公式レポート:May’n Hall Tour 2018『and You』~BE SUNNY!!!~ at 日比谷野外大音楽堂オフィシャルライブレポート

4月から、全国5都市を巡るホールツアー『and You』を繰り広げてきたMay’n。その追加公演であり、本人が「大ファイナル」と位置づける日比谷野外音楽堂でのライブが、6月17日(日)に開催された。

「嵐を呼ぶ女」と自称するほどの極度の雨女だというMay’n。梅雨の時期に野外ライブをおこなうにあたって、「晴れろ!」という強い気持ちから「BE SUNNY!!!」というサブタイトルをつけた。当日は雲一つない快晴……とまではいかなかったが、うっすらとした雲の合間からほんの少し青空が覗くまずまずの天気。午後5時、野音のステージに、濃紺と銀の衣装に身を包んだMay’nが登場した。

1曲目「Belief」の出だしをアカペラで歌い、一気に観客を自らの世界に引きこんだMay’n。SALTY DOGとのコラボから生まれたラウドな「Banggin’ Your Head」、ストレートなロックナンバー「HERO」と、勢いのある3曲を続けて歌い、彼女流のロックを観客にぶつけた。

「BE SUNNY!!! こんにちは、May’nです。みんなの顔がこんなにはっきり見えるなんて、野外だねー」と、初の野外ライブに対する素直な感想を吐露するMay’n。序盤3曲はかっこよくキメたかったのだが、あまりの楽しさに「Belief」ではついつい笑顔になってしまったという。「晴れたよ!」という心からの叫びに、観客も大歓声。「みんな濡れてもいいという覚悟で来たよね? 思い切り汗かいて、最高の時間を過ごしましょう。野音よろしく!!」

最初のMCから人気曲「ライオン -May’n Ver.-」で大いに盛り上げると、ポップな楽曲が並ぶパートへ。歌詞のストーリーに合わせたコミカルなダンスを入れつつの「パラノイア」、笑顔がまぶしい「Ready Go!」、定番のタオル曲「バースデイ!~PEACE of SMILE」、ピンクの浮き輪を身につけての「ギラギラサマー」と続けて披露した。

「よかった! ギラサマできる今日であって」と、二度目のMCでもまたまた天気の話。6月17日は近年30年の統計上、梅雨の時期で最も降水確率が低い日だとスタッフに教えられたエピソードから、それでも今日を迎えるまで天気予報が気になって気になって仕方なかった話へ。台風も発生し、本当にドキドキしたのだという。

続いては、バラードを集めたパートへ。8月8日にリリースされるニューシングルの収録曲「HOME」(TVアニメ「Phantom in the Twilightエンディングテーマ」)を初披露。May’nの綺麗で伸びやかな歌声と歌唱力が存分に伝わる珠玉のバラードソングだ。そして、アコースティックギター、ウッドベース、キーボードの演奏による「君との今日、わたしの声」「ダイアモンド クレバス」と繋げた。「ダイアモンド クレバス」では出だしをアカペラで、しかもマイクを口から離して肉声で届けたMay’n。夕暮れの空の下、切ない歌声が観客の心にしみこんだ。

一旦ステージを降壇し、白の衣装にチェンジして再び登場すると、ライブは後半に突入。ポルノグラフィティ新藤晴一の作詞によるラテンフレイバーの「モンスター」、黒いエレキギターを自ら弾いての「Brain Driver」、大定番の「射手座☆午後九時 Don’t be late」と1曲ごとにテンションを高めていき、観客のコーラスが響き渡る「AMICITIA」で最高潮に。ちょうどそのタイミングで日没時間となり、夕闇が濃くなっていく中、会場が一体となった。

ライブ本編のラストは「You」。ライブでみんなから勇気をもらえたことで、自分を信じ愛することができるようになったというMay’n。ファン一人一人に大切な想いを届けたいという気持ちから、最後に歌おうと決めていた曲だという。May’nの持ち味が最もドラマティックなナンバーで、観客はその歌声を堪能した。

