公式レポート:「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」完成披露舞台挨拶イベントレポート

2月18日(土)、原作者・川原礫氏の完全書き下ろしによる『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が全国公開致される。

この度、本作の完成を記念し新宿バルト9 にて、豪華ゲスト登壇の舞台挨拶付き完成披露試写会を実施致しました!舞台挨拶には、本作の主人公キリトを演じた松岡禎丞、ヒロインのアスナを演じた戸松遥、伊藤智彦監督が登壇!

初の劇場映画化を果たした本作が完成した今の感想や、原作小説から続く『ソードアート・オンライン』シリーズの魅力、劇場版の見どころなどを余すところなく語り尽くしました!


<満員御礼の舞台挨拶とソニーがデザインした《オーグマー》>
開場前の朝早い時間から劇場には多くのファンが詰めかけており、イベント開始時にはスクリーン内は満員の観客で埋め尽くされました。舞台挨拶が開始すると観客からは非常に大きな歓声が上がり、大きな拍手とともにゲストを迎えました。

登壇したゲストの耳には本作のメインガジェットとなるAR 型最新情報端末《オーグマー》のレプリカが装着されており、それに関してMC が触れると伊藤監督が「この《オーグマー》はソニー(株)のクリエイティブセンターがデザインしたもので、昨年色々と話題に上ったAR デバイスです!

とても洗練されたデザインで、近い未来に実際に広く波及していくかもしれないですね」と大興奮で語りました。


<トークセッション>
初の劇場版である本作が完成した今の心境を松岡は「今回の劇場版はSAO の集大成です」と語り、戸松は「原作者の川原礫先生によるオリジナルストーリーで、凄い展開が待ってます!」と興奮を露わにしました。

また、劇中に登場する方AR 情報端末《オーグマー》が現実世界でも使用できるなら、どんなことをしたいかという質問に対し、松岡は「家から仕事の現場までの道のりをダンジョンにして、日常を冒険にしたいです」とスケールの大きな返答を答えたのに対し、戸松は「私はアフレコの時、全身を使って動いて演じるので、《オーグマー》で直接台本を目で見れるようにして、両手を自由にして演じたいです」と声優ならではの回答を答え、松岡もそれに関しては大きく頷きました!

舞台挨拶は終始和やかな雰囲気で進み、この後始まる上映に期待が高まりつつ幕を閉じました。


<ゲストコメント>
★本作が完成した今の心境
松岡禎丞:
この『劇場版 ソードアート・オンライン ‒オーディナル・スケール-』は『ソードアート・オンライン』の集大成と言っても過言ではない作品です。皆さんの心に突き刺さってもらえると嬉しいです。

戸松遥:
今回の『劇場版 ソードアート・オンライン ‒オーディナル・スケール-』は原作者の川原礫先生によるオリジナルストーリーで、台本をもらった時からどんな話なのか気になってワクワクしていました。実際に観てみると、もの凄い展開が待っていますので、皆さんにも楽しんで頂きたいです。

★ソニーがデザインした《オーグマー》について
伊藤監督:
最近はスマートフォンでのAR ゲームが話題ですが、それを実際に目の前で見ることの出来るデバイスで、ソニーのデザインチームの方々が総力を挙げて作ってくださいました。とても洗練されていて、近い未来に本当にこういったものが作られるんじゃないかと期待しています!

松岡禎丞:
時代が『ソードアート・オンライン』に追いついてきたと感じますね!

★締めの一言挨拶
戸松遥:
この作品の魅力はこういう世界が現実にくるかもしれないというワクワク感が詰まっているところです。これまでのVR とはまた一味違うAR の世界観や、様々な人間関係など、見どころがたくさんある作品なので、楽しんで頂けると思います!

松岡禎丞:
この『劇場版 ソードアート・オンライン ‒オーディナル・スケール-』という作品は、本当に『ソードアート・オンライン』の集大成と言える作品です!アフレコから3 ヶ月ほど経った今も余韻が残っていて、こんなに動くのかというくらい、丁寧に描かれています。作画の方々も「寝るよりも描きたい」というほど熱量を込められた作品ですので、どうぞお楽しみください!

伊藤監督:
ようやくこの瞬間を迎えられるのだという気持ちでいっぱいです!約2時間、エンドロールの最後の最後まで、しっかりとお楽しみください!


