公式レポート:香港・夏の一大アニソンイベントANISON DREAM STAGE 2016ナノ&西沢幸奏が出演!国境を越えた歌声で1000人を超えるオーディエンスを魅了!!

nishizawa0713

TVアニメ「蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ-」OPテーマ「SAVIOR OF SONG」を始め数多くのヒットを放ち国内ばかりでなく、海外でも高い評価を受けているナノと、昨年2月TVアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」EDテーマ「吹雪」がオリコンウィークリー6位、iTunes総合パート2位にランクインとをリリースし、鮮烈なデビューを果たした西沢幸奏。

そんな2人が、7月31日に香港で開催された夏の一大アニソンイベント「ANISON DREAM STAGE 2016」に出演。香港を熱狂の渦に巻き込んだアツいライブのレポートを早速お届けする。


“ANISON DREAM STAGE 2016”ライブレポート
2016年7月30日~7月31日にかけて、香港では夏の一大アニソンイベント「ANISON DREAM STAGE 2016」が開催された。

ナノと西沢幸奏は7月31日に出演。イベント2日目であるこの日は開演前から会場のボルテージが高く、出演する4組のアーティストには大きな期待が向けられた。

そんな会場の熱気を一身に纏い、西沢幸奏はトップバッターとして、なんと生バンドを背負って登場。香港のファンで埋め尽くされた会場で圧巻のパフォーマンスを行い、1,000人を超えるオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ。

ライブ1曲目は自身のデビュー曲でありTVアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」のエンディングテーマでもある「吹雪」を熱唱。観客を一気に「西沢幸奏」の世界に惹き込んだ。

その後、彼女のシンボルでもあるギターを掻き鳴らしながら「Brilliant Star」、「Meaning」を続けて歌い上げ、会場の熱は更なる高みへ。4曲目はワルツ調が心地よい「ピアチェーレ」を披露。先ほどまでのロックサウンドとはうってかわり、彼女の優しく透き通る歌声に会場が色鮮やかに包まれた。

再びギターを背負い、ライブはクライマックスを迎える。ラスト2曲はTVアニメ「学戦都市アスタリスク」の前期&後期オープニングテーマ「Brand-new World」と「The Asterisk War」を熱唱。オーディエンスの熱は最高潮に達した。あっという間に6曲を歌い終え、鳴り止まない歓声の中、彼女のステージが終了した。

nano0731

続けて登場したナノは、西沢の作った会場の興奮を受け、1曲目の「SABLE」からボルテージはマックスに…。「Bull’s Eye」「Nevereverland」「No pain,No game」「Now or Never」と畳み掛けるようにアッパーなナンバーを連発、英語によるMCでオーディエンスを煽り、オーディエンスもそれに応え会場は圧倒的な熱量に満たされた。

続くミディアムナンバー「Be the one」で会場を一旦クールダウンした後は、再びMCでオーディエンスのボルテージを一気にマックスまで持ち上げ「SAVIOR OF SONG」「Rock on.」と2曲続けて披露、それに答えるオーディエンスも声の限り叫び、この日一番の興奮が会場を包んだ。そしてラストはエレクトロな「Freedom Is Yours」。会場を幸せな雰囲気で満たし、ライブは感動の内に終了した。

共にクオリティの高いライブパフォーマンスは、国境の壁を越え、多くの人の心に響いたに違いない。


<ANISON DREAM STAGE 2016 セットリスト>
・西沢幸奏
M1:吹雪
M2:Brilliant Star
M3:Meaning
M4:ピアチェーレ
M5:Brand-new World
M6:The Asterisk War

・ナノ
M1:SABLE
M2:Bull’s Eye
M3:Nevereverland
M4:No pain, No game
M5:Now or Never
M6:Be the one
M7:SAVIOR OF SONG
M8:Rock On.
M9:Freedom Is Yours

公式レポート:映画「KING OF PRISM by PrettyRhythm」法月仁生誕祭2016記念舞台挨拶 静岡シネシティザード

jin_1

<写真:依田健(企画プロデューサー/タツノコプロ)、菱田正和監督、五十嵐雅さん(鷹梁ミナト役)>

7月18日は法月仁の誕生日ということで、誕生日に合わせて全国の劇場で本日限定の仁による映像が流れた。

そして、静岡シネシティザートでは高梁ミナト役の五十嵐雅さん、菱田正和監督、タツノコプロ企画制作プロデューサーの依田健さんによる舞台挨拶が行われた。

菱田監督はこの日のためにキャラクターデザインの松浦さん直筆の仁のキャラクターTシャツ(非売品)を着用して登壇。


五十嵐さんはファンの方にプレゼントされたという光るセロリライトをもって登場。

高梁ミナト、五十嵐さんともに静岡出身ということもあり、集まったファンの皆さんも多くの方がセロリをもって応援していました。

jin_2

菱田:
毎週上がってくる劇場の動員状況で静岡が本当に厳しくて、当初は一桁台だったんですよね。

五十嵐:
僕はその一桁のうちの一人でしたよ。(笑)
その中で皆さんと盛り上がっている過程を感じていました。
劇場の方も一緒に盛り上げてくれてセロリの貸し出しもしてくれていたんですよ。