アンコールは、「BE SUNNY!!!」のライブTシャツで登場。ニューシングルのタイトル曲「天使よ故郷を聞け」(TVアニメ「ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王」オープニングテーマ)を、どこよりも早く初披露。複雑な構成を持つソリッドなロックナンバーで、彼女いわく「ぐっちゃんぐっちゃんな曲(笑)」。今までのMay’nらしさを全て集約しつつ新しい要素が加わった、現在進行形の楽曲だ。

続く「WE ARE」では、アコースティックギターを手に、舞台を降りて観客の中を歌いながら歩き、客席中央に設けられた小ステージへ。〈手を繋ごう 手を掲げよう 一緒に歌おうよ〉という歌詞通り、ファンに交じってのパフォーマンスとなった。そしてライブの最後を飾ったのは、「みんなの未来を私が照らしていくよ」というMCからの「Shine A Light」。

歌い終えると、「めっちゃ幸せ!」と満面の笑顔で叫んだMay’n。初の野外ライブは最後まで天気に恵まれて終幕した。最新曲、定番曲、初期の曲とバランスのいいセットリストでさまざまなアイディアを盛り込みつつ、高品質の歌を披露。なによりもファンと一緒に野外で音楽を楽しむ喜びを強く感じたライブだった。

公式レポート:i☆Ris 11月にデビュー6周年アニバーサリーライブの開催が決定‼全国7都市12箇所を巡ったi☆Ris4回目の全国ツアーもついにフィナーレ!!メンバーよりツアー完走と6周年ライブに向けての熱いコメントも到着!

本日6月16日(土)、声優とアイドルのハイブリットユニットi☆Risの、4回目となる全国ツアー「i☆Ris 4th Live Tour 2018 ~WONDERFUL PALETTE~」の最終公演を、【愛知】日本特殊陶業市民会館ビレッジホールにて開催した。

2017年11月1日にリリースした3rdアルバム「WONDERFUL PALETTE」を携え、4月19日の東京・かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホールを皮切りに、大阪、宮城、埼玉、福岡、北海道、東京・中野と全国を駆け抜け、ツアーの最終地である愛知に降り立ったi☆Risは、5月9日に発売したTVアニメ「魔法少女サイト」のOPテーマである「Changing point」をはじめ、長年OPタイアップやCVを務めてきたテレビアニメ「プリパラ」シリーズの曲も多数歌唱、そしてメンバーの個性が光るソロ曲も披露し、全国を巡りさらにパワーアップしたパフォーマンスで最終会場を沸かせました。

そしてツアー最終日の本日【夜の部】には、11月にファン待望のデビュー6周年アニバーサリーライブの開催が決定したことを発表。さらに、昨年秋に開催し、2days全く異なるセットリストやファン投票によるランキング形式でのライブ内容が人気を博したデビュー5周年記念ライブ「i☆Ris 5th Anniversary Live~Go~」のBlu-ray&DVDも発売することが決定し、大歓声が上がりました。

今回のツアーは、なんといっても豪華なセットリストが会場を沸かせました。i☆Risが長年OPテーマ曲とCVを務めてきた「プリパラ」シリーズからは「Make it!」「ドリームパレード」「Shining Star」そして「Memorial」など人気曲を豪華披露。

さらに、ツアーのタイトルにもなっているアルバム「WONDERFUL PALETTE」に収録のふんだんに披露。山北早紀の「Heart Crash!」では、セクシーでロックな世界観に魅了され、久保田未夢の「Lovely Time」では『わんわんおー!』と大歓声があがるなど、メンバーの個性が光るステージに大盛り上がりを見せました。また、若井友希が詞曲を手掛ける自身のソロ曲「Growing days」や「パズル」も、会場を大いに沸かせました。

