音楽:沼倉愛美・6月14日発売1stアルバム『My LIVE』 タイトルトラック「My LIVE」MV&ジャケット写真公開!

6月14日に1stアルバム『My LIVE』をリリースする沼倉愛美のアルバムのタイトルトラック「My LIVE」のMusic Videoが公開された。併せて、ジャケット写真も公開された。

「My LIVE」のMusic Videoはバンドシーンとアイドル然とした佇まいを見せながらもその裏にある狂気を表現した対照的な映像で構成された見る者を引き付ける内容のMVとなっている。次第に明らかになってくるアルバムの全貌にファンならずとも期待が高まる。

「My LIVE」Music Video:


沼倉愛美1stアルバム『My LIVE』
2017年6月14日(水)発売
Blu-ray付き限定盤とフォトブック付き限定盤と通常盤の3形態で発売!
価格:


【初回限定盤A】CD+Blu-ray VTZL-129 3,800円+税

【初回限定盤B】CD+フォトブック VTZL-130 3,500円+税

【通常盤】CD VTCL-60452 3,000円+税

<収録曲>
1.叫べ
作詞:沼倉愛美
作曲/編曲:WEST GROUND
2.Climber’s High!
作詞:瀬尾公治
作曲:WEST GROUND
編曲:SHO from MY FIRST STORY
3.Good Day
作詞:篠崎あやと
作曲/編曲:篠崎あやと
4.Smiling&Smiling
作詞:堂野晶敬
作曲:堂野晶敬
編曲:大谷崇介
5.Spiral Flow
作詞:AJURIKA
作曲/編曲:AJURIKA
6.Anti-Gravity
作詞:RYLL
作曲/編曲:RYLL
7.Shining Days
作詞:baker
作曲/編曲:baker
8.ハレルヤDrive!
作詞:加賀山長志
作曲:加賀山長志
編曲:WEST GROUND
9.Hello,Ms.myself
作詞:重永亮介
作曲:重永亮介
編曲:WEST GROUND
10.屋根上の朱い花
作詞:堂野晶敬
作曲:堂野晶敬
編曲:有木竜郎
11.暁
作詞:沼倉愛美
作曲:WEST GROUND
編曲:伊賀拓郎
12.My LIVE
作詞:沼倉愛美
作曲:重永亮介
編曲:WEST GROUND

初回限定盤A収録内容:
「叫べ」
「Climber’s High!」
「My LIVE」
のMusic Videoとメイキング映像を収録。


<アルバム発売記念フリーライブ&お渡し会開催!>
2017年6月17日(土) 14時 大阪・あべのキューズモール
2017年6月18日(日) 14時 名古屋・アスナル金山
2017年6月25日(日) 14時 神奈川・ラゾーナ川崎プラザ

内容:
フリーライブ&お渡し会
※3会場とも参加方法の詳細は後日フライングドッグHPにてご案内します。


<チェーン別特典>
ビクターエンタテインメントオンラインショップ:複製サイン&コメント入りブロマイド(オリジナル)
アニメイト:A4クリアファイル(オリジナル)
ゲーマーズ:複製サイン入り缶バッチ+複製サイン&コメント入りアナザージャケット
タワーレコード:複製サイン&コメント入りブロマイド(オリジナル)
TSUTAYA RECORDS(※一部店舗除く)/TSUTAYAオンライン:複製サイン&コメント入りブロマイド(オリジナル)
HMV全国各店/ローチケHMV:複製サイン&コメント入りブロマイド(オリジナル)
アニメガ/文教堂:B3ポスター
ネオウィング:複製サイン&コメント入り2Lサイズポートレイト
ソフマップ:複製サイン&コメント入りブロマイド(オリジナル)
とらのあな:A4クリアファイル(オリジナル)
玉光堂・バンダレコード:複製サイン&コメント入りブロマイド(2Lサイズ/オリジナル)
メロンブックス:アーティストカード(ポストカードサイズ)
※アルバム「My LIVE」初回限定盤または通常盤を上記各チェーンでお求めの方に先着で上記のオリジナル特典を差し上げます。一部取扱いのない店舗もありますので、ご予約の際は各店舗にご確認ください。


<沼倉愛美 1st LIVE TOUR 「My LIVE」>
・2017年8月12日(土)
大阪・Zepp Osaka Bayside Open/17:00 Start/18:00
前売:8,000円(税込・Drink代500円別・1F Standing / 2F指定席とも)
・2017年8月14日(月)
名古屋・ダイアモンドホール Open/18:00 Start/19:00
前売:8,000円(税込・Drink代500円別・All Standing)
・2017年8月20日(日)
東京・Zepp Tokyo Open/17:00 Start/18:00
前売:8,000円(税込・Drink代500円別・1F Standing / 2F指定席とも)


