ニュース:劇場版「ウルトラマンジード」2018年3月10日公開決定!ティザービジュアル解禁! 劇場版ゲストキャストは“特撮初出演”本仮屋ユイカが決定!主題歌はMay J.が担当!!

2017年7月から放送中の円谷プロダクション制作シリーズ最新作『ウルトラマンジード』。主演には濱田龍臣(「怪物くん」「龍馬伝」ほか)、監督に坂本浩一(「仮面ライダーフォーゼ」「スペース・スクワッド」ほか) 、シリーズ構成・脚本に小説家の乙一(「ZOO」「暗いところで待ち合わせ」ほか)を迎え、メインキャラクターの声に、宮野真守、小野友樹、三森すずこ、潘めぐみ、浅沼晋太郎ら大人気声優陣をキャスティング!!

テレビシリーズ情報解禁時にはYahooトップページ掲載& Twitterトレンドランキングに1位ウルトラマンジード、3位乙一、4位濱田龍臣がランクイン、放送前から特撮ファンだけでなく幅広い層で大きな話題となった。シリーズ史上唯一の「悪に堕ちたウルトラマン」ウルトラマンベリアルの遺伝子を受け継ぎ、ウルトラマンジードに変身する主人公・朝倉リク(濱田龍巨)の己の運命との戦い平凡なサラリーマンと一体化した若きヒーロー・ウルトラマンゼロ(小澤雄太)との共闘、ベリアルに忠臣を誓う 謎のライバルの登場など、複雑に絡み合った重厚なストーリー・世界観も魅力だ!

熱い声援に応え、本作の劇場版の公開が決定した!タイトルは『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』、2018年3月10日(土)より全国ロードショー。この度、劇場版のティザービジュアルを公開。

そして、劇場版のオリジナルゲストキャストとして、連続テレビ小説「ファイト」やTBS「王様のブランチ」出演の女優・本仮屋ユイカが特撮初出演を果たし、本作の舞台となる沖縄の伝承、風俗に詳しい女性ガイドだが、実は古代から地球で暮らしてきたクシア人、比嘉愛流(ひが・あいる)役を演じる!強大な敵から地球を守るべく、クシア人生き残りとしてウルトラマンと一緒に戦う!!

さらに!劇場版の主題歌を担当するのは、圧倒的な歌唱力とパワフルかつ繊細な歌声、そして前向きでポジティブなメッセージが幅広い世代から支持を受けているアーティスト、May J.に決定した!


<劇場版のオリジナルゲストキャストは、特撮初出演!女優・本仮屋ユイカに決定!>
連続テレビ小説「ファイト」やTBS「王様のブランチ」出演の女優・本仮屋ユイカが特撮初出演を果たし、劇場版の舞台となる沖縄で、沖縄の伝承、風俗などに詳しい女性ガイド役だが、実は古代から地球で暮らしてきたクシア人、比嘉愛流(ひが・あいる)役として出演!

【本仮屋ユイカコメント】
出演が決まったときの気持ち:
驚きました。まさかこんなに大人になってからウルトラマンに出られることになるなんて!とても嬉しく、光栄です。

役柄や沖縄の撮影:
初めての宇宙人役。地球を愛し、憂い、その尊さを訴えるセリフを美しい沖縄の地で言えたことがとても幸せでした。そして、リクくんに自分を信じるように、と励まし導くシーンでは、観てくださってる人にもそのメッセージが伝わるように祈りを込めました。アイルという、神聖な役を使命感をもって演じることができたのはとても誇らしい気持ちでした。

特撮初出演について:
最初は不思議な感じがしました。まだ見ぬ怪獣を想像しながら動いたり、アクションをしたり、戸惑いましたがとてもいい経験になり、感謝しております。


<劇場版主題歌は、May J. に決定!>
圧倒的な歌唱力とパワフルかつ繊細な歌声、そして前向きでポジティブなメッセージが幅広い世代から支持を受けているアーティスト、May J. 。May J.自身が劇場版の主題歌を担当するのは、本作が2度目となります!

