アニメ:TVアニメ「TRICKSTER」 合言葉は『Trick or TRICKSTER!』「TRICKSTER ハロウィーン一挙放送」配信決定!

800x320

・10/31(月)22:00より「TRICKSTER ハロウィーン一挙放送」の配信が決定!
TOKYO MXほかにて好評放送中の『TRICKSTER –江戸川乱歩「少年探偵団」より-』のハロウィーン一挙放送が決定!

3話ラストで現れた怪人二十面相。次なる事件では第4話、第5話の2話にわたって二十面相との戦いが描かれる初の2話連続の物語!そんな事件の結末が分かる5話の放送直前に第1話から第4話までをまとめて一気に見て、これまでの物語を振り返ろう!

また、山下大輝さん、逢坂良太さん、梅原裕一郎さんを始め、4話から登場する増元拓也さん、古川慎さん、山谷祥生さんが登場のトーク番組も配信!

新キャラと共にハロウィーンを楽しみながら、放送を見逃した人もいつも見てくれている人もみんなで一緒にまとめてTRICKSTERを見ましょう!

合言葉は『Trick or TRICKSTER!』TRICKSTERを見ないと・・・イタズラしちゃうぞ!


TVアニメ『TRICKSTER』第1~4話ハロウィーン一挙放送
配信日時:2016年10月31日(月) 開場:21:50 開演:22:00
出演者:
山下大輝
逢坂良太
梅原裕一郎
増元拓也
古川慎
山谷祥生
(敬称略)
内容:キャストトーク番組
本編第1話「D坂蜃気楼」~第4話「地底迷宮」一挙放送
配信ページ:
・ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/gate/lv279393175
※配信後、3日間のタイムシフト配信あり


<放送局>
TOKYO MX 毎週月曜25:05~
読売テレビ 毎週月曜25:59~
BS11 毎週火曜25:30~
※放送時間は予定です。変更になる場合がございますので、予めご了承ください。


TVアニメ公式HP
http://trickster-project.com/anime
アニメ公式Twitter
https://twitter.com/trickster_anime

(C) Jordan森杉 / TRICKSTER製作委員会

公式レポート:TVアニメ「響け!ユーフォニアム2」石原立也 × 松田彬人 × 外囿祥一郎スペシャル座談会企画

web_eup_157_2%e6%9c%9f%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a52

10月から、待望の「響け!ユーフォニアム2」がいよいよスタート!

それに先立ち、監督の石原立也さん、音楽の松田彬人さん、そしてご自身もプロのユーフォニアム奏者としてご活躍され、作品を1期からご覧になられてきた外囿祥一郎さんに座談会をしていただきました。

音楽が一方の主役という「響け!ユーフォニアム」ならでは、席上では、吹奏楽というジャンルについて、ユーフォニアムについて、さらにはアニメとしての表現と楽曲の関係について――幅広いお話が次々に。

これを読んで、アニメ2期をいっそう深くお楽しみくださいね。


石原立也(いしはら・たつや)
アニメ監督・演出家。京都アニメーション所属。
演出・監督として多数のアニメ作品にたずさわる。アニメ「響け!ユーフォニアム」では監督を務める。

松田彬人(まつだ・あきと)
1982年生まれ。作編曲家として数多くのアニメ劇伴を担当。
明るく軽快なポップスからへヴィなロックまで、ジャンルにとらわれない幅広いタイプの楽曲に定評がある。信条は「作品の為だけの最高の音楽を追求」。

外囿祥一郎(ほかぞの・しょういちろう)
日本が世界に誇るユーフォニアム奏者。
92年第9回日本管打楽器コンクール第1位および大賞受賞、97年フィリップ・ジョーンズ・ブラス・コンクールのユーフォニアム部門優勝。N響、東響、東京佼成ウインド、大阪フィル、九響、札響、名フィル等と共演。航空自衛隊航空中央音楽隊在籍中は数多くの公演でソリストを務める。
ソロ活動のほか、テューバ奏者の次田心平と結成したユニット「ワーヘリ」、ブラス・ヘキサゴン、ザ・テューバ・バンド等でも演奏活動を展開。


――吹奏楽をテーマとする作品も、最近はいろいろとありますが、なかでも「響け!ユーフォニアム」は音楽そのものをメインに据えた本格的な作品だと思います。そうした、いわばパイオニア的な作品を手がけられ、あるいはご覧になられての思いやお考えをお聞かせいただくところから、お話を始めていただけますか?

