公式レポート:沼倉愛美・「叫べ」発売記念フリーイベント開催!晴天のラクーアで2000人の”叫べ”!

1106numakura

11月2日に発売したデビューシングル「叫べ」のリリース記念フリーイベントが東京ドームシティラクーアガーデンにて行われた。

雲一つない晴天の中、集まったオーディエンスの数は約2,000人!白い衣装で颯爽と登場した沼倉はリリースしたばかりの「叫べ」に収録された3曲を熱唱!

1曲目の「叫べ」でボルテージは一気にMAXに上りつめた後の2曲目「言の葉」でしっとりとクールダウン。ラストのパーティーチューン「HEY!」ではオーディエンスと共に大いに盛り上がった!

その後行われた握手会には約1500人が参加。実に3時間半をかけて一人一人に言葉を掛けながら握手を行った。

尚、リリース記念イベントは11月12日(土)の名古屋、13日(日)の大阪でも開催される。


TVアニメ「魔法少女育成計画」オープニングテーマ
タイトル:「叫べ」
アーティスト:沼倉愛美
初回限定盤には「叫べ」のMusic Clipとメイキング映像を収録したDVD付き!
価格:
初回限定盤 1,800円 +tax
通常盤 1,300円 +tax

収録内容:
1.叫べ
・作詞:沼倉愛美
・作編曲:WEST GROUND
2.言の葉
・作詞・作編曲:篠崎あやと
3.HEY!
・作詞・作曲:ゆよゆっぱ
・編曲:baker
4.叫べ (Instrumental ver.)
5.言の葉(Instrumental ver.)
6.HEY!(Instrumental ver.)

初回限定盤DVD収録内容
1.叫べ Music Clip
2.Making Movie


・「叫べ」リリース記念フリーイベント開催!
11月12日(土)13時 愛知:名古屋近鉄パッセ 屋上イベントスペース
11月13日(日)13時 大阪:あべのキューズモール 3Fスカイコート
内容:ミニライブ&握手会
※各会場とも観覧はフリーです。
※握手会への参加はCD(初回盤、通常盤とも)に封入される参加券(1枚につき1回)が必要となります。
※3会場とも「優先観覧エリア入場券」を当日配布いたします。配布時間等詳細は決まり次第お知らせします。


沼倉愛美公式HP
http://numakuramanami.com
公式Twitter
https://twitter.com/numakura_manami
LINE公式アカウントサーチID @numakuramanami
(友だち追加 https://line.me/ti/p/%40numakuramanami )
LINE BLOG
http://lineblog.me/numakuramanami/

公式レポート:10月23日開催「田中くんは豊洲でもけだるげ」オフィシャルレポート到着!

tnkd1023_10_web

10月23日(日)、豊洲PITにてTVアニメ『田中くんはいつもけだるげ』スペシャルイベント「田中くんは豊洲でもけだるげ」が開催されました。

開演アナウンスを担当するのは田中たち。途中で案内を読み上げることが面倒くさくなった田中をはじめ、太田や宮野たちの楽しいやり取りに、会場からは早くも歓声や笑い声が上がりました。

続いてUnlimited toneさんによるオープニング主題歌『うたたねサンシャイン』のライブが披露された後、司会進行を務める志村役・興津和幸さんと加藤役・井口祐一さんが登場。興津さんたちによる楽しい紹介のもと、太田役の細谷佳正さん、宮野役の高森奈津美さん、白石役の小岩井ことりさん、越前役の諏訪彩花さん、莉乃役の悠木碧ら豪華メンバが次々と登壇。ところが、田中役の小野賢章さんだけ出てきません。キャスト陣と客席から何度も呼びかけ、ようやくのんびりと出てくる姿はまさに田中そのものでした。

tnkd1023_01_web

「たなけだ」の特徴といえば、やはり“けだるげ”。ということで、最初からゆるいフリートークコーナー「ほおづえトーク」がスタートです。「モテるためにこっそりやっていること」「今年の夏のできごと」などについて、和気あいあいと話すキャスト陣。日頃の仲のよさがうかがえるトークに、会場までゆったりとした雰囲気になりました。

