ニュース:TVアニメ「ゼロから始める魔法の書」配信・ラジオ情報公開!

第20回電撃小説大賞<大賞>受賞作 が2017年4月よりTV放送スタート!世間知らずの魔女・ゼロと、心優しき獣の傭兵。二人は世界を滅ぼしかねない力を秘めた禁断の書「ゼロの書」を求め、旅に出る。”魔術”から”魔法”への大転換期をかけめぐる王道魔導書ファンタジー!!

本放送を4月に控えた「ゼロから始める魔法の書」の最新情報を一挙公開!インターネット配信、インターネットラジオ、主題歌情報が公開された!


<放送情報>
・2017年4月10日よりTV放送開始
AT-X
毎週月曜日23:30~ 4月10日スタート
リピート放送:毎週水曜15:30~/毎週土曜7:30~/毎週日曜24:30~
TOKYO MX
毎週月曜日24:30~ 4月10日スタート
tvk
毎週火曜日25:00~ 4月11日スタート
サンテレビ
毎週月曜日24:30~ 4月10日スタート
KBS京都
毎週月曜日25:00~ 4月10日スタート
BSフジ
毎週月曜日24:30~ 4月10日スタート
※諸般の都合により変更となる場合があります。

<配信情報>
4月10日より「AbemaTV」で最速配信決定


<スタッフ>
原作:虎走かける(電撃文庫 刊)
キャラクター原案:しずまよしのり
監督:平川哲生
キャラクターデザイン・総作画監督:木宮亮介、又賀大介
イメージボード:品川宏樹
プロップデザイン:岩畑剛一、鈴木典孝
美術監督:高峯義人(美峰)
美術設定:青木 薫(美峰)
色彩設計:佐藤美由紀(Wish)
特効監修:谷口久美子(チーム・タニグチ)
3Dディレクター:宍戸光太郎(IKIF+)
撮影監督:設楽 希(T2 studio)
編集:須藤 瞳(REAL-T)
音響監督:原口 昇
音響スタジオ:HALF H・P STUDIO
音楽:松田彬人
音楽制作:ランティス
オープニング主題歌:たぴみる「発見者はワタシ」
エンディング主題歌:Chima「はじまりのしるし」
プロデュース:インフィニット
アニメーション制作:WHITE FOX

<キャスト>
ゼロ:花守ゆみり
傭兵:小山剛志
アルバス:大地葉
ホルデム:加藤将之
十三番 :子安武人

<ストーリー>
教会暦526年──。世界には魔女がいて『魔術』が普及していた。そして、世界はまだ『魔法』を知らなかった。
そんな時代、人々に”獣堕ち”と蔑まれる半人半獣の傭兵がいた。日々、魔女にその首を狙われ、人間になることを夢見る彼だったが、ある日森で出会った美しき魔女がその運命を変える。
「──戻りたいのか? 人間に。だったら傭兵、我輩の護衛になってくれ」
ゼロと名乗る魔女は、使いかた次第で世界を滅ぼす可能性すらある魔法書【ゼロの書】を何者かに盗まれ、それを探す旅の途中だという。傭兵は、ゼロの力で人間にしてもらうことを条件に、大っ嫌いな魔女の護衛役を引き受けるのだが、禁断の魔法書をめぐって人々の思惑が絡み合い……。
気高き魔女と心優しき獣人による極上ファンタジー


<キャラクター紹介>

〇ゼロ(CV:花守ゆみり)
【ゼロの書】を探して旅をする世俗に疎い魔女
天然無頓着系の魔女。盗まれてしまった危険な魔法書【ゼロの書】を探して一人で旅をしている。

〇傭兵(CV:小山剛志)
ゼロを護衛する獣堕ちの傭兵
生まれながらの”獣堕ち(半人半獣)”で、人間になれる日を夢見ている。見かけによらず情に厚い。

〇アルバス(CV:大地 葉)
傭兵の首を狙い現れた、幼き魔術師
【ゼロの書】を所有しているとされるゼロの魔術師団のメンバー。

〇ホルデム(CV:加藤将之)
旅の途中でゼロと傭兵が出会った狼の獣堕ち
女好きで、軽薄な口調と貴族のような身なりが特徴。

〇十三番(CV:子安武人)
カギを握る孤高の魔術師
ゼロの過去を知る魔術師。【ゼロの書】についてなにか知っている様子なのだが……。


<関連情報>

インターネットラジオステーション<音泉>にて
「ゼロの書ラジオ ゼロラジ」
パーソナリティ:
・ゼロ役:花守ゆみり
・傭兵役:小山剛志
・アルバス役:大地葉
初回配信4月8日(土)/週土曜日更新


<イベント情報>
東京ビックサイトで開催される、「AnimeJapan 2017」の下記出展ブース内、特設ステージにて「ゼロから始める魔法の書」のイベントを実施する事が決定!!