・石原
僕の場合はアニメ作品を作るという側面からのアプローチでもあり、これまで吹奏楽とはほぼ無縁でしたから、あくまで「高校の吹奏楽部」に限っての話なんですが、吹奏楽は描く対象としてとても魅力的だと思います。部活というのは、高校野球もそうですし、オリンピック選手なんかもそうかもしれませんが、若い頃にひとつのことをめざして成し遂げようとするわけで、大変な努力をしなければならない。

それはもちろん吹奏楽だけじゃないと思いますが、この仕事に参加して初めて、それまで抱いていたイメージとだいぶ違うことに気づいたんですよ。僕自身の高校のころを思い出しても、楽器を吹いている女の子はとっても可憐に見えましたし、どちらかというと、お嬢様がお上品に楽器をやっているというような印象があったんですが、今回、いろいろ話を聞いてみると、実質体育会系だったり、練習時間もかなりハードだったり。「あ、そういうもんなんだな」と勉強させていただいて、今では涙あり葛藤あり、自分のなかでは、かつての“スポ根アニメ”に近いイメージもあるかもしれません。

・外囿
コンクールの審査や部員の皆さんの指導をさせていただいている立場から言いますと、それは……もう“スポ根”そのものですよ(笑)。みんな青春かけてやっている! っていう感じだからこそ、今こうしてクローズアップされ、題材になるんじゃないかなと思いますね。部活というごく身近なところに、本当に劇的なドラマが埋まっている。

そのあたり、アニメの1期や映画を拝見して「こういうこと、本当によくある! まさに、吹奏楽あるあるだなぁ」と感心したんですが、監督はどこでああいうネタを仕入れるんですか?

・石原
うーん、どうやってるだろう(笑)。僕としては、取材での情報のほかに、なるべく身近な人に聞いたりしていますね。じつは、京都アニメーションにも吹奏楽経験者は結構いるんですよ。そういう人間から聞いた話をなるべく活かすことで、雰囲気とか空気感を出せれば、と思っています。

・外囿
特に感動するのが細部の描写で、たとえば部室なんかの何げない背景が、本当に素晴らしい。誰もいない廊下のカットで、吹奏楽の空気感みたいなものが感じられるのにはびっくりしました。

・石原
たとえば、ポンとメトロノームが置いてあったり、楽器だけが並んで置いてあるカットを入れることで、たとえ一瞬でも吹奏楽そのものを感じてもらうことができる。吹奏楽をやった人であれば、みんなそう思うんじゃないかなって、そういう意識はしましたね。

幸い学校さんも、いくつか取材をさせていただいたので、練習風景だとか部室だとか、楽器置き場だとか……音楽室は当然ですが、楽器置き場っていうのが、吹奏楽部っぽいんですよね。生徒さんたちが書いた「チューバ大好き♥」なんていう落書きがあって(笑)。

そういうディテールは、取材する側からしたらとても美味しいネタなので、なるべく画面に出すようにしているんです。

・外囿
なるほど! そういうところに目がいくっていうのがすごい。取材で楽器置き場へ行かれたとして、全体は見ても、ふつうは落書きまで目がいかないんじゃないですか?

・石原
それは逆に、僕が吹奏楽部についてほとんど知らないからで……吹奏楽経験者の方からしたら当たり前に見えるものが、僕としてはとても珍しかったんですよ。ひょっとしたら、そういうところが良かったのかもしれませんね。

・松田
僕にとっても、今回の作品は初めて本格的に吹奏楽の作編曲に挑戦したという点で、すごく大きい意味があります。もともと、学生時代に吹奏楽部に入っていて、トロンボーンを吹いたり、簡単な編曲もやっていたんですが、そのときに培った吹奏楽のイメージと、これまでアニメの仕事中心でやってきたノウハウが、今回いい具合に出会ったような気がしているんです。おかげで、アニメの曲であり吹奏楽の楽曲でもあるという、ちょうど中間をいけたんじゃないかなと思います。

・外囿
それは、作中に登場する楽曲を聴いていても、本当に感じます。まさしく吹奏楽のアレンジでありつつ、曲によってはポップス的にすごく聴きやすいですし、実に的を射ておられますよね。僕としてはそのほかにも、何げない学校のシーンで遠くのロングトーンの練習の音がフワーッと入ってきたり。そのフレーズとか、音色の感じが本当にゾクゾクするんですよ。