<沼倉愛美・オフィシャルモバイルファンクラブ「AREA NU」>
本人ブログや動画コンテンツ、本人に質問ができるQ&A等々、本サイトだけのオリジナルコンテンツや会員様限定のライブチケット先行発売も随時実施!沼倉愛美を一番身近に感じることのできるファンクラブサイトです。
開設日:2017年4月17日(月)10時~
サービス概要:
URL:
http://sp.arena.emtg.jp/numakuramanami/
(スマートフォンのみ)
会費:[スマートフォン] 月額400円+税
※docomo、au、Softbank、クレジットカード決済に対応
対応OS・ブラウザ:iOS:6.0以上、Safariの最新版
Android:4.0以上、AndroidブラウザまたはChromeの最新版
※タブレット端末、ガラホ(テンキーの付いたスマートフォン)、らくらくスマートフォンは非対応


沼倉愛美公式ホームページ:
http://numakuramanami.com

公式Twitter
https://twitter.com/numakura_manami

LINE公式アカウントサーチID @numakuramanami
(友だち追加 https://line.me/ti/p/%40numakuramanami )

LINE BLOG:
http://lineblog.me/numakuramanami/

公式レポート:西沢幸奏・2017.4.30(Sun)1stLIVE“Break Your Fate” オフィシャルライブレポート到着!!

4月30日、赤坂BLITZにて西沢幸奏の1stワンマンライブ“Break Your Fate”が開催。初のワンマンとは思えない堂々たる歌声で観客を引っ張りつつも、“一緒に楽しむ”ことを根底に置いたライブを作り上げてくれた。

開演時間を迎えると、不意に場内が暗転。場内にサイレンの音が鳴り響き、赤のサーチライトが場内を照らしていく。そこに西沢が登場するとその光に徐々に白が混ざっていき、「Break your fate」から彼女初のワンマンライブが幕を開ける。頭サビの歌い出しと同時に場内は明転。西沢はギターをかき鳴らしながら雄々しいロッカーそのもののステージングを展開し、大サビ前のブレイクでの「いくよ」のひと言で、一気にファンを自分のフィールドへと連れて行く。

そのまま「出し惜しみとか嫌いなんで、最初からぶっ飛ばしてっちゃっていいですか!?」と問いかけると、歓声に包まれながら「Shark」に突入。吹き上がる炎をバックにしてさらに会場の熱量を高めると、「Gemini」ではその歌声に荒々しさがさらに増す。お立ち台に片足をかけてさらにフロアを煽る西沢の表情からは、すでに初のワンマンを心から楽しんでいることがうかがえた。

バンドメンバーの紹介に続けて、今度は「Goodbye Graffiti」へ。西沢の突き抜けていくような歌声が力強くも爽やかにステージを彩ると、「Meaning」では1曲の中で多彩な表情を見せていく。

曲明けのMCで「皆さんに会うたびに、ステージに立つ前の『怖い』が吹っ飛んじゃう」とこぼした西沢は、その感謝の気持ちを込めて、元気に「Just One」を披露。アップテンポながらもさらに爽快感の強まった楽曲に合わせて、晴れやかな表情とともにしっかりと歌のアプローチも変えてくる。さらに「Cross」「Light and Shadow」と、2曲続けてミドルテンポ曲へ。ともにまっすぐフロアを見据え、メッセージを届けていく西沢。次第に「聴かせる曲ゾーン」への空気が醸成されていく。

3曲続けて歌いきった西沢は、1stアルバムの曲順を「ライブのセットリストのように」と自ら決めた、と語る。その中で置き所に苦戦したと語った曲が、続く「ピアチェーレ」だ。しかしその曲は同時に、「歌に感情を乗せることを教えてくれた」と自身でも述懐する大切な曲でもある。その曲での彼女の歌声はここまでとはまったく異なるたおやかなもので、表情にも多幸感が浮かぶ。そのままバラードゾーンは続き、彼女が初めて作詞・作曲両方に挑戦した「約束だよ」へ。この曲ではサビには若干力強さが戻ったものの、全体的には温かさを前面に出した歌声に。

ここでデビューから経験した様々な“初めて”を振り返っていく西沢。そのひとつとして挙げた「劇場版 艦これ」の主題歌である「帰還」が、次のナンバー。3曲続けてのバラードだが、この曲の歌声も前2曲とは似て非なるもの。楽曲の世界感を最大限に引き出すスケール感の大きな歌声で、繊細な落ちサビから壮大な大サビへと滑らかにクレッシェンドするさまが、彼女の2年間積み上げてきた経験と技術を物語っているかのようだった。

