公式レポート:『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第二章「発進篇」初日舞台挨拶 オフィシャルレポート

アニメーションの歴史に輝く不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクし、2012 年から 2014 年に渡り、 劇場上映から全国ネットでのTV放送まで展開、大きな支持を得た『宇宙戦艦ヤマト 2199』。2017年2月 からはヤマトファン待望の完全新作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』全七章が順次劇場上映中だ。

監督は『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』にてアニメーションディレクターを担当した羽原信義、シリーズ構成に『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の福井晴敏を起用。音楽は引き続き、ヤマトの遺伝子を受け継ぐ宮川彬良が担当する。

モチーフとなるのは、日本全土を熱狂させた劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』。その壮絶なる物語を、新たな解釈と装いで現代に甦らせる。この時代に語るべき「愛」の姿とは!?宇宙戦艦ヤマトが再び旅立つ――!!

今回、6月24日(土)に『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第二章「発進篇」の初日舞台挨拶を開催! シリーズを通して【伝説の女神】テレサ役を演じ、第二章『発進篇』ではエンディング主題歌を歌う 神田沙也加、クラウス・キーマン役の神谷浩史、桐生美影役の中村繪里子、シリーズ構成の福井晴敏、 羽原信義監督が登壇し、初日を迎えた喜びを熱く語った。


<『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第二章「発進篇」初日舞台挨拶>
日程:6月24日(土)舞台挨拶:10:20~10:50 ※上映後イベント
場所:新宿ピカデリー スクリーン1(新宿区新宿3-15-15)
登壇者:
神田沙也加(かんだ・さやか/テレサ役)
中村繪里子(なかむら・えりこ/桐生美影役)
神谷浩史(かみや・ひろし/クラウス・キーマン役)
羽原信義(はばら・のぶよし/監督)、
福井晴敏(ふくい・はるとし/シリーズ構成・脚本)


今回の舞台挨拶は上映直後ということもあり、その衝撃のラストシーンを踏まえ羽原監督が「今、観てもらったばかりで、『何でここで終わるんだ』という(客席の)雰囲気がひしひしと伝わってきますが、今後ともよろしくお願いします」と話し出すと、福井さんが「ヒドい終わり方でしたね」と返し、すかさず羽原監督から「誰が考えたんですか!」とツッコミが入るなど、客席から笑いが溢れる明るいムードでスタートした。

しかし、制作時の話題になると、神谷さんがアフレコ時には絶望的に絵がなく「これ本当に出来るのかなと…」と、かなり不安を抱いていたことを曝露。そのあと、「でもそれがすごいクオリティで完成していたので、ホッとしました」と付け加え、満足のいく作品が完成していることを伝えた。

続いて第二章の見所の話になると、中村さんが「まさか自分にとって見守る“発進篇”になるとは。だからこそ、この先の展開が楽しみだなという部分もあります。ほどよくヤマトがピンチになってくれたら(私の出番もありそうで)いいなと思います」と少々残念な言い方をすると、福井さんから「ただ置いてけぼりにするなら、こんな所(舞台挨拶)には呼ばないですから」とフォロー。今後の出演を暗示するコメントに、中村さんも「それは救いです。信じています」と胸を撫でおろしていた。

同じ質問に、神谷さんは「今のところ大した活躍をしていませんが、今回は『乗せろ、いいから!』というセリフ。超格好良いです。『いいから乗せろ!』ではない、あの倒置法が謎の説得力を生んでいます」と返答。すると「自分が男前だと十分認識しているヤツだけができる技なんです」と福井さんが解説。羽原監督からも「脚本の台詞を読んだときから、神谷さんの声しか浮かんでこなかった」とキャスティングの理由を聞かされ、神谷さんは「今日、来て良かったー! 嬉しいです!」と今日一番の喜びの表情を浮かべていた。

