公式レポート:『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第二章「発進篇」初日舞台挨拶 オフィシャルレポート

アニメーションの歴史に輝く不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクし、2012 年から 2014 年に渡り、 劇場上映から全国ネットでのTV放送まで展開、大きな支持を得た『宇宙戦艦ヤマト 2199』。2017年2月 からはヤマトファン待望の完全新作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』全七章が順次劇場上映中だ。

監督は『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』にてアニメーションディレクターを担当した羽原信義、シリーズ構成に『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の福井晴敏を起用。音楽は引き続き、ヤマトの遺伝子を受け継ぐ宮川彬良が担当する。

モチーフとなるのは、日本全土を熱狂させた劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』。その壮絶なる物語を、新たな解釈と装いで現代に甦らせる。この時代に語るべき「愛」の姿とは!?宇宙戦艦ヤマトが再び旅立つ――!!

今回、6月24日(土)に『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第二章「発進篇」の初日舞台挨拶を開催! シリーズを通して【伝説の女神】テレサ役を演じ、第二章『発進篇』ではエンディング主題歌を歌う 神田沙也加、クラウス・キーマン役の神谷浩史、桐生美影役の中村繪里子、シリーズ構成の福井晴敏、 羽原信義監督が登壇し、初日を迎えた喜びを熱く語った。


<『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第二章「発進篇」初日舞台挨拶>
日程:6月24日(土)舞台挨拶:10:20~10:50 ※上映後イベント
場所:新宿ピカデリー スクリーン1(新宿区新宿3-15-15)
登壇者:
神田沙也加(かんだ・さやか/テレサ役)
中村繪里子(なかむら・えりこ/桐生美影役)
神谷浩史(かみや・ひろし/クラウス・キーマン役)
羽原信義(はばら・のぶよし/監督)、
福井晴敏(ふくい・はるとし/シリーズ構成・脚本)


今回の舞台挨拶は上映直後ということもあり、その衝撃のラストシーンを踏まえ羽原監督が「今、観てもらったばかりで、『何でここで終わるんだ』という(客席の)雰囲気がひしひしと伝わってきますが、今後ともよろしくお願いします」と話し出すと、福井さんが「ヒドい終わり方でしたね」と返し、すかさず羽原監督から「誰が考えたんですか!」とツッコミが入るなど、客席から笑いが溢れる明るいムードでスタートした。

しかし、制作時の話題になると、神谷さんがアフレコ時には絶望的に絵がなく「これ本当に出来るのかなと…」と、かなり不安を抱いていたことを曝露。そのあと、「でもそれがすごいクオリティで完成していたので、ホッとしました」と付け加え、満足のいく作品が完成していることを伝えた。

続いて第二章の見所の話になると、中村さんが「まさか自分にとって見守る“発進篇”になるとは。だからこそ、この先の展開が楽しみだなという部分もあります。ほどよくヤマトがピンチになってくれたら(私の出番もありそうで)いいなと思います」と少々残念な言い方をすると、福井さんから「ただ置いてけぼりにするなら、こんな所(舞台挨拶)には呼ばないですから」とフォロー。今後の出演を暗示するコメントに、中村さんも「それは救いです。信じています」と胸を撫でおろしていた。

同じ質問に、神谷さんは「今のところ大した活躍をしていませんが、今回は『乗せろ、いいから!』というセリフ。超格好良いです。『いいから乗せろ!』ではない、あの倒置法が謎の説得力を生んでいます」と返答。すると「自分が男前だと十分認識しているヤツだけができる技なんです」と福井さんが解説。羽原監督からも「脚本の台詞を読んだときから、神谷さんの声しか浮かんでこなかった」とキャスティングの理由を聞かされ、神谷さんは「今日、来て良かったー! 嬉しいです!」と今日一番の喜びの表情を浮かべていた。

神田さんからは、第二章のエンディング主題歌『月の鏡』が紹介された。テレサという役柄での歌唱に「エンディングは物語の余韻を増長させつつ、次への期待感をあおる大切なもの。すごく責任のある役を任せていただいたと思います」「(テレサは)女神様と言われている存在ですから、万物の平安をイメージして、(レコーディングブースの)照明をちょっと落として、世界観に入って歌うようにしました。すーっと、水のように聴いていただきたいです。」と、レコーディング時の裏話を語ってくれた。

その後、3日前に誕生日を迎えたばかりの羽原監督が健康のままシリーズを完走できるように、福井さんから「テレサに祈ってもらいたい」との言葉に応え、神田さんがテレサのポーズで「羽原監督、54歳おめでとうございます。この作品はマジであなたにかかっています。体調に気をつけて、どうか最後まで走り抜いてください。よろしくお願いします」と言葉を掛け、羽原監督は「(嬉しくて)泣きそうなんですけど!」と感動。会場内も大きな拍手で包まれた。


『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第ニ章「発進篇」
2017年6月24日(土)より、新宿ピカデリー他、全国20館にて期間限定劇場上映
〈シリーズ全七章順次劇場上映〉

劇場にて特別限定版Blu-ray最速先行販売
デジタルセル版配信も同時スタート!

©西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

ニュース:TVアニメ「月がきれい」サウンドコレクションクロスフェード動画公開

“恋”をテーマにした往年の名曲を東山奈央がカヴァー!!注目の挿入歌&伊賀拓郎による劇伴曲を含む、全34曲を収録

昨日、TOKYO MXにて感動の最終回を迎えたTVアニメ「月がきれい」。本作品は、文芸部所属の主人公・小太郎と陸上部所属のヒロイン・茜、2人の中学生の「ピュアな恋模様」を描いた、どこか“懐かしさ”も感じさせる美しい物語。

伊賀拓郎による素朴で清らかな劇伴曲と、東山奈央が歌う“恋”をテーマにした往年の名曲達が、純粋で美しい物語を更に色鮮やかに演出し、心にじんわりと響く旋律を奏でた。

話題の挿入歌+伊賀拓郎による劇伴曲含む、全34曲をひとつに収録したサウンドコレクションは7月5日に発売される。本日、そんな期待のサウンドコレクションのクロスフェード動画が公開された。こちらでは7曲を楽しむことができ、場面写と共に「月がきれい」を振り返ることができる。茜と小太郎の物語を見守りながら、是非楽曲を堪能して頂きたい!

ニュース:西沢幸奏・世界最大級のアニソンライブイベント Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-8月25日出演決定!!

TVアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」EDテーマ「吹雪」での鮮烈なデビューから約2年。次世代を担うシンガーとして、着実に前へと歩み続けた西沢幸奏。3月には待望の1stアルバムをリリース、4月に赤坂BLITZにて開催されたワンマンライブでは約1,300名を熱狂の渦に巻き込み、初の単独ライブとは思えない圧倒的パフォーマンスで、訪れたファンの心に強い爪跡を残した。更に、夏には自身初となる全国ツアーを開催し、全12都市をまわる。

そんな彼女が「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」に出演する事が決定した。昨年から続き、2年連続の出場となる。彼女のシンボルでもあるアツいギターパフォーマンスが、さいたまスーパーアリーナのボルテージをMAXに引き上げる事は間違いない。西沢幸奏が繰り出す熱狂の“CARD”に是非ご期待頂きたい!


Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-
日時:8/25(金)、8/26(土)、8/27(日)
各日14:00開場、16:00開演
会場:さいたまスーパーアリーナ
チケット料金:全席指定/前売8,700円(税込・各日)
*西沢幸奏は8/25(金)に出演!!

8/25(金)出演アーティスト
西沢幸奏
OxT
Aqours
大橋彩香
ClariS
GRANRODEO
けものフレンズ
鈴木このみ
田村ゆかり
茅原実里
TRUE
早見沙織
Pyxis
FLOW
Machico
Minami
Roselia from BanG Dream!
and more!!

<チケット一般発売情報>
発売日時:7/2(日)10:00~
席種・料金:
全席指定・前売8,700円(税込・各日)
お問い合わせ:
チケットポート TEL:(03)5561-9001


詳しくは、アニサマ公式サイトをチェック
http://anisama.tv/