最後に選んだお題は「たなけだ声優みんなでピクニックに行ったらやりたいこと」。ピクニックの話題がどんどん転がり、京都へみんなで行こうという話に。京都出身の小岩井さんがノリノリで「京都に抹茶を食べに行きましょう」と提案したところ「抹茶って“食べる”の?」というみんなからのツッコミが続出。小岩井さんがイメージしたのは名物の抹茶を使ったソバや甘味だったよう。それはおいしそう!と、みなさん京都に行く気満々でした。

Unlimited toneさんが演奏する田中のキャラソン『けだるげサンシャイン』アレンジバージョンを挟んで次のコーナー「おすすめエピソード」へ。キャストの皆さんが選んだおすすめのシーンを、会場の大きなスクリーンで見ていきます。

1番目は小野さんが選んだ白石が太田に田中の好きな人を聞くエピソード(第5話)です。真面目に考えた太田が導き出した答えは「俺だ!」白石も思わず「確かに!」。絶妙や2人のやり取りは、キャスト陣も観客も納得の名シーンでした。その後も名場面が続く中、特に「目のつけどころが玄人!」と絶賛されたのが悠木さんがチョイスしたエピソードでした。そのシーンとは……なんと第9話のアイキャッチ。莉乃が猫、小夜が犬っぽいパーカーにしっぽをつけたカワイイ姿が印象に残っている人も多いはずです。

tnkd1023_02_web

また、細谷さんは第12話で、落ち込んだ白石を田中なりに励ますシーンをピックアップ。「田中の『頑張ってダメな時は頑張らない』というセリフは自分に言われた気がした。『頑張らない』ってイイ言葉ですね」とコメント。本作ならではの魅力を改めて確認できました。

tnkd1023_08_web

そして再びUnlimited toneさんが登場。白石キャラソンアレンジ『何気ない時間』の生演奏が行われ、会場は優しい雰囲気に包まれます。イベントグッズ情報などのお知らせの後は、観客も全員参加の『けだるゲーム』。アンニュイな言葉だけをつなげていく「アンニュイしりとり」で勝ち抜き戦を行い、キャストの中で誰が一番“けだるい”かを競います。単語の発想力とアンニュイさを演出する演技力が問われる難問で、観客のみなさんが審査員を務めます。

キャスト陣は「現実」「留守番電話」「臨時休業」などアンニュイな単語を必死にひねり出しますが、しだいに脱落者が増えていき……最後まで生き残った優勝者は、「すれ違い」「のれんに腕押し」「リメンバー」など、アンニュイワードを連発した井口さん。あまりにもステキなアンニュイぶりに小野さんから敬意を込めて「アンニュイモンスター」の二つ名を贈られました。おめでとうございます!

キャスト陣と入れかわりで登場したUnlimited toneさんは、莉乃キャラソンアレンジ『お兄ちゃん』を披露。最後のコーナーは、今日登壇した全キャスト陣とUnlimited toneさんによるオリジナル朗読劇『田中くんはファンタジーでもけだるげ』です。物語の舞台はケダルゲの町。白石お姫様が魔王に誘拐されてしまった!厳選な抽選により選ばれた田中は太田、越前、宮野と一緒に魔王の城を目指す。

tnkd1023_05_web

一方、魔王の城では志村と加藤が出した加藤求人に応募した莉乃が魔王様になっていて――。ファンタジーの世界になっても、田中は相変わらずけだるく、他の面々もマイペース。そんな「たなけだ」らしさ満載のエピソードをウダノゾミ先生が描き下ろし、キャスト陣が好演。Unlimited toneさん生演奏BGMも加わり、ファン大満足のひと時でした。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、イベント終了が告げられると客席からは名残を惜しむ声が。キャスト陣は、全ての「たなけだ」ファンへ想いを込めたコメントを披露。

