雑誌:月刊少年シリウスに人気声優小野大輔・近藤孝行原作の漫画が掲載!スペシャルインタビューも掲載!

『ナヴァグラハ -DefenD 9 Triggers-』原作を担当した声優・小野大輔さん、近藤孝行さんへの独占インタビュー記事&イベントレポートが、「月刊少年シリウス」5月号(3月26日発売)に掲載される。さらに、講談社コミックポータルサイト「コミックプラス」ではアナザーインタビューを公開中。どちらもファン必見の内容となっている!
main
『ナヴァグラハ -DefenD 9 Triggers-』原作をつとめる、声優の小野大輔さん(左)、近藤孝行さん(右)
『ナヴァグラハ -DefenD 9 Triggers-』(作画:塩沢天人志、 脚本:小林裕和、原作:小野大輔・近藤孝行)は、声優の小野大輔さんと近藤孝行さんが原作に初挑戦した、「《声優》×《仏像》×《バディアクション》」がテーマのマンガ作品。「月刊少年シリウス」(以下、「シリウス」)2015年10月号より連載が開始され、今年2月に発売されたコミックス第1巻は、発売前に重版決定という異例の事態。小野大輔さんと近藤孝行さん自らが演じるドラマCD化が発表されるなど、今後の展開にも注目の作品となる。
sub1
『ナヴァグラハ -DefenD 9 Triggers-』 第1巻表紙
「シリウス」5月号では、豪華カラー4ページに渡り、コミックス発売記念サイン会&トークショーの模様と、小野大輔さん&近藤孝行さんへのインタビューをお届け。イベントを終えた直後の感想や、お二人のプライベートやディープな仏像トークなど、ここでしか見られない内容が満載。
「コミックプラス」では、小野大輔さん&近藤孝行さんファン必見!「シリウス」5月号のインタビューとリンクしつつ、別視点でのアナザーインタビューを掲載。お二人の関係性がキャラクターに反映されている部分や、原作者ならではの視点で今後の見どころなどを語って頂きました。大盛況のうちに終了したイベント当日のレポートと併せてお届け。
■「月刊少年シリウス」公式サイトはこちら
http://shonen-sirius.com/
■コミックプラスでのレポート&インタビュー記事はこちら(無料)
http://news.kodansha.co.jp/20160325_c01
 二人が原作者としての熱い思いを語ったインタビュー、どちらも是非お見逃しなく!
 sub2
「シリウス」5月号表紙画像
<月刊少年シリウス5月号商品情報>
月号:月刊少年シリウス5月号
発売日:3月26日(土)
発行元:株式会社講談社
新連載:『ガタガール』(小原ヨシツグ)
表紙&巻頭カラー:『進撃の巨人 Before the fall』(原作:諫山創、小説版原作:涼風涼、漫画:士貴智志、小説版キャラクター原案:THORES柴本)
付録1:『まがつき』(田口ホシノ)クリアファイル
付録2:『夜桜四重奏』(ヤスダスズヒト) 着せ替えカバー
■「月刊少年シリウス」公式サイト http://shonen-sirius.com/
■『ナヴァグラハ -DefenD 9 Triggers-』作品ページ http://shonen-sirius.com/sr/navagraha/
■講談社「コミックプラス」 http://kc.kodansha.co.jp/

イベント:第二回アニラジアワード決まる!大賞はDGS!女性向け番組の支持が強い傾向か?

2016年3月27日にAnimeJapan 2016で行われた「第二回アニラジアワード」、ノミネートされていた番組が発表されていましたが、本日いよいよ各部門の賞が発表されました。投票された方は、自分の投票したとおりでしたでしょうか?それとも予想外だったでしょうか?各賞ともに重複した受賞が無く、均衡が取れていますが、次が行われた時はこの受賞番組の顔ぶれは大幅に変わるか?次回を楽しみにしておきたいと思います。

◆RADIO OF THE YEAR 最優秀ラジオ大賞
神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~(文化放送/超!A&G+)

◆BEST MALE RADIO 最優秀男性ラジオ賞
新人:ワンパンマン 正義執行!マジラジオ!(響-HIBIKI RADIO STATION-)
一般:神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~(文化放送/超!A&G+)

◆BEST FEMALE RADIO 最優秀女性ラジオ賞
新人:石上静香と東山奈央の英雄譚RADIO(インターネットラジオステーション<音泉>、アニメイトTV)
一般:洲崎西(文化放送/超!A&G+)

◆BEST FUNNY RADIO 大笑いラジオ賞
新人:シェーWAVE おそ松ステーション(アニメイトTV)
一般:えとたまらじお~ソルラルくれにゃ!~(インターネットラジオステーション<音泉>、響-HIBIKI RADIO STATION-)

