声優アワード:助演女優賞スピーチ内容

伊藤静

「伊藤静です。本日はこのような助演女優賞という賞を頂けて、本当に心から嬉しく思っています。ただ、この大きいスクリーンであの映像が流れるとは、思っていなかったので正直びっくりもしましたが、でもあれは、2015年の秋にやったアニメだったんですが、あの作品をはじめとして、去年は本当に作品に恵まれ、役に恵まれ、色んな役を任せて貰えるようになってきたのかなという一年でした。自分の中では、10年やったら一人前と、始めた頃には思っていましたが、もうすぐ15年になろうとしても、まだまだ入り口の当たりでうろうろしているような、その中でこういう賞を頂いて嬉しく思いますし、私という人間に一票を投じて下さった沢山の方々に本当に御礼を申し上げたいと思います。この賞を励みに、これからも迷いながらですが、階段を一段でも昇れるように励んでいきたいと思います。本日は本当にありがとうございました。」

 

早見沙織

「助演女優賞を頂きました早見沙織です。この度はこのような栄えある賞を頂きまして、ありがとうございます。今回の声優アワードが第10回という節目の年ですが、私事ですが、私もこのお仕事を始めさせて頂いて、10年となりまして、なにかとても素敵なご縁を感じております。とても嬉しく思っております。これからも一歩一歩大切に歩んで参りたいと思います。全ての皆様に感謝を申し上げます。そして、両親に感謝を述べたいと思います。本当にありがとうございます。」