後奏中に一旦降壇した西沢は、衣装を替えて再登場。「しっとりした曲全部歌ったとこで着替えてきたっていうのはどういうことか、わかるよね!?」とフロアに呼びかけて再び場内を高め始めると、「吹雪」で一気にギアチェンジ。しかも、彼女自身のギターの音色が乗ってロック色の濃くなった“今の「吹雪」”で。そのラストでの大合唱を確認した西沢は「声出しバッチリだね?」と、続く「Reason To Scream」の冒頭からシャウトでさらに盛り上げ、再びその声には雄々しさを宿していく。そしてそのまま「Brilliant Star」へと突入。この曲では強さと爽やかさに加えて落ちサビの歌声の入りには艶っぽさまで漂い、ライブ終盤にしてその七変化ぶりに改めてやられてしまった。

そう、ライブもいよいよ終盤。「Brand-new World」のイントロでは再び炎が上がり、彼女とフロアのファンの心にも火をつける。だが、まだ満足しきっていない西沢は、さらに「かかってこいよ」とフロアを挑発すると、「The Asterisk War」ではその歌声で思いっきり攻めてくる。そんな彼女に対し、フロアは楽曲に合わせて縦ノリで楽しみつつ、サビの最初と最後では大きなコールを上げる。それを感じた西沢は、ラストにそれを讃えるような笑みも浮かべていた。

そんな気持ちをぶつけ合ったライブも、次の曲がラスト。西沢からは観客へ直接「今日、本当はすごく怖かったけど、皆さんの顔を見たら全然大丈夫だった! 皆さんのおかげです。ありがとう!」と礼が告げられ、「ずっと一緒に進んでいこうという気持ちを最後に共有したい」との言葉に続けて、ラストナンバー「Feel This Morment」へ。最後に曲名通り、この瞬間の景色を目に焼き付けながら、力いっぱいだけど機微にもあふれた歌声を響かせていく。そしてコール部をファンとともに大合唱して“一緒に”1曲を作り上げたところで、西沢はステージを降りる。

すかさず「しーえーな!」とのアンコールの声が上がり、それに応えて西沢が再登場。その声に「いいもんだなぁ、アンコールって」と、うれしそうな様子を見せる。

そんな彼女から、今度はファンへうれしいお知らせ。なんとこの夏、彼女が目標にしていた全国ツアーの開催が決定! “会う”をテーマに、全国12ヶ所津々浦々をめぐっていくとのことだ。

そんなツアーでの再会を祈りつつ、「最後もみんなで一緒になって終わりたい!」と、再度「Break your fate」を歌唱。西沢もフロアも、最後の最後まで手を緩めない。そんな光景に西沢は再び満足気な表情を見せると、ラストで「絶対また会いましょう!」とファンと約束を交わして曲を閉じ、ステージを降りていった。

初のワンマンライブは、時間にして2時間弱。しかしそれを物足りなく感じさせない濃さとタフなステージ、そして実時間以上に短いものに感じさせる楽しさとが、確かに同居していた。しかしこれは、まだ“1st”。全国ツアーを経て、彼女の歌声やパフォーマンスはさらに磨かれていくはずだ。シンガーとして成長し続ける彼女の姿に、期待があふれて止まらない!

Text by 須永兼次


西沢幸奏 1st LIVE “Break Your Fate”
2017.04.30@赤坂BLITZ
【SET LIST】
1. Break your fate (アラド戦記 楽曲タイアップ)
2. Shark
3. Gemini
4. Just One
5. Cross (PlayStation(R)Vita「BAD APPLE WARS」EDテーマ)
6. Light and Shadow
7. Goodbye Graffiti
8. Meaning
9. ピアチェーレ(「ARIA The AVVENIRE」主題歌)
10. 約束だよ(comico春の音楽祭2016「箱庭パレード」イメージソング)
11. 帰還(劇場版「艦これ」主題歌)
12. 吹雪(TVアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」EDテーマ)
13. Reason To Scream
14. Brilliant Star(PlayStation®Vita用ソフト「学戦都市アスタリスクフェスタ 鳳華絢爛」主題歌)
15. Brand-new World(TVアニメ「学戦都市アスタリスク」OPテーマ)
16. The Asterisk War(TVアニメ「学戦都市アスタリスク」新OPテーマ)
17. Feel This Morment
En. Break your fate (アラド戦記 楽曲タイアップ)