・石原
ああいうSE、効果音的なものは、「こういうときはどんな効果音がつくかなぁ?」って、スタッフの皆さんに相談していましたね。特に、鶴岡(陽太)音響監督が、音の距離感みたいなものまで、こだわって音をつけてくださっているんで、そういうところも良かったんじゃないかと思います。僕にしても、高校のときの放課後を思い出すと、どこか遠くのほうで、吹奏楽部の練習している音がいつも聴こえていたなぁっていう記憶はありますし。


――それとともに、視覚表現としてのアニメーションと音響表現のマッチングも、この作品では大きなテーマだったと思うんですが、そのへんはいかがでしょうか?

・石原
これは、いろいろなところで言っているんで、もうあまり言いたくはないんですけれど(笑)、物として楽器をアニメで描くっていうのは、じつは相当ハードルが高いんです。金属の管が複雑につながったのを、手でひとつひとつ描くのは結構大変で……でも、音楽をテーマにしている作品である以上、その部分は適当にはできませんし。

こんなことを言ってなんですが、もう少し低年齢層向けの作品だったり、音楽がメインでない作品であれば、楽器もデフォルメしたり、音と指の動きが必ずしも合っていなくて大丈夫だったりもすると思います。しかし、この作品ではそうはいかないので、実際にその瞬間に鳴っている音とピストンの動きは完璧に合わせているんです。

・外囿
しかも、それを一方向から描くだけじゃなくて、当然いろんな方向で描かなきゃいけないわけですよね? 特にホルンだとか、ユーフォニアムなんかは僕自身いつも見ていてややこしい形だなぁって(笑)……それを描かれるだけでも大変なのに、手の動きだとか、アンブシュア(楽器を吹く際の唇の形)までも意識しておられるのには、ひたすら驚くしかありません。

・松田
音響表現と視覚表現という点では、劇中の楽曲と劇伴を区別するため、劇伴にはあえて管楽器を使わず、ピアノや弦だけのシンプルな編成にしています。劇伴については、最初に鶴岡監督から指示があって作曲をしたんですが、シナリオを読んだり、絵に合わせて作ってくれというのではなく、たとえば「積層する思い」とか、そういう抽象的な単語をリストのかたちでいただき、あとは自由に作ってもらいたい、と。

そうは言っても、本当に自由に曲を作ってしまうと絵に合わないし、普通の劇伴にもしたくないし……ちょうどいいバランスを見つけるのに、初めのうちは苦心しました。

ただ、1期の方針として、ストーリーの核になる「三日月の舞」を、全体に流れる通奏低音のようにしたいというのがあり、その変奏を随所に使うことで、ある種のよりどころができたという感じはありますね。

・外囿
「三日月の舞」で言うと、例のトランペットのソロがとても素敵なフレーズですね。しかも、高校生にとってはかなり難易度が高いという(笑)。

・松田
ソロの部分については、ストーリー的にオーディションの場面につなげる必要がありましたので、ある程度は難しくという前提がありました。と同時に、アニメファンの目線も意識しつつ、ある程度キャッチーにしようということで、ああいうフレーズになったんです。流れ的にも「さあ、どうぞ!」っていう感じでドカンと入ってきますので、クライマックスになるコンクールの場面でもきちんと存在感が出せたと思います。

・石原
あのソロは、原作でも重要な部分にかかわってきますので、松田さんにはその点を意識してもらうよう、最初の打ち合わせでお願いしました。これは、僕だけに当てはまる話かもしれませんが、先に音があるほうが発想しやすいというか、絵をつくりやすい面があるんです。ですので、オーディションのシーンなんかは、松田さんの書いてくださったソロありきで、スムーズにいったなぁと。

むしろ、どの作品でも最初につくるオープニングでは、いろいろ考えたり、ネタ集めもしているのに、いざ音と合わせてみると、何となくかみ合わないことが多い(苦笑)。結局、大あわてで手直ししたり……個人的には音から発想するタイプなんだなぁ、とあらためて思ったりしますね。

・外囿
松田さんとは、これまでに何度かご一緒されているんですか? そういう場合、作曲や編曲のクセというか、手の内がある程度わかっていると、絵がつくりやすいことってあるものでしょうか?

