公式レポート:『ユーリ!!! on ICE 4DX』ついに上映開始!!! 初日に勝生勇利役・豊永利行登壇の舞台挨拶を実施!!!

本日9月23日(土)「ユーリ!!! on ICE 4DX」の期間限定上映が開始となった。初日となる本日、勝生勇利役の豊永利行がユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて舞台挨拶を行い、大きく盛り上がった。

「ユーリ!!! on ICE 4DX」の上映初日となる9月23日(土)にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて勝生勇利役の豊永利行が舞台挨拶を行った。当日は会場に登場するや否や大きな歓声が上がり、ユーリ!!!に対する熱い気持ちをたくさん語った。完全新作劇場版の制作も決定している「ユーリ!!! on ICE」に是非引き続きご注目ください。


<「ユーリ!!! on ICE 4DX®」舞台挨拶詳細>
公演名:『ユーリ!!! on ICE 4DX』舞台挨拶付き上映
日程:9月23日(土)
会場/時間:
<ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場>
16:15の回 ※上映後に舞台挨拶となります。
18:50の回 ※上映前に舞台挨拶となります。
登壇者:豊永利行(勝生勇利役)(敬称略)
※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。
金額:3,000円(税込)
※別途手数料あり


<『ユーリ!!! on ICE 4DX』舞台挨拶レポート(16:15の回)>
「ユーリ!!! on ICE 4DX」第1~第4滑走上映直後の熱量高い会場に、オープニングテーマ「History Maker」の音楽とともに勝生勇利役・豊永利行が登壇。会場後方から「ヴィクトル~!ヴィクトル~!どこ~?」と客席に呼びかけつつ現れるサプライズに、会場からは拍手が溢れました。

まだ4DXで上映される映画を観たことが無いという豊永が「4DXどうでした!?」と会場に問いかけると、「雪がふりすぎです!笑」「ヴィクトル(ヴィクトル・ニキフォロフ)の匂いがした」など様々な感想が飛び出しました。

MCから「ユーリ!!! on ICE」テレビ朝日での放送開始から約1年が経っての変化を尋ねられると、「勇利という言葉に敏感に反応するようになった。先日焼肉店で隣のテーブルから勇利という単語が飛び出したのでずっと耳を傾けていたら、全然作品と関係なかった(笑)」とのエピソードを披露し会場から笑いを誘いつつ、作品を通じて自分を知ってくれた方も多い、本当に作品の人気を実感した1年だった、と語りました。

各滑走についての振り返りでは、第1滑走のサブタイトルに含まれる「なんのピロシキ!」というキーワードに当時「なんだこれ(笑)」と感じたことや、初回アフレコ時にキャラクターを固めるにあたって監督らが自身の芝居のプランを尊重してくれたことなど、作品と出会った頃に思いを馳せました。

想い出深いシーンでは、帰郷した勇利が突然長谷津に訪れたヴィクトルのいる露天風呂に駆けつけた勇利の感情の動きが見られるシーンを選び、MCからの「お風呂のシーンは座席が暖かくなるらしいです」という情報に驚く一幕も。

その後も豊永のお気に入りシーンとして、第2滑走ではヴィクトルを追いかけて長谷津にやってきたユリオ(ユーリ・プリセツキー)が商店街でトラ柄の洋服に一目ぼれする、豊永いわく「ずるい。カワイイ!」シーンや、第3滑走での迫力あふれるフィギュアスケートの演技シーン、自身のエロスの表現に悩んだ勇利が出す「エロス=カツ丼」という答えに豊永が役者としての価値観とのシンパシーを感じたシーン、など、様々な場面が挙がりました。

第4滑走では、勇利が自身のFS(スリースケーティング)楽曲を決めたシーンに「いつ見ても泣いちゃう・・・」と語り舞台裏では「このくらいから諏訪部さんとの距離が近づいていった。諏訪部さんは現場でもヴィクトルのままだったので、アフレコ以外でもヴィクトルと会話している気持ちになりました。」という裏話も。

9/30(土)より上映されるVol.2の第5~第8滑走については、4DXの気になるシーンとしてロシア人選手、ギオルギー・ポポーヴィッチが別れた恋人への愛と情念を表現する演技パートを選び、「感想はTwitterで聞かせてください」と客席に呼びかけると会場は笑いとともに応えました。

最後は「今でもあちこちでユーリ!!!を目にするし、それに不思議な感覚を覚えることもありますが、本当に応援してくれている皆様のおかげだと思うので、ぜひこれからも声を届けてください。

僕も作品への想いを色褪せず持ち続けるので、このあと上映が続く4DXは勿論、新作劇場版も是非ご期待ください!と締め、大きな拍手とともにトークショーは終了しました。

レポート:3人のキャストの相性は抜群!「プリンセスコネクト!Re:Dive」CD発売記念イベントレポート

2017年9月23日、東京都内某所において、「プリンセスコネクト!Re:Dive」CD発売記念イベントが行われました。今回はこちらのイベントをレポートします。

今回のイベントでは、ペコリーヌ役のM・A・Oさん、コッコロ役の伊藤美来さん、キャル役の立花理香さんが登壇されました。

イベントが始まると、元気よく3人が白いドレス姿で登場し、キャラクターのお決まりの挨拶で会場を沸かせていました。

最初は「プリコネトーク」と言うことで、「プリンセスコネクト!Re:Dive PRICONNE CHARACTER SONG 01」についての話となり、コッコロ役の伊藤さんは収録については、キャラクターはどうやって歌うのか、「寄せて歌うのが難しい。」という話をされていました。

M・A・Oさんは曲を歌うときは、自分のキャラクターの台本はあったが、他のキャラクターの物語については分からない状態で収録していたそうです。立花さんはキャラクターのビジュアルを貰ったときは可愛いと思ったが、歌を貰ったら、格好良いと「歌と作品に惚れ込んで」いたようでした。

インターネット上でPVが既に公開されていますが、三人の言葉では「ぬるぬる」という事ですが、動きがとてもなめらかなアニメーションを是非見て欲しいと語っていました。今回のCDは歌だけではなく、ドラマパートも付いており、そちらも是非聴いて欲しいとのことでした。

続いては、「Lost Present つなぐものバトル」と言うことで、スタッフからキャストの3人にプレゼントがされていました。しかし、ただで商品が貰えるわけではなく、ゲームをして勝って、プレゼントを獲得していく内容となりました。

一つ目のゲームは「心をつなぐもの シンクロゲーム」と言うことで、5問中2問の正解でクリアと言うことで、ゲームが行われました。「運動会の名物競技と言えば何?」、「大阪の名物と言えば?」を立て続けに正解し、あっさりと一つ目の商品を見事ゲットしていました。

次は「動きをつなぐもの ジェスチャープリンセス」と言うことで、2問中1問正解すれば正解というものです。「スカイツリーに来た宇宙人」と言う難問は不正解でしたが、「カラオケをするネコ」については、三人のチームワークの良さで見事正解し、こちらでも商品をゲットしていました。

「プリンセスコネクト!Re:Dive」関連情報として、現在ゲームが事前登録受付中であることと、響-HiBiKi Radio Station-で放送中の番組「プリコネチャンネルRe:Dive」などが告知されました。

そして、お待ちかねのライブパートとなり、「Lost Princess」と「Connecting Happy」を二曲連続で披露していました。歌の後の話としては、「Lost Princessは格好良く」、「Connecting Happyは可愛く」仕上がったと、ライブ後のトークでも言っていました。

最後に3人からイベントの感想として、立花さんは「ゲームのリリースが楽しみなので、事前登録して下さい!」、伊藤さんは「コッコロとしてイベントを楽しめました。」、M・A・Oさんは「いよいよリリースがある前で、様々な活動が出来て楽しかったです。」とコメントをされ、イベントは終了しました。

ニュース:広井王子原作、桐山漣主演!テレビ東京深夜ドラマ「コードネームミラージュ」Blu-ray&DVD12月20日(水)リリース!

9月22日(金)深夜にテレビ東京ほかにて最終回放送となった「コードネームミラージュ」が、2017年12月20日(水)にBlu-ray&DVDで発売されることが決定した。

本作は『サクラ大戦シリーズ』『魔神英雄伝ワタルシリーズ』などを手掛けたマルチクリエイター・広井王子の原作による、完全オリジナルストーリー。現代社会の闇を描いた、ノアールでハードボイルドなアクションドラマだ。

記録上、この世に存在しないエージェントたちで組織されている警察内特殊部隊「K13」が、政治的、社会的に表だって解決することのできない犯罪を解決していく様を描くと共に、その裏で蠢く巨大な陰謀が明らかになっていく本作は、最終回に向けて、毎話、予想をはるかに上回る衝撃の展開が繰り広げられている。

主演の森山真一(ミラージュ)を演じるのは『仮面ライダーW』『僕たちがやりました』などに出演する桐山漣。容赦なく敵を抹殺する寡黙な主人公ミラージュを、美しいアクションで好演した。

そのほか、警察庁公安特殊課課長(K13)の御崎蔵人を要潤、毎回劇中のシーンに合わせてコスプレ的要素が入った衣装で登場する天才ハッカーの木暮美佳子(ドブネズミ)を佐野ひなこ、人工知能搭載作戦車両・ロビンの声を声優の朴璐美(ぱく ろみ)、そのロビンを整備する自動車整備工場の経営者・鐘ヶ淵を萩原聖人、警察庁警備局局長役に石丸謙二郎、そして武田真治が物語の重要な展開を握る謎の実業家役で出演するなど、豪華俳優陣が勢ぞろいとなっている。

Blu-ray BOX、DVD-BOXには、全25話が収録されるほか、特典映像も収録が予定されている。

レンタルは1~4巻が12月6日(水)から、5~8巻が1月10日(水)からスタートされる。


<STORY>
社会に蔓延る凶悪犯罪に脅かされる国、日本。表立った諜報機関が存在しない日本において、国内外を問わず凶悪犯罪集団にとって、仕事のしやすい、ヌルい国と見透かされている。
そんな状況を打破すべく、警察庁内に組織された部隊が「K13」だった。「K13」の活動はごく限られた人間たちにしか知られておらず、メンバーたちは記録上では、この世に存在しない。
「コードネーム:ミラージュ」と呼ばれるトップエージェントを筆頭に、「K13」に所属するメンバーは、凶悪犯罪にあたるだけでなく、政治的・社会的に表立って解決することのできない犯罪をも秘密裏に処理する使命を背負わされていた。
一方で、アメリカの「FBI」のような警察機関の設立を目指し、日本の警察組織の徹底強化を図る「警察権拡大法案」の成立を目論む人間たち。
様々な思惑が蠢く日本。やがて「K13」をも巻き込む、巨大な陰謀が明らかになっていく!!


<スタッフ>
原作 : 広井王子
監督 : 山口雄大、渋谷和行、辻本貴則、原桂之介、金子功、伊野部陽平
アクション監督 : 園村健介
脚本 : 江良至、鴨義信、保坂大輔

<キャスト>
ミラージュ/森山 真一:桐山漣
御崎蔵人:要潤
ドブネズミ/木暮美佳子:佐野ひなこ
スモーク/姫島公平:駿河太郎
鯨岡憐次郎:武田真治
鐘ヶ淵 豊:萩原 聖人
左文字外記:石丸謙二郎
ロビン:朴璐美(声)


<商品紹介>
コードネームミラージュ Blu-ray BOX/DVD-BOX
Blu-ray BOX 28,200円+税 (PCXP-60073)
DVD-BOX 28,200円+税 (PCBP-62078)


発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C)2017広井王子/「コードネームミラージュ」製作委員会