『劇場版 ソードアート・オンライン ‒オーディナル・スケール-』完成披露試写会
日 程:1 月30 日(月)11:30 イベント開始
場 所:新宿バルト9 シアター9(東京都新宿区新宿3 丁目1-26 新宿三丁目イーストビル9 階)
ゲスト:
松岡禎丞(キリト役)
戸松遥(アスナ役)
伊藤智彦 監督(予定)
MC:
吉田尚記(ニッポン放送)
内容:トークセッション(本作の感想、劇場版の見どころなど)、フォトセッション など
2月18日(土)全国ロードショー
新作映画 完成披露舞台挨拶 イベントレポート


『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
公開日:2 月18 日(土)全国ロードショー
配給:アニプレックス 上映時間:119 分


劇場版公式サイト
http://sao-movie.net/

公式Twitter
https://twitter.com/sao_anime

(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

公式レポート:Dance with Devils スペシャルコンサート「ダブルカーテン・コール」昼会(マチネ)

本日・1月29日(日)神奈川県民ホールにて、”Dance with Devils スペシャルコンサート「ダブルカーテン・コール」”が行われた。

本イベントは、「Dance with Devils」単独としては4回目のキャストイベントで、メインキャストである、斉藤壮馬(鉤貫レム役)、羽多野 渉(立華リンド役)、近藤 隆(楚神ウリエ役)、木村 昴(南那城メィジ役)、平川大輔(棗坂シキ役)、鈴木裕斗(ジェキ役)が出演。全15曲もの楽曲を歌唱する、まさに”ミュージカルアニメ” にふさわしいコンサートイベントとなった。

下記昼の部のレポートをお伝えします。

緞帳が上がると、ステージ上には、斉藤、羽多野、近藤、木村、平川の5人が。ダンデビのイベントでは定番となったアニメのエンディングテーマ「マドモ★アゼル」のイントロが流れると、会場からは大きな歓声が上がった。

楽曲の後半、出演者全員がステージ奥を振り向き、手を差し伸べると、なんと、ステージ中央から鈴木が登場!元々”PENTACEL★”としてメインキャスト5人で歌っていた楽曲に、鈴木演じるジェキが加わり「マドモ★アゼル」を、本日限りで6人で歌うと言う、冒頭からのサプライズになった。

続いてのオープニングトーク、鈴木が、ダンデビイベント初参加になるということで、「やっと参加することが出来ました!楽しむ準備、できてるんでしょうね?」と挨拶。

木村、斉藤が”声を出す練習”で、客席とコール&レスポンスをするなど、冒頭から客席もテンションマックスなイベントとなった。

続いて、舞台上のスクリーンには、なんとローエン(CV.鈴木達央)の姿が!この日のために録り下ろされたモノローグで、ローエンが本日の進行役であると告げられた。まさかのローエンの登場に、客席は大いに盛り上がった。

そして、鉤貫レム「我が名はレム・アーロンド」、

楚神ウリエ「誘惑amor」、

立華リンド「君だけの守護騎士(エクソシスト)」、

南那城メィジ「VANQUISH」、

棗坂シキ「憐憫 揺籃歌」と、ソロ曲が次々に披露された。

ソロ曲の最後はジェキ「Xデー」。この楽曲は、ミュージカル「Dance with Devils」のオリジナル曲として書き下ろされた楽曲。アニメのイベントに逆輸入しての歌唱と言うまさかのサプライズに、会場にはどよめきと歓声が広がった。

続いて、本イベントのためにシリーズ構成・金春智子が書き下ろした朗読ドラマ「混乱と迷走のジェンカ#」が披露された。イベントに紛れ込みソロ曲まで歌っていたことを突っ込まれるジェキや、アクマと一緒にされ不本意そうなリンド、心の声がだだ漏れになるレムなど、ダンデビらしいギャグ盛りだくさんの内容で、会場からは、始終笑いが起こった。

朗読劇後は、「彼らは本来は敵であったり、ぶつかり合ったりするような関係だったはず」と言うローエンの言葉に合わせるように、鉤貫レム vs 立華リンド「KETTO~譲れない、せめぎ愛~」、

南那城メィジ vs 棗坂シキ「×× in the dark」、

立華リンド vs ジェキ「My Little Ruby Bird」、

鉤貫レム vs 楚神ウリエ「焦燥のトライアングル」と、2人で歌う”ユニットソング”が続々と披露された。本イベントは、”ユニットシングルシリーズ”発売を受けて開催されたということもあり、曲が流れるたびに、客席は大いに沸いた。

そして、斉藤演じる鉤貫レムの「最後はこの曲を聞いて欲しい」と言うセリフで、ゲームエンディングテーマ「BL(U)CK BASIS」がはじまった。この楽曲も2コーラス目からは、鈴木演じるジェキが加わり、本日限りで、6人での歌唱となった。

会場から、大きなアンコールの声が上がると、スクリーンには映像が。映像内で、シチュエーションCD第2弾「Dance with Devils-Charming Book-」の発売決定が発表されると、会場からは、大きな歓声が上がった。