初となる全国ツアー!!
SHIENA NISHIZAWA LIVE TOUR “Break Your Fate”
★全国12ヶ所で開催!全公演17:30開場、18:00開演予定!!
≪公演スケジュール≫
7月8日(土)福岡県 DRUM SON
7月9日(日)熊本県 熊本 B.9 V2
7月15日(土)北海道 COLONY
7月16日(日)兵庫県 神戸 VARIT.
7月17日(月・祝)大阪府 阿倍野 ROCKTOWN
7月29日(土)愛知県 RAD SEVEN
7月30日(日)岐阜県 CASPER
8月5日(土)岩手県 Club Change
8月6日(日)宮城県 space Zero
8月11日(金・祝)広島県 広島 Cave-Be
8月12日(土)愛媛県 松山 サロンキティ
8月13日(日)岡山県 CRAZY MAMA 2nd Room
チケット料金:オールスタンディング 3,000円(税込・ドリンク代別)
※未就学児入場不可

西沢幸奏オフィシャルモバイルファンクラブ「Face to Face」メンバー限定で
最速チケット先行予約の受付をスタート!
受付日程 5月1日(月) 10:00〜14日(日) 23:00まで
https://shiena-nishizawa.jp/


≪ファンクラブ情報≫
西沢幸奏オフィシャルモバイルFC「Face to Face」オープン!
最新情報はもちろん、ライブ・イベントの先行予約や、オリジナルカレンダー、バースデーメール、コメント動画の配信の他にあなたの質問に西沢幸奏が答える「Q&A」コーナーなど、スペシャルなコンテンツが満載!「Face to Face」メンバーになって、もっと近くで「西沢幸奏」を感じて下さい!

ニュース:TVアニメ「家庭教師ヒットマンREBORN!」主題歌コンピCDがアニメ放送開始から10周年を記念して発売決定!!

4月から6月にかけて全3巻でBlu-ray BOXが発売され、5月からコラボイベントが続々と開催されるなど、TVアニメ放送開始から10年を経てのアニバーサリーイヤーにふさわしい賑やかな企画が次々と発表される「家庭教師ヒットマンREBORN!」。このほど、番組を彩った主題歌を集めたCDアルバムが7月19日に発売されることが決定した。

「家庭教師ヒットマンREBORN! アニメ主題歌&キャラクター主題歌カバー集」とタイトルされたこのアルバムは、2006年から2010年にかけてテレビ東京系にて放送されたTVアニメのオープニング主題歌全8曲とエンディング主題歌全16曲を2枚組CDとして収録したもの。

さらに当時発売されたキャラクターソングアルバムやCD-BOXに収録されていた、劇中キャラクターが歌唱する主題歌カバー曲7曲も収録される。


タイトル:「家庭教師ヒットマンREBORN! アニメ主題歌&キャラクター主題歌カバー集」
発売日:2017年7月19日
仕様:CD2枚組 全31曲収録
価格:2,800円(本体)+税
品番:PCCK-20167
発売:ポニーキャニオン

・収録予定楽曲
Disc 1
01 Drawing days(SPLAY)
02 道標(橘 慶太)
03 ONE NIGHT STAR(the ARROWS)
04 BOYS & GIRLS(LM.C)
05 Echo again(SPLAY)
06 friend(アイドリング!!!)
07 DIVE TO WORLD(CHERRYBLOSSOM)
08 Sakura addiction(雲雀恭弥 vs 六道 骸)
09 STAND UP!(Lead)
10 88(LM.C)
11 アメあと(w-inds.)
12 CYCLE(CHERRYBLOSSOM)
13 last cross(光岡昌美)
14 すべり台(森 翼)
15 桜ロック(CHERRYBLOSSOM)

Disc 2
01 EASY GO(加藤和樹)
02 Smile for…(上戸 彩)
03 青い夢(森 翼)
04 Funny Sunny Day(SxOxU)
05 夢のマニュアル(CHERRYBLOSSOM)
06 gr8 story(SuG)
07 LISTEN TO THE STEREO!!(GOING UNDER GROUND)
08 ファミリア(D-51)
09 キャンパス(+Plus)
10 ONE NIGHT STAR(雲雀恭弥 & 六道 骸)
11 friend(笹川京子 vs 三浦ハル)
12 Funny Sunny Day(S・スクアーロ & ベルフェゴール & ルッスーリア)
13 夢のマニュアル(笹川京子 & 三浦ハル & ランボ & イーピン)
14 gr8 story(白蘭 & 入江正一)
15 ファミリア(獄寺隼人 & 山本 武 & 笹川了平)
16 キャンパス(沢田綱吉 & リボーン)


アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN!」10周年記念情報サイト:
http://rebo-10th.com

天野明[担当編集]公式Twitter:
http://twitter.com/amano_akira_

(C)天野明/集英社・テレビ東京・リボーン製作委員会