公式レポート:山崎エリイ Concept Concert 2018「millefeuille harmony」開催!

昭和のアーティストの楽曲と自身の楽曲をミルフィーユのように重ね合わせたセットリストで届けた2ndコンサート。多彩な表現力で昭和の楽曲を歌い、ファンクラブの発足も発表した記念すべき2ndコンサートの模様をレポート。

山崎エリイのコンセプトコンサート。客入れのBGMで、昭和から平成初期にヒットした楽曲が流れていたので予想できた人もいたと思うが、コンサート開始前の影ナレで本人から「2ndコンサートは、私の大好きな昭和のアーティストさんの曲と、山崎エリイの楽曲をミルフィーユのように織り交ぜながらお届けしたいと思います」とコンセプトを発表。そして、ステージ中央に折り重なった幕の中から山崎エリイが登場し、コンサートがスタートした。

1曲目は松田聖子の「夏の扉」。Aメロでは“エリイ!”の掛け声もかかり、昭和のアイドルコンサートの雰囲気をお客さんが再現。2番からは〈フレッシュ!フレッシュ!フレッシュ!〉と、サビのフレーズをみんなで叫び、一体感が生まれていた。

そして自身の曲「アリス*コンタクト」へ。彼女の1stアルバムを聴くと、昭和歌謡テイストの楽曲が入っていることに気づくのだが、実際に交互に歌うと、音作りまでしっかりこだわって作られていたことがわかる。ステージの端から端まで歩き、お客さんに手を振りながら歌うエリイ。1stコンサートより、だいぶ表情にも余裕が出てきた感じがする。

続く「ペッパー警部」はピンク・レディーの代表曲。昭和の曲となるとサビだけ知っている人も多いかもしれないが、AメロやBメロの良さをあらためて知ることができるのがカバーの良いところだ。山崎エリイは、クールな歌声でダンスも再現。最後の〈ペッパー警部よ〉は、飛び切りキュートに決めてくれた。

最初のMCで、ファンのみんなに会えた喜びと「夏の扉」での“エリイ!”コールがとても嬉しかったと語る。「ここからはちょっとダークな3曲です」と言って歌われたのは「空っぽのパペット」。とても可愛らしい声の持ち主だが、クールな歌声も実は魅力的で、ここでは大人エリイのパフォーマンスを存分に見せつける。

続く中森明菜の「DESIRE -情熱-」もウィスパー気味のボーカルでカッコ良く聴かせる。そこから同じ年代の曲なのではないかと錯覚するほど自然な流れで「Lunatic Romance」へ。ライブでもよく歌う人気曲だけに、彼女のタンバリンに合わせてオーディエンスも徐々にヒートアップしていき、最後は大きな拍手に包まれた。

「初めてのことに挑戦します」と言って始まったのは、ピアノの演奏者とのセッション。実はステージ上で楽器の演奏者と二人っきりで歌うのは初めてとのこと。「一度のリハーサルと、本番前にこの会場で合わせただけで、しかもピアノと自分の声だけだと声がすごく響くから緊張する」と言っていたが、選んだ曲が60年代に活躍した双子デュオ、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」なのだから渋すぎる。

ジャジーなアレンジで、お腹の底から声を出すような、これまで聴いたことがない歌声で渋く歌い上げていた。そのままピアノの弾き語りで、自身の楽曲「雨と魔法」を、傘を指しながら歌う。今度は一転、可愛らしい歌声で、ミラーボールによるロマンチックな演出もあって、とても印象的なシーンとなった。

そして、彼女のデビューのきっかけとなったオーディション『ホリプロタレントスカウトキャラバン』の予選で歌った、小さい頃からずっと愛し続けている大切な曲だという「天使のウィンク」(松田聖子)をカバー。ピアノ演奏とクラップと共に、しっとりと歌い上げる。何度も歌ってきたことがわかるような愛に溢れたパフォーマンスだった。

衣装チェンジのタイミングでは、唐突に彼女がオリジナルで脚本を書いたというおとぎ話「Cherii’s Story」を朗読。最初は“80年代と私”という内容だったらしいのだが、スタッフに促され、おとぎ話になったそう。ただ、彼女らしい世界観だったし、声優らしい演出だったと思う。