KADOKAWAブース(A4)
日時:3月26日(日)15:00 ~ 15:30
登壇ゲスト:
花守ゆみり(ゼロ役)
小山剛志(傭兵役)
大地葉(アルバス役)
観覧方法:入場整理券は開催当日10:00より先着順で、KADOKAWAブース前にて配布いたします。ファストチケットでご入場された方は、先にお並びいただく事は可能ですが、配布開始の10:00までお待ち願います。
※入場整理券配布は、当日の各ステージを通じてお一人様1枚のみとなります。お一人で複数枚の入手および使用はご遠慮願います。
※座席は全席自由となります。入場の際は整理券に記載された番号順にご案内いたします。
他、諸注意などの詳細は下記サイトよりご確認ください。
http://event.kadokawa.co.jp/animejapan/

TOKYO MXブース (A50)
日時:3月26日(日)16:00 ~ 16:30
登壇ゲスト:
花守ゆみり(ゼロ役)
小山剛志(傭兵役)
大地葉(アルバス役)
観覧方法:イベント当日ステージ前へお集まりください。整理券などの配布はございません。スタッフの指示に従って観覧して下さい。ご協力よろしくお願いいたします。


<音楽情報>
OP主題歌 「発見者はワタシ」
アーティスト:たぴみる
税抜価格:1,300円
発売日:2017年5月24日
INDEX表題曲+c/w2曲を収録予定

ED主題歌「はじまりのしるし」
アーティスト:Chima
税抜価格:1200円
発売日:2017年5月10日


公式サイト
http://zeronosyo.com/

公式ツイッター
https://twitter.com/zeronosyo

(C)2016 虎走かける/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ゼロの魔術師団

アニメ:初の最強タッグ!西尾維新×中村光「十二大戦」2017年テレビアニメ放送決定!出演キャストに岡本信彦、AnimeJapan2017ステージ登壇決定!

エイベックス・ピクチャーズから西尾維新×中村光が初タッグを組んだ小説「十二大戦」のテレビアニメ化が発表された。放送は2017年を予定。更に出演キャストに岡本信彦が決定し、AnimeJapan2017のステージイベントへの登壇も決定した。

2015年5月19日に集英社にて刊行した小説「十二大戦」は、累計売上部数を8万部を突破し人気拡大中の作品。

小説を担当した西尾維新(『化物語』『掟上今日子の備忘録』『悲鳴伝』『美少年探偵団』)と、イラストレーションを担当した中村光(『荒川アンダー ザ ブリッジ』『聖☆おにいさん』『ブラックナイトパレード』)の初タッグとなるこの作品は、集英社雑誌を縦断して行われた西尾維新×有名漫画家の読み切り企画「大斬-オオギリ-」にて中村光が担当した「どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い」の前日談となる物語を西尾維新が執筆。

本作は、殺し殺される戦士たちの物語。その殺し合いを生き延びた者は、どんな願いでもたったひとつだけ叶えることができる。――戦いの名は「十二大戦」。参加者は『子』『丑』『寅』『卯』『辰』『巳』『午』『未』『申』『酉』『戌』『亥』の十二人、異様なる戦士たち。

最後に生き残る者は誰か?策謀と殺戮の渦巻く戦場で、流れるのは誰の涙か?魂を揺さぶるバトルロイヤルが開戦する。斬新な内容で嵌ったら抜け出せないような唯一無二の世界観が話題となり、男女共に幅広い層から圧倒的な支持を受けている。

十二大戦の十二になぞらえ、本日3月12日(日)昼12時00分にテレビアニメ化を発表。アニメーション制作はグラフィニカが担当。更に公式ティザーサイトを公開し、公式Twitterも開始。