【May J. コメント】
世代を超え、今でもたくさんの人達を魅了し続けているウルトラマンはいつまでも日本を代表する作品だと思います。そして今回私がウルトラマンの曲を歌わせて頂けることになり、信じられない気持ちと共にとても光栄です!小さい頃テレビで見ていて、小学生の時に男の子のお友達にウルトラマンのフィギュアをプレゼントしたことを覚えています。ウルトラマンの強さや優しさは男性だけでなく、女性にも勇気をくれると感じています。ウルトラマンのように、私もたくさんの方に笑顔を届けられるよう心を込めて歌わせていただきたいと思います!

【May J. プロフィール】
日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち多彩な言語を操るマルチリンガルアーティスト。幼児期よりダンス、ピアノ、オペラを学び、作詞、作曲、ピアノの弾き語りをもこなす。圧倒的な歌唱力とパワフルかつ澄んだ繊細な歌声、そして前向きでポジティブなメッセージが共感を呼び、幅広い世代から支持を受けている。2006年7月12日ミニアルバム「ALL MY GIRLS」でメジャーデビュー。 記録的な大ヒットで社会現象にもなった、2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」 の日本版主題歌を担当。
同年の第65回紅白歌合戦に初出場。 2015年1月には自身初となる、日本武道館の単独公演を開催。


タイトル:『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』
公開表記:2018年3月10日(土)全国公開
配給:松竹メディア事業部

©劇場版ウルトラマンジード製作委員会

ニュース:『弱虫ペダル』3期最終第9巻のジャケット公開!田村ゆかり演じるキャラが歌う「ラブ★ヒメ」CDも!

「週刊少年チャンピオン」(秋田書店発行)で連載中、コミックス累計発行部数1700万部超、渡辺航氏原作による自転車<サイクル>ロードレースに全てをかける高校生たちの戦いとドラマを描くTVアニメ『弱虫ペダル』。2017年1月~6月に放送された第3期シリーズ『弱虫ペダル NEW GENERATION(ニュージェネレーション)』に続き、第4期シリーズ『弱虫ペダル GLORY LINE(グローリー・ライン)』が2018年1月よりテレビ東京他にて放送スタートとなる。

そして、この度、2017年12月13(水)発売の第3期『弱虫ペダル NEW GENERATION』BD&DVD第9巻のジャケットデザインが公開となった。この第9巻には、総北高校キャプテン・手嶋純太(cv.岸尾だいすけ)と王座奪還に燃える箱根学園の天才クライマー・真波山岳(cv.代永翼)による、山岳賞を賭けた一騎打ちを描く第23話~最終話25話が収録されており、ジャケットには熱いレース中の二人の様子が描かれている。

また、初回生産限定特典として、劇中アニメ「ラブ★ヒメ」より、田村ゆかりが演じる姫野湖鳥が歌う「ヒメのくるくる片思い」CDの封入が決定!この「ヒメのくるくる片想い」は、アニメ本編で主人公の小野田坂道がレースコースを疾走しながら歌うナンバー。描き下ろしCDジャケット風カードも同梱されるので、姫野湖鳥(cv.田村ゆかり)やメージュ=羊の姿をした執事(cv.諏訪部順一)をはじめとするキャラクターにも是非ご注目下さい!

『弱虫ペダル GLORY LINE』Blu-ray&DVDシリーズは、現在全9巻が発売中だ。


<Vol.9商品概要>
収録話:第23話~第25話:本編約69分+映像特典

初回生産限定特典:
・描き下ろしアウターケース
・劇中歌「ヒメのくるくる片想い」CD(描き下ろしCDジャケット風シート付き)
歌:姫野湖鳥(CV.田村ゆかり)
作詞:渡辺航
作曲/編曲:渡部チェル

初回・通常共通特典:
【映像特典】
・エンディングショートアニメ集
・提供バック集
※特典仕様・内容は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください。


TVアニメ第3期『弱虫ペダル NEW GENERATION』Blu-ray&DVD商品情報
『弱虫ペダル NEW GENERATION』Blu-ray&DVDシリーズ全9巻
Vol.1~Vol.9好評発売中!
Blu-ray:各巻6,800円+税
DVD:各巻5,800円+税

発売・販売元:東宝

アニメ:人気ティーンズラブコミック原作『25歳の女子高生』TVアニメ化決定!2018年1月7日よりTOKYO MXほかで放送開始!キービジュアルを解禁!通常版&完全版のWキャストを発表!

