公式レポート:世界初のアニソン専門定額聴き放題サービス「ANiUTa(アニュータ)」初主催 アニュータライブ2017 「あにゅパ!!」コラボ楽曲制作、プレミアムコンテンツ配信などを発表!!

アニソン聴き放題サービスとして展開中の「ANiUTa(アニュータ)」。そのサービス開始を記念した”アニソンまみれ”のスペシャルイベント『アニュータライブ2017「あにゅパ!!」』が、2017年5月13日(土)、東京・国立代々木競技場 第一体育館にて開催された。

イベントには、ALI PROJECT、Aqours、May’n、Wake Up, Girls!(50音順)といった人気アーティストが結集。会場にはおよそ9,000人が集まり、”アニソンまみれ”のイベントに大きな歓声を送った。

オープニングを飾ったのはMay’n。「キミシニタモウコトナカレ」で口火を切ると立て続けに「ViViD」を披露。2人のダンサーを従えての激しいビートに、観客のテンションもいきなりのMAX状態。「ノーザンクロス」「Belief」と続け、ラストはMay’nとしてのデビュー曲となる「ダイアモンド クレバス」をしっとりと歌い上げた。

続いてステージに姿を現したのはWake Up, Girls!の7人。「7 Girls War」から、観客への挨拶を挟んで、「少女交響曲」「Beyond the Bottom」と人気楽曲を披露。激しくも息の合ったダンスで観客を魅了しつつ、現在放送中のTVアニメ『恋愛暴君』のOPテーマ「恋?で愛?で暴君です!」をキュートに歌い上げ、ラストの「タチアガレ!」まで、息もつかせぬ魅惑のステージを繰り広げた。

ここからは特別企画として「ANiUTaプレミアム」がスタート。ここでは、May’nが「海色」、ALI PROJECTが「魅惑劇」、Wake Up, Girls!が「ようこそジャパリパークへ」と、人気アニソンをそれぞれカバー。さらに、スペシャルゲストとして、富永TOMMY弘明がステージに登場し、「ジョジョ ~その血の運命~」を熱唱。

迫力の歌声で客席を圧倒すると、さらにスペシャルゲストとして、きただにひろしも参戦。「ウィーゴー!」「ウィーアー!for the new world」を、ステージ上を駆け巡りながら、パワフルに歌い、客席の歓声に応えていた。

ここで、ステージ上のスクリーンで「ANiUTaランキング」を発表。そして見事のランキング1位に輝いたAqoursのメンバー9人がステージに上がると、客席からの歓声がひときわ大きく響く。「青空Jumping Heart」を披露したところで、メンバーの自己紹介で盛り上がりつつ、「君のこころは輝いているかい?」「恋になりたいAQUARIUM」を熱唱。スクリーンに映し出されるアニメーションとのリンクが、さらに会場を盛り上げていき、色とりどりのペンライトの光に包まれながら、TVアニメ第13話の挿入歌「MIRAI TICKET」で、ステージを締めくくった。

数々の名曲、そしてヒット曲で綴られた「あにゅパ!!」もついにオーラス。ALI PROJECTがステージに登場すると、客席が真っ赤な光で染まる。「コッペリアの柩」から「勇侠青春謳」へと、今年で25周年を迎えるALI PROJECTならではの世界観でステージを展開し、「聖少女領域」「暗黒天国」「裸々イヴ新世紀」と、美しい旋律に刻み込まれた、ダークな妖しさで会場を包み込んでいった。

全25曲、3時間弱のステージの中、アニソンの幅広さ、深さ、そして楽しさをあらためて感じさせた今回の「あにゅパ!!」。イベント終了後には、「ガンダム」シリーズ、舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺 オリジナル・サウンドトラックの配信決定や、May’nとWake Up, Girls!のレーベルを越えたスペシャルユニットの結成と新曲の配信も発表されるなど、さらなるパワーアップが期待されるアニソン聴き放題サービス「ANiUTa」とともに、今後の展開に注目しておきたい。


■機動戦士ガンダムシリーズ テーマ曲など62曲! ANiUTaで6月1日配信開始!
TVシリーズ『機動戦士ガンダム』テーマ曲「翔べ!ガンダム」「永遠にアムロ」をはじめ、劇場版『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』主題歌「哀 戦士」(井上大輔)等、ガンダムシリーズの名曲62曲が、2017年6月1日(木)よりANiUTaにて一挙配信開始される。

「Z・刻をこえて」(鮎川麻弥)、「水の星へ愛をこめて」(森口博子)、「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」(同)、「嵐の中で輝いて」(米倉千尋)、「いつか空に届いて」(椎名恵)、「STAND UP TO THE VICTORY~トゥ・ザ・ヴィクトリー~」(川添智久)、「FLYING IN THE SKY」(鵜島仁文)、「JUST COMMUNICATION」(TWO-MIX)も、ANiUTaで聴き放題に!


■舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺 オリジナル・サウンドトラックが2017年6月1日より、ANiUTaにてサブスク最速配信が決定! タイトル:舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺 オリジナル・サウンドトラック 曲数:ボーカル曲「勝ち鬨の歌」「真影の炎」を含む全31曲


■「Wake Up, Girls!」「May’n」による夢のコラボが実現!!アーティスト名は「Wake Up, May’n!」 ANiUTa(アニュータ)でしか聴けないオリジナル曲の配信が決定、さらに 「Wake Up, May’n!」の新曲がアニメタイアップにも決定! 「小説家になろう」から誕生した大人気ファンタジー!!TVアニメ「異世界食堂」(2017年夏 放送開始)オープニングテーマ、タイトルは「One In A Billion」2017.08.09 配信スタート!


■ANiUTa(アニュータ)アプリの新機能続々リリース! お客さまからのご要望を受け機能の拡充決定!ますますたくさんのアニソンと出会ってほしい。

・5月予定「NOW PLAYING機能」※今聴いている楽曲をtwitterに投稿できる。

・6月予定「プレイリスト共有機能」※自分で作ったプレイリストをtwitterに投稿でき、投稿された他のユーザーのプレイリストを自分のプレイリストにそのまま取り込むことが可能になる。


■セットリスト
May’n:
1 キミシニタモウコトナカレ
2 ViViD
3 ノーザンクロス
4 Belief
5 ダイアモンド クレパス

Wake Up, Girls!:
1 7 Girls War
2 少女交響曲
3 Beyond the Bottom
4 恋?で愛?で暴君です!
5 タチアガレ!

企画「ANiUTaプレミアム」:
1 海色/May’n
2 魅惑劇/ALI PROJECT
3 ようこそジャパリパークへ/Wake Up,Girls!
4 ジョジョ~その血の運命~/富永TOMMY弘明 (シークレットゲスト)
5 ウィーゴー!/きただにひろし (シークレットゲスト)
6 ウィーアー!for the new world/きただにひろし (シークレットゲスト)

Aqours:
1 青空Jumping Heart
2 君のこころは輝いているかい?
3 恋になりたいAQUARIUM
4 MIRAI TICKET

ALI PROJECT:
1 コッペリアの柩
2 勇侠青春謳
3 聖少女領域
4 暗黑天国
5 裸々イヴ新世紀


【出演者(五十音順)】
Aqours
ALI PROJECT
Wake Up, Girls!
May‘n


■ANiUTa(アニュータ)とは
アニソンを取り扱うレコード会社・関連企業が参画し、アニソン・ゲーム音楽・ボーカロイド音楽に特化した定額の音楽聴き放題を提供する新サービスで、3月24日よりスタート。専用アプリを使って、5万曲以上のアニソン楽曲を月額利用料600円(税込)で楽しめる。

■ANiUTaオフィシャルHP
https://aniuta.co.jp/

■ANiUTa(アニュータ)PV

公式レポート:「下野紘バースデーライヴイベント2017~Running High~」オフィシャルレポート

2017年4月30日、東京・NHKホールにて「下野紘バースデーライヴイベント2017~Running  High~」が開催された。今回のイベントは下野の4月21日のバースデーを祝うと同時に、4月19日発売のシングル「Running High」の発売記念イベントでもある。

前回のパシフィコ横浜国立大ホールで開催されたスペシャルステージ同様、オリジナルのドラマティックなオープニング映像からスタートし、ヘリウム霧のキャノン砲が放たれたかと思うと、その中央から歌きっかけで「Running High」を歌いながら下野が登場、途端に観客を魅了する幕開けとなった。

「Running High」ワンコーラス歌唱の後は、下野が「いつものあんちくしょうを呼ぼう!」とMC・伊達忠智を呼び込み、いつもの先輩後輩の楽しいトークショーが始まった。最初のコーナーは「下野紘バースデークイズ!天国と地獄」。過去の下野が出演した雑誌などから出題した問題に答え、正解ならご褒美が、不正解なら罰ゲームが待っているという企画。