神田さんからは、第二章のエンディング主題歌『月の鏡』が紹介された。テレサという役柄での歌唱に「エンディングは物語の余韻を増長させつつ、次への期待感をあおる大切なもの。すごく責任のある役を任せていただいたと思います」「(テレサは)女神様と言われている存在ですから、万物の平安をイメージして、(レコーディングブースの)照明をちょっと落として、世界観に入って歌うようにしました。すーっと、水のように聴いていただきたいです。」と、レコーディング時の裏話を語ってくれた。

その後、3日前に誕生日を迎えたばかりの羽原監督が健康のままシリーズを完走できるように、福井さんから「テレサに祈ってもらいたい」との言葉に応え、神田さんがテレサのポーズで「羽原監督、54歳おめでとうございます。この作品はマジであなたにかかっています。体調に気をつけて、どうか最後まで走り抜いてください。よろしくお願いします」と言葉を掛け、羽原監督は「(嬉しくて)泣きそうなんですけど!」と感動。会場内も大きな拍手で包まれた。


『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第ニ章「発進篇」
2017年6月24日(土)より、新宿ピカデリー他、全国20館にて期間限定劇場上映
〈シリーズ全七章順次劇場上映〉

劇場にて特別限定版Blu-ray最速先行販売
デジタルセル版配信も同時スタート!

©西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

公式レポート:「22/7」朗読劇第三回公演&初のお渡し会、大盛況のうちに終了!いよいよ7月22日初ライブイベント開催!

秋元康氏がアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズとタッグを組み、総合プロデュースするデジタル声優アイドル、22/7(ナナブンノニジュウニ)。今年4月の初演以来、毎回好評を受けて月に一度行われている朗読劇の第三回公演が、22/7結成からちょうど半年となる6月24日(土)に開催された。

今回も各話のユニットの配役をシャッフルして臨むことになったのだが、前回公演と大きく異なるのは、すでに22/7における担当キャラクターが決定し「顔出し」している8人に関してはじめてステージ上に姿を現しての朗読となったことだ。

ストーリーによってはいまだその姿がベールに包まれている3人とユニットを組むため、ひとりはステージ上に、もうひとりはステージ袖にという形式での朗読劇となった。

全6話にわたる物語の朗読が終了すると、MCの駒田航氏進行のもと、22/7メンバー全員が再登場し、ファンの前でトークショーが繰り広げられた。ステージに登場した8人に続いて、3人も「天の声」での参加となったが、11人全員でトークを行うのは今年3月に配信されたSHOWROOM以来久しぶりのこと。

各メンバーがそれぞれ自己紹介を終えると、まずはきょうの朗読劇の感想から。「ふたりで台詞をぜんぶ覚えるくらいたくさん練習して、楽しかった」と語ったのは第1話を演じた武田と天城だったが、実は天城は「台本を開いたら上下逆さまに台本を持ってしまっていた」とハプニングを明かしたが、それを感じさせなかった芝居に会場の拍手を誘っていた。

それぞれのメンバーがテーマに沿ってトークを繰り広げるなか、中でも会場を盛り上げたのは今月21日に誕生日を迎えたばかりの倉岡。駒田氏から「倉岡さん、何か面白い話してください」という無茶ぶりに「そのフリは一番ダメなやつですよ!(笑)」と応えつつも「誕生日の翌日にレッスンでみんなが集まる機会があって、その日に(白沢)かなえちゃんがすごい綺麗な袋を持ってきていたので『あ、わたしへのプレゼントかな?』って思ってワクワクしていたら、(凉花)萌ちゃんに誕生日プレゼントとして渡したんですよ、萌ちゃんの誕生日12月なので、どうしてと思って(笑)」と白沢に理由を尋ねると、「まだ萌ちゃんにプレゼントをあげられていなかったので、先に渡そうと思って…(水巴には)気長に待っていてほしい」とのこと。それに対し「そこ先に私じゃない!?(笑)」と倉岡がリアクションすると、会場中から笑いを誘っていた。

トークパートの最後には、7月22日に行われる初ライブイベントの話題に。ライブに向けての意気ごみを求められた花川は「後にも先にも1回しかない22/7のはじめてのライブなので、後悔のないよう、皆さまに最高のパフォーマンスをお届けできるよう精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします!」と力強く語った。