菱田:
おかげで大手のECサイトでも食品サンプル野菜部門で2位になってましたよね。
1位のネギには勝てず。(笑)
次は勝ちたいですよね。


○本日は仁の誕生日ですが、毎年お祝いされている仁の愛される秘訣は何かあるのでしょうか。
菱田:
あんなに悪役ってなかなかいないですからね。
でもなんでみんな悪い奴って思うんでしょうね。

依田:
僕は仁が悪い人と思えないんですよね。
思い返してみると初期設定のタイミングでは仁は聖の本名だったんですよね。
レインボーライブの収録の時は台本まで聖は仁という名前だったんですが、急に変わって。(笑)
ボツネームになったはずだったんですが、第27話あたりでシナリオには無いキャラクターが突如現れたのが仁だったんですよね。

菱田:
突然出てきましたよね!
27話を見直すと、全然子ども向けのストーリーでもないんですよね。(笑)
ぜひ皆さんにも振り返ってほしいです。

五十嵐:
ミナトと仁はどうつながるんでしょうね。

菱田:
シュワルツローズのシェフたちってみんな三ツ星なんですよね。
恐らく、料理対決が行われるのではないかと。

五十嵐:
そこかーー!(料理にちなんだ)ジャンプが観たいです!

菱田:
そこはジャンプではなくて、料理対決なんです。
コック帽をかぶったミナトとシュワルツのシェフ対決のスピンオフも見てみたいですよね。
最後に「セロリはいってるよ。」ってミナトが言って、 相手のシェフが「あぁぁぁぁぁ!!」って崩れ落ちるようなネタになるんでしょうね。

五十嵐:
なるほど!(笑)それも見てみたいですね。


○8月31日にはキャラクターソングアルバム「KING OF PRISM Music Ready Sparking!」も発売になりますね。
五十嵐:
小学生の時のバイエル以来の譜面を受け取って、楽譜がそんなに読めないんですが
一生懸命ミナトらしさを考えて歌いました。
僕にとっては初めてのキャラクターソングが「ドラマチックLOVE」(劇場版エンディングテーマソング)だったので、 今回のソロ曲も初めてのソロで思い入れがあります。ホーム(Home)がテーマで温かみのある曲になっているので ぜひ楽しみにしていただければと思います。


○最後に一言
依田:
ホビージャパン以外で静岡に来ることは初めてなんですが、6か月以上上映していただいて、こういった機会に立たせていただくことが本当にありがたいなと思っています。 応援してくださっているみなさんに直接お会いできて嬉しいです。

菱田:
こうして今日の日をここで迎えられたのは何よりも五十嵐君のおかげだと思っています。
静岡に人が入っていないという情報は入っていたのですが、孤軍奮闘で一人で生セロリもって、怒られたり、 勝手に知人のラーメン屋とコラボレーションもしてくれたり、(笑) でも、それがなければ人が埋まることもなかったのかなと思います。
五十嵐君には足を引っ張られてばかりなんですが、みんながだめだという状況で助けてくれる救世主で本当に感謝しています。

五十嵐:
半年前を振り返ると今の状況が本当に夢のように感じます。
キンプリという作品が僕の声優デビューでもあるので、自分にとっても夢を叶えてくれた作品です。
ザートさん(静岡シネシティザート)にもセロリの貸し出しをしていただいたり、
ここにいるみなさんにもたくさん応援していただいたり、その結果が今に続いていると思います。
まだまだ作品が続くと信じていますのでみなさんのお力をお借りして、煌めき続けられたらいいなと思っています。
これからも応援よろしくお願いします。


劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」Blu-ray&DVD発売中!
初のキャラクターソングアルバム「KING OF PRISM Music Ready Sparking!」は8月31日に発売。
http://kinpri.com/
(c) T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会

公式レポート:千菅春香DEBUT LIVE「FIRST TRY!」ライブレポート

千菅春香DEBUT LIVE「FIRST TRY!」

7月9日、千菅春香の1stライブ「FIRST TRY!」が開催された。会場は澁谷のライブハウスshibuya duo MUSIC EXCHANGE。

定刻通りライブが始まると場内は暗転し、ステージだけがが青いライトで照らされた。幻想的な空間のなか、少しずつ千菅のシルエットが浮かび上がってくると、6月に発売した自身初のアルバム『TRY!』の1曲目「Break On Through」が熱唱された。

1曲目が終わると、千菅は「デビューライブにようこそ!」と挨拶をした後、2曲目に自身のデビュー曲「プラネット・クレイドル」、3曲目「愛の詩-words of love-」、4曲目「愛の太陽」と連続で歌唱。そして本日初めてのMCへ。

ステージ中央に立った千菅は「初めてのワンマンライブです。来てくださったみなさん、ありがとうございます! 今日は私のデビューから3年半の奇跡を詰め込んだスペシャルなライブです」と、今日のライブにかける意気込みを語った。そしてトークのテーマは1stアルバム『TRY!』について。

千菅は「デビューしてから3年半、“TRY”の毎日でした。そしてこれからもたくさん“TRY”していきたい決意表明の意味も込められています」とコメント。その言葉を裏付けるかのように、ステージにはキーボードが運ばれてきた。続いての5曲目は、ファンの前では初披露のピアノの弾き語りにTRYする。

千菅春香DEBUT LIVE「FIRST TRY!」②弾き語り

千菅が選んだ曲は、初めてアニメのエンディングを歌った曲「希望の花」。つい先ほどまで声援を送っていたファンは静まり返り、千菅のピアノと歌声を聴き入っていた。そして弾き語りを終えた千菅は緊張から解放されたのか、6曲目「心アシンメトリー」、7曲目「リフレイン」をステージ中央で堂々と熱唱。千菅の伸びやかな歌声が会場内に響き渡った。

衣装チェンジのため千菅がステージを後にすると、ステージのスクリーンには映像が流れた。その内容は、ラジオ『夜中メイクが気になったから』の収録現場からの映像。出演はたかはし智秋さんと愛美さん、千菅春香の3人だった。愛美さんは「当日はシンガポールにいるので行けません。がんばってね!」とエールをおくり、たかはし智秋さんは「ご利益があるから会場のみなさんもぜひ!」とお馴染みの「ご参パイ」を披露。場内は衣装チェンジ中のビデオレターとは思えないほど盛り上がった。

千菅春香DEBUT LIVE「FIRST TRY!」③

VTRが終わると、パステルカラーの衣装に身を包んだ千菅が、4人のバックダンサーを引き連れてステージに登場。ライブ後半は8曲目「絶滅危惧少女」、9曲目「本当の声をあなたに預けたくて」から再開。スピード感溢れる曲で会場の熱気を加速させた。

そして後半のMCで千菅は、昔からの夢だった歌手・声優になれたことについて語りつつ、ファンと関係者に感謝すると、場内から大きな拍手。

そしていよいよ、ライブは終盤戦へ。10曲目はアルバムのなかで印象的な曲「あなたの春香さん」。曲が始まると場内のファンは大声で「春香さんコール」の大合唱。続く曲はアニメタイアップ曲。11曲目「モモキュンソード」、12曲目「ジュ・ジュテーム・コミュニケーション」とアップテンポな曲を披露した。

 

ライブ本編最後の曲に入る前に千菅は、1stアルバム『TRY!』にかけた想いを語っていたのだが、ひょんなことから即興で「朝食アンケートのコーナー」が始まった。当然、自由奔放な千菅のトークに観客は大爆笑。気になるアンケートの結果は「お米」が多数派だった。

爆笑トークが一段落すると、13曲目「TRY! TRY! TRY!」。観客は千菅の歌に合わせて3色のタオルを頭上でぶんぶん振り回し、まるで夏フェス会場のように盛り上がった。千菅春香DEBUT LIVE「FIRST TRY!」④

13曲を歌い終えた千菅がステージから姿を消すと、突然スクリーンに「ちっすーの桃色ファンタジー振り付け講座」の映像が流れた。これはすでに公開されている映像で、千菅自身が「桃色ファンタジー」の振り付けを紹介するオモシロ映像。

観客はこの映像を見てしっかり振り付けを覚えたところで、ライブTシャツに着替えた千菅がアンコールに応えて再登場。

そして振り付けレクチャーを受けたばかりの観客といっしょに「桃色ファンタジー」で盛り上がった。

アンコール2曲目は「あなたのほほえみ」。この曲はゲストとして登場したコミネリサさんがピアノを担当。千菅の透き通った歌声と、コミネリサさんのピアノの音色で観客を魅了した。

千菅春香DEBUT LIVE「FIRST TRY!」アンコール

ダブルアンコールは、再びバックダンサーをステージに登場させて「あなたの春香さん」。千菅は「もう一度“春香さん”って呼ばれたいね。みんなの最高の春香さんコールを聞かせてください!」と観客を奮い立たせて曲をスタート。場内のファンはそれにしっかり応え、場内は今日一番の盛り上がりをみせた。

全楽曲を終えた千菅はバックダンサーと一列に並んで手をつなぎ、「今日は本当にありがとうございました!」と、ライブを盛り上げてくれた場内の全員に深々と頭を下げ、千菅初となるワンマンライブは終演した。1つ大きな「TRY!」を成し遂げた彼女。きっとこれからもたくさんの「TRY!」で我々を魅了してくれる事だろう。千菅春香の旅はまだ始まったばかり。今後も大きく羽ばたく彼女の躍進に期待したい。


千菅春香DEBUT LIVE「FIRST TRY!」セットリスト
1.Break On Through
2.プラネット・クレイドル
3.愛の詩-words of love-
4.愛の太陽
5.希望の花
6.心アシンメトリー
7.リフレイン
8.絶滅危惧少女
9.本当の声をあなたに預けたくて-haruka solo ver.-
10.あなたの春香さん
11.モモキュンソード
12.ジュ・ジュテーム・コミュニケーション
13.TRY! TRY! TRY!
アンコール:
E1.桃色ファンタジー
E2.あなたのほほえみ
E3.あなたの春香さん