イベント:TVアニメ「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」TVアニメ放送から10年。監督やメインスタッフ登壇の トークイベント開催決定!

TVアニメ「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」放送&ビデオパッケージ発売から10年が経ったことを記念して、トークイベントを開催。岡村天斎監督、キャラデザイン小森高博氏、脚本大西信介氏はじめ様々なメンバーが登壇予定だ。

2007年4月の放送から10年が過ぎても、今なお根強い人気を誇る「DARKER THAN BLACK」シリーズ。本作を生み出したスタッフたちが集まり、一夜限りのトークイベントを開催!当時を振り返りながら、DTBへの想いを一緒に語りあいましょう!


<イベント概要>
あれから10年―「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」トークナイト
開催日:
2018年3月12日(月)
OPEN:19:00 START:19:30
出演:
岡村天斎(監督)
小森高博(キャラクターデザイン・総作画監督)
大西信介(脚本)ほか
会場:
阿佐ヶ谷ロフトA
杉並区阿佐谷南1-36-16-B1
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/
チケット:
前売:1,800円
当日:2,200円
(共に飲食代別:要1オーダー500円以上)
購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002251975P0030001


「DARKER THAN BLACK –黒の契約者-」とは
BONES、岡村天斎監督によるオリジナルアニメーション。舞台は東京。突如現れた異常領域「地獄門(ヘルズ・ゲート)」と、それに呼応するかのように出現し始めた「能力者」たちを中心に描かれる物語。主人公・黒(ヘイ)をはじめ、多くの能力者が登場し繰り広げられるアクションシーンや、さまざまな組織やキャラクター達の思惑が複雑に絡んだストーリー構成、またSF的な設定を盛り込みつつも、どこか昭和的で、かつハードボイルドな世界観が人気を呼び、いまだに根強いファンに支えられている作品である。
・2007年4月~9月までTVアニメ放送、2008年3月ビデオパッケージ最終巻発売。
・2009年10月には続編となる、「DARKER THAN BLACK -流星の双子-」が放送された。

「DARKER THAN BLACK –黒の契約者-」 について
<序説>
解析不可能な異常領域「地獄門(ヘルズ・ゲート)」の出現により、本当の“ 空” を失った東京。それと呼応するように現れたのは、特別な能力を身につけた者たちだった。能力を得る代償として、人間らしい感情が希薄になり、人を殺めることさえ冷徹に行う彼らを、人々は畏怖を込め、「契約者」と呼んだ。

一見いつもと変わらない東京の風景。しかしその裏では、ゲートに秘められた謎をめぐり、各国の諜報機関は「契約者」を利用して熾烈な諜報戦を繰り広げている。

主人公・黒(ヘイ)は、中国人留学生李舜生(リ・シェンシュン)として東京の街にひっそりと溶け込んでいるが、裏の顔は、暗部の闘いに身を投じる能力者の一人で、その苛烈な任務遂行の姿から、BK201「黒の死神」と呼ばれ畏怖されている、組織の一級エージェントである。

各国諜報機関が送る、予測不可能な能力を持った敵の契約者たちとの闘い。悲しき過去を持つ女達との出会い、そして別れ。「契約者」による事件を追う公安部外事四課なども絡みあい、「ゲート」を巡る争いは激しさを増してゆく。

<スタッフ>
原作:BONES・岡村天斎
監督:岡村天斎
キャラクター原案:岩原裕二
キャラクターデザイン・総作画監督:小森高博
美術デザイン:岡田有章・佐藤正浩・田口栄司
デザインワークス:柳瀬敬之
色彩設計:水田信子
美術監督:青井 孝
撮影監督:武井良幸
音楽:菅野よう子
音響監督:若林和弘
アニメーション制作:ボンズ
製作:DTB製作委員会・毎日放送

<キャスト>
黒(ヘイ):木内秀信
銀(イン) :福圓美里
猫(マオ) :沢木郁也
黄(ホァン):池田勝
霧原未咲:水樹奈々
斎藤雄介:志村知幸
松本邦夫:福田信昭
河野豊:鳥海浩輔
大塚真由:稲村優奈
宝来善充:池水通洋
大山美鈴:坂本千夏
ほか