公式レポート:東山奈央ソロデビューシングル発売記念イベント@ラゾーナ川崎プラザ/東山奈央「虹のはじまり」ミニライブ+特典お渡し会

デビュー以来、数々のアニメに出演し、『きんいろモザイク』のRhodanthe*や、『マクロスΔ』のワルキューレといったユニットのメンバーとして活躍してきた声優の東山奈央。

そんな彼女が2月1日に待望のソロデビューを果たした。記念すべきソロデビューシングル「True Destiny / Chain the world」のリリースを記念したイベント「虹のはじまり」が、2月12日、ラゾーナ川崎プラザのルーファ広場グランドステージで開催された。今回は、そんな大切な〝1度きりの〟ソロデビュー記念のイベントレポートを最速でお届けする。

イベント開始の数時間前から、多くのファンがルーファ広場を埋め尽くした。待ちに待ったイベントスタートの瞬間。人気声優の登場とあって、広場はもちろん、その上の階のテラスにもたくさんの人が。CDジャケットと同じ白の衣装に身を包んだ東山が登場すると、「なおちゃーん!!」「なおぼーう!!」といたる所から大きな歓声が上がった。

まずは、CD収録曲のミニライブ。劇場版『チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ 』のオープニングテーマ「Chain the world」から始まり、こんな歌手になっていきたいという気持ちをこめた、柔らかな曲「I WILL」、TVアニメ『チェインクロニクル~ヘクセイタスの閃~』の、情感溢れる挿入歌「風空花人」を3曲続けて披露した。

曲間のMCでは、ジャケット写真やMusic Videoで身に着けている白の衣装をしっかり見てもらうために、「回りますー」と言ってくるりと一回転したり、2月12日が運命の日であるというエピソードを披露。

かつて、TVアニメ『神のみぞ知るセカイ』で、中川かのんというアイドルの役を演じた彼女。中川かのん starring 東山奈央として、人生初のソロライブをおこなったのが、2012年2月12日だった。スタッフから、今回の発売記念イベントの日時を知らされた時、偶然の一致にびっくりしたという。これぞまさしく、『True Destiny』。運命のような出来事だった。

声優デビューからたくさんのアニメやキャラクターを通して出会った人々への感謝の気持ちをアツく語り、その真摯な想いに涙を流すファンの姿も。精一杯の〝ありがとう〟の気持ちを込めて。ミニライブ最後の曲は「True Destiny」。TVアニメ『チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ 』のエンディングテーマを歌った。

この日のラゾーナ川崎は快晴だが、やや風があった。曲のサビのタイミングで、風が白のスカートをふわりとなびかせる。偶然だが、まるで演出のように決まっていた。

最後にイベントタイトルである〝虹のはじまり〟の由来について、東山本人の口から、ゆっくりと、噛みしめるように発表された。タイトルは、今回の歌手デビューに合わせて作られたアーティストロゴにちなんで命名されたという。ロゴには、よく見ると〝虹の輪〟がかけられている。今まで公式サイトなどに掲載されていたロゴは単色だが、歌を通じて観客と心を通わせることができたことにより、今後それに虹の七色が付けられるという。

「今日は、皆さんの前で初めてデビュー曲を披露させて頂きました。たくさんの皆様と一緒に過ごした、この大切な1日をもって、デビューシングルは完成したと思っています。」

最後までファンへの感謝の気持ちを精一杯伝え、ミニライブは幕を閉じた。

ミニライブ後は、観客と一緒に記念撮影を行った。その後は、CD購入者を対象にしたバレンタインカードのお渡し会に。白のコートに包まれた東山奈央は、列をなすファンのひとりひとりに、丁寧にカードを手渡しした。

スタッフが手渡し会の準備をする中、東山奈央自らがマイクでファンに向かって話しかけ、場を繋ぐシーンも。ファンとの距離が近い、寒空の下だが温かいイベントになった。

イベント終了後、「寒い中ずっと待っていてくださって本当に本当にありがとうございます!」とファンに挨拶をした時の煌びやかなお笑顔が、とても印象に残った。

訪れたたくさんのファンの笑顔や歓声につつまれて、約4時間半に及ぶイベントは無事、盛況のうちに終演した。

まだまだ東山奈央の“新たな世界”ははじまったばかり。大きく羽ばたく彼女の未来に、是非ご注目頂きたい。


<商品情報>
アニメ「チェインクロニクル~ヘクセイタスの閃~」
TVアニメ版エンディングテーマ
劇場版「チェインクロニクル」オープニングテーマ
True Destiny/Chain the world