そして、今回の公演終了後には、22/7初となる「お渡し会」が開催され、ファンとメンバーがはじめて直接触れ合う場となった。これまではSHOWROOM配信を通じてファンからメッセージを受け取っていたが、はじめてファンと会話を交わすメンバーの笑顔が非常に印象的だった。今回の「お渡し会」ではメンバーからファンにメッセージ入りの「パズルのピース」が渡された。果たして組み上がったときにどんなデザインが完成するのか? 興味のそそられるプレゼントとなった。

22/7はいよいよ来月7月22日(土)に自身初のライブイベントを控えている。8人のキャラクターとキャストによるオリジナル楽曲のパフォーマンスが発表されているが、果たしてどのようなライブとなるのか、今から期待が高まる!なお、こちらのイベントは7月4日(火)23:59まで無料招待での観覧抽選応募を22/7公式ホームページにて受付中だ。

7月12日(水)に発売される「My Girl」女性声優シリーズとなるガールズビジュアルブック「My Girl vol.19 “VOICE ACTRESS EDITION”」最新号のNEW FACE特集に22/7が登場!結成から半年、いよいよ待望の初ライブを迎える22/7。活動も本格化し、さらなる新展開に期待が集まる!


【22/7(ナナブンノニジュウニ)朗読劇 第三回公演】
6月24日(土)開場16:30/開演17:00
第1話:出演/男子役・天城サリー 吉川役・武田愛奈
第2話:出演/村本役・白沢かなえ 田島役・宮瀬玲奈
第3話:出演/男子役・高辻麗 谷川役・花川芽衣
第4話:出演/男子役・西條和 女子役・倉岡水巴
第5話:出演/木村役・海乃るり 岩中役・花川芽衣 アベセン役・高辻麗
第6話:出演/男子役・帆風千春 女子役・涼花萌

<次回公演情報>
【22/7(ナナブンノニジュウニ) 初ライブイベント】
7月22日(土)
都内某所
開場16:00/開演17:00
※詳細は7月7日(金)頃ご当選者様のみメールにてご連絡させて頂きます。
※当選メールが受信できる様、ドメイン指定受信を設定されている場合は「@sonymusic.co.jp」からのメールを受信できるように設定をお願いします。
〈応募期間〉
~7月4日(火)23:59
〈応募方法〉
以下の応募フォームよりご応募下さい。
http://www.sonymusic.co.jp/event/100910
(Photo 川田洋司)
(TEXT/22/7スタッフ)


22/7(ななぶんのにじゅうに)公式ホームページ:
http://www.nanabunnonijyuuni.com/
22/7(ななぶんのにじゅうに)公式スタッフアカウント:
https://twitter.com/227_staff

©Sony Music Labels Inc.

公式レポート:過去最多の公演数のツアー全国9ヵ所17公演を巡る「i☆Ris 3rd Live Tour 2017~Fan+6=∞~」を完走!公演毎に違うセットリストや、メンバーそれぞれの個性が感じられるステージに さらなる無限の可能性を魅せたi☆Ris!

声優とアイドルのハイブリットユニット、i☆Risが6月24日(土)に自身最多の公演数のツアー(全国9ヶ所17公演)「 i☆Ris 3rd Live Tour 2017~Fan+6=∞~ 」のファイナル公演を大阪・NHK大阪ホールにて行った。

昨年デビュー4周年を記念して行われた日本武道館公演以来の単独ライブで、約3ヵ月間で9ヵ所17公演を巡る自身最多の公演数のツアー。タイトルには『Fan(お客さん)と6人(i☆Risのメンバー)一緒なら“無限大”に楽しめる!』という、i☆Risらしいファンを大切にした思いと『無限大の可能性の自分達を魅せるライブ』がテーマとなっていた。