そして、澁谷は昼・夜異なるツアー衣装を今回もプロデュース。テーマや想いをイメージにし、ライブだけではなく独自の表現力でもi☆Risとして輝く彼女は、今年の8月11日(自身の誕生日)に、セルフプロデュースのイベントを開催することも決定しており、ますます多彩な才能を伺わせます。そして今回もっとも注目を集めたのは、4月から放送中の茜屋と芹澤がCVを務めるTVアニメ「魔法少女サイト」のOPテーマ「Changing point」。これまでの元気で明るいナンバーとは一転し、クールでカッコいい、別の一面を魅せるi☆Risのパフォーマンスに、会場からは割れんばかりの拍手と声援が送られました。

さらにライブの終盤には、デビュー曲「Color」を披露。i☆Risが初めてライブをした思い出の地が名古屋ということもあり、これまで応援してくれたファンへの感謝を強く込めて歌うメンバーへ、会場は割れんばかりの拍手と歓声を贈りました。まだまだ終わらないでほしい、そんな雰囲気の中、i☆Risから昨年秋に開催されたデビュー5周年記念ライブ「i☆Ris 5th Anniversary Live~Go~」のBlu-ray&DVDが発売が決定したこと、さらにはファン待望のデビュー6周年アニバーサリーライブの開催が決定したことを解禁しました。会場からは「待ってました!」と大きな歓声が響き渡り、4月19日から約2か月に渡り全国7都市12箇所を巡った、i☆Ris4回目のツアーが幕を閉じました。

先週6月10日に解禁となった芹澤優のバースデーソロライブやファンミーティング、澁谷梓希セルフプロデュースイベント開催の解禁に加え、i☆Ris デビュー6周年アニバーサリーライブの開催決定など、大きな解禁の連続で大歓声につつまれ幕を閉じたi☆Ris 4回目の全国ツアー。6周年ライブでは果たしてどんなパフォーマンスをみせてくれるか、今から期待が高まっています。

そして今年の夏には、7月にアメリカにて開催となる「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2018 – Japan Kawaii Live -」や、台湾にて開催されるライブ「超!アニメディア劇場LIVE in TAIWAN 2018」、そして8月の「Animelo Summer Live 2018 “OK!”」など、国外問わず多数のライブに出演予定となっています。さらなる躍進を続けるi☆Risに今後も是非ご期待ください。


<i☆Risデビュー6周年アニバーサリーライブの開催がついに決定!!>
【i☆Ris 6th Anniversary Live(仮)】
日程:2018年11月7日(水)
開場/開演:18:00/19:00
会場:TOKYO DOME CITY HALL(東京)
【チケット代金】全席指定6,800円(税込)
※枚数制限:各公演につき1人4枚まで
※小学生以上有料。未就学児童は入場不可
※来場者プレゼントは公演当日のみのお渡しとなります。不良交換につきましても当日対応のみとなります。
i☆RisオフィシャルFC「虹会」にてチケット抽選予約受付開始!
受付期間:2018年06月16日(土)21:30~2018年06月25日(月)23:59まで
詳しくはオフィシャルHPまで!


<i☆Risメンバーからコメントが到着!!>
・全国ツアーを終えての感想/11月開催デビュー6周年ライブにむけて

山北早紀:
ああ、終わってしまったな…って感じです。毎年始まる前は長丁場だ!頑張れアラサー!って思うんですが、最後の方はあっという間感が。こうやって歳ってとるのでしょうかね。6周年ということで、小学校なら最高学年!次は中学生!ということで、ステキな次のステージへ進めるようなライブにしたいです!ファンタジアワンダーランド♪

芹澤優:
今回のツアーは今までで一番声優業との両立が難しかったなぁと思います。今までの人生で一番働いた2ヶ月でした(笑)その分終わった今の達成感が半端ないですね!自分になにかご褒美をあげたいです♡次はついに6周年ライブです!気づいたらそんなに活動してたんですね(笑)今まで応援してくださったファンのみんなが一番満足感を得られるライブにしていきます!