・石原
松田さんとは、これまでに何度もご一緒させていただいていますが、それ自体はあまり関係ないかもしれません。ただ音楽プロデューサーの斎藤(滋)さんから「次は、松田さんでいきます」って聞くと、「ああ、松田さんなら大丈夫だな」っていう部分があって、こんな感じで曲がくるのかなっていう予想をしたり。まぁ、結局そのとおりっていうことはないんですが(笑)、そういった安心感はありますね。


――ユーフォニアムという楽器についてなんですが、吹奏楽と無縁の方からすると「初めて知った」っていう感想が多いらしいんです。実際、吹奏楽以外の編成ではあまり見かけない楽器ということで、そのあたりについてはどんなご感想をおもちですか?

・松田
今回、あらためてユーフォニアムのメロディを書いてみると、音色だけで吹奏楽全体の雰囲気を作ってしまうすごい楽器だなというのを感じました。弦とか金管だとか、そういうわかりやすい音色――たとえば、トランペットなんかはすごく派手な印象があるんですが、ユーフォニアムっていうのは、強く吹いたら角がある音になるし、やさしく吹くと柔らかく包み込むような音も出る。その幅の広さというのを、すごく感じましたね。

・石原
僕もまず、なんで主人公がユーフォニアムなんだろう? って、作品が始まる前に考えました。こう申し上げると失礼になるかもしれませんが、確かにユーフォニアムって知名度としては、トランペットなんかに比べると高くはないと思うんです。でも、いろいろと調べていくと、吹奏楽の中ではまさに“縁の下の力持ち”で、どんな楽器とも合うっていうふうに書かれている。

その意味で、主人公の久美子、そんなに派手で目立つ子ではないんですけど、わりとどんな子とも仲良くなれるタイプだなぁ……そういった点から、主人公がユーフォニアムになったんじゃないかって。ユーフォニアムという楽器のキャラクターが自分のなかではっきりしたことで、作品の輪郭がいっそう見えてきましたね。

・外囿
おっしゃるように、楽器のキャラクターっていうのはすごくありますね。トランペットの人はトランペットのキャラクターだし、ホルンの人はホルンのキャラクターだし。僕も仕事がら、いろいろな楽器の方とお付き合いさせていただいているんですが、楽器のキャラクターと演奏家のキャラクターっていうのは、かぶるところが多いなって思います。

で、純粋に楽器として見た場合、ユーフォニアム抜きの吹奏楽っていうのは考えられないんですよね。倍音(ある音に対して、その整数倍の周波数をもつ音のこと)が多いので、サウンドが拡がりますし、ハーモニーを奏でるうえでも欠かせない。サクソフォンとユーフォニアムのふたつがあることによって、バンド全体のサウンドがさまざまに変化するんだと思うんです。

ただ、楽器自体の歴史が浅いせいもあって、大作曲家が曲を書いていない。そういう理由から、他のジャンルではあまり広がらなかったんですが、歴史が浅いというのは半面、楽器として完成度が高いということも言えるんじゃないかと。実際、同じような音域を担当することの多いホルンと比べても、初心者の方にはコントロールしやすいですし、マウスピースの大きさだって、たぶんトランペットより音が出しやすいと思います。

・石原
キャラクターとの関係という点で言うと、もちろん原作でのもともとの性格づけはあるんですが、久美子にとって吹奏楽を始めるきっかけはお姉ちゃんで……でも、そのお姉ちゃんも辞めてしまっていて。久美子自身、その後もずーっとユーフォニアムをやってはいるんですが、わりとぼんやり続けてきたっていうキャラクターだった。それが、麗奈っていうアツい女の子と出会って、それに触発されて自分もアツくなっていくっていうお話なんですよね。

・外囿
そうそう。麗奈ちゃんは、性格で言うと“THEトランペット”っていう感じですから、久美子ちゃんのユーフォニアム的なキャラクターとの関係が、見ていてすごく面白いんです。トランペットっていうのは、とにかく一番高い音を吹いていますし、すごく目立つんですが、その分、ハイリスク―ハイリターン的なところもあって、ユーフォニアムとは対照的。そのふたりが、微妙な関係から友情を深めていくあたり、絶妙ですね。


――作品では、たんに吹奏楽が楽しいというだけでなく、特に後半になるにつれて、みんなが成長していくのが見どころなわけですが、そのあたりの音楽面の表現についてはどんな点に気を遣われましたか?

