レポート:「やりたかったことを叶えてくれている作品」、『「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」第1話先行上映会』イベントレポート

6月30日、東京・上野にあるTOHOシネマズ上野において、「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」第1話先行上映会が行われました。こちらのイベントには、ディアヴロ役の水中雅章さん、シェラ・L・グリーンウッド役の芹澤優さん、レム・ガレウ役の和氣あず未さん、シルヴィ役の大久保瑠美さん、講談社の『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』の担当編集の庄司智さんが登壇されました。

イベントが始まると、先に1話が上映され、その後にトークショーが行われました。上映が終わると5人が登壇され、水中さんについてはキャラに寄せて頭にディアヴロの角を付けていました。

最初に自分の演じるキャラクターについての話となり、水中さんは今回主役が初めてであり、ディアヴロを演じられて良かったと言うことや、またこうしたイベントの登壇も初めてという事で、緊張した様子でした。芹澤さんは、エルフは基本的にスレンダーな身体だが他のキャラとは違う事を強調されていました。そして、シェラはピュアなキャラクターであると話されていました。和氣さんは、レムはスレンダーな体型だが、耳や尻尾のあるキャラで、レベルもシェラより高く、冷静なキャラクターと話されていました。第1話では登場していなかったシルヴィを演じている大久保さんは、シルヴィはギルドマスターでレベルが高くて強く、ロリキャラだが三人(ディアヴロ、シェラ、レム)のお姉さんキャラであると話していました。

次にオープニングの曲の話については、芹澤さん、和氣さん、原由美さん、大久保さん、加藤英美里さんによるユニット「SUMMONERS 2+」の5人で歌っていますが、レコーディングの裏話として、和氣さんによるとレムとシュラで歌い分けをしており、敢えて対比を付けてあるそうです。大久保さんは芹澤さんと和氣さんが主線で、原さんと大久保さんと加藤さんはハモリとコーラスであり、キャラクター感を大切にして歌われたそうです。

そして、エンディングの曲については、芹澤さんによるソロの曲であり、今回の上映会で初めて披露され、芹澤さん自身も初のアニメタイアップと言うことで、夢が叶って芹澤さん自身も熱くなっているそうです。楽曲についても、ディアヴロへの想いや、「恋の歌といえばHoneyWorksさんが良いのでは無いか?」と言うことで、楽曲を書いてもらったそうです。

続いてアフレコでの印象的な話については、水中さんは可愛いキャラクターが見られるのが作品の強みでは無いかと語っていました。普段のアフレコでは、モノローグとセリフでは、通常は先にセリフを録ってからモノローグを録るパターンが多いそうですが、水中さんはモノローグとセリフを一緒に録ると言うことで、大久保さんは凄いと感心されたそうです。和氣さんについては、1話のレムのお色気のシーンが演じているとはいえ恥ずかしいと思われたことや、お色気のシーンについて事務所やマネージャーからも昔(色気の)演技が向いていないと言われていて、今回オーディションで受かると思っていなかったことや、アフレコでやってみて、放送される際の凄い不安や反応を気になるそうです。そして、思ったより体力を使ったことや、必死に演じていたそうです。芹澤さんについては、お色気のシーンについては、シーンが放送された際の両親の反応が心配と言われていました。

見どころのポイントについては、庄司さんからは「原作は文章も挿絵もライトノベルの限界に挑んで作っていて、その部分のアニメを楽しみにして欲しい。」と語っていました。大久保さんはひょうひょうとしているキャラなので、ディレクションでひょうひょうとした感じで演じて欲しいということでそういう感じで演じていることと、魅力的なキャラクターが今後もたくさん出てくるので、注目して欲しいそうです。和氣さんは、レムの秘密がどうなるかや、新キャラクターとの接し方の部分について、魅力を引き出したいと話していました。芹澤さんは キャラクターの成長するストーリーや、制作も絵がかなり出来たところでアフレコが出来ており、スタッフの愛が詰まった作品だと感じたそうです。水中さんは一言でいうなら、もの凄く面白い作品であることと、敵キャラとの戦いも注目して欲しいと語っていました。

ここで作品の新キャラクター情報として、エミール・ビュシェルベルジェール役に置鮎龍太郎さん、キイラ・L・グリーンウッド役に石田彰さん、チェスター・レイ・ガルフォード役に大塚明夫さんの情報が解禁されました。