1.限定盤(CD+DVD)1,800円 +税
収録曲:
M1.True Destiny
作詞・作曲・編曲 Heart’s Cry
(TVアニメ「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~」EDテーマ)
M2.Chain the world
作詞 ヒゲドライバー
作曲・編曲 Powerless
(劇場版「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~」主題歌)
M3.I WILL
作詞・作曲・編曲 ヒゲドライバー
※同梱DVDに「True Destiny」MUSIC VIDEO+メイキング映像を収録
※その他、各曲の Instrumental を収録

2.通常盤(CD)1,300円 +税
・収録曲は限定盤と同じ

3.アニメ盤(CD)1,300円 +税
収録曲:
M1.True Destiny
作詞・作曲・編曲 Heart’s Cry
(TVアニメ「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~」EDテーマ)
M2.Chain the world
作詞 ヒゲドライバー
作曲・編曲 Powerless
(劇場版「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~」主題歌)
M3.風空花人
作詞 SugarLover
作曲・編曲 甲田雅人
(TVアニメ「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~」挿入歌)

TVアニメ「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ 」EDテーマ
「True Destiny」Music Video(2chorus)

公式レポート:TVアニメ『ユーリ!!! on ICE』放送終了後初となるトークショー+オールナイト上映会に49館の劇場がOPEN!!! 日本全国約3万人が熱狂!!!更に、新ビジュアルが本日解禁!!!

テレビ朝日ほかにて2016年10月~12月にかけて放送された本格男子フィギュアスケートアニメ『ユーリ!!! on ICE』の放送終了後初となるトークショー+オールナイト上映会が本日TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催され、本会場とライブビューイング会場を合わせて49館に、約3万人のファンが集結しました。

オールナイト上映会前のトークショーには、原案・ネーム(脚本原案)・キャラクター原案を務める久保ミツロウ、勝生勇利役の豊永利行、ヴィクトル・ニキフォロフ役の諏訪部順一、ユーリ・プリセツキー役の内山昂輝が登壇。久保ミツロウの挨拶からトークショーが始まり、「熱気がすごい!緊張しています!」と熱が高まる会場の様子を伝えました。

そして、続いて豊永も「オールナイトなので、グランプリファイナルあたりで寝てた(笑)とならないように、最後まで頑張ってください!」と挨拶し、会場は更に盛り上がりました。本日は新ビジュアルも解禁となり、スケーターたちが揃った新ビジュアルがスクリーンに映り出されると会場からは歓声が上がりました。

フィギュアスケート作品ということで、『ショートプログラム』『フリースケーティング』『インタビュー』で構成された本トークショー。

『ショートプログラム・振り返りトーク!!!』では各キャストが演技を振り返りました。「心で演じたいと思っていたので、7話くらいから記憶がない。でも本作を通して諏訪部さんと深い関係になれた。」と語る豊永に対して「そうかな?」と諏訪部がヴィクトルのような奔放な返しをして笑いが起こるなど、息の合った掛け合いが続きました。

内山は「ユリオはシリーズを通じて本当に変化した印象。それに自分もついていった感じ」と語り、3人の語りを受けて久保も「物語を創り上げる中で、作品が何回でも生まれ変わっている感じがした。独りよがりにならずに作品が創れたと思う」と、各々にとって初めての経験をしたことが分かるトークとなりました。

そのほか豊永が「1話モノローグの勇利は、いつの勇利なのか?を想像してほしい」と、作品を楽しむポイントを語れば、公式グッズの“マッカチン(ヴィクトルの飼い犬)“ティッシュケースを抱いて登場した諏訪部は「演じたポイントなどはあえて語らないようにしている、それぞれの中にあるヴィクトルを楽しんでほしい。ただ一言…僕はマッカチンが大好きです!」と宣言。