・松田
もちろん、劇中の演奏のレベルについては大きく変わっていくわけですが、劇伴という面について言えば、ストーリーの変化に無理に合わせるということをそれほど意識せず、空間を埋める、空気感のある楽曲をめざすという点で一貫していると思います。2期についても、基本的にその方針は変わらないつもりです。

・石原
1期で言えば、1話めの久美子と、最後のほうで猛練習をしていてぶっ倒れてしまう久美子の違い。そういう違いは、顔つきや表情を微妙に変えるとか、セリフの面でもいろいろできますし、難しい表現方法ではないと思います。ただ、実際の演奏面では、下手だったバンドがだんだんに上手くなっていく部分を表現するのに、音楽プロデューサーの斎藤さんがそうとうご苦心されたんじゃないでしょうか。

・外囿
見ている側からすると、特に一般の方には、演奏が上手くなっていくというのはなかなか伝わりにくいと思うんです。その分、キャラクターが発言することで、その人の考え方の変化が演奏の充実につながっていくっていう……努力したことが、だんだん成果に結び付いていって、何を大事に音楽をやればいいのかがわかってくる。そういうアニメ作品ならではの相乗効果で、見ている方にはますます上手く聴こえてくるんだと思います。

実際に、夏休み中の学校に指導に行ってみると、生徒さんたちはとにかく朝から晩まで練習しているんですよ。運動部の場合は体力的な消耗もすごいので、だいたい午前中から昼過ぎくらいまでですが、吹奏楽の部員たちは屋内でずーっとメトロノームを鳴らしながら吹き続けている。12時間くらいやっている学校も、珍しくないんじゃないでしょうか?

・石原
ときどき耳にするんですが、練習について、あるところまで全然できなかったのが、いきなりポンとできるようになって。そうすると、なんで今までできなかったんだろう? っていう……そういうことってあるんでしょうか?

・外囿
自分自身で気づいたり、先輩の演奏を聴いて「あっ、もしかしたらここにヒントがあるんじゃないか」っていう瞬間はありますね。練習のやり方とか、演奏上の表現とか、「あの人のソロ、今日は素晴らしかったな」と感心して、自分ももう少しこうしてみようかとか。上手くなるには、そういう気持ちになれるかどうかが重要かもしれません。たとえばコーチの先生にちょっとした点を教わることによって、劇的に変化することも少なくないので、指導する側としては責任を感じます。

・石原
1期について言えば、原作の小説では1冊め。久美子たちが入部して3~4カ月の間の出来事を描いていますので、その変化も劇的なものになる。最初のほうのドタバタの「暴れん坊将軍」が、最後のコンクールではあそこまで完成するわけですが、その点では、演奏していただいた洗足学園音楽大学の皆さんが大変だったと思います。

特に、十分吹ける方たちがあえて下手に吹くというのは、想像以上に難しいようで――音楽に詳しい方が聴いて「下手だなぁ」というレベルと、一般のファンが多いアニメのなかで「これ下手だよね?」というのは大きく違う。しかも、それをわざとらしくならない程度にやらなければならないという点で、洗足の学生さんたちにはご苦心をおかけしました。


――その集大成ともいうべき京都府大会の場面ですが、あの12分間というのは実際の生徒さんにとっても、一生のうちでこんなに重い時間はないというくらい密度の濃いものなんですね?

・松田
そうですね、渾身の力をふりしぼって12分間を全力疾走するという感じですから。1期のクライマックスにあたるあの場面は、そういった密度の濃い特別な時間が、見ている側にもひしひし伝って、僕なんかも思わず手に汗を握ってしまいました。ああいう空気感というのは、たとえば現役の部員の方たちに取材された結果なんですか?

・石原
実はあそこは直接、生徒さんに聞いたっていうわけではなく、自分で想像した結果ああいう表現になったんです。今、全力疾走とおっしゃっていましたけれど、たとえば短距離走の人は100mを駆け抜けるわずか10数秒くらいのために、何十時間、何百時間を練習していますよね。

同じように、吹奏楽の子たちもあの12分間のために、日々果てしない練習を重ねていく……実は、アニメーション制作の作業もそうなんですね。たった1秒の場面に何十枚も絵を描いて、それがテレビ画面の中に映るときは一瞬だったりするわけです。それに近いのかな? っていう気がすると、すごく親近感がわいてきちゃって(笑)。