昼・夜2部構成で披露される楽曲のセットリストが異なることや、メンバーのソロパートもふんだんに取り入れられていたことで、今回のファイナル公演ではi☆Risとしての6人でのパフォーマンスに磨きがかかったことはもちろん、メンバー個々の成長がしっかりと感じられたものとなった。

冒頭、SEが流れると舞台全体を覆うように張られた幕全体に宇宙を模した映像が映し出される。キラキラと輝く流れ星やメンバーの紹介が組み込まれており、ライブへの高揚感を煽っていく。壮大な映像に見入っているのもつかの間、暗転し、会場に茜屋と若井の歌声が響きわたった瞬間、幕にはi☆Ris6人のシルエットが映る。かっこ良く、少し切ない「鏡のLabyrinth」の歌詞が幕に映し出され、幕の向こう側では力強くダンスを踊る姿が見える。

表情こそみえないものの、メンバーの熱い思いが伝わるパフォーマンスと演出に、大きな歓声があがった。そんな『視覚でも楽しめる』演出からはじまり、「Happy New World☆」「Make it!」そして、観客とのコール&レスポンスと激しいパフォーマンスが人気の「DIVE TO LIVE」、「ドリームパレード」と盛り上がり必須の楽曲達が続き、序盤にもかかわらずとんでもない勢いで会場の温度をあげていく。

昼公演ではメンバーそれぞれのソロパートが設けられており、リーダーの山北はバブリーさを感じる衣装で登場し「DESIRE(中森明菜)」を披露、澁谷は「EDGE OF HEAVEN」を力強く歌い上げ、若井は「Destiny Sky」を弾き語りで聴かせる。久保田はゴシックな衣装に身を包み「乱舞のメロディ(シド)」をカバーし、妖艶なパフォーマンスをみせ、茜屋は、みみめめMIMIのタカオユキとのユニット曲「WHAT YOU ARE」を、芹澤は自身のソロデビュー曲「Voice for YOU!」で盛り上げた。ソロ曲の披露だけでなく、カバーなども取り入れられており、メンバーそれぞれの個性が光っていた。

また、夜公演ではユニット曲で構成され「Believe in(山北・澁谷)」や「Secret Garden(茜屋・久保田・澁谷)」ではキレのあるダンスと力強いパフォーマンスを、「Love Magic(芹澤・久保田)」では可愛いらしい一面も見せるなど、表現力の幅を感じるパートとなっていた。

ライブ後半では、i☆Risが主要キャストをつとめるTVアニメ「プリパラ」のOPテーマ曲「Ready Smile!!」や「Shining Star」、そして「Re:Call」など怒涛のシングル曲を披露し、さらに会場を盛り上げていく。疲れなど微塵も感じさせないイキイキとした笑顔でステージを駆け回る姿は、観客ひとりひとりと今この瞬間を楽しみたいという純粋な思いを感じさせた。

アンコール1曲目は、久保田の「あれ~?ここ、どこだろう?」というセリフで観客が「大阪―!!」と一斉に声をあわせた人気曲「幻想曲WONDERLAND」。大きな空中ブランコに座ってパフォーマンスというサプライズ演出に大きな歓声があがる。

そして、澁谷・若井・山北の3名で制作した楽曲「扇子・オブ・ワンダー☆(楽曲名はFCで公募)」や、タオルをふりまわして観客と一緒に盛りあがる「ハチャメチャ×ストライク」、最後に人気曲「ミラクル☆パラダイス」を披露し、最後まで全力のパフォーマンスで駆け抜けた。

なお、ライブで新情報も解禁!i☆Ris結成5周年を記念し、7月創刊の声優グラビア誌「VB」の表紙+55Pの大特集が決定したことが発表され、会場からは大きな拍手と歓声があがった。7月17日には「結成5周年記念ライブ」の開催も決定しており、怒涛の勢いで走り続けるi☆Risから目が離せません!














