映像:ROCK MUSICAL「BLEACH~もうひとつの地上~」11月23日発売!ジャケットも公開!

%e3%80%8crock-musical-bleach%e3%80%8d_%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e5%86%99%e7%9c%9f

今年7月から8月にかけて東京・大阪合わせて全23公演が上演され、4年ぶりに満を持して蘇った、「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~。

2.5次元ミュージカル伝説の舞台として、多くのファンの皆様に愛され続け、復活を切望されてきた「ROCK MUSICAL BLEACH」は、キャストを一新し、今、舞台を中心として活躍する若くフレッシュなキャストに、TVや映画などでの活躍も目覚ましい経験豊かなキャストも加わった。その多彩な顔ぶれと、ビジュアルの再現度の高さが話題となり、大盛況のうちに幕を降ろした本作のBlu-ray & DVDがいよいよ11月23日に発売。

今回、Blu-ray & DVDのジャケットビジュアルと収録内容が公開!ビジュアルを活かした豪華な装丁には、ふんだんに盛り込まれた舞台写真と本作の全楽曲の歌詞が掲載された32P特製ブックレットを同梱。

大千秋楽公演の模様を収録した本編ディスクと、稽古場から京都大千秋楽公演まで密着したバックステージ映像、撮りおろし座談会などを収録した内容盛りだくさんの特典映像ディスクのDVD2枚組となる。


「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~
媒体:Blu-ray & DVD
発売日:2016年11月23日(水)
価格:
Blu-ray 8,800円(税別)
DVD 7,800円(税別)
アニメイト限定版
Blu-ray 9,300円(税別)
DVD 8,300円(税別)
発売元:株式会社アニプレックス

仕様:
初回限定仕様
<Blu-ray>DISC2枚組(本編映像BD[約178分]+特典映像DVD[約119分])
<DVD>DISC2枚組(本編映像DVD[約178分]+特典映像DVD[約119分])
収録内容:本編ディスク(BD/DVD) 京都大千秋楽公演の模様を収録!
特典映像ディスク(DVD)
「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~ バックステージ映像/
「RMBLEACH」キャスト座談会 を収録!
特典内容:
<初回限定仕様/アニメイト限定版共通>
・三方背ケース・デジジャケット仕様・32P特製ブックレット
<アニメイト限定版特典>
・アニメイト限定版特典映像DVD(収録内容:「ROCK MUSICAL BLEACH」色紙に想いを込めました![約36分])


<イントロダクション>
累計発行部数8,600万部を超える大人気漫画、「BLEACH」(原作:久保帯人(集英社 ジャンプ コミックス刊))。これまでに、TVアニメ化、アニメ映画化、ゲーム化など様々なメディアミックスを展開しており、日本はもとより海外でも多くのファンを魅了し続けている。今年7月4日に発売されたコミックス73巻にて、今秋発売の74巻を以って完結する事が発表され、愛惜の声が多くのメディアに寄せられた。

<ストーリー>
霊感が強い高校生・黒崎一護。一護は家族を護るため、死神の少女・朽木ルキアからその力を譲渡された。だがルキアは、生きている人間の一護に死神の力を譲渡した罪で、死神の世界・尸魂界(ソウル・ソサエティ)へと連れ戻され、処刑を待つ身となってしまう。

ルキアを必ず助け出すという決意を胸に、一護は尸魂界へと向かう。

決して揺らぐことのない友情、信じていた人達の裏切り…それぞれの想いが錯綜する尸魂界。やがて、暗雲が晴れる時は訪れるのか…?