茜屋日海夏:
毎年思うことですが、始まったと思ったらすぐに終わってしまうものですね(笑)でも今年は各会場の色をしっかり目に焼き付けられたので、まさにWONDERFUL PALLETEなツアーだったなあと!ソロコーナーで個人の色も輝いていたと思います!毎年こうしてデビュー月にファンのみんなとお祝いできる機会があるのはありがたいですね!しかも東京ドームシティって個人的に聖地感じてるので(スーパー戦隊♡)、高まりしかないです!今年も楽しみましょう!

若井友希:
今回のツアーは、ファン方一人一人に笑顔を届けることをたくさん意識して毎公演励できて、よりみんなの楽しんでる顔が前よりも見えてきて、毎公演幸せな気持ちになりました!!全公演コンディションを崩すことなく全力で取り組めて良かったです!!最高でした!!!です。 6人で 6年目のお祝いということで、 6にちなんだ何か ができたらなーとも思っていますが、確固たる i☆Risらしさ全開のライブを 6人で作り上げたいです。楽しみ!!

久保田未夢:
とにかく楽しかったです!!!セトリの中で全員曲3曲プラス自分のソロ曲1曲を連続でやるゾーンとかあって体力心配…と思っていたのですが!!本番はもう楽しい!終わりたくない!って気持ちでいっぱいで、乗り越えられました!みんなの大きな声のわんわんおー!最高でした!今回ツアーが終わって、大きいワンマンライブはこのデビューライブまでないのでとにかく体力維持と、今よりもっともっとi☆Risのことを好きになってもらえるようにこの夏に色んなところで魅力をアピールして、11月のデビューライブで大盛り上がりできるよう頑張ります!

澁谷梓希:
あっという間だったけど、たくさん思い出も出来て実に充実したツアーでした。6人の個性もしっかり輝いていて、i☆Risの素晴らしさを実感しています。互いに支え合いながら、駆け巡ったツアー。i☆Ris最高。気がつけばデビューしてから6年…驚きます。笑 毎回ライブのたびに言っていますが、今までのライブとはちがうものをお見せ出来たらなと思います。i☆Risの可能性に、期待しかしないでください!


<iRis 5th Anniversary LiveBlu-ray&DVD発売情報>
2017年11月6日・7日に行われたi☆Risデビュー5周年記念ライブとなる「i☆Ris 5th Anniversary Live~Go~」がBlu-ray&DVDで発売決定‼2017年11月6日・7日に行われたi☆Risデビュー5周年記念ライブ「i☆Ris 5th Anniversary Live~Go~」2daysを完全収録!!1日目はファン投票によるランキング発表、2日目は全シングル曲歌唱とまったく異なるセットリストを収録。さらに特典映像にはOff Shot Movieも
「i☆Ris5th Anniversary Live~Go~」Blu-ray &DVD
発売日:2018年8月29日(水)
商品名:i☆Ris5th Anniversary Live~Go~
アーティスト名:i☆Ris
商品形態:
Blu-ray Disc 2枚組【EYXA-12051~2/10,000円 (税抜) 】
DVD 4枚組【EYBA-12047~50/7,000円 (税抜) 】
初回仕様:スリーブ
初回封入特典:ブックレット※商品内容は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。


芹澤優オフィシャルHP:
http://yu-serizawa.com/

i☆Ris公式HP:
http://iris.dive2ent.com/

i☆Ris公式Twitter:
https://twitter.com/iris_official_

公式レポート:高橋未奈美、佐倉綾音、木戸衣吹が登壇!『あさがおと加瀬さん。』2週目舞台挨拶オフィシャルレポートが到着!