最後にコメントとして、大久保さんは「1話目も魅力満載でしたが、ここから2話、3話、最終話まできっと素晴らしいものが出来ると思いますので着いてきて欲しいと思います。」、和氣さんは「1話ではレムちゃんにスポットをあてて貰って、2話、3話もシェラやシルヴィのいろんなシーンが出てくるかもしれないので、そこにも注目して欲しいのと、原作も凄くいいですし、小説やコミックスも1話を見て興味を持った方はよろしくお願いします。芹澤さんとやっている動画番組も是非見てください。」、芹澤さんは「私は念願だったソロでタイアップでエンディングを歌わせて頂いて、ヒロインも演じさせていただいて、たくさん私のやりたかったことを叶えてくれている作品です。みんなと一緒に大事な作品になればと思います。」、水中さんは「本当に凄く仲の良い現場で、スタッフ一同熱い思いで毎週アフレコをしています。皆さんに最後まで見て頂いて『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』を応援して貰えればと心から思っております。」とコメントをされ、イベントが終了しました。


◯STORY
「ゲームで魔王やってたら、異世界に召喚された!?」
MMORPGクロスレヴェリにおいて坂本拓真(さかもとたくま)は、他プレイヤーから『魔王』と呼ばれるほど圧倒的な強さを誇っていた。ある日、彼はゲーム内の姿で異世界へと召喚されてしまう。そこには「私こそが召喚主」と言い張る少女が2人いた。拓真は彼女たちから召喚獣用の奴隷化魔術をかけられる――
しかし固有能力《魔術反射》発動! 奴隷と化したのは少女たちで……!?
魔王(演技)が絶対的な強さで突き進む異世界冒険譚、開幕!

◯放送時期
2018年7月5日よりTOKYO MXTV・サンテレビ・BSフジ・AT-Xにて放送開始
TOKYO MX
7月5日スタート 毎週木曜日22:00~
サンテレビ
7月5日スタート 毎週木曜日26:00~
BSフジ
7月5日スタート 毎週木曜日24:00~
AT-X
7月5日スタート 毎週木曜日21:30~
※リピート放送
毎週土曜日13:30
毎週日曜日21:30
毎週火曜日29:30

◯スタッフ
原作:むらさきゆきや (講談社ラノベ文庫刊)
キャラクター原案:鶴崎貴大
監督:村野佑太
シリーズ構成:筆安一幸
キャラクターデザイン:金子志津枝
総作画監督:西岡夕樹
モンスターデザイン・アクション作画監督:宮本雄岐
プロップデザイン 中島裕一
色彩設計:大塚奈津子
美術:草薙
美術監督:岡本穂高
撮影:旭プロダクション白石スタジオ
撮影監督:佐藤哲平
音楽:加藤裕介
音響制作:ハーフ HPスタジオ
音響監督:本山哲
アニメーション制作:亜細亜堂

◯キャスト
ディアヴロ:水中雅章
シェラ・L・グリーンウッド:芹澤優
レム・ガレウ:和氣あず未
アリシア・クリステラ:原由実
シルヴィ:大久保瑠美
エデルガルト:加藤英美里
クルム:種﨑敦美
メイ:森嶋優花
セレスティーヌ:千本木彩花

エミール・ビュシェルベルジェール:置鮎龍太郎
キイラ・L・グリーンウッド:石田彰
チェスター・レイ・ガルフォード:大塚明夫

◯主題歌情報
OP主題歌:
DiCIDE/SUMMONERS2+ 8月29日発売
ED主題歌:
最悪な日でもあなたが好き。/芹澤優 7月25日発売

◯異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(講談社ラノベ文庫)
1~10巻発売中
著:むらさきゆきや イラスト:鶴崎貴大

◯異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(シリウスコミックス)
1~7巻 発売中
著:むらさきゆきや イラスト:鶴崎貴大
漫画:福田 直叶


原作公式HP
http://lanove.kodansha.co.jp/official/isekaimaou/

アニメ公式HP
http://isekaimaou-anime.com/

アニメ公式Twitter
https://twitter.com/Isekaimaouanime

©むらさきゆきや・講談社/異世界魔王製作委員会

ニュース:TVアニメ『バキ』“地上最強の生物”範馬勇次郎役キャストを発表ッッ!!最強のキャスト・大塚明夫が決定ッッ!!オフィシャルコメントも到着ッッ!!

累計発行部数7,500万部突破ッッ!板垣恵介による人気格闘マンガ「刃牙」シリーズ第二部「バキ」・最凶死刑囚編のTVアニメが、NETFLIXで先行配信スタート!そして、いよいよ7月1日より、TOKYO MX1他でもTV放送スタートする!

秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載の原作「刃牙」シリーズは、地下闘技場の最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙(はんま バキ)と “地上最強の生物”と呼ばれる父・範馬勇次郎(はんま ゆうじろう)との壮絶な死闘を軸に様々な格闘士たちの闘いを描いた大人気格闘漫画。新しいTVシリーズでは最凶死刑囚たちと刃牙、地下闘技場戦士たちとの闘いが描かれている。

そして、この度“地上最強の生物”範馬勇次郎役のキャストを発表!刃牙の父・勇次郎を演じるのは、数多くの洋画吹替やアニメ、舞台で幅広く活躍する大塚明夫さんに決定!最強の戦闘能力を持つ勇次郎を、圧倒的な存在感と力強さで演じる。

また、本作の出演に向けて、大塚さんよりオフィシャルコメントも到着。「楽しみにして下されば下さるほどプレッシャーが増大します。そのプレッシャーをそのまま吸い込んでチカラにしたいです。」とファンに向けて思いを語っている。豪華キャスト陣の競演にご期待ください!

6月25日(月)よりNETFLIXにて先行配信中、いよいよ7月1日(日)よりTOKYO MX1ほかで順次放送スタートとなるTVアニメ『バキ』。第1話では、世界各地の刑務所にいる最凶死刑囚5人が東京へと向かう姿が描かれる。迫力の物語をお見逃しなく!


<範馬勇次郎のキャラクターイラストを公開!大塚明夫よりコメントも到着ッッ!>

範馬勇次郎 CV:大塚明夫
「地上最強の生物」の異名を持つ。刃牙の父。素手のみで軍隊を殲滅するほどの戦闘力を誇る。世界中の格闘家、政治家、軍隊から恐れられている。

<大塚明夫・オフィシャルコメント>
―範馬勇次郎というキャラクターについての印象や、演じるにあたり意気込みをお聞かせください
「強すぎてリアリティを感じないほどの強さをどう演じれば良いのか!今から気持ち悪くなっています…どうぞ応援してください。」

―本作を楽しみにしてくださっているファンの皆様に一言お願いいたします
「楽しみにして下されば下さるほどプレッシャーが増大します。そのプレッシャーをそのまま吸い込んでチカラにしたいです。どこまで行けるかお楽しみに!」


<テレビアニメ『バキ』作品概要>
NETFLIXにて先行配信中!
2018年7月1日より、TOKYO MX1ほかにてTV放送予定!

NETFLIX
6月25日 先行配信スタート
TOKYO MX1
7月1日より 毎週日曜 深夜0:30~
サンテレビ
7月1日より 毎週日曜 深夜1:00~
TVQ九州放送
7月2日より 毎週月曜 深夜3:00~
テレビ愛知
7月3日より 毎週火曜深夜2:05~
KBS京都
7月3日より 毎週火曜 深夜0:30~
北海道テレビ
7月7日より 毎週土曜 深夜2:35〜
※放送開始日・放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。

<STAFF>
原作:板垣恵介(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
監督:平野俊貴
シリーズ構成:浦畑達彦
キャラクターデザイン:鈴木藤雄
色彩設計:宮脇裕美
美術監督:河野次郎 大石ノリコ
撮影監督:野口龍生
編集:佐野由里子
音楽:藤澤健至(Team-MAX)
音響監督:浦上靖之 浦上慶子
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
製作:バキ製作委員会

<主題歌>
オープニングテーマ:「BEASTFUL」GRANRODEO(Lantis)
エンディングテーマ:「RESOLVE」田所あずさ(Lantis)

<CAST>
範馬刃牙:島﨑信長
範馬勇次郎:大塚明夫
愚地独歩:菅生隆之
渋川剛気:島田敏
烈海王:小山力也
花山薫:江口拓也
ドリアン:銀河万丈
ドイル:子安武人
シコルスキー:津田健次郎
スペック:茶風林
柳龍光:二又一成
徳川光成:麦人
愚地克巳:川原慶久
松本梢江:雨宮天
ナレーション:古谷徹


公式サイト:
http://baki-anime.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/baki_anime

©板垣恵介(秋田書店)/バキ製作委員会

レポート:想像の斜め上を行く展開に会場も熱狂!「甘い懲罰~私は看守専用ペット 応援上映会&お渡し会&トークショー」イベントレポート

2018年6月30日、東京・水道橋にあるYMCAアジア青少年センター スペースYホールにおいて、『甘い懲罰~私は看守専用ペット 応援上映会&お渡し会&トークショー』が行われました。