その中でも過去の問題は難しく、罰ゲームは「イケヴォ」。「うたのお兄さんになって、子供には優しく明るく、お母さんにはちょっぴり誘惑気味に自己紹介して」という指令に対し、観客が喜ぶ工夫を凝らしたイケヴォを披露。

ほかにクイズに正解したご褒美としてタイアップのアニメ「カブキブ!」キャストからのメッセージや、今回グッズコラボをしているサンリオのキャラクター・シナモロールが遊びに来たりと数々のサプライズに大喜びの下野だった。

続いて大阪でのリアル誕生日のお祝いやリハーサルなどのメイキング映像の後、下野による「朗読劇 Running High」が披露された。今回のために特別に書き下ろしたオリジナルストーリーを、彼独特の朗々とした話しぶりと絶秒の間で観客を引き込んでいく。

ステージ上にライブ用のセットがありながらも、うまく空間を使った演出も素晴らしく、観客を感動の渦に巻き込んだ。そしてその朗読劇と連動したライブがスタート!

サプライズな演出に観客は驚きながらも立ち上がり、サイリウムのライトで応えた。1曲目の「Running High」を歌い終えた後の「緊張した―!」という下野のいつもの笑顔の後は、声優からアーティストへとモードが変わり、この後の怒涛のライブへとつながっていった。

「ONE CHANCE」「colors」「約束」と立て続けに披露した後は、今回初めての試みへ。自身が作詞・作曲した「beyond…」と1stシングルの「リアルーREAL-」をギターとカホーンのみというアレンジ演奏に、下野のゆったりしたヴォーカルが加わると、今までの激しいロックスタイルから一転、雰囲気のある大人のアコースティック空間に変化、この緩急付けたライブにオーディエンスはいつしか酔いしれ、誰もがうっとりとなった。

そして、ライブはクライマックスへ。おもむろに取り出したタオルを回す練習を始めた下野。なんと、今回の「Running High」のカップリング曲「Pleasure」は“タオル曲”とのことで、事前情報もばっちりな観客もみな同様にタオルを取り出し、歌がサビに入るころには皆タオルを回して歌っていた。

下野、観客一体となった会場は、まるでタオルの花が咲くようでもあった。そして最後におなじみの曲、「リアル-REAL-」で本編のライブを終了。すぐさま沸き起こるアンコールに応えようと再度ステージに登場した下野に、観客からバースデーソングのプレゼント。

下野が観客の大合唱に圧倒されていると、なんとステージ袖から「から揚げタワーケーキ」を運ぶ浅沼晋太郎が登場!サプライズゲストに驚きで何も言えなくなる下野だったが、浅沼の激励の言葉を受け、再び歌唱へ。

「ONE CHANCE」そして今回の表題曲「Running High」を再び熱唱、さらにダブルアンコール「Pleasure」もあり、密度の濃い2時間を駆け抜けた。

昨年3月のアーティストデビューから1年経ち、その間に3枚のシングルをリリースした下野紘。1stシングル「リアルーREAL-」の時も、ちょうどバースデーでのお披露目ライブイベントだった。

あれから1年、「アーティストの下野も、声優の下野も、どっちも同じ僕。今後も精一杯も頑張ります。」と明るく答える下野の、非常に高いパフォーマンスは、この1年の著しい成長が窺えたスペシャルなステージとなった。


<3rd single「Running High」>

<商品情報>
Running High/下野紘
発売日:2017年4月19日
発売元:ポニーキャニオン

<楽曲情報>
M1. Running High
M2. Pleasure
M3. Running High (Instrumental)
M4. Pleasure(Instrumental)

・初回限定盤(CD+DVD)
PCCG.01589 価格:1,800円+税

・通常盤(CD only)
PCCG.70365 価格:1,500円+税

・アニメ盤(アニメジャケットイラスト)
PCCG.70366 価格:1,500円+税

・きゃにめ限定盤(CD+DVD)
SCCG.00019 価格:1,800円+税
封入特典 :ミュージックビデオDVD+メイキング

下野紘公式HP:
http://shimonohiro.com/

下野紘公式Twitter:
http://twitter.com/shimono_music

公式レポート:西沢幸奏・2017.4.30(Sun)1stLIVE“Break Your Fate” オフィシャルライブレポート到着!!