本人曰く「エリイ史上もっともラブリーなコーデ」の衣装をまとって再び登場した山崎エリイが、今度は「バレンタイン・キッス」(国生さゆり)を歌いながら客席を練り歩き、チョコをプレゼント。これにはファンも大喜びだった。

「Dreamy Princess」と「ドーナツガール」はステージ上で、思い切り甘く歌う。みんなで“ガオガオ”と可愛い狼になった「S・O・S」。この曲も「ペッパー警部」と同じく阿久悠(作詞)と都倉俊一(作曲)コンビによるピンク・レディーの代表曲だが、名曲は色褪せないと実感した。さらに「MUGO・ん…色っぽい」(工藤静香)は、選曲といい歌声といい最高に似合っていた。

さらにここで、ファンクラブ“Cherii♥”の発足を発表。大きな歓声が上がる。フランス語で“愛しい人”という意味だそうだが「最後が“eri”だったため、“i”を足して造語にしました」と、自身で考えたファンクラブの名前の由来を語る。「私は皆さんと繋がっていないと死んじゃうので(笑)、ライブがないところでも距離が近く感じられるようなファンクラブにしたいと思います!」と、笑顔でいろいろなコンテンツを充実させていきたいと話していた。

そして最後の曲は「みなさんと一緒に踊って歌いたいと思います」と振り付けをレクチャー。ここまで歌って来た昭和歌謡とは毛色の違う、仕掛け&展開がたっぷりの楽曲「Zi-Gu-Za-Gu Emotions」を、みんなとダンスを楽しみながら歌い、本編を終えた。

アンコールでは、このコンサートのグッズで登場したオリジナルキャラクター・シュシュ(トイプードルとのこと)の誕生を祝した擬人化衣装で登場。もこもこのスカートに尻尾が可愛らしい衣装で、1stアルバムのリード曲「全部キミのせいだ」を、大きなコールとともに歌うと、名残り惜しさもありつつ、「これからも私が、みなさんの日常の中の小っちゃな幸せの欠片になれたらなと思います。最後にお届けする曲は〈あなたに捧げるハーモニーを奏でるの〉という歌詞が入っている『Pearl tears』です。私の初作詞曲を聴いてください」と語って、優しくしっとりと、「Pearl tears」に込めた想いをひとりひとりに届けて、最後は心から「大好きよ」と歌い、2ndコンサートを締めくくった。


<SET LIST>
夏の扉(松田聖子/81年)
アリス*コンタクト
ペッパー警部(ピンク・レディー/76年)
空っぽのパペット
DESIRE -情熱-(中森明菜/86年)
Lunatic Romance
恋のバカンス(ザ・ピーナッツ/63年)
雨と魔法
天使のウィンク(松田聖子/85年)
バレンタイン・キッス(国生さゆりwithおニャン子クラブ/86年)
Dreamy Princess
ドーナツガール
S・O・S(ピンク・レディー/76年)
MUGO・ん…色っぽい(工藤静香/88年)
Zi-Gu-Za-Gu Emotions

encore
全部キミのせいだ
Pearl tears


山崎エリイ オフィシャルHP:
https://yamazaki-erii.com/

山崎エリイ コロムビアHP:
http://columbia.jp/yamazakierii/

ニュース:下野紘「Black Thunder」ミュージックビデオショートver.解禁!&オフィシャルライナー到着!

