レポート:キャストが巨人絵馬に書いた願い事は?『劇場版「進撃の巨人 Season 2 ~覚醒の咆哮~」』初日舞台挨拶レポート

2018年1月13日、東京・新宿にある新宿バルト9において、『劇場版「進撃の巨人 Season 2 ~覚醒の咆哮~」初日舞台挨拶』が行われました。今回はこちらの舞台挨拶をレポートします。

今回の舞台挨拶では、エレン・イェーガー役の梶裕貴さん、ミカサ・アッカーマン役の石川由依さん、アルミン・アルレルト役の井上麻里奈さん、ライナー・ブラウン役の細谷佳正さん、ベルトルト・フーバー役の橋詰知久さん、監督の肥塚正史監督が登壇されました。

舞台挨拶が始まると、登壇者一同が客席の後ろ側から登場し、客席通路を歩いて舞台に降り立ち、これには会場内のお客様も登壇者が間近を通って驚かれていました。そして、登壇者が舞台に立って、キャスト同士の仲の良さが伺える挨拶が行われた後に、今回の『劇場版「進撃の巨人 Season 2~覚醒の咆哮~」についてのトークが始まりました。

今回の映画では「新規のシーン」や、「Season 3」を期待させる内容だったそうですが、1クール分が2時間の映画に詰まっていたのではないかと話されていました。それだけ、密度が濃い内容だったのではないでしょうか。

ここで、7月公開のTVアニメ「進撃の巨人 Season 3」のキービジュアルが公開されると、今回の登壇者のキャラクターが誰も登場していないと言うことで、キャストからも何故出てないという声がありましたが、原作を読んでいる人にはわかるキービジュアルの内容となっているので、是非Season 3も楽しみにしていてください。

そして、今年の抱負について各キャストが特製の巨人絵馬に書いた願い事について披露され、男性陣は「進撃の巨人」に関連した願い事もあれば、芝居の役についての願いもあり、女性陣は実際に実現したい目標が書かれている人など、男性と女性で願うことが分かれた結果となっていました。

舞台挨拶も終盤にさしかかり、ここで『劇場版「進撃の巨人」Season 2~覚醒の咆哮~』の印象についての話となり、「芝居が楽しかった。」という感想や、「巨人化するシーン」の所を挙げる人や、「告白のシーン」の収録の話や、「自分のキャラクターの心の動き」が理解できたなど、各キャスト様々な感想を持たれていました。

最後に挨拶として、このSeason 2を皮切りに、Season 3に繋げていけたらと思いますとコメントをされ、最後にイベント恒例の「心臓を捧げよ」をして、イベントは終了しました。


劇場版「進撃の巨人」Season 2~覚醒の咆哮~』
大ヒット上映中!!
配給:ポニーキャニオン
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会