<キャスト>
高野洸
甲斐千尋
崎山つばさ
遊馬晃祐
健人
平田裕香
橋本真一
馬場良馬
美山加恋
猪野広樹
本田昂也
橋本全一
永田崇人
高橋ユウ
川上将大
塩田康平
松林篤美
倉知あゆか

<スタッフ>
原作:久保帯人「BLEACH」(集英社 ジャンプ コミックス刊)
脚本・演出:堤 泰之
音楽監督・作曲:玉麻尚一
作詞:うえのけいこ
美術:本江義治
照明:倉本泰史
音響:松山典弘/ヨシモトシンヤ
振付:當間里美
殺陣:清水大輔
映像:荒川ヒロキ
衣裳:木村春子
ヘアメイク:馮啓孝/井村祥子
小道具:水野泰彰
歌唱指導:カサノボー晃
制作:S-SIZE
演出助手:井口綾子
舞台監督:堀吉行
宣伝美術:二宮大
宣伝写真:撫井健一
WEB制作:ジーンアンドフレッド
制作統括:ネルケプランニング
協力:
集英社(週刊「少年ジャンプ」編集部)
一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会
主催:
RMBLEACH製作委員会2016
(ネルケプランニング・ぴえろ・集英社・テレビ東京・電通)


公式サイト:
http://www.rmbleach.com/
Twitter:
https://twitter.com/RM_BLEACH2016


(C)久保帯人/集英社・RMBLEACH製作委員会2016

公式レポート:舞台「おそ松さん on STAGE」いよいよ本日、東京公演開幕!合同取材にて主演キャスト12名が意気込みを語る!

1610131

本日、 10月13日(木)TVアニメ「おそ松さん」初となる舞台『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~』の合同取材とゲネプロが東京公演の舞台である、Zeppブルーシアター六本木にて行われました。主演を務める6つ子役の6名と、6つ子のイケメンver.であるF6役の6名、計12人が舞台の意気込みを語りました。

挨拶はおそ松役の高崎さんより「大阪での公演を終えて、東京でさらに盛り上がるように頑張ります」と長男らしいコメントからスタート。「アニメにはない、舞台ならではのテンポを楽しんでほしい」(チョロ松役の植田さん)、「大阪公演を経て、益々期待が高まっていると思うので、さらに皆さんを驚かせたいと思います。」(一松役の北村さん)などそれぞれが作品をアピール。また、十四松役の小澤さんは、演じるキャラクターが口を開けていることが多いことから、「演じていると頬が痛くなってしまうのですが、ファンの方にも頬が痛くなるくらい大笑いしてもらえるよう、楽しい舞台にしたいと思います。」となんとも十四松らしいコメントをしていました。

また、F6の一松役を演じる安里さんからは「6つ子に負けないよう、僕らF6も頑張ります!」と熱いコメント。続いてF6の十四松役の和合さんは「たくさんのお姫様に喜んで頂けるよう頑張ります」とまさに王子様な一言。F6 ver.は常にイケメンでキラキラしている役ということもあり、F6役の中で一番イケメンなのは誰?という質問が出ると、満場一致で内面も外見もパーフェクトと絶賛されたF6おそ松役の井澤さんという結果に。逆にいつもモテることに必死な6つ子ですが、彼らを演じる6人の中でモテそうな人は?という質問には、自分こそ、一番モテると豪語する高崎さん以外が、全員チョロ松役の植田さんに票が集まった結果となりました。

今回が初舞台となったトド松役の赤澤さんは、「インパクトのある6人の中でどう個性を出していくかが難しかった」とコメントするも「この舞台でみんな成長しました!」という口振りに兄たちから「さすがトッティ!上から目線だな!(笑)」とツッコまれるなど、 6つ子の息がぴったりなやりとりで会場も沸いていました。また、「演じているキャラクターに一番近い人物は?」という質問には、普段でもナルシストと評判のカラ松役の柏木さんが満場一致で指を指され会場は爆笑。始終賑やかな雰囲気の中、取材が行われました。

本作は、ショートコント風にいくつものストーリーが重なりながら、6つ子の1日が描かれます。もちろん6つ子以外にも、イヤミ、トト子、チビ太、ハタ坊、さらにはF6も出演。松野家のお茶の間のシーンでは、まるで本当の兄弟なのではと思うほど、息ぴったりの6つ子が、登場し、冒頭から、「おそ松さん」の世界に引き込まれます。6つ子と対照的に、F6の登場シーンは、舞台を華やかに彩ります。さらに、イヤミとチビ太が悪事をたくらむお馴染のシーンや、トト子のアイドルデビューを6つ子が応援するシーンなど「おそ松さん」ファンにも堪らないシーンが盛りだくさん。TVアニメに負けず劣らず、テンポの良いやりとりで客席の笑いを誘います。