4月30日、赤坂BLITZにて西沢幸奏の1stワンマンライブ“Break Your Fate”が開催。初のワンマンとは思えない堂々たる歌声で観客を引っ張りつつも、“一緒に楽しむ”ことを根底に置いたライブを作り上げてくれた。

開演時間を迎えると、不意に場内が暗転。場内にサイレンの音が鳴り響き、赤のサーチライトが場内を照らしていく。そこに西沢が登場するとその光に徐々に白が混ざっていき、「Break your fate」から彼女初のワンマンライブが幕を開ける。頭サビの歌い出しと同時に場内は明転。西沢はギターをかき鳴らしながら雄々しいロッカーそのもののステージングを展開し、大サビ前のブレイクでの「いくよ」のひと言で、一気にファンを自分のフィールドへと連れて行く。

そのまま「出し惜しみとか嫌いなんで、最初からぶっ飛ばしてっちゃっていいですか!?」と問いかけると、歓声に包まれながら「Shark」に突入。吹き上がる炎をバックにしてさらに会場の熱量を高めると、「Gemini」ではその歌声に荒々しさがさらに増す。お立ち台に片足をかけてさらにフロアを煽る西沢の表情からは、すでに初のワンマンを心から楽しんでいることがうかがえた。

バンドメンバーの紹介に続けて、今度は「Goodbye Graffiti」へ。西沢の突き抜けていくような歌声が力強くも爽やかにステージを彩ると、「Meaning」では1曲の中で多彩な表情を見せていく。

曲明けのMCで「皆さんに会うたびに、ステージに立つ前の『怖い』が吹っ飛んじゃう」とこぼした西沢は、その感謝の気持ちを込めて、元気に「Just One」を披露。アップテンポながらもさらに爽快感の強まった楽曲に合わせて、晴れやかな表情とともにしっかりと歌のアプローチも変えてくる。さらに「Cross」「Light and Shadow」と、2曲続けてミドルテンポ曲へ。ともにまっすぐフロアを見据え、メッセージを届けていく西沢。次第に「聴かせる曲ゾーン」への空気が醸成されていく。

3曲続けて歌いきった西沢は、1stアルバムの曲順を「ライブのセットリストのように」と自ら決めた、と語る。その中で置き所に苦戦したと語った曲が、続く「ピアチェーレ」だ。しかしその曲は同時に、「歌に感情を乗せることを教えてくれた」と自身でも述懐する大切な曲でもある。その曲での彼女の歌声はここまでとはまったく異なるたおやかなもので、表情にも多幸感が浮かぶ。そのままバラードゾーンは続き、彼女が初めて作詞・作曲両方に挑戦した「約束だよ」へ。この曲ではサビには若干力強さが戻ったものの、全体的には温かさを前面に出した歌声に。

ここでデビューから経験した様々な“初めて”を振り返っていく西沢。そのひとつとして挙げた「劇場版 艦これ」の主題歌である「帰還」が、次のナンバー。3曲続けてのバラードだが、この曲の歌声も前2曲とは似て非なるもの。楽曲の世界感を最大限に引き出すスケール感の大きな歌声で、繊細な落ちサビから壮大な大サビへと滑らかにクレッシェンドするさまが、彼女の2年間積み上げてきた経験と技術を物語っているかのようだった。

後奏中に一旦降壇した西沢は、衣装を替えて再登場。「しっとりした曲全部歌ったとこで着替えてきたっていうのはどういうことか、わかるよね!?」とフロアに呼びかけて再び場内を高め始めると、「吹雪」で一気にギアチェンジ。しかも、彼女自身のギターの音色が乗ってロック色の濃くなった“今の「吹雪」”で。そのラストでの大合唱を確認した西沢は「声出しバッチリだね?」と、続く「Reason To Scream」の冒頭からシャウトでさらに盛り上げ、再びその声には雄々しさを宿していく。そしてそのまま「Brilliant Star」へと突入。この曲では強さと爽やかさに加えて落ちサビの歌声の入りには艶っぽさまで漂い、ライブ終盤にしてその七変化ぶりに改めてやられてしまった。

そう、ライブもいよいよ終盤。「Brand-new World」のイントロでは再び炎が上がり、彼女とフロアのファンの心にも火をつける。だが、まだ満足しきっていない西沢は、さらに「かかってこいよ」とフロアを挑発すると、「The Asterisk War」ではその歌声で思いっきり攻めてくる。そんな彼女に対し、フロアは楽曲に合わせて縦ノリで楽しみつつ、サビの最初と最後では大きなコールを上げる。それを感じた西沢は、ラストにそれを讃えるような笑みも浮かべていた。