3月14日(水)にリリースされる声優アーティスト・下野紘の1stミニアルバム「Color of Life」。この作品のリード曲となる「Black Thunder」のミュージックビデオのショートver.が公式サイトにて解禁された。楽曲の世界観もそのまま、疾走感溢れる映像となっており、下野自身もバイクに跨り、荒野でバンドを従えながら熱い演奏を繰り広げている。

そして極めつけは、1サビの冒頭で下野本人の真後ろで仕掛けられた大掛かりな爆発シーン。この楽曲の持つソリッドでロックな雰囲気を、見事な演出でミュージックビデオ化に成功。ファン必見の映像となっている。

また今作のオフィシャルライナーも到着した。声優活動15周年を記念して始動したアーティスト活動、各作品を重ねていくことで得られていく想い、そしてスタッフやファンへの感謝の気持ち。そんな時間をかけて形成されていった今作。是非、下野紘の熱い言葉を読んで、ホワイトデーまで期待して待っていてもらいたい。


<オフィシャルライナー>
アーティスト・下野紘がネクストステージへと踏み出した。ミニアルバム『Color of Life』は、そう確信させてくれる、由緒正しき“次回作”だ。2016年3月、シングル「リアル -REAL-」でアーティストデビュー以来、下野は「ONE CHANCE」(’16年8月)、「Running High」(’17年4月)と3枚のシングルを発表しているが、実は今回の『Color of Life』制作の構想は、一昨年夏の「ONE CHANCE」リリース間もなく持ち上がっていたという。

「一昨年の10月にパシフィコ横浜国立大ホールでライブをやることが決まっていて、スタッフと『そのステージで歌うための曲がもっとほしいね』という話をしていたんです。そこでまず、今回のミニアルバムにも入っている『colors』という曲を作り、パシフィコで歌ったんですが、そのライブと前後して、テレビアニメ『カブキブ!』(’17年4〜6月放送)のオープニング曲を作ってみないか?というオファーをいただきました。その結果、シングル『Running High』がミニアルバムよりも先にリリースすることになったんです」

「Running High」はそれまで2作のシングル表題曲とは少々趣の異なる1曲。下野はアーティストデビュー以来、ジェントルでフレンドリーという“役者・下野紘”のイメージを裏切るかのように、硬質でシリアスなロックチューンを発表してきた。ところが「Running High」はアレンジのトーンとマナーは前2作と同じくしながらも、そのメロディラインやメッセージは爽快感や明るさ、ともすれば少年の横顔すらも覗かせる。

「『リアル -REAL-』『ONE CHANCE』とはタイプの違う『Running High』を作ったことで『アーティスト・下野紘はかくあるべき』という意識がいい意味で少し崩れました。それまではガチガチのギターロック、ギターがマイナーコードをかき鳴らして疾走感があって……というサウンドを目指すべきだと思っていたんですが、『カブキブ!』というアニメの世界観も視野に入れなければならない『Running High』では、『オレの歌を聴け!』とばかりに自分の音楽性を前面に押し出すわけにはいかない。それが逆に気付きを与えてくれたんです。ロックをベースにしながらも柔軟に、もっと色々な見せ方ができるんじゃないか、もっと色々な可能性を探ってみてもいいんじゃないか、と」

『Color of Life』にはギターがドライブしまくる「Black Thunder」や、スケール感のあるスタジアムロックチューン「Ever Red」など「リアル -REAL-」「ONE CHANCE」と地続きの楽曲に加え、レイドバックしたヒップホップビートと思わずシンガロングしたくなるようなメロディが印象的な「Fellow Yellow」、ジャジーなシャッフルビートとド派手なブラスが耳に残る「Violet Phantom」のような楽曲も収められている。まさに先の下野の言葉のとおり。彼は本作でロックを基調にしつつも、楽曲の振り幅を大きくしている。

「『Fellow Yellow』はライブを前提にした楽曲です。『ライブ中みんなで歌える曲がほしい』という話をしたらスタッフから『じゃあヒップホップテイストの曲なんかどう?』と提案されたことから生まれた曲で、『Violet Phantom』については、もともと僕自身がジャズを聴いていたんですよ。父親が好きでCDを集めていたので、ひとり暮らしをするときに、その中から好きなものを黙って持ってきたりして(笑)。以前からそのようなCDを聴きながら『こういう曲を歌えたら面白そうだよな』と考えていたので、本当に“可能性を探る”意味で作家さんと作った曲なんです」

かようにカラフルな楽曲群がパッケージされた『Color of Life』ではあるが、そこで歌われる言葉に目を転じてみると、収録6曲のいずれにおいても1つのメッセージで貫かれている。それは「現状を打開して明るい明日を目指す」こと。なお、これは「リアル-REAL-」以降の一連のシングル作品においても同様だ。

