レポート:沢城さん・高塚さん二人の学生時代が垣間見られた?「『25歳の女子高生』DVD発売記念イベント」レポート

2018年7月14日、神奈川・横浜にあるアニメイト横浜において、「『25歳の女子高生』DVD発売記念イベント」が行われました。今回は、こちらのイベントをレポートします。今回のイベントでは、蟹江亮人役の沢城千春さん、相田直之役の高塚智人さんが登壇されました。

今回のイベントは、アニメ「25歳の女子高生」の初回放送から半年が経過しており、MCから「アフレコの時の事を覚えていましたか?」という質問に対し、沢城さんが一回目のアフレコの時にスタジオが焦げ臭くて気になったが、スタッフの人から気にしないでと言われ、何も無かったようにアフレコをしていたエピソードが披露されていました。

そして、今回の作品は色んな意味で刺激的な作品でしたが、その感想については、高塚さんは刺激的なシーンについては、場面転換が入るので、思ったほど気にならなかったそうです。沢城さんは通常版と完全版では、アニメの映像は違うが、台本は一緒なので、ビデオチェックの時にビデオには通常版と完全版が入っていて、通常版を見ていたつもりが、知らないシーンが出てきて、いつの間にか気付かずに完全版を見ていた事もあったそうです。

ここで、MCから沢城さんと高塚さんに生アフレコの振りがあり、沢城さんと高塚さんは自分が演じるキャラクターの顔パネルを持って、生アフレコを披露していました。会場からは、格好良いセリフや、笑いを交えたセリフに会場からも歓声が起きていました。

生アフレコのセリフの内容から、アニメの話になり、印象に残ったセリフについては、高塚さんは相田の体育館裏の際どいセリフの話で、会場からも思わず声が上がり、沢城さんはどうして蟹江はあのようなキャラクターだったのか?など、色んな意味でギリギリだったと語っていました。

続いて、会場からの質問コーナーになり、「相田くんは保健室でサボっていたが、お二人は学校で好きな場所はありましたか?」という内容については、高塚さんは高校生の時に、放課後の教室が好きで、そこで音楽を聴いていた事や、沢城さんは小学校の保健室と先生が好きだったそうで、通っていたそうです。

次の質問は、「蟹江君は勉強を教えるときに眼鏡をしてドキッとしましたが、沢城さんと高塚さんはドキッとする女性の仕草はありますか?」については、沢城さんは女性が身につけていたシュシュを外して口にくわえている所で、高塚さんは髪をスッと整える瞬間が良いという話しをされていました。また、沢城さんは町中でスーツを着た女性が走っている時の雰囲気や、ヒールで躓いて倒れた時に心配の声をかけて、そのまま食事に誘うシチュエーションに憧れているという話もありました。

続いて、「『25歳の女子高生』は、花が従姉妹に代わって高校に行きますが、誰かに代わって欲しいエピソードはありますか」については、高塚さんは夏休みの宿題を高塚さんに代わって母親がやってくれたことや、沢城さんは大学の時、沢城さん自身はノートを書いてなかったので、書いていた人にノートを借りて、卒業したエピソードを披露されていました。

最後に、「『25歳の女子高生』は高校がメインの話ですが、二人が高校時代に知ってれば楽しかったと言うことや、やっておけば良かったというエピソードはありますか」については、沢城さんは高校時代、部活でハンドボールをやっていましたが、帰宅部だったら良かったと話していました。高塚さんは、高校時代は秋葉原に通っていたという話を披露されていました。楽しかったエピソードについては、沢城さんは部活でスキンヘッドにする習慣があったそうですが、スキンヘッドは世渡り上手にくぐり抜けていたそうでした。

トークが盛り上がったところで、じゃんけん大会が行われ、4名の方に豪華賞品がプレゼントされました。

イベントの最後に高塚さんは「お渡し会で作品の感想が聞けたら。」、沢城さんは「作品を愛してくれる皆さんと場を共有出来て嬉しかったです。」とコメントされ、トークパートが終了しました。

その後に行われたお渡し会についても、終始和やかな雰囲気で進行し、参加された方も楽しそうな表情をされていました。


TVアニメ「25歳の女子高生」
完全版Blu-ray & DVD、通常版DVD好評発売中!!

公式サイト:
http://nigojo.cf-anime.com

©マナカ/Suiseisha Inc