内山は、印象的だったセリフについて「豚関係」とスバリひとこと。「豚に食わせる金メダルはねぇ!」、「家畜」など、本作の特徴でもあるユリオの印象的なセリフの発想元を尋ねられた久保は「かつき(勝生)→かちく(家畜)」だったと暴露するなど、今だからこそ聞ける話を様々な角度から展開しました。

『フリースケーティング・今だから言える話!!!』では、久保が海外で遭遇した「ユーリ!!! on ICE」ファンとの衝撃的な面白エピソードを展開。世界中にファンを持つ本作ならではの体験談が繰り広げられました。

『インタビュー』では、予め公式Twitter募集された質問に回答。「11話でクリスを迎えにきた彼は誰ですか?」という久保への質問がスクリーンに映し出されると、客席からは「あ~!!!」と共感の声が。これは、スイスのスケート連盟の男性であることが久保により明らかになりました。

「自分がやりたいフィギュアの技」については、内山が「スピンがすごいと思う。目が回らないのが不思議」と語ると、久保が「JJのスピンを是非見てほしい。ずっとカメラ目線(笑)。今日はJJソングも是非歌ってください」と、オールナイト上映会を控えた客席を盛り上げました。

盛り上がるトークショーも終盤となり、締めの挨拶ではそれぞれが「ユーリ!!! on ICE」への愛情を語り、久保は「みんなが全力で作った作品がどのように皆さんの中で完成するのかが大事だと思う。朝まで寝ないで楽しんでいってください!」と語り、終了となりました。

トークショー終了後、オールナイト上映会が始まる直前の劇場には来場者特典のスケーター応援うちわを準備する楽しそうなやりとりが目立った。

いよいよ第1滑走が23時半からスタート。上映開始からすぐに勇利のうちわを振り始める人の姿も見られ、勇利のスケーティングシーンでは会場が大きな拍手に包まれた。

第2滑走でヴィクトルを追って長谷津に降り立ったユーリ・プリセツキー。商店街で虎のトレーナーを見つけて「マジヤバい」という一言を放つと、会場から大きな笑いが起きた。また、ロシアのユーリが「ユリオ」と名付けられるシーンでも和やかな雰囲気となり、劇場からはくすくすと笑い声が聞こえた。

第3滑走での“温泉onICE”に向けた勇利とユリオの演技練習中、ヴィクトルの「まあ、寺かな」の名言がでると、会場全体が今までで一番の笑い声が響く。その他「フクースナー!」や勇利の「すっごくエロスでした!」など、笑い声に包まれるシーンが多く見られた。

そんな和やかな雰囲気が一転、勇利とユリオの対決が始まると、シンと静かに演技を見守る雰囲気に。ユリオが演技の後半で4回転トゥループを決めると、どっと拍手が沸いた。勇利の演技が始まるとジャンプが成功する毎に歓声が上がり、生の試合を見ているような盛り上がりを見せた。

ついにグランプリシリーズが開幕した第6滑走では、各国のスケーターが多く登場し終始劇場は盛り上がりを見せた。ピチット・チュラノンの演技ではリズミカルな楽曲に合わせ、手拍子でリズムを刻む人が多く会場に更なる一体感が生まれた。勇利がSP(ショートプログラム)の滑り出しでセクシーなポーズを決めると「フゥ~!」と声が漏れる。演技を披露し終えると拍手喝采!盛り上がりは最高潮に達した。

第7滑走の試合も大盛り上がり!クリストフ・ジャコメッティの試合中はペンライトが紫に光り、ピチットの試合中は緑に光り、キャラクターのイメージカラーに合わせてペンライトを振って応援する様子が目立った。勇利の試合中も劇場全体がペンライトで青く染まり、拍手も響く最大の一体感が生まれた。

第8滑走が始まる時間はすでに深夜3時。しかし、まだまだ熱が冷めることのない劇場。深夜だということを感じさせないくらいの大きな声援を浴びたのはJJ。お馴染みの「It’s JJスタイル!」や、大人気のJJソング「Theme of King JJ」が始まると劇場が一気にピンクのペンライトに染まり、上映に合わせて大合唱!更に「JJがんばってー!」、「キャー!」という黄色い声援も響き、まるでスケートリンクの側にいるかのような臨場感。JJの存在感に圧倒されるほど。そして、勇利の滑り出しでも「がんばってー!」「勇利ーーーー!」とJJに負けないくらいの黄色い声援が飛び交い、緊張した勇利を後押ししているような雰囲気となり会場は更なる盛り上がりを見せた。