また、舞台ならではの見どころは、歌やダンスパフォーマンス。6つ子はおそ松さんらしい、可愛いダンス・パフォーマンスで、F6は激しくもキレの良い、本格的なダンスで会場を盛り上げます。パフォーマンス中には、会場内でペンライトが振られるなどライブ会場のような雰囲気で楽しんで頂くことが出来る舞台となっております。

そしてこの度、舞台の好評をうけて感想キャンペーンが行われることが決定いたしました。本日より「おそ松さん on STAGE」の公式サイトにて、皆さまから寄せられた舞台観劇の感想コメントを見る事が出来ます。
http://osomatsusan-stage.com/review/

東京公演の初日を迎え、ますます盛り上がりをみせる「おそ松さん on STAGE」に要注目です。

1610133 1610132


<Voice Mediaコメント>
舞台「おそ松さん」については、これから観られる方もいるので内容には触れませんが、アニメ「おそ松さん」から入った人も、漫画「おそ松くん」の世代の方も、今回の舞台は赤塚不二夫先生の世界観が色濃く出ていて、とても面白い舞台だったと思います。ライブビューイングも現在発売中なので、迷っている方は売り切れる前に、早めに決められた方が良いと思う作品でした。


<舞台概要>
タイトル 「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」
演出:小野真一
脚本:伊勢直弘、鹿目由紀、小峯裕之
音楽:橋本由香利
劇中歌プロデュース:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
出演:
おそ松/高崎翔太
カラ松/柏木佑介
チョロ松/植田圭輔
一松/北村諒
十四松/小澤廉
トド松/赤澤遼太郎
おそ松(F6)/井澤勇貴
カラ松(F6)/和田雅成
チョロ松(F6)/小野健斗
一松(F6)/安里勇哉
十四松(F6)/和合真一
トド松(F6)/中山優貴
トト子/酒井蘭
イヤミ/村田充
チビ太/Kimeru
ハタ坊/原勇弥
主催:「おそ松さん」on STAGE製作委員会2016
公演:
東京公演・2016年10月13日(木)~10月23日(日)Zeppブルーシアター六本木
ライブビューイング 千秋楽・ 10月23日(木)17時開演(予定) 全国の映画館にて


タイトル:「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」
メディア:DVD
発売日:2017年2月10日
価格:7,800円(税抜)


オフィシャルHP
http://osomatsusan-stage.com/
Twitter
https://twitter.com/osomatsu_stage

(C) 赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2016

舞台:ミュージカル「Dance with Devils~D.C.(ダ・カーポ)~」追加キャストに法月康平、山田ジェームス武、田中涼星に決定!エンディングは公演ごとに異なる2種類のエンディングに!

舞台メインビジュアル

TVアニメ「Dance with Devils」(通称:ダンデビ) 2度目の舞台化となるミュージカル「Dance with Devils~D.C.(ダ・カーポ)~」(通称:デビミュ)の追加出演キャスト、チケット最速先行の詳細、そして、エンディングが公演ごとに異なるマルチエンディング形式であることが決定。

ミュージカル「Dance with Devils~D.C.(ダ・カーポ)~」は、TVアニメ「Dance with Devils」(2015年10~12月放送)を原作としたミュージカル。

TVアニメは、“ミュージカルアニメ”と銘打ち、キャラクターたちが作中で想いを伝えるために“歌を歌う”という、これまでにない斬新な演出方法が取り入れられ、注目を集めた。

2016年3月、舞台化第1弾となるミュージカル「Dance with Devils」が上演され、千秋楽は満員の観客のスタンディングオベーションで感動的に幕を閉じた。本公演はその第2弾となる。

今回3人のキャストが追加で発表となり、前回のステージから続投となるノエル役・法月康平に加え、ホランド役として、『舞台「黒子のバスケ」THE ENCOUNTER』で高尾和成を務めた山田ジェームズ武、そしてジェキ役として、『ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン』で乾貞治役を務めた田中涼星がデビミュカンパニーに新たに参加。