Photo:上山 陽介


<i☆Ris 3rd Live Tour2017~Fan+6=∞~ セットリスト@大阪公演>
昼公演:
M1.鏡のLabyrinth
M2.Happy New World☆
M3.Make it!
M4.DIVE TO LIVE
M5.ドリームパレード
M6.DESIRE(山北ソロ)
M7.EDGE OF HEAVEN(澁谷ソロ)
M8.乱舞のメロディ(久保田ソロ)
M9.WHAT YOU ARE(茜屋ソロ)
M10.Destiny Sky(若井)弾き語り
M11.Voice for YOU!(芹澤ソロ)
M12.らむねサンセット
M13.HERO
M14.Summer Vacation Love
M15.Shining Star
M16.Color
M17.Realize!
EN1. 幻想曲WONDERLAND
EN2. 扇子・オブ・ワンダー☆(澁若山)
EN3. ハチャメチャ×ストライク
EN4. ミラクル☆パラダイス

夜公演:
M1.鏡のLabyrinth
M2.Happy New World☆
M3.Make it!
M4.DIVE TO LIVE
M5.ドリームパレード
M6.Believe in(山北・澁谷)
M7.Secret Garden(茜屋・久保田・澁谷)
M8.Love Magic(芹澤・久保田)
M9.My Bright…(若井)
M10.Special Kiss
M11.Ready Smile!!
M12.Re:Call
M13.jewel
M14.Believer’s HEAVEN
M15.Shining Star
M16.Color
M17.Realize!
EN1. 幻想曲WONDERLAND
EN2. 扇子・オブ・ワンダー☆(澁若山)
EN3. ハチャメチャ×ストライク
EN4. ミラクル☆パラダイス


<EN2「扇子・オブ・ワンダー☆ 」について>
山北・澁谷・若井によるユニット『澁若山(読み:しぶわかやま)』として披露。曲は、作詞:山北、作曲:若井、編曲:澁谷の共同制作でつくられ、「3人で曲を作ったら面白いかも~という案が盛り上がり制作」されたという奇跡の楽曲!
5月21日の中野公演にて初披露され、急遽ファンクラブにて、楽曲タイトル募集企画を実施。
多くの応募の中から選ばれたのが『扇子・オブ・ワンダー☆』です。
『センスオブワンダー』とは、一定の対象に触れることで受ける不思議な感動や心理的感覚を表現する概念で、楽曲を聞いた人にセンスオブワンダーを感じてほしいという願いと、ライブの時に扇子を使っていたので、「扇子=センス」もかけられたユーモアに溢れた楽曲タイトルに決定しました。


<メンバーコメント>

・澁谷梓希
今回のツアーでは、衣装を作ったり、オープニングのSEの制作をしたり、「澁若山」で編曲をしたり・・と、制作側の立場でも関わったことで、本当に大変だったけど、とっても楽しかったです!
いつか『澁谷梓希プロデュースライブ』みたいなことや、もっと大きな事にもチャレンジしていきたいと思います!

・久保田未夢
9ヶ所17公演の長いツアーいうことで、自分でも初めていく場所もたくさんあって、始まる前は「こんなに長いツアーはやったことがないし、どうなるんだろう・・・」と不安だったけど、ツアーが始まって、会場でお客さんと一緒にライブをやっていくうちに不安もなくなっていって、そして何より「i☆Risのみんなで一緒にいると、なんでもできるし楽しいんだな」って改めて思いました!
本当に、本当に楽しいツアーでした!

・若井友希
今回のツアーは『メンバーそれぞれの個性を出す』というテーマで、自分の中では『挑戦』いうこともテーマでした。ソロパートで弾き語りをしたり、「澁若山」では作曲をしたり、チャレンジすることも多くて、その中で自分も改めて学ぶ事が多くて、成長できたんじゃないかなと思います!
全公演、とっても楽しいツアーでした!