そんな気持ちをぶつけ合ったライブも、次の曲がラスト。西沢からは観客へ直接「今日、本当はすごく怖かったけど、皆さんの顔を見たら全然大丈夫だった! 皆さんのおかげです。ありがとう!」と礼が告げられ、「ずっと一緒に進んでいこうという気持ちを最後に共有したい」との言葉に続けて、ラストナンバー「Feel This Morment」へ。最後に曲名通り、この瞬間の景色を目に焼き付けながら、力いっぱいだけど機微にもあふれた歌声を響かせていく。そしてコール部をファンとともに大合唱して“一緒に”1曲を作り上げたところで、西沢はステージを降りる。

すかさず「しーえーな!」とのアンコールの声が上がり、それに応えて西沢が再登場。その声に「いいもんだなぁ、アンコールって」と、うれしそうな様子を見せる。

そんな彼女から、今度はファンへうれしいお知らせ。なんとこの夏、彼女が目標にしていた全国ツアーの開催が決定! “会う”をテーマに、全国12ヶ所津々浦々をめぐっていくとのことだ。

そんなツアーでの再会を祈りつつ、「最後もみんなで一緒になって終わりたい!」と、再度「Break your fate」を歌唱。西沢もフロアも、最後の最後まで手を緩めない。そんな光景に西沢は再び満足気な表情を見せると、ラストで「絶対また会いましょう!」とファンと約束を交わして曲を閉じ、ステージを降りていった。

初のワンマンライブは、時間にして2時間弱。しかしそれを物足りなく感じさせない濃さとタフなステージ、そして実時間以上に短いものに感じさせる楽しさとが、確かに同居していた。しかしこれは、まだ“1st”。全国ツアーを経て、彼女の歌声やパフォーマンスはさらに磨かれていくはずだ。シンガーとして成長し続ける彼女の姿に、期待があふれて止まらない!

Text by 須永兼次


西沢幸奏 1st LIVE “Break Your Fate”
2017.04.30@赤坂BLITZ
【SET LIST】
1. Break your fate (アラド戦記 楽曲タイアップ)
2. Shark
3. Gemini
4. Just One
5. Cross (PlayStation(R)Vita「BAD APPLE WARS」EDテーマ)
6. Light and Shadow
7. Goodbye Graffiti
8. Meaning
9. ピアチェーレ(「ARIA The AVVENIRE」主題歌)
10. 約束だよ(comico春の音楽祭2016「箱庭パレード」イメージソング)
11. 帰還(劇場版「艦これ」主題歌)
12. 吹雪(TVアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」EDテーマ)
13. Reason To Scream
14. Brilliant Star(PlayStation®Vita用ソフト「学戦都市アスタリスクフェスタ 鳳華絢爛」主題歌)
15. Brand-new World(TVアニメ「学戦都市アスタリスク」OPテーマ)
16. The Asterisk War(TVアニメ「学戦都市アスタリスク」新OPテーマ)
17. Feel This Morment
En. Break your fate (アラド戦記 楽曲タイアップ)


初となる全国ツアー!!
SHIENA NISHIZAWA LIVE TOUR “Break Your Fate”
★全国12ヶ所で開催!全公演17:30開場、18:00開演予定!!
≪公演スケジュール≫
7月8日(土)福岡県 DRUM SON
7月9日(日)熊本県 熊本 B.9 V2
7月15日(土)北海道 COLONY
7月16日(日)兵庫県 神戸 VARIT.
7月17日(月・祝)大阪府 阿倍野 ROCKTOWN
7月29日(土)愛知県 RAD SEVEN
7月30日(日)岐阜県 CASPER
8月5日(土)岩手県 Club Change
8月6日(日)宮城県 space Zero
8月11日(金・祝)広島県 広島 Cave-Be
8月12日(土)愛媛県 松山 サロンキティ
8月13日(日)岡山県 CRAZY MAMA 2nd Room
チケット料金:オールスタンディング 3,000円(税込・ドリンク代別)
※未就学児入場不可

西沢幸奏オフィシャルモバイルファンクラブ「Face to Face」メンバー限定で
最速チケット先行予約の受付をスタート!
受付日程 5月1日(月) 10:00〜14日(日) 23:00まで
https://shiena-nishizawa.jp/


≪ファンクラブ情報≫
西沢幸奏オフィシャルモバイルFC「Face to Face」オープン!
最新情報はもちろん、ライブ・イベントの先行予約や、オリジナルカレンダー、バースデーメール、コメント動画の配信の他にあなたの質問に西沢幸奏が答える「Q&A」コーナーなど、スペシャルなコンテンツが満載!「Face to Face」メンバーになって、もっと近くで「西沢幸奏」を感じて下さい!