最後を締めくくった小野さんは「平和な心地よい作品で、とても幸せな現場でした。同時に挑戦も多く、貴重な経験をさせてもらいました。みなさんにはこれからも『田中くんはいつもけだるげ』を応援していただけたらなと思います。本当にありがとうございました!」とのこと。

本日のイベントで、さらに今後の展開へ期待したい気持ちが強まったという話に、キャスト陣も観客もうなずいていました。エンディングは全員で『うたたねサンシャイン』を歌うことに。Unlimited toneさん、キャスト陣、観客が一体になった“たなけだ合唱団”の優しく楽しい歌声が会場いっぱいに響き渡りました。

tnkd1023_09_web
文:菅原雪絵(ライトワークス)、片桐ユウ


Tanaka06_デジ_クリア合成_fix

田中くんはいつもけだるげ6 特装限定版
2016年11月25日発売
価格:
Blu-ray:7,000円(税抜)
DVD:6,000円(税抜)
封入特典:
1.キャラクターデザイン・飯塚晴子描き下ろし特殊パッケージ&スペシャルクリアケース
2.原作・ウダノゾミ描き下ろしマンガ収録スペシャルブックレット
3.スペシャルピクチャーレーベル
4.スペシャルCD feat. 宮野
・オーディオドラマ「キャラソンを歌う日:早夜の場合1.2」
出演
早夜:東山奈央
田中:小野賢章
莉乃:悠木碧
・「虹が出たなら」 歌:早夜
5.アイキャッチイラストカード
映像・音声特典:
1.特典アニメ 第六話 「西園寺さんと不可解な客達」
2.Twitterアニメ「田中くんは今日もけだるげ」 シーズン6
3.「田中くんはラジオもけだるげ」出張編 ~ 宮野と越前のけだるい小部屋 第九回
4.「田中くんはラジオもけだるげ」出張編 ~ 宮野と越前のけだるい小部屋 第十回
5.毎週先行上映“田中くんは映画館でもけだるげ” オリジナルマナーCM Ver.1 「大人っぽい映画館での過ごし方」
6.毎週先行上映“田中くんは映画館でもけだるげ” オリジナルマナーCM Ver.2 「うちの兄を紹介します」
7.オーディオコメンタリー 第九話:悠木 碧、東山奈央


田中くんはいつもけだるげ7<最終巻> 特装限定版
発売日:2016年12月22日発売


TVアニメ「田中くんはいつもけだるげ」公式サイト
http://tanakakun.tv
公式ツイッターアカウント
https://twitter.com/tanaka_anime

©ウダノゾミ/スクウェアエニックス・製作委員会はいつもけだるげ

公式レポート:May’n Symphonic Concert「TWENTY for SEVEN」&ライブ情報

133a8704

10月22日に東京芸術劇場コンサートホールにて、May’nが、初のオーケストラコンサート“May’n Symphonic Concert「TWENTY for SEVEN」”を開催した。クラシックの会場ならでは厳かな雰囲気の中、数々のヒットナンバーを東京ニューシティ管弦楽団の演奏とともに披露した。

133a8440

「もしも君が願うのなら」と「愛は降る星のごとく」の2曲でスタートしたコンサート。オーケストラの演奏でより壮大さを増した楽曲を、時折温かさも伴わせ、力強く歌い上げていく。パイプオルガンの演奏や、オーケストラの演奏、ピアノ演奏と多彩な音楽性を存分に引き出したアレンジで、「今日に恋色」「Grand Piano」「Scarlet Ballet」「オベリスク」とヒット曲や隠れた名曲を演奏していく。穏やかなバラード調のアレンジ「今日に恋色」や“憧れの存在”として描かれたグランドピアノとともに、歌い切った「Grand Piano」。

May’n本人の希望でくわえられた「Scarlet Ballet」は、バンドとオーケストラを融合し、より華やかさを増したアグレッシブなアレンジとなった。続いての「オベリスク」は、オーケストラサウンドならではの迫力の演奏を味わうことができた。