「もともとアーティストデビュー自体が、声優デビュー15周年プロジェクトの一環です。社会人としてキャリアを積んでから歌うことになるわけですので、自分の音楽は独りよがりなものではなく、聴いてくれる人のためのものになればいいな、と思っていたんです。自分自身、これまでの人生が順風満帆だったかといえばそうではなくて。辛いことや不安なこともありましたが、振り返ってみると、それは今に至るため、なにかを実現するために必要な苦難や壁だったように思えることがたくさんありました。僕には想像もつかない絶望の中を生きている人もいるだろうと思うので、安易に『がんばれよ!』とは言えないのですが、それでも自分の経験を歌にして、皆さんに聴いていただき、『この曲でも聴いて元気出しなよ』と、いい意味で“軽く”語りかけたいんです」

『Color of Life』において、その言葉を象徴するのが、彼の自作詞曲である王道バラード「Blue Moon」だ。そのリリックを眺めてみると、

「いつの日にか また笑えるように 明日を迎えに行こう」
「その傷みが消えないなら 無理に笑顔 作らないで」
「溢れ出した 悲しみの先に 答え見つかるから」

パブリックイメージとしての“役者・下野紘”像の面目躍如。リスナーにジェントルな眼差しを送りつつ、「ともに明日へと向かおう」とフレンドリーに手を取る彼の姿が浮かび上がってくる。しかも、それでいて『Color of Life』に散りばめられた言葉はただただジェントルなだけではない。「今の社会は窮屈に思える」という下野は「Black Thunder」と「colors」において、

「目眩ましするタイムライン 無法状態 軽視したツケを」(「Black Thunder」)
「『前へ倣え』 鳴り止まない 言葉の雨に 傘もなく ずぶ濡れの 景色は染まってく」(「colors」)

と、SNSをはじめとした現代的なコミュニケーションのあり方を小気味よく皮肉ってみせてもいる。

「たとえばクラスメイトのLINEグループに自分が入っておらず、孤独を感じる子は少なくないと思うんです。でもネットで作られるコミュニティは広大なようで、実は本当に小さいじゃないですか。その小さな枠組みに閉じ込められているのか、それとも自分から収まりたがっているのか。どちらにせよ、その枠組みよりももっと広い視点に立てれば、より自由になれるのではないかという気がしていて。ミニアルバムの制作期間中、作詞家のRUCCAさんとずっとそのような話をしていたことから生まれたのがこの2曲の歌詞なんです」

「下野紘が歌うべき楽曲はロック」という軸はぶらさずに、しかし多彩なアプローチでロックというジャンルを切り取ってみせ、またこれまでの楽曲とテーマを同じくするメッセージを、“優しさ”や“時代性”というパッケージにくるんで発信する『Color of Life』。足かけ3年という短い期間ながら充実したアーティスト活動を送る下野だからこそ作り上げられた1枚と言えるだろう。

そして今回の発表のとおり、この7月には下野の念願叶ってファンに『Color of Life』の楽曲群を直接届ける機会、東名阪ツアーが開催される。このツアーは下野初のライヴハウスツアーにして、千秋楽の会場となる東京・豊洲PITは3000人超のキャパシティを誇っている。この大バコでの公演を前に彼は「もっと小さい会場でのライブをイメージしていたんですけどね」と笑うが、その一方で、これまでのキャリアに裏打ちされた自信も伺わせている。

「約2年間のアーティスト活動を通じて『より多くの人の前で自分だけのステージを全うしたい』『今の自分なら出来るはず』というこの2年の伸びしろに対する自信や覚悟もできています。そんな自分を皆さんに体感してもらえるライブにできたらいいな、と思っています」

Text by 成松哲(フリーライター)


下野紘1stミニアルバム「Color of Life」
発売日:2018年3月14日(水)/PONY CANYON

「Black Thunder」MV short ver.
下野紘アーティスト公式サイト
http://shimonohiro.com/

品番・価格・特典

【初回限定盤】(CD+DVD)
品番:PCCG.01644
税抜:3,000円+TAX
映像特典:「Black Thunder」ミュージックビデオ+ジャケットメイキング