また、十二人の戦士の一人であり「異常に殺す」と銘打たれた憂城(兎)を岡本信彦が演じることも公開し、3月26日(日)13時20分~14時00分に行われるAnimeJapan 2017のエイベックス・ピクチャーズブースでのステージイベントへの登壇も決定した。

更にステージには、浅田貴典(集英社j BOOKS編集長)、松村一人(エイベックス・ピクチャーズ株式会社)も登壇し、テレビアニメ「十二大戦」のティザーPVや、新情報を発表予定となっている。

テレビアニメ「十二大戦」は、今後も多くの情報を随時公開していくので、ぜひ期待して欲しい。


<スタッフ・キャスト>
アニメーション制作:グラフィニカ
憂城(兎)役:岡本信彦


AnimeJapan2017ステージ決定!
日時:
3月26日(日)13:20~14:00
場所:
avexpicturesブース(J79)
登壇:
岡本信彦(憂城(兎)役)
浅田貴典(集英社j BOOKS編集長)
松村一人(エイベックス・ピクチャーズ株式会社)


テレビアニメ「十二大戦」公式サイト
http://12taisen.com/

公式Twitter
https://twitter.com/12taisen

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

ニュース:佐賀県プロデュースアニメーション第2弾完成!佐賀・唐津を舞台に2作品が公開

自県のPRに積極的にアニメをプロデュースして注目を浴びる佐賀県が、その第二弾となる二作品「ただいま 思い出の佐賀」「おかえり 故郷の唐津」をこの度完成させ、この3月12日にYouTubeなどにて公開した。

第一弾の有田町編、武雄市編に続き、新作舞台となったのは佐賀市と唐津市。

「ただいま 思い出の佐賀」は、タイから佐賀市にやってきた留学生・メイが人々との触れ合いを通じて彼女自身の「大切な思い出」にたどり着くというファンタジックな感動ストーリー。

そして、「おかえり 故郷の唐津」は、プロサッカー選手を目指ざしながら挫折した唐津市の男子高校生が悩み苦しみながらも新たな一歩を踏み出す姿が描かれる青春物語だ。

制作は数々のアニメーション作品を手掛けるポニーキャニオンが担当。脚本は佐賀県出身で「ベイブレード・バースト」などで知られる園田英樹が務め、佐賀県人であれば「なるほど」と頷くことができ、県外の人でなら両市の魅力を堪能できる感動ストーリーに仕上げた。

また、唐津編のエンディングテーマは同県出身のシンガー松谷(まつや)さやかが新曲「大切な場所」を書き下ろし、美しいメロディが物語に彩りを添えている。そして、キャストには、山口勝平、野中藍、名塚佳織、三石琴乃といった人気と実力を兼ね備えた声優たちが登場。アニメ・ファンも納得のいく布陣だ。

今回、同アニメはYouTubeにて公開される同時に、「ただいま 思い出の佐賀」が佐賀県立博物館で、「おかえり 故郷の唐津」が九州陶磁文化館でも上映がスタートした。

公開前日の11日には佐賀県立博物館で公開記念イベントも開催され、脚本の園田英樹やキャストの山口勝平、唐津編エンディングテーマを担当した松谷さやからのゲストと共に作品が一足先に披露された。

佐賀県は、アニメーションにいち早く注目し、2016 年に磁器の町・有田町を舞台に「約束の器~有田の初恋」、”住みたい田舎全国3位” にランキングされた武雄市を描いた「冬の誓い、夏の祭り 武雄の大楠」の二つアニメーションをプロデュースしてWEBで公開。遠くは中国からも県庁担当にメールが殺到するなど反響を呼んでいた。

また、ヒットアニメ「ユーリ!!! on ICE」とのコラボイベント「佐賀県×ユーリ!!! サーガ!!! on ICE」なども都内で開催している。


<作品情報>
「おかえり 故郷の唐津」

「ただいま 思い出の佐賀」


「ただいま 思い出の佐賀」
監督:大地丙太郎
脚本:園田英樹
キャラクター・デザイン:山中順子
キャスト:
名塚佳織(主人公・メイ役)
三石琴乃(主人公の母・ジュン役)
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

「おかえり 故郷の唐津」
監督:亀垣一
脚本:園田英樹
キャラクター・デザイン:山中順子
キャスト:
山口勝平(主人公・青井空役)
三石琴乃(主人公の母・青井美代子役)
野中藍(吉岡雨海役)
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント