて
配信を開始した。
このオーディオブックは銀河英雄伝説ファン待望の作品であり、長年映像化を
待ちわびていた作品でもあります。
アニメにて声を担当したキャストにて声を収録しつつ、一言だけの登場人物に
も高山みなみ、柿沼紫乃、羽多野渉、白石稔、下山吉光、金光宣明、三戸崇史な
どの人気や実力を備えた声優を起用した。
また、同社はこちらもアニメ化出来ていなかった『銀河英雄伝説 ダゴン星域会
戦記』についてもオリジナルキャストでの朗読化の制作を行っている。ナレーシ
ョンはアニメーションナレーションを担当した屋良有作としている。その他、キ
ャスト発表は4月14日『銀河英雄伝説公式ニコニコチャンネル』にて発表を予定
している。
<キャスト一覧>
ヤン・ウェンリー役:富山敬、イワン・コーネフ役:鈴置洋孝、ムライ役:青野武
は既に他界しており、作品が日記形式であることもあり、亡くなってしまった皆
様の想いを胸に ユリアン・ミンツ役:佐々木望がユリアンのモノローグで演じる
事でカバーする。
アニメ版オリジナルキャスト(登場順)
ユリアン・ミンツ役:佐々木 望
アレックス・キャゼルヌ役:キートン山田
ワルター・フォン・シェーンコップ役:羽佐間道夫
ダスティ・アッテンボロー役:井上和彦
オリヴィエ・ポプラン役:古川 登志夫
フレデリカ・グリーンヒル役:榊原良子
ライナー・ブルームハルト役:難波圭一
オルタンス・キャゼルヌ役:松尾佳子
フョードル・パトリチェフ役:塩屋浩三
ラインハルト役:堀川りょう
ジークフリード・キルヒアイス役:広中雅志
カスパー・リンツ役:小杉十郎太
アレクサンドル・ビュコック役:富田耕生
アニメ版で未登場の朗読オリジナルキャスト
ブッシュ先生・誘拐犯・某議員役:白石 稔
校長・テレビの宗教家・サックス少将・士官役:三戸崇史
ブルース・アッシュビー元夫人役:高山みなみ
政治家・ラン・ホー少佐役:羽多野渉
捕虜の男・民間人役:下山吉光
ポプランの女役:柿沼紫乃
ローゼンリッター下士官・パーカスト大尉・兵士役:金光宣明
「銀河英雄伝説」概要
人気作家・田中芳樹による星雲賞受賞のSF小説。アニメやコミックのみならず
、舞台などで取り上げられ、話題となっている。
「銀河英雄伝説 ユリアンのイゼルローン日記」作品概要
最前線・イゼルローン要塞への引っ越しを機に、日記をつけ始めた少年ユリア
ン。彼は師であり父であるヤン・ウェンリーをはじめとする、個性豊かな同盟軍
の面々と過ごす毎日を綴ってゆく。その日常の裏で、銀河帝国を二分する権力闘
争や同盟内の不穏分子の動向に目を向けるヤンは、次なる戦いに思いを馳せてい
た。そして、帝国との捕虜交換式がイゼルローンで行われることとなり…外伝第
二弾。
<原作者 田中芳樹 プロフィール>
1952年熊本県生まれ。学習院大学大学院修了。1978年「緑の草原に…」で幻影城
新人賞を受賞しデビュー。1988年『銀河英雄伝説』で第19回星雲賞を受賞。代表
作に『創竜伝』『マヴァール年代記』『アルスラーン戦記』『薬師寺涼子の怪奇
事件簿』シリーズの他、『ラインの虜囚』など著作多数。
kikubon(キクボン:http://kikubon.jp/

イベント:3月13日(日)開催の「電撃祭2016」、春の電撃イベント過去最高の動員数を記録! ~会場来場者総数75,400人~

main
株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区)アスキー・メディアワークスでは、 電撃のゲームメディアによるゲームユーザー感謝イベント『ゲームの電撃 感謝祭2016』と、エンターテインメント・ノベル「電撃文庫」のファン感謝イベント『電撃文庫 春の祭典2016』、電撃のコミックファンに贈るイベント『電撃コミック祭2016』を2016年3月13日(日)、東京・ベルサール秋葉原と秋葉原UDXにて同日開催した。
豪華出演者によるステージやサイン会、 イベント限定グッズやオリジナルグッズの販売、 最新ゲームの試遊、 電撃ブランドの作品の展示など、 趣向を凝らした企画を多数実施。2011年より始まった春の電撃ブランド主催イベントにおいて、 過去最高となる会場来場者数75,400人を記録。 ニコニコ生放送も81,980人(タイムシフト視聴を除く)の視聴があり、 リアルとネットで15万人を超える動員となった。
『ゲームの電撃 感謝祭2016』&『電撃文庫 春の祭典2016』&『電撃コミック祭2016』
2016年3月13日(日)ベルサール秋葉原+秋葉原UDXにて開催
・会場来場者数:75,400人
・ニコニコ生放送視聴者数:81,980人(タイムシフト視聴を除く)
《会場別動員数》
・ベルサール秋葉原会場動員数:43,047人
・秋葉原UDX会場動員数:32,297人
《主なコーナー別動員数》
・ステージイベント動員数:約17,000人
ベルサールステージ:約5,500人 UDXステージ:約11,500人
・物販(電撃屋)動員数:約6,300人
電撃屋ベルサール限定グッズ店:約2,000人 電撃屋UDX店:約4,300人
・イベント公式サイト http://dengekionline.com/gdfes2016/
■ステージイベント
◆UDXステージ:
『アクセル・ワールド』『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』『この美術部には問題がある!』『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』『ソードアート・オンライン』『電撃文庫 新作発表ステージ』の全6ステージを実施
◆ベルサールステージ:
『ヘヴィーオブジェクト』『電撃Girl’sSmile復活公開録音』『フォルティッシモ』『デュラララ!!×2』『ガーリッシュ ナンバー』『少女たちは荒野を目指す』の全6ステージを実施
■出展社ブース
多くの企業様に協賛・協力いただき、 ベルサール秋葉原1階・2階を主会場とし、 『ガンスリンガー ストラトス』ブース、 『セガゲームス』ブース、 『PlayStation(R)』ブース、 『バンダイナムコエンターテインメント』ブースを設置、 最新ゲーム体験プレイや展示を行ったほか、 人気ゲームの試遊、 特製冊子の配布なども実施
■物販(電撃屋)
物販の「電撃屋」では、 電撃屋UDX店と電撃屋ベルサール限定グッズ店の2カ所で、 計700点を優に超える商品を販売。 『ソードアート・オンライン』や『プリンス・オブ・ストライド』の限定セットなど限定商品や新商品も多数販売し、 一時4時間弱の待機列ができるほどの大盛況となった。
■生放送配信
ベルサール秋葉原2階の「電撃オンラインch」ブースから、 ゲームの新情報のほか、 注目タイトルにフィーチャーした計7時間の生放送番組をお届けした。 豪華ゲストも多数出演し、 放送中のブース前は大変な人だかりとなりました。 生放送の模様は「ニコニコ生放送(公式)」と「YouTubeライブ」で配信した。
■企画・展示
大人気コミック『とある科学の超電磁砲(レールガン)』のイラストを使ったオリジナル缶バッジが必ずもらえる『とある科学の超電磁砲』御坂美琴 電撃コミック祭 かならず缶バッジ!くじ (1回:300円)や、 電撃イベント恒例のスタンプラリー、 最新のメディアミックスタイトル展示やガールズ向け展示、 サイン会参加作家のプレミアム展示など、 趣向を凝らした企画・展示を行った。
■サイン会
イベント会場と秋葉原の各所で、 事前申込による総勢12組の電撃コミック作家&イラストレーターサイン会を実施しました。
《サイン会参加コミック作家・イラストレーター名》
◆秋葉原書店連動サイン会:
石神一威(『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』)、 加藤ミチル(『アイドルマスター SideM ドラマチックステージ』)、 池澤真・津留崎優(『Charlotte』)、 仲谷鳰(『やがて君になる』)、 うかみ(『ガヴリールドロップアウト』)、 いわさきまさかず(『あしたの今日子さん』)、 クール教信者(『ふるまぷら』)、 烏丸渡(『NOT LIVES -ノットライヴス-』)
◆グッズ連動サイン会:
いみぎむる(『この美術部には問題がある!』)、 柊暁生(『はたらく魔王さま!』)、 森夕(『魔法科高校の優等生』)、 つなこ(『つなこ画集 -Conserves-』)
◆秋葉原書店連動サイン会 協力書店:
アニメイト秋葉原店、 AKIHABARAゲーマーズ本店、 メロンブックス秋葉原1号店、 とらのあな秋葉原店、 書泉ブックタワー
■シアター
秋葉原UDX4階シアターの巨大スクリーンで、 電撃のアニメ作品である『デュラララ!!×2 転』外伝!? 第13.5話「お惚気チャカポコ」と、 2016年4月より放送開始の『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』第1話を先行上映いたしました。
●本イベントの参加媒体
電撃PlayStation/電撃オンライン/電撃Girl’sStyle/電撃Nintendo/キャラぱふぇ/デンゲキバズーカ!!/電撃ARCADEゲーム/電撃G’sマガジン/電撃文庫/電撃文庫MAGAZINE/月刊コミック電撃大王/電撃マオウ/コミック電撃だいおうじ/電撃萌王/シルフ/COMIC it/電撃G’sコミック
■関連サイトURL
・KADOKAWAオフィシャルサイト: http://www.kadokawa.co.jp/
・アスキー・メディアワークス公式サイト: http://asciimw.jp/

ラジオ:東放学園映画専門学校presents 大久保瑠美・桃園ひめこの教えてライトノベル!公開録音が開催される!

2016年3月31日に東放学園映画専門学校において、「東放学園映画専門学校presents 大久保瑠美・桃園ひめこの教えてライトノベル!」の公開録音が行われた。

ゲストには、ホームページでも告知されていたとおり、小学館ガガガ文庫で有名な「水沢夢」先生がゲストとして呼ばれ、ライトノベルを書くためのノウハウや苦労話が聞けた模様。

本日の公開録音は後日放送される予定なので、楽しみにして欲しい。

http://www.tohogakuen.ac.jp/events/201603lightnovel/

番組名:東放学園映画専門学校presents 大久保瑠美・桃園ひめこ 教えて ライトノベル!
パーソナリティ:大久保瑠美・桃園ひめこ
放送日時:4月10日より毎週日曜日18:30~19:00
メール:light@joqr.net