【通常盤】(CD)
品番:PCCG.01645
税抜:2,500円+TAX

【きゃにめ限定盤】(CD+DVD)
品番:SCCG.25
税抜:3,300円+TAX
映像特典:「Black Thunder」ミュージックビデオ+スペシャルメイキング(ジャケット+MVメイキング)
仕様:オリジナル三方背BOX

※きゃにめ(PONYCANYON通販サイト)
http://canime.jp/

※各盤ともジャケット(ブックレット)は変わります。

収録内容:
M1. Black Thunder ※TVアニメ「ニル・アドミラリの天秤」EDテーマ
作詞:RUCCA
作曲/編曲:高橋諒(Void_Chords)
M2. Ever Red
作詞:RUCCA
作曲:Takahiro Suzuki
編曲:渡辺拓也
M3. Fellow Yellow
作詞:RUCCA
作曲/編曲:福島 貴夫
M4. Violet Phantom
作詞:RUCCA
作曲/編曲: 田熊 知存
M5. Blue Moon
作詞:下野紘
作曲:桑原聖(Arte Refact)
編曲:酒井拓也(Arte Refact)
M6. colors
作詞:RUCCA
作曲/編曲: 渡辺拓也


TVアニメ「ニル・アドミラリの天秤」
http://nilad-anime.com/


下野 紘ライヴハウスツアー
2018年7月21日 愛知・名古屋ReNY
2018年7月22日 大阪・梅田TRAD
2018年7月28日 東京・豊洲PIT
※3月14日発売のミニアルバム「Color of Life」にチケット優先販売申込のチラシが封入されます。そちらの応募要項に沿ってご応募ください。
※申込多数の場合は抽選となります。
※その他詳細に関しては随時発表します。


<プロフィール>
下野紘:プロフィール
4月21日生まれ 東京都出身。
所属事務所:アイムエンタープライズ
『伊藤潤二コレクション』押切役,『多田くんは恋をしない』山下研太郎役 ,『進撃の巨人』コニー・スプリンガー役,他多数


下野紘アーティスト公式サイト
http://shimonohiro.com/

下野紘音楽用公式Twitter 下野紘MUSICOFFICAL
https://twitter.com/shimono_music

ニュース:ロフトプラスワンイベント『OAさえ済めばいい。~「妹さえいればいい。」酩酊ぶっちゃけ座談会~』開催決定!

「妹さえいればいい。」TVアニメ放送終了を祝して、公開打ち上げ的な座談会イベントを開催!メインスタッフやメインキャストが一堂に会し、制作裏話やアレコレの思い出を大人げなく語り合います!


出演:
小林裕介(羽島伊月役)
山本希望(羽島千尋役)
大沼心(監督)※当日の状況次第…!
玉村仁(シリーズディレクター)
木野下澄江(キャラクターデザイン)
青木慎平(メインアニメーター)
郡司一貴(シルバーリンク・設定制作)
岩浅健太郎(小学館・担当編集)
(有)BALCOLONY.(アートディレクション) ほか


イベント概要&チケット販売情報:
・タイトル
『OAさえ済めばいい。~「妹さえいればいい。」酩酊ぶっちゃけ座談会~」
・日時
3月6日(火)OPEN 17:30/START 18:30
・場所
ロフトプラスワン
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/
・チケット代金
前売¥2,500/当日¥3,000
※要1オーダー(500円以上)
・チケット発売日
2月18日(日)12:00
・枚数制限
お一人様2枚まで

注意事項:
※第1部の約30分ほどを「妹さえいればいい。」公式Twitterアカウントにてライブ配信いたします。
※要1オーダー(500円以上)
※チケットの整理番号順での入場となります。
※営利目的のチケットの転売は固くお断り致します。転売チケットは入場をお断りする場合もありますのでご注意ください。
※撮影・録音・録画などは禁止とさせていただきます。また、開場時のご自分の席以外の席取りはご遠慮ください。