電子コミック版・書籍版ともに大人気のティーンズラブコミック『25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ』(原作:マカナ)のTVアニメ化が決定!2018年1月7日より、TOKYO MXほかにてショートアニメで放送開始!さらに、ComicFestaアニメZoneにて完全版の配信も決定!

アニメ『25歳の女子高生』は、親戚からの依頼で、不登校の従妹の替え玉として、25歳の花が高校に通うことになってしまうという物語。学校を舞台に、主人公の花と、高校時代の同級生で先生をしている蟹江、25歳の大人な男女ふたりが織りなすドキドキのラブストーリーが展開。

強引な蟹江に対し、最初は戸惑いつつも、徐々に惹かれていく花。ホンモノの高校生にはできない、“オトナ”な指導やシチュエーションがアニメでも描かれている。

本作の放送に向けて、この度、キービジュアルが解禁となった!さらに、メインキャストを発表!地上波ほかで楽しめる「通常版」と、過激シーンを盛り込んだ「完全版」のWキャストが決定!

真面目でお人よしな性格の名鳥花役に、原田ひとみ(通常版)&和央きりか(完全版)、花の高校時代の同級生で、世界史の教師の蟹江亮人役に、沢城千春(通常版)&森下京平(完全版)、そして蟹江のクラスの生徒の相田直之役に、高塚智人(通常版)&古河 徹人(完全版)が決定。豪華キャスト陣がキャラクターの魅力を豊かに演じていく。

また、主題歌は、TVアニメ『スカートの中はケダモノでした。』、『お見合い相手は教え子、強気な、問題児。』に続き、葉月さきに決定!物語を盛り上げる歌声にも注目だ!

TVアニメ『25歳の女子高生』は、1月より放送開始!高校を舞台に繰り広げられるオトナなラブストーリーをお楽しみください!


<TVアニメ『25歳の女子高生』作品概要>
TOKYO MX
2018年1月7日より毎週日曜深夜1:00~放送開始予定
ComicFesta アニメZone
2018年1月7日より毎週日曜深夜0:00~配信開始
※通常版を無料配信
※大人向け完全版を「ComicFesta アニメZone」限定で配信

<スト―リ―>
「25歳のオトナ女子、高校に替玉入学!?」
花は求職活動中の25歳。
突然の親戚からの依頼で、不登校の従妹・16歳の替え玉として学校に通うことになってしまった!
見た目もソックリでバレないはず…と潜入した登校初日に、なんと高校の同級生・蟹江が先生として現れて、ソッコーでバレてしまう。
黙っててほしい、そうお願いした花に、蟹江からのオトナな指導が始まって…!?

<スタッフ>
原作:マカナ
監督:太多秀太
脚本:佐和山進一郎
キャラクターデザイン・総作画監督:山本佐和子
音響監督:折田哲郎
音響制作:コズミックレイ/タバック
アニメーション制作:リリクス
制作:ピカンテサーカス
製作:彗星社

主題歌:葉月さき

<キャスト>
名鳥花(通常版CV:原田ひとみ)(完全版CV:和央きりか)

蟹江亮人(通常版CV:沢城千春)(完全版CV:森下京平)

相田直之(通常版CV:高塚智人)(完全版CV:古河徹人)


公式サイト
http://nigojo.cf-anime.com

公式Twitter
https://twitter.com/ComicFestaAnime

(C)マカナ/Suiseisha Inc.