第10滑走のグランプリファイナル直前の話では、ヴィクトルとジャコメッティのプールのシーンや、スケーターの食事シーンなど、和やかなシーンが続き、会場からは笑い声が止まらず溢れていた。

第11滑走ではついにグランプリファイナルが始まり、劇場の熱気が最高潮に高まる。まるで選手たちが目の前にいるかのような盛大な拍手が続き、深夜とは思えない完璧な応援で演技を盛り上げた。ユリオのSPでは、過去最高の演技と世界歴代最高得点の発表に今まで一番大きく盛大な拍手が送られた。

そして、時刻は午前4時。いよいよ最終話第12滑走を迎えたオールナイト上映会。冒頭でヴィクトルと勇利が約束を交わすと、会場からは黄色い声が漏れる。グランプリファイナルFSの滑走が始まり、選手ひとりひとりに大きな拍手が送られ、勇利の最終滑走の滑り出しでも「いけー!!!」と会場のあらゆる所から応援の声があがる。勇利が最後のジャンプを着氷させると、劇場からはすすり泣く声が聞こえた。

上映終了後は大きな拍手が鳴りやまず響いた。オールナイトで行われた上映会だが、中国大会、ロシア大会、グランプリファイナルと大会が進んでいくにつれ、応援上映の劇場も興奮が増していき「ユーリ!!! on ICE」の熱はまだまだ冷めず、むしろ熱はどんどん上がっているように感じられた。


​『まだまだ滑走しちゃうよ!「ユーリ!!! on ICE」トークショー&オールナイト上映会』 概要>
日程:2017年2月11日(土)
時間:22:00~ ※トークショーの後に1~12話を上映。
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ SCREEN 7 東京都港区6-10-2
登壇:
久保ミツロウ(原案・ネーム(脚本原案)・キャラクター原案)
豊永利行(勝生勇利役)
諏訪部順一(ヴィクトル・ニキフォロフ役)
内山昂輝(ユーリ・プリセツキー役)
MC:三上 大樹(テレビ朝日アナウンサー)
料金:3,800 円(税込)

<アニメ情報>
放送情報:
テレビ朝日 10/5(水)スタート 毎週水曜深夜2時21分放送 放送終了
BS朝日 10/9(日)スタート 毎週日曜深夜1時00分放送 放送終了
サガテレビ 10/7(金)スタート 毎週金曜深夜1時55分放送 放送終了
長崎文化放送 10/11(火)スタート 毎週火曜深夜1時51分放送 放送終了
サンテレビ 11/19(土)スタート 毎週土曜 深夜2時00分放送
AT-X 12/1(木)スタート 毎週木曜22時、 毎週土曜14時、毎週水曜6時放送

スタッフ:
原案:久保ミツロウ ×山本沙代
監督・シリーズ構成:山本沙代
ネーム(脚本原案)・キャラクター原案:久保ミツロウ
キャラクターデザイン:平松禎史
音楽:梅林太郎 松司馬拓
音楽プロデューサー:冨永恵介(PIANO)
フィギュアスケート振付:宮本賢二
アニメーション制作:MAPPA
オープニングテーマ:
「History Maker」 歌:DEAN FUJIOKA
エンディングテーマ:
「You Only Live Once」 歌:YURI!!! on ICE feat. w.hatano

キャスト:
勝生勇利 cv.豊永利行
ヴィクトル・ニキフォロフ cv.諏訪部順一
ユーリ・プリセツキー cv.内山昂輝
イ・スンギルcv.野島健児
エミル・ネコラcv.日野 聡
オタベック・アルティンcv.細谷佳正
ギオルギー・ポポーヴィッチcv.羽多野 渉
クリストフ・ジャコメッティ cv.安元洋貴
ジ・グァンホンcv.本城雄太郎
ジャン・ジャック・ルロワcv.宮野真守
ピチット・チュラノンcv.小野賢章
ミケーレ・クリスピーノcv.前野智昭
南 健次郎cv.村瀬 歩
レオ・デ・ラ・イグレシアcv.土岐隼一
西郡 豪cv.福山 潤


