ニュース:TVアニメ4期『弱虫ペダル GLORY LINE』第2クールOPテーマ「ダンシング」を歌う佐伯ユウスケ、BS11「Anison Days」に出演!名曲「妖怪人間ベム」をカバー!

「週刊少年チャンピオン」(秋田書店発行)で連載中、コミックス累計発行部数1700万部超、渡辺航氏原作による自転車<サイクル>ロードレースに全てをかける高校生たちの戦いとドラマを描くTVアニメ『弱虫ペダル』。2017年1月~6月に放送された第3期シリーズ『弱虫ペダル NEW GENERATION(ニュージェネレーション)』に続き、第4期シリーズ『弱虫ペダル GLORY LINE(グローリー・ライン)』がテレビ東京他にて絶賛放送中だ。

『弱虫ペダル GLORY LINE』の第2クールOP曲は、佐伯ユウスケが歌う「ダンシング」。先日発売となったCDと共に、本人出演のMVも55万再生を超え話題となっている。そんな佐伯ユウスケが、BS11のアニソン番組「Anison Days」に出演!5月28日(月曜日夜11時~11時30分)にOAとなる。

「Anison Days」は、1980年代、90年代、2000年代に発表され、多くの人々の心を震わせたアニソンの数々を、今一度振り返る番組。多彩なゲストを迎えて、珠玉のアニソンを番組オリジナルアレンジによるスタジオ生演奏でお送りしている。MCの森口博子さん、サブMC/演奏の酒井ミキオさん、そしてゲストがそれぞれセレクトするアニソンを歌う番組で、佐伯ユウスケは自身の思い出のアニソンとなる「妖怪人間ベム」のオープニングテーマをカバー!「弱虫ペダル GLORY LINE」のオープニング曲「ダンシング」と共に生バンドの演奏で歌っている。

森口博子さんと酒井ミキオさんとのトークシーンでは、憧れの森口さんとのトークにもかかわらず、緊張を感じない軽快なトークで盛り上がっていた。

是非「Anison Days」で佐伯ユウスケの生ライブとトークをお楽しみください!


<BS11「Anison Days」とは>
多くの名作アニメ生まれた1980年代、90年代、2000年代。 作品の中の曲に胸をときめかせ、涙を流し、たくさんの勇気をもらいました。 そんな、心震わせるアニソンの数々を今一度振り返りませんか? この番組では、多彩なゲストを迎えて、珠玉のアニソンを番組オリジナルアレンジによるスタジオ生演奏でお送りします。 MCの森口博子さん、サブMC/演奏の酒井ミキオさん、そしてゲストに、それぞれがセレクトするアニソンを歌っていただきます。 ゲストは若手シンガーからレジェンドまで幅広い世代から登場します。

メインMC:
森口博子
サブMC/演奏:
酒井ミキオ

番組HP
http://www.bs11.jp/anime/anison-days/


佐伯ユウスケ「ダンシング」MV