あの場面でも、指使いのアップなんか、描くときは実際に演奏している映像をコマ送りで見ながら、コツコツやるしかありません。それが、ほんの1秒くらいにバーッとモンタージュされていたりすると、ああ、スタッフはこんなにいっぱいがんばってくれたんだなぁ、と地味に感動してしまう。そういう、限られた時間のなかにありったけの想いをこめる想いというか、情熱を賭けることで、その時間は永遠になるんじゃないかなって思います。青春のたったひととき、その12分間のためにがんばれるっていうのは、素晴らしいじゃないですか。

・松田
おっしゃるとおり、人生には、実は何百回もやってきたことを1回こっきりでチャレンジしなければいけない瞬間というのが、やはりあると思います。僕自身、あの最後の場面を見ていて、自分の書いた「三日月の舞」の演奏に、緊張しましたから(笑)。

・外囿
あれはステージライトの表現だと思いますが、空気そのもの、空間が神々しい感じでしたよね。

・石原
まぁ、あれは演出で、そのほうが綺麗に見えるっていうのもありましたから。

・外囿
ただ、コンクールを経験した生徒さんたちに聞くと、舞台で演奏を始めたとたん、それまでとは時間の流れがまったく違うというか、自分たちがどこか違う次元――神々しい感じになった気がすると、よく言うんですね。そういう感じが、あの場面からはすごく伝わってきました。

・石原
確かにそういうことはありますね。あの、光り輝くステージっていうのは、たとえば野球場とかサッカーのフィールドと同じ、神聖な場所だからでしょうか。

・外囿
神聖で、かつ残酷な面もある場所だと思います。実際、成功することを祈っていても、失敗することだってあるわけで……ここ一発! っていうソロでしくじって泣き崩れている子とか、コンクールの会場ではほんとによく見かける光景なんですよ。

・石原
どんなことでもそうですが、自分の技術を極めていくと、ただ楽しくやっているだけじゃなく、どうしてもそういう高みをめざしたくなると思うんですよ。そこには、必然的に自分との戦い、他者との勝負という面が出てこざるをえない。残酷な面もありますが、そこには何ものにも代えがたい、生きていくうえの意義があると思います。


――そして、この10月からはいよいよ待望の2期がスタート。北宇治の部員たちも関西大会へ向けて、さらに上をめざしていく。そのあたりが物語の軸になってくるんでしょうか?

・石原
もちろん、その部分は大きな流れとしてあります。ただ、2期について言うと、ストーリーが音楽面だけでなく、さらにキャラクターのプライベートな悩みや内面をクローズアップする部分が増えると思います。それとともに新たに、重要なキャラクターがふたりほど加わるなど、物語に重層的な広がりを感じていただけるのではないでしょうか。

音楽面についても、1期より深い部分が問題になると言うか――新しくコーチしてくれる先生が出てくるんですが、その先生が「君たちは、技術力は他の学校とも渡り合えるくらいあるんだけど、圧倒的に足りないのが表現力だ」という意味のことをズバッと指摘したり。キャラクターたちの内面の成長とともに、自分たちがどういう音楽を表現したいのか、そういうことがテーマになってきます。

・外囿
コンクールで言うと、技術と表現っていうふたつの評価軸に分かれていて、50点ずつで採点したりするんです。実際、技術と音楽性っていうのは不可分で、技術がないとイメージしている表現ができない。一方、技術だけが向上しても、けっしていい音楽にはなってくれません。本当の完成をめざすため、この両面を追い求めるというのが、いつまでもついて回ることになるわけです。そのあたりが、音楽の奥深いところなのかもしれませんね。

・石原
今、外囿さんがおっしゃった点については、たとえば新キャラクターでオーボエを吹く、ちょっとミステリアスな子がいるんですけれど、この子が気持ち次第で演奏が左右されてしまうんですね。いろいろと悩んでいて、コーチに「つまらない演奏している」って言われたり、それを乗り越えていくというのが、物語のひとつの柱になると思います。そう考えると、音楽ってどこか哲学的ですし、掘り下げていくと本当に奥深いですよね。

・外囿
そうですね。人間性イコール音楽性では必ずしもないですけれど、特に若い時代には演奏者の成長が、レベルの向上につながる面は少なからずあると思います。

・石原
アニメのほうも、今までの技術面をがんばって上げていくというところから、そういう部分に一歩でも二歩でも踏み込んでいきたいですね。

・松田
そういう意味で、言葉やセリフからシーンを想像して、それを音にしていく、僕の仕事もより大変になってくると思っています。1期以上に自分のなかのイメージとか、作編曲面のひきだしをたくさんつくり、活用していかないといけないですね。実際、斎藤音楽プロデューサーや鶴岡音響監督からは“深い音楽”っていうテーマをいただいていまして……劇伴ではより静謐で透明な感じとか、弦の編成なども前より小さい数で表現することになると思います。


――それでは2期のスタートにあたり、それぞれのお立場からファンの皆さんにメッセージをお願いします。

・石原
先ほどもお話した、登場人物のプライベートな部分がクローズアップされるので、その部分に注目していただけるとうれしいです。1期では、やる気のない下手くそな吹奏楽部がひとりの先生に出会い、より高みをめざしていくお話だったわけですが、そうすると、前には気づかなかった細かいほころびみたいなものが目立ちはじめてくるんですね。2期ではそのあたりを、きちんと描きたいと思っていますので、久美子や麗奈をはじめお気に入りのキャラクターがどのように葛藤し、どう成長していくか、楽しみにしていてください。

・松田
石原監督がおっしゃるとおり、この作品では特にキャラクターが見ている皆さんと同じように成長していくという、その部分が魅力だと思います。当然、それを音楽面で表現する役割もいよいよ重要になるわけで、苦心する部分が多くても大変やりがいがある。ご覧になる皆さんには、作品を見て、そして聴いて楽しんでいただけるとありがたいですね。

・外囿
僕の立場はご覧になっている皆さんと同じ「響け!ユーフォニアム」ファンということで、今から本当に楽しみなんですが、何よりもタイトルに「ユーフォニアム」と入っているのが、演奏者としてはありがたいんです。原作やアニメの人気のおかげで、どちらかというと地味だったこの楽器を一般の方たちにも知っていただき、その名前を覚えていただけた(笑)。

以前は「ユーフォニアム」ではなく「ユーフォニ “ウ”ム」と覚えている人が非常に多かったのに、最近では講習会へお邪魔したときなど、楽器名を正しく「ユーフォニアム」と書く学生がほとんどです。
で、学生たちに「このアニメ、知ってる?」とたずねると、「知ってる!」「見てる!」って……今や、吹奏楽に対する注目度は本当に高いわけですが、「響け!ユーフォニアム」がひとつの中心になって、ますます幅広い皆さんに楽しんでもらえるようになるとうれしいですね。

――本日は、ありがとうございました。


<石原立也 × 松田彬人 × 外囿祥一郎 スペシャル座談会企画 情報>
スペシャル座談会:
http://anime-eupho.com/special/trialogue/
(上記と同様の内容を掲載中)


euph2_rogo案2

<スタッフ>
原作:武田綾乃
(宝島社文庫「響け!ユーフォニアム」シリーズ)
監督:石原立也
脚本:花田十輝
キャラクターデザイン:池田晶子
シリーズ演出:山田尚子
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:竹田明代
楽器設定:髙橋博行
撮影監督:髙尾一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:松田彬人
音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学
演奏協力:フレッシュマン・ウィンド・アンサンブル
音楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会

<キャスト>
黄前久美子:黒沢ともよ
加藤葉月:朝井彩加
川島緑輝:豊田萌絵
高坂麗奈:安済知佳
田中あすか:寿美菜子
小笠原晴香:早見沙織
中世古香織:茅原実里
塚本秀一:石谷春貴
後藤卓也:津田健次郎
長瀬梨子:小堀幸
中川夏紀:藤村鼓乃美
吉川優子:山岡ゆり
鎧塚みぞれ:種﨑敦美
傘木希美:東山奈央
黄前麻美子:沼倉愛美
松本美知恵:久川 綾
橋本真博:中村悠一
新山聡美:桑島法子
滝昇:櫻井孝宏


<「響け!ユーフォニアム2」ストーリー>
吹奏楽コンクール京都府大会。
そこで見事に金賞を受賞した北宇治高校吹奏楽部は、次なる舞台・強豪ひしめく関西大会に挑む……!

<放送情報>
TOKYO MX1 毎週水曜 24:00 ~
ABC朝日放送 毎週水曜 26:14 ~
KBS京都 毎週木曜 25:30 ~
テレビ愛知 毎週水曜26:05 ~
tvk 毎週水曜 25:00 ~
BS11 毎週木曜 24:00 ~

<主題歌情報>
オープニング:TRUE『サウンドスケープ』
エンディング:北宇治カルテット『ヴィヴァーチェ!』


「響け!ユーフォニアム」公式HP
http://anime-eupho.com/
アニメ「響け!ユーフォニアム」公式Twitter
https://twitter.com/anime_eupho

(c) 武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

イベント:4年越しの「夢が叶った!」声優とアイドルのハイブリッドユニットi☆Risの芹澤優 22歳のバースデーを迎える12月に初のソロライブ決定!!

%e8%8a%b9%e6%be%a4%e5%80%8b%e4%ba%ba%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3_r

声優とアイドルのハイブリッドユニット、i☆Risのブルー担当芹澤優が自身初のソロライブを12月18日にZeppDiverCityにて開催することが決定した。

芹澤優は、2012年にエイベックス・グループと81プロデュースのダブルマネジメントによる、声優とアイドルの活動を両立するハイブリッドユニット“i☆Ris”としてデビュー。

2013年からは声優としても活動の場を増やし、i☆Risのメンバー全員が主要キャストの声優を務めるテレビアニメ『プリパラ』の南みれぃ役をはじめとして、2016年からは「双星の陰陽師」音海繭良役、「ラブライブ!サンシャイン!!」むつ役など、声優とアイドルを全力で活動中。

自身初となるソロライブ開催は、芹澤自身が描いていた夢のひとつで、レギュラーラジオ「芹澤優のせりざわーるど with you」(ラジオ日本 月曜日25:00~25:30放送)にて本人の口から発表された。

嬉しさのあまり涙をながしながらファンに向けて発表した芹澤は、『私の夢。4年間願い続けた夢が1つ叶います!バースデーソロライブ!!!タイトルもセトリも全部に芹澤優を詰め込んだ、私のライブ!ほんとうにありがとうございます!!!私のお誕生日をみんなでお祝いできる…最高の1日にします!!ぜひお越しください!!』と喜びのコメントを寄せている。

12月に22歳を迎える(12月3日生まれ)芹澤のバースデーを祝した本ライブは、芹澤優をぎゅっと詰め込んだバースデーライブならではの特別な公演を予感させる。

デビューから4年にして、初めてとなるソロライブはどんなプレゼントが待ち受けているのか、芹澤優の活躍に要注目だ!

%e8%8a%b9%e6%be%a4%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e5%86%99%e7%9c%9f1017%e8%a7%a3%e7%a6%81_r


公演タイトル:Yu Serizawa Birthday Live ~Present Box~
日程:2016年12月18日(日)
(1部) 開場 / 開演:14:15 / 15:00
(2部) 開場 / 開演:18:15 / 19:00
会場:Zepp DiverCity
東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ
http://hall.zepp.co.jp/divercity/
主催・企画:avex pictures / DIVEⅡ entertainment

<一般発売に先駆けて、i☆Risファンクラブにて先行受付開始!>
※今回のチケット先行予約は、10月23日(日)23:59までにファンクラブご入会(=ご入金)いただき会員番号が発行された方、2016年10月以降が有効期限の会員の方が対象となります。

<申込・申込内容確認期間>
2016年10月27日(木)15:00
~2016年11月4日(金)15:00

<虹会チケット先行に関するお問い合わせ>
お申込に関するお問い合わせ:
CNプレイガイド 03-5800-3799
(営業時間 10:00~18:00 年中無休)
イベントに関する問い合わせ:
キョードー東京 0570-550-799
(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

<チケット代金>
(1部)全席指定 6,800円(税込) ※来場者プレゼント付き
(2部)全席指定 6,800円(税込) ※来場者プレゼント付き
※入場時別途ドリンク代¥500いただきます
※枚数制限:1人4枚まで。
※小学生以上有料。未就学児童は入場不可
※来場者プレゼントはご来場された方に当日会場でお渡しいたします。
公式サイト
http://iris.dive2ent.com/
ファンクラブサイト
https://iris.fc.avex.jp/
Twitter
https://twitter.com/iris_official_


<i☆Ris 4th Anniversary Live>
日程:2016年11月25日(金)
開場開演:17:30/18:30
会場:日本武道館
チケットのお申し込みは下記プレイガイドをチェック!!
・ぴあ:
http://w.pia.jp/t/iris/
・ローソン:
http://l-tike.com/iris-1125/
・イープラス:
http://eplus.jp/iris/
・CNプレイガイド:
http://www.cnplayguide.com/iris_4thanni_cn/