6月16日(土)新宿バルト9にて、劇場公開2週目を迎えた「あさがおと加瀬さん。」の舞台挨拶が行われた。この日は、作中で山田と加瀬さんのふたりを見守る三河を演じた木戸衣吹が登壇しMCを担当。山田役の高橋未奈美、加瀬友香役の佐倉綾音のふたりを呼び込む際には、木戸が主題歌「明日への扉」のBGMに合わせて口ずさみ、佐倉から「歌詞、曖昧なのやめてもらっていいですか?(笑)」とツッコミを入れられる場面もあった。

ステージに上がった高橋と佐倉はそれぞれ「今日は皆さんに作品の魅力を伝えられたらいいなと思っています。よろしくお願いします!」「公開から1週間が経ち、非常に好評をいただいているという噂を耳にしています。今日は、初めて観たという方、何回か観たという方もいらっしゃると思いますが、みなさん1回は観ているということで、作品について忌憚無い話をしていけたらと思っています」とコメントした。

続いてのコーナーは、『高橋未奈美先生&佐倉綾音先生&木戸衣吹先生による「あさがおと加瀬さん。」見どころ講座』ということで、3人それぞれがお気に入りのシーンや本作の「尊い」ポイントを熱くプレゼン。3人の中で一番観客の心に響いた人にはちょっとしたご褒美があるという。

トップバッターは高橋先生。お気に入りのシーンは“屋上で加瀬さんが「私ストーカーなの!」と言うところ”。スクリーンに映し出される場面を観ながら高橋は「それまで山田が加瀬さんを追いかける形だったけれど、実は加瀬さんが山田と出会う前に屋上から山田のことを見ていた、興味を持っていたということがわかるシーンなんです。ここでふたりの関係が平等であるということがわかるんです」と熱弁。佐倉は「すごく先生っぽい!ひとりしゃべりが上手」とコメント。高橋は「みんなとしゃべっている方が生き生きしています」と話した。

佐倉先生がプレゼンしたお気に入りのシーンは、“三河が「でも、山田はめげない」と言うシーン”。「紙パックの飲み物をあげる三河らしい励まし方をした後に、視線をふっとそらして、シリアスな感じでこのセリフを言う。『私知っている』なのか、『そうなんでしょ』なのか、『確信!』なのか、観ている受け手側に委ねるところがすごくいいなと」と佐倉が話すと、木戸があぁ〜と同意しながら「私もこのシーンは中間くらいで、微妙なさじ加減で演じたんです」とコメント。

佐倉が「伝わってる!感情の機微、すごい機微、機微してた!」と返した。また、このシーンで流れていた劇伴のタイトルが「めげない」であることも明かされた。三河の魅力について話す中で、三河のスピンオフが欲しいという話になり、佐倉が「三河にも相手が欲しいな!」と話すと、木戸が「相手は……女の子ですよね?」とコメントし、「当たり前だろう!」と佐倉が返す場面もあった。三河のスピンオフがもしあったらタイトルは「ひまわりと三河さん。」がいいと木戸が夢を語ったあとは、木戸先生によるプレゼンがスタート。

お気に入りのシーンは“山田の部屋で、加瀬さんが山田をベットに押し倒すシーン”。佐倉の「木戸先生、これはいけない授業ですよ!」というコメントに対して、木戸は「愛という名の授業です!」と返答。さらに加瀬さんの余裕のない目がいい、山田の部屋着がいい、加瀬さんのここの胸の膨らみが……とシーンについて語った。高橋は「(木戸さんは)加瀬さんが女の子だなと感じられるシーンが好きなんですよ」とまとめると、佐倉が「木戸ちゃんは胸が好きなんだよ!」と話し、会場は笑いに包まれた。