・茜屋日海夏
平日は、メンバーそれぞれ別の仕事(声優や舞台など)したりして、週末にみんなで集まって各地でツアーがあって、大変だったけど、とってもたのしかったです。
これから、もっともっとメンバーそれぞれが成長して、i☆Risとして6人で集まった時に、「こんなにすごいことが出来るんだぞ!」って、もっとたくさんの人に伝えたいなって思います!
私は負けず嫌いな性格だから、それこそデビュー当初は「メンバーにも負けない!」とバチバチとライバル心をもっていたこともありましたが、今はみんなと一緒にi☆Risでいれることが誇らしいです。これからもたくさん成長していきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!

・芹澤優
私、i☆Risが大好きなんです!!
私達が「楽しい!」「大好き!」って思えるこのi☆Risを、もっともっとたくさんの人に見てもらいたいし、伝えたいって思います!今回のツアーで、改めてそう思いました!これからもよろしくお願いします!!

・山北早紀
武道館公演を終えて、自分の体力に自信がなくなったり、めげそうになったりもしたんですが、ツアーが進むにつれて、会場のみんなと一緒にライブをして、元気になっちゃいました(笑)
今回のツアーで、各地たくさんの人が会いに来てくれて嬉しくて、改めて、みんなのことが大好きだなと再確認しました!


<i☆Ris 結成5周年ライブ開催! タイトル決定&ロゴ公開♪>
i☆Ris 結成5周年記念Live~5 years old! Everyone comes together☆~
日程:2017年07月17日(月・祝)
開場/開演:13:15/14:00
開場/開演:17:15/18:00
会場:かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
★詳しい情報はオフィシャルHPへ!


2013年8月から約1年4か月に渡り生放送していた「A&G ARTIST ZONE i☆Risの2h」以来約3年ぶりのi☆Risレギュラーラジオ番組♪記念すべき第一回目の放送はなんと!
“i☆Ris結成5周年記念日”の2017年7月7日!
番組タイトル:
i☆Ris レギュラーラジオ「i☆Ristation!!」
放送局:
文化放送 超!A&G+
http://www.agqr.jp/
放送日:
毎週金曜17時30分~18時
※7月7日スタート


<ライブにて解禁済情報!>


完売が続出した伝説の「欅坂46×武器」の特集号をはじめ独自路線のグラビアや活字ドキュメンタリー企画で支持を集める『BRODY』の姉妹誌声優・声優アイドルにコミットした『VB(VOICE BRODY)』が7月15日(土)に発売決定!
その第1号にて、i☆Ris結成5周年を記念して表紙&55ページの大特集!!
革命的声優グラビア&活字マガジン VB(ブイビー) VOL.01 7月15日(土)発売決定!
「BRODY」から新増刊誕生。「VB(VOICE BRODY)」第1号はi☆Ris結成5周年記念55ページ大特集 !!

第1号では、昨年11月に武道館ライブを成功させた、声優とアイドル活動を両立するハイブリッドユニット“i☆Ris”を大々的にフィーチャーする「結成5周年記念55ページ大特集」を掲載。
カメラマン桑島智輝による全メンバー撮り下ろしグラビアでは、これまで見せたことのないセクシーな一面も披露。
グループのマネジメントスタッフをはじめ、ラジオ・パーソナリティの鷲崎健、アニメロサマーライブの齋藤プロデューサー、テレビアニメ『プリティーリズム』『プリパラ』シリーズ音響監督の長崎行男ら多くの内部/外部関係者を徹底取材した「i☆Ris ~虹色の革命ドキュメント~」は、声優とアイドルの間で唯一無二の存在感を確立し、壁を乗り越え挑戦を続ける6人の軌跡を綴った必読の内容だ。
「今、最も勢いのあるアイドル誌」との呼び声もある『BRODY』の増刊だけに、声優・声優アイドルをどのように取り上げるのか注目したい。

タイトル:VB[ブイビー]
発売日:2017年7月15日(土)
*全国書店・Amazon.co.jp 他ネット
判型:A4正寸
定価:1500円(税込)
ページ数:120ページ
特別付録:B2ポスター(両面)


i☆Ris HP:
http://iris.dive2ent.com/

i☆RisオフィシャルTwitter:
https://twitter.com/iris_official_