ユーリ!!! on ICE 公式サイト:
http://yurionice.com

ユーリ!!! on ICE PV:
https://www.youtube.com/watch?v=r5BL6gBZjOI

ユーリ!!! on ICE 公式SNS:
Twitter
https://twitter.com/yurionice_PR

Facebook
https://facebook.com/yurionicePR

Instagram
https://instagram.com/yurionice_pr

(C)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会

公式レポート:満員御礼!夜のプリティーリズム一挙上映会舞台挨拶

新宿バルト9 10周年記念「プリズムの煌めきを、あなたに!夜のプリティーリズム・レインボーライブ」4週連続一挙上映会!!の第1夜となる本日、TVアニメ「プリティーリズム」シリーズの監督を務めた菱田正和、そしてスペシャルゲストとしてシリーズ構成の坪田文が登壇し、当時の想い出や見どころを語りました。

「プリズムの煌めきを、あなたに!夜のプリティーリズム・レインボーライブ」4週連続一挙上映会!!は、新宿バルト9の10周年を記念して特別に開催されるイベント。TVアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」の全51話と劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」を4夜に分けて一挙上映するという企画です。

第1夜は2月11日(土)、第2夜は2月18日(土)、第3夜は2月25日(土)、第4夜は3月4日(土)に開催されることが決まっており、チケット発売と同時に瞬時に売り切れたため追加上映が決定するなどTV放送から3年を経った今もなお人気を集める作品です。

劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」の舞台挨拶以来の登壇に菱田監督は「何度ここに来たことかわかりませんが、もう導線がわかっちゃうのが悲しいです。」と笑いを誘うと、坪田は「(監督の登場を見て)監督は本当にアイドルになっちゃったんだなぁって思いました。笑 こうやってたくさんの方が観に来てくれたことが本当に嬉しいなと思います。」と続けて会場を沸かせました。

また、一緒にシリーズ構成を務めた故・井内秀治とは、特に思い出があると話す坪田は「ラストの展開はこうしたいんです。って話したけど、なかなか納得してもらえなくて。大体、シナリオ打ち合わせの後は飲みに行くことが多かったので、明け方になって井内さんがっかなり酔っぱらってる時に“やりたいようにやっていいよ”と言われたことが忘れられないです。笑 3年間毎週そんな日々を送っていました。」と振り返りました。

思い出の話数について聞かれると、菱田監督は「個人的には第1話はものすごく苦労して作った思いがあるので、これをみなさんに観ていただくのはいつも辛いなという気持ちがあります。設定が少し定まってない苦悩が出てしまっていますね。」と話し、坪田は「私はやはり先ほども話した最終話が一番思い出に残っていますが、第5話(私の歌は色♡トリドリーム)のコウジのところは監督から何度も書き直しが入りましたね。コウジのキャラクター的になるちゃんのあんなにハッピーな曲(「ハート♥イロ♥トリドリ〜ム/綾瀬なる」)を作るのかなって。笑 自分で仮歌入れてるんだよ!?ハーピーハーピーって。笑」と話すと会場は爆笑に包まれました。

最後に、坪田は「放送終了から3年も経って、こんなに皆さんが集まってくれて、またお礼が言える機会をいただいて本当に嬉しいです。これからもプリズムの煌めきがずっと続きますように。」とコメント。

菱田監督は「プリティーリズム・レインボーライブをご覧いただくと、キンプリが100倍楽しめると思います。また、オーロラドリーム、ディアマイフューチャーも続けてご覧いただくとキンプリの新作がもっと楽しめると思うので、ぜひお楽しみください。」と、これを言ったらスタッフに怒られちゃうかなとお茶目な顔を見せながら会場を後にしました。


<お知らせ>
「プリズムの煌めきを、あなたに!夜のプリティーリズム・レインボーライブ」4週連続一挙上映会!!の第2夜以降のチケットはKINEZO EXPRESS及び、劇場窓口にて販売中。
TVアニメ「プリティーリズム」シリーズのBlu-rayBOXが好評発売中!

劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」は6月10日(土)全国公開。
http://avex.jp/prettyrhythm/
http://kinpri.com/