ここでMay’nは、コンサート前日に27歳の誕生日を迎えたことを報告。「すごい大人になる感じもあるし、これからもっと楽しくなるんじゃないかなと思ったら、ワクワクが止まらなくて!」と前向きに語る。その想いはこの日のコンサートタイトルにも込められた「24時間・7日間、大切な仲間とともに音楽のことを考えて歩める幸せ」とも繋がるものであり、改めてファンへも感謝していた。

そんな彼女も“May’n”になって8年。その始まりの頃から歩んできた「ダイアモンド クレバス」で、第1部のラストを飾る。この楽曲とオーケストラとの親和性は抜群。しかしその音を活かせたのは、彼女がこの8年間さらに磨き上げた、その歌声あってこそではないだろうか。「大切な曲を、最強の音で!」と意気込んでから、パワフルかつ繊細にこの曲を歌い上げたMay’n。その“最強の音”を、自らの歌声を楽曲に絡めたことで見事完成させた。そして後奏、余韻の残るなかゆっくりと客席を見回し、最後はオフマイクで「ありがとう」とつぶやき、曲を閉じた。

133a9725

休憩を挟んだ後は、ピアノやビブラフォン、ストリングスカルテットとともに披露した「妖精」「アオゾラ」から、第2部がスタート。シンプルな編成をバックに、まずは彼女の“静”の魅力を届ける。また、曲明けのMCでは再び誕生日の話題に。今度は0時を迎える瞬間の模様を臨場感たっぷりに語り、0時を回った直後に乗った電車のアナウンスが、27歳を迎えたばかりの自分と不思議なリンクをしていて……と、若干興奮気味にまくしたてる。この時ばかりは観客も、笑いとともに和やかな雰囲気で彼女のトークに耳を傾けていた。

th2_0139

続いて第2部の衣装の雰囲気を活かして、アグレッシブな楽曲を披露する。まず「永遠」から、再び全員揃ったオーケストラとともに、歌声のみならずパフォーマンスも含めて観客に対し全力で攻め込む。「Belief」では、楽曲のブレイクに自身のヒールでとるリズムが、サビへの合図になる演出があり、ますますオーケストラとMay’n との一体感が高まっていった。

更に「ノーザンクロス」では、厳かなストリングスの音色から始まるものの、この日の特別な編曲によりマイクを使わずに自身の歌声で、イントロサビからオーケストラを引っ張るように力強く歌い上げた。その後はオーケストラも加わり、圧巻の歌声を轟かせていった。

コンサートも佳境になり、ホール全体を見回し、今自身の中にある感情を言葉にする。

「身体中が震えています。全身で音楽を感じているなって思って。今、すごく楽しいし、すごく幸せです! ありがとうございます!」と。そして「これからのみんなとの音楽の旅で、一緒にたくさんの特別を感じられたら」と今後への意気込みを語ると、本編ラストナンバー「夜明けのロゴス」を、そんな自らの音楽への誓いであるかのように精一杯、かつ楽しそうに歌い切り、深い一礼とともにステージを降りた。

観客からのアンコールの拍手は鳴り止まず、再登壇するMay’n。その拍手への礼として、11月23日に発売される新曲「光ある場所へ」を初披露する。「哀しみのある曲だけど、自分自身が光を信じる気持ちこそ、それを生み出すパワーになると思う。なので、どんなときも自分を信じていられたら、という想いを込めて歌います」と語られてから歌い出されたこの曲で彼女は、ピアノとチェロ3本が主軸となるシンプルかつ重厚なサウンドを従え、内面の強さを抱えた芯の強さを感じさせる歌声を響かせた。