3人の講座が終わり、それぞれのプレゼンを観客の拍手の量で評価することになり、同じくらいの拍手を獲得した高橋と佐倉がご褒美をゲット。また、初日舞台挨拶の際に植えたあさがおの種が芽を出し、その写真が公開された。ヒットの芽が出たことを記念して、今回は双葉を模したヘアクリップを観客に投げることに。完成披露試写会、初日舞台挨拶と同様に、佐倉が女子高生に向かってヘアクリップを投げ届けた。先ほどのご褒美として、さらにヘアクリップを投げる権利をゲットした高橋と佐倉は2回目を投げたが、佐倉が投げたヘアクリップが真上に上がり、ステージ上に落ちてしまうハプニングもあったが、仕切り直して見事客席へと届けられた。

 フォトセッションでは、先生風に、あさがおが巻きつけられた指揮棒を持った姿を披露。最後は木戸が「作品の魅力を伝えましたので、もう一度観るときはぜひ注目して観ていただければと思います」と話し、佐倉は「初めましての人は、もう一度観ていただいてもいいですし、原作を読んでみてもいいですし、キャラクターソングもあります。まだまだ『あさがおと加瀬さん。』は広がっていきますので、よろしくお願いします」とコメント。高橋が「今日は私たちもとても楽しくお話しさせていただきました。余韻に浸りたい方は、また劇場やOVAで観てみてください!」と語り、3人揃って「ありがとうございました」と挨拶をして、ステージを後にした。


「さくらと加瀬さん。」原作WEBCM

「あさがおと加瀬さん。」劇場公開OVA 本予告


「あさがおと加瀬さん。」劇場公開概要
2018年6月9日(土)より、新宿バルト9・池袋HUMAXシネマズほかにて期間限定公開中
※上映劇場の詳細は公式サイトをご覧ください。
http://asagao-anime.com/theater


<『あさがおと加瀬さん。』入場者プレゼント>
【第2週目(6/16~6/22)】
キャラクターデザイン 坂井久太描き下ろし特製イラストコースター
(山田&加瀬さん/全2種ランダム)
【第3週目(6/23~6/29)】
原作 高嶋ひろみ描き下ろし漫画小冊子「その後のラブソングと加瀬さん。」
【第4週目(6/30~7/6)】
キャラクターデザイン 坂井久太描き下ろし特製イラストコースター
(山田&三河 or 加瀬さん&井上先輩/全2種ランダム)
※特典は無くなり次第終了となりますのでご注意ください。
※お一人様1回のご鑑賞に対して1つ、もしくは1枚のプレゼントとなります。

<スタッフ>
原作:高嶋ひろみ
監督:佐藤卓哉
キャラクターデザイン:坂井久太
コンセプトボード:平間由香
美術監督:橋本和幸
色彩設計:岩井田洋
撮影監督:口羽毅
編集:後藤正浩
音楽:rionos
主題歌:『明日への扉』 歌:山田結衣(CV:高橋未奈美)&加瀬友香(CV:佐倉綾音)
アニメーション制作:ZEXCS
配給:ポニーキャニオン

<キャスト>
山田結衣:高橋未奈美
加瀬友香:佐倉綾音
三河:木戸衣吹
井上先輩:寿美菜子
先生:浅野真澄
コーチ:内山夕実
?:落合福嗣

<あらすじ>
「どうか加瀬さんが、私の事を好きでありますように―――…」
高校二年の山田は緑化委員の内気な女の子。隣のクラスの加瀬さんは陸上部のエースで美人な女の子。
山田が植えたあさがおをきっかけに、言葉を交わしたことがなかった二人の距離が少しずつ縮まっていく。


高嶋ひろみ「加瀬さん。」シリーズ好評販売中
第1巻:「あさがおと加瀬さん。」
第2巻:「おべんとうと加瀬さん。」
第3巻:「ショートケーキと加瀬さん。」
第4巻:「エプロンと加瀬さん。」(通常版・Blu-ray付き特装版)


公式HP:
http://asagao-anime.com

公式Twitter:「あさがおと加瀬さん。」アニメ公式
https://twitter.com/asagao_anime

©2018 高嶋ひろみ・新書館/「あさがおと加瀬さん。」製作委員会