◆BEST BENEFIT RADIO ためになるラジオ賞
新人:浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド(文化放送/超!A&G+)
一般:アザゼルさん。G(アニメイトTV)

◆BEST COMFORT RADIO 癒しラジオ賞
新人:のんのんびよりうぇぶらじお のんのんだより りぴーと!なのん(インターネットラジオステーション<音泉>)
一般:ラジオ七つの大罪 <豚の帽子>亭ホークトーク(響-HIBIKI RADIO STATION-)

◆BEST CREATIVE RADIO 企画ラジオ賞
新人:ユニゾン!(文化放送/超!A&G+)
一般:ゆりゆららららゆるゆり放送室(インターネットラジオステーション<音泉>、響-HIBIKI RADIO STATION-、ラジオ大阪)

◆BEST SEXY RADIO えっちなラジオ賞
新人:下ネタという概念が存在しない退屈なラジオ(アニメイトTV)
一般:夜中メイクが気になったから(響-HIBIKI RADIO STATION-、文化放送/超!A&G+、ラジオ大阪)

レポート:AnimeJapan 2016「七つの大罪」完全新作エピソードで8月より4週連続放送決定!&アルスラーン戦記7月に新シナリオ放送決定!

sub1

2016年3月27日、AnimeJapan 2016のRED STAGEで「七つの大罪」のイベントが行われました。登壇したキャストは、メリオダス:梶裕貴、エリザベス:雨宮 天、ホーク:久野美咲、ディアンヌ:悠木碧、バン:鈴木達央、キング:福山 潤、ゴウセル:高木裕平、ギルサンダー:宮野真守の8人が登壇し、舞浜アンフィシアターで行われたイベント以来の顔ぶれとなった。

全員が登壇したところで、早速新情報として、「七つの大罪」TVアニメスペシャル、2016年8月、4週連続で放送が決定した!タイトルは「七つの大罪 聖戦の予兆」となった。本作は原作者の鈴木央先生の描き下ろしであり、完全オリジナル作品で、主要キャストは全員登場する予定であり、今回登壇したキャスト陣も出演予定となる。

発表終了後、宮野と福山が急に「8月は七つの大罪だが、7月や9月はどうなのか?」と言う漫才(!?)を始めた所で、スペシャルゲストとして、アルスラーン戦記から浪川大輔、花江夏樹が登場し、サプライズゲストの登場に会場が更に盛り上がった。

アルスラーン戦記にも出演している梶もメンバーに加わり、2016年7月に新シナリオの発表がされた。こちらについては、追って告知させて頂きます。

浪川と花江が発表が終わり、舞台を去ろうとすると、本日3月27日は悠木碧の誕生日と言う事で、サプライズバースデーが会場で行われた。これには悠木も感極まっていたことと、また同じような形でイベントで祝って貰いたいという事を話していた。

最後に、キャスト一同から「七つの大罪」についてのコメントと挨拶が述べられ、非常に団結感のある作品で良い物が見られるのではないかという期待が膨らむ内容だった。

<作品概要>
タイトル:七つの大罪 聖戦の予兆(しるし)
放送 : 2016年8月より、 MBS/TBS系全国28局ネットにて、 4週連続放送
第1期再放送:TOKYO MXにて4/6より毎週水曜 18:30~19:00

<スタッフ>原作:鈴木 央(講談社「週刊少年マガジン」連載、監督:ところともかず、シリーズ構成:綾奈ゆにこ、脚本:綾奈ゆにこ・木戸 雄一郎、キャラクターデザイン:佐々木啓悟、総作画監督:須藤智子、音楽:澤野弘之・和田貴史、音響監督:若林和弘、 制作:A-1 Pictures
<キャスト>メリオダス:梶裕貴、エリザベス:雨宮天、ホーク:久野美咲、ディアンヌ:悠木碧、バン:鈴木達央、キング:福山潤、ゴウセル:高木裕平、マーリン:坂本真綾、ギルサンダー:宮野真守、ハウザー:木村良平、グリアモール:櫻井孝宏 ほか

<ストーリー>
いまだ人と、 人ならざるものの世界が、 分かれてはいなかった時代。ヘンドリクセンとドレファスの二大聖騎士長の支配から王国を奪還した<七つの大罪>とエリザベス、 ホーク。王国誕生祭も無事に終わり、 リオネス王国にようやく平和が訪れた。だが、 次なる脅威の予兆は、 確実に生まれつつあった――。そんな気配を感じてか感じていないのか、<七つの大罪>たちはようやく訪れた日常を満喫していた。 しかし、 彼らの日常が普通で済むはずはなく…。これは、 <七つの大罪>が次なる戦いに向かうまでの、 つかの間の日々を描いたスペシャルな物語である!

七つの大罪 公式ホームページ http://www.7-taizai.net/
七つの大罪 公式ツイッター @7_taizai

(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪」TVSP製作委員会・MBS