こうして“特別”が積み重なったコンサートも、いよいよラストが近づく。と、「今日は“ライ部”なので……最後は立ってみない?」と呼びかけ、総立ちのファンとともに「May’n☆Space」がスタート。この曲ばかりはMay’nも思いっきり振り付きで歌唱し、ファンも合唱で返す。クラシックコンサートホールにも関わらず、普段のライブの雰囲気に近い演出もまた、ファンにとって特別な体験の一つであったに違いない。どの楽曲も、新たな魅力を発していたこの日のコンサート。初披露された「光ある場所へ」の歌声は深みのある大人な新たな一面を見せ、改めてCD発売後に聴き込みたくなる出来栄えだった。

そしてMay’nには、来年1月からのアジアツアーも控えている。今度はライブハウスでのステージでどんな表情を見せ、どんな歌声を響かせてくれるのだろう。今回のコンサートの経験も糧にしてさらに進化したMay’nの姿を見られる日が、すでに今から楽しみで仕方がない。


・セットリスト
1 もしも君が願うのなら
2 愛は振る星のごとく
3 今日に恋色
4 Grand Piano
5 Scarlet Ballet
6 オベリスク
7 ダイアモンド クレバス
<休憩>
8 妖精
9 アオゾラ
10 永遠
11 Belief
12 ノーザンクロス
13 夜明けのロゴス
<アンコール>
14 光ある場所へ(新曲)
15 May’n☆Space


mayn_hikariaru_04_web

<ライブ:May’n ASIA TOUR 2017 「OVER∞EASY」開催決定!>
公演日程:
2017年
1月24日(火)
・川崎 CLUB CITTA’ (開場18:00 / 開演19:00)
1月28日(土)
・高松 オリーブホール (開場16:45 / 開演17:30)
1月29日(日)
・広島 CLUB QUATTORO (開場16:30 / 開演17:30)
2月2日(木)
・高崎 club FLEEZ (開場18:00 / 開演19:00)
2月4日(土)
・金沢 エイトホール (開場16:45 / 開演17:30)
2月5日(日)
・京都 FANJ KYOTO (開場16:00 / 開演17:00)
2月9日(木)
・福岡 DRUM LOGOS (開場18:00 / 開演19:00)
2月11日(土)
・熊本 B.9 VJ1 (開場16:15 / 開演17:00)
2月24日(金)
・名古屋 ダイアモンドホール (開場18:00 / 開演19:00)
2月26日(日)
・浜松 窓枠 (開場16:15 / 開演17:00)
3月5日(日)
・横浜 Bay Hall (開場16:30 / 開演17:30)
3月20日(月・祝)
・大阪 なんばHatch (開場16:00 / 開演17:00)※2階席有
3月26日(日)
・柏 PLOOZA (開場16:00 / 開演17:00)
3月30日(木)
・仙台 RENSA (開場18:00 / 開演19:00)
4月2日(日)
・札幌 PENNY LANE24 (開場15:30 / 開演16:00)
4月8日(土)
・東京 ZEPP TOKYO (開場16:30 / 開演17:30)※2階席有
※海外(上海、広州、台北、ソウル公演等を予定)の日程は後日発表。

料金:
4,800円(オールスタンディング・整理番号付き・税込)
5,300円(2階指定席・税込)※大阪・東京のみ


<音楽情報>
アーティスト:May’n
タイトル:光ある場所へ
発売日:2016年11月23日
タイアップ:オリジナルTVアニメ 「終末のイゼッタ」 エンディングテーマ
・初回生産分のみ 「光ある場所へ」オリジナルグッズが抽選で当たる応募券封入
価格:

Print
○初回限定盤 1,800円 +税
※「光ある場所へ」Music Video収録DVD付

mayn_hikari_tsuujou_jk_web

○通常盤 1,500円 +税

・収録内容
M1.光ある場所へ
・作詞:岩里祐穂
・作曲:藤澤風緒
・編曲:南田健吾
※オリジナルTVアニメ「終末のイゼッタ」エンディングテーマ
M2.Destiny
・作詞:有坂美香
・作曲・編曲:NAOKI-T
※ストリートファイターV ゼネラルストーリー イメージソング
M3. スピカ
・作詞・作曲・編曲:kidlit
各曲Instrumentalも収録