前回のステージでは、ミュージカルオリジナルキャラクターとして登場し、観客に強烈な印象を残したノエル、ホランド。そして、アニメでも主人公・立華リツカの前に、美しく妖しい姿で立ちはだかったヴァンパイアのジェキ。新たなデビミュのステージでも観客を魅了すること間違いない。

さらに、エンディングは、公演ごとに異なる2種類のエンディングになることが決定。「Ending A―Dear My Devil Rem」「Ending B―Dear My Exorcist Lindo」の二種類となる。

第1回公演同様、主人公・リツカがレムを選ぶエンディングと、今回の公演オリジナルのリンドを選ぶエンディングとなる。主人公・リツカがどのような物語を経て、どのような選択をするのか。新たなデビミュの物語に期待して欲しい。

チケットの最速公式サイト先行を9月5日11:00よりチケットぴあにて、開始。

8月31日「Dance with Devils ユニットシングル1 鉤貫レム vs 楚神ウリエ」の発売も迫り、まだまだ勢いの止まらないダンデビに、引き続き要注目だ。


<ミュージカル「Dance with Devils~D.C.(ダ・カーポ)~」公演概要>
期間:2016年12月21日(水)~12月27日(火)
劇場:AiiA 2.5 Theater Tokyo
原案:岩崎大介(Rejet)
原作:グリモワール編纂室
演出:三浦香
音楽:Elements Garden
音楽プロデューサー:藤田淳平
出演:
鉤貫レム:神永圭佑
立華リンド:萩尾圭志
楚神ウリエ:神里優希
南那城メィジ:吉岡佑
棗坂シキ :安川純平
ローエン:内藤大希
ノエル:法月康平

法月康平s
ホランド:山田ジェームス武

山田ジェームス武s

ジェキ役:田中涼星

田中涼星2-2s

主催:エイベックス・ピクチャーズ、ネルケプランニング

<公演スケジュール>
2016年12月
21日(水)☆19:00
22日(木)★19:00
23日(金・祝)☆13:00/☆18:00
24日(土)★13:00/★18:00
25日(日)☆13:00
26日(月)★19:00
27日(火)☆12:00/★17:00
★:Ending A―Dear My Devil Rem
☆:Ending B―Dear My Exorcist Lindo

<チケット>
・プレミアム席 10,000円 (税込/全席指定)
※特典付き・前方エリアシート
・一般席 6,800円(税込/全席指定)

<最速公式サイト先行>
チケットぴあ
受付URL:
http://w.pia.jp/s/dwdm-ss/
期間:9月5日(月)11:00~9月11日(日)23:59

<STORY>
どこか懐かしい姿をした町・四皇町にある名門 四皇學園。その學園の生徒会を担うのは、他生徒たちから絶大な人気を誇る、鉤貫レム、楚神ウリエ、南那城メィジ、棗坂シキ。

そんな彼等の正体は、魔界からやってきたアクマであった。人間界にやってきた本当の目的『禁断のグリモワール』を巡ってそれぞれの思惑が動く中、 ある日、彼等はその手がかりとなる女子高生・立華リツカと出会う。

平凡にヒトとして生きるリツカの前に突如、現れたアクマたち。そして彼女に近づくレムたちを阻止すべく現れたエクソシスト、リツカの兄・立華リンド。

しかし、彼等の知らないところで、運命は狂い始めていた。まだ見ぬ“誰か”の手によって……。

個性溢れる彼等が言葉巧みに惑わそうとするリツカは、もしかするとあなた自身――?

ヒトか、アクマか?

逃れられない運命と揺れ動く感情に乗せて壮大な音楽と共に織りなす物語は新たな結末を迎える。どの運命を選択するかはあなた次第。


・アニメ「Dance with Devils」
公式サイト:
http://dwd-anime.com/
公式Twitter:
https://twitter.com/DwD_info

・ミュージカル「Dance with Devils」
公式サイト:
http://dwd-stage.com/
公式Twitter:
https://twitter.com/dwd_stage
©グリモワール編纂室/デビミュ製作委員会
©グリモワール編纂室/Dance with Devils製作委員会