こちらのイベントでは、明神亜貴役の山谷祥生さん、比嘉大和役の中島ヨシキさん、五十嵐健役の前内孝文さんが登壇されました。

今回のイベントでは、最初にお渡し会が行われた後、続いて「甘い懲罰~私は看守専用ペット」の応援上映とトークショーが行われました。応援上映の前に、中島ヨシキさんと前内孝文さんとMCの団長さん(NoGod)がハイテンションで会場を盛り上げ、いよいよ上映が始まると思いきや、トークショーから参加予定だった山谷祥生さんも急遽舞台に登場し、作品の内容に触れながら見どころを説明し、応援上映が始まりました。

応援上映では、会場に足を運んだファンの方のペンライトの光り物や、太鼓、木魚、ベルなどの鳴り物や歓声を使っての応援で会場は大いに盛り上がりました。

上映会が終わり、いよいよトークショーへ。比嘉大和役の中島ヨシキさん、五十嵐健役の前内孝文さんとMCの団長さんが登壇されました。中島さんと前内さんと団長さんの三人で、裏でも応援上映で盛り上がっていた話をして、トークショーから参加の明神亜貴役の山谷祥生さんを三人で会場に呼び込むと、山谷さんの手には誕生日ケーキを持って登壇し、6月26日に誕生日を迎えた中島ヨシキさんの誕生日を会場全員で祝いました。

そして、応援上映については、キャスト三人とも応援上映を後方から見て、大変盛り上がっていた応援上映の雰囲気を楽しまれたようでした。

最初のコーナーは、質問コーナーと言うことで、公式サイトで募集していた質問に対して、質問BOXから質問内容を選び、三人に答えて貰うという形で行われました。

最初は、「自分の演じたキャラクター以外で印象的なセリフは?出来ればものまねをしながら。」については、質問を答える前にフライングで前内さんが思わず比嘉のセリフを叫びましたが、山谷さんは一話の収録の時のディレクションで、八雲は高音、比嘉は低音で、明神はその間の声色を求められたエピソードを披露されていました。

次は「甘い懲罰のラインスタンプが発売されましたが、日常での使い方を教えて下さい。」という質問については、三人がLINEスタンプを見て、どの絵柄でどういう使い方が良いかを提案していましたが、「中島さんとLINEでつながる」などの驚きの案も出たりしましたが、使いやすいスタンプから上手く使ってみるという案も出されていました。

続いては、「自身のキャラクター以外でやってみたいキャラクターは?」については、中島さんは今期、甘い懲罰以外でも同じクールでヤクザ作品に出演しており、そういう役をやってみたいが、作品としては多くないのでそういう作品が増えればという話や、前内さんは普段バイクを乗るそうですが、その中でもオフロードバイクに乗られており、そういう役をやってみたいと話し、山谷さんは選べないと話していました。

クイズコーナーの最後の質問で「自信の演じているキャラクターと似ている部分はありますか?」については、全員声が似ているという話になり、そこから話しが膨らんで想像の斜め上を行く展開となり、キャラクターとの似ている部分については、今回は声しか浮かばないようでした。

続いては、3月と5月に二回、「甘い懲罰」のニコニコ生放送が配信されましたが、二回のニコ生の名シーンをオーディオコメンタリー形式で振り返りました。ニコニコ生放送だからのテンションで取り組んでいた三人ですが、映像として改めて見ると三人とも冷静に違う受け止めをされているようでした。

そして、山谷さんがニコニコ生放送上で約束していた、ニコニコ生放送で描いたイラストをTwitterのアイコンにしなかったと言うことで、三人の連帯責任と言うことで、三人で罰ゲームをかけた、クイズバトルが繰り広げられました。

クイズに関しては、アニメに関連した印象的な部分の問題が出題され、三人とも試行錯誤しながら、解答されていました。しかし、最後の問題で、大喜利の問題に解答が出来なかった中島さんが負けとなり、会場のその場で山谷さんが描いたイラストを一日限定でTwitterにする罰ゲームをされていました。

最後に、本日の感想として、前内さんは「盛り上がって二期をしたい。」、中島さんは「刑務所の後の展開も続いているので、楽しんで欲しい。」、山谷さんは「作品が愛されているのを感じた。」とコメントされ、イベントが終了しました。


TVアニメ『甘い懲罰~私は看守専用ペット』
http://kanshu.cf-anime.com
©いづみ翔/Suiseisha Inc.