本CDは4月19日の「Vol.1 レム」を皮切りに、6ヶ月連続で、Rejetよりリリースされる。

歓声も収まらぬなか、アンコールはアニメオープニング・羽多野渉「覚醒のAir」、四皇學園生徒会「革命前夜」が2曲続けて披露された。

立て続けに、スクリーンには再びローエンが。「皆様の起こした奇跡。とくとご覧ください!」と言うセリフの後、スクリーンには、「Dance with Destinies」の歌と共に、これまでのダンデビの軌跡を振り返る映像が流れる。会場が、期待にざわつく中、映像の最後”あなたともう1つの愛を歌うミュージカルアニメ”として、劇場版「Dance with Devils-Fortuna-」(ダンス ウィズ デビルス フォルトゥーナ)2017年劇場公開決定!の情報が現れると、会場は本日最大の歓声に包まれた。

映像が終了すると、キャストが再登場。「皆さんの応援のおかげでここまで来れました!」と、劇場化決定を、客席と一緒に喜んだ。遂に決定した新展開は劇場版と言うことで、はたして劇場版では誰がリツカを手に入れるのかと言うことで、トークも大いに盛り上がった。

斉藤より「Dance with Devils」公式サポーターズクラブ”四皇學園広報部”が4月に結成されることも発表された。こちらは本日より事前登録を開始している。

最後は1人ずつ挨拶。

鈴木「ジェキは、初参戦でしたが、温かく迎えてもらえて嬉しかったです。ジェキもこのメンバーに負けないように頑張っていこうと思います」

平川「皆さん大好きです。次の展開があるということで、言い続ければ実現するって本当だなと思いました」

木村「Dance with Devilsが大好きなんです。これからもきっと色々な展開があります。皆さんと一緒に、ダンデビをもっともっと大きく広げて行ければと思っています」

近藤「本日の楽曲は誘惑amorと言うことで遊んでみました。劇場版を楽しみにしていて下さいね」

羽多野「こんなに沢山の歌を歌わせて頂いていたんだと、改めて感謝しています。次も暴れまくりたいと思いますので、期待して待っていて下さい」

斉藤「今回も、こんな大きな新情報があって僕も本当に嬉しかったです。ダンデビは、まだ詰みません!」

と、それぞれが感想を述べた。

その後、もう一度「マドモ★アゼル」を歌い、キャスト全員からの「ありがとうございました!」の声で、イベントは幕をとじた。


<セットリスト>※カッコ内は(歌唱アーティスト/収録CD)
1.マドモ★アゼル(PENTACEL★&ジェキ/「マドモ★アゼル」収録)
オープニングトーク
ローエンモノローグ1
2.我が名はレム・アーロンド(鉤貫レム/「キャラクターシングル1 鉤貫レム」収録)
3.誘惑amor(楚神ウリエ/「キャラクターシングル2 楚神ウリエ」収録)
4.君だけの守護騎士(エクソシスト)(立華リンド/「キャラクターシングル3 立華リンド」収録)
5.VANQUISH(南那城メィジ/「キャラクターシングル4 南那城メィジ」収録)
6.憐憫 揺籃歌(棗坂シキ/「キャラクターシングル5 棗坂シキ」収録)
7.Xデー(ジェキ/ミュージカル「Dance with Devils」より)
朗読劇「混乱と迷走のジェンカ#」(夜は「混乱と迷走のジェンカ♭」)
ローエンモノローグ2
8.KETTO~譲れない、せめぎ愛~(鉤貫レム vs 立華リンド/「ミュージカルコレクション「Dance with Destinies」」収録)
9.×× in the dark(南那城メィジ vs 棗坂シキ/「ユニットシングル3 南那城メィジ vs 棗坂シキ」収録)
10.My Little Ruby Bird(立華リンド vs ジェキ/「ユニットシングル2 立華リンド vs ジェキ」収録)
11.焦燥のトライアングル(鉤貫レム vs 楚神ウリエ/「ユニットシングル1 鉤貫レム vs 楚神ウリエ」収録)
ローエンモノローグ3
12.BL(U)CK BASIS(PENTACLE★&ジェキ/「BL(U)CK BASIS」収録)

~アンコール~
シチュエーションCD第2弾「Dance with Devils-Charming Book-」発売決定告知映像
13.覚醒のAir(羽多野渉・「覚醒のAir収録)
14.革命前夜(四皇學園生徒会・「マドモ★アゼル」収録)
ローエンモノローグ4
劇場版「Dance with Devils-Fortuna-」2017年秋、劇場公開決定!情報告知映像
エンディングトーク
15.マドモ★アゼル(アンコール)


日時:
2017年1月29日(日) 15:00 START
会場:
神奈川県民ホール
出演者:
斉藤壮馬(鉤貫レム役)、羽多野 渉(立華リンド役)、近藤 隆(楚神ウリエ役)、木村 昴(南那城メィジ役)、平川大輔(棗坂シキ役)、鈴木裕斗(ジェキ役)


あなたともう1つの愛を歌うミュージカルアニメ「Dance with Devils-Fortuna-」2017年秋、劇場公開決定!

「Dance with Devils」オフィシャルサポーターズクラブ“四皇學園広報部“4月OPEN!事前登録受付中。
http://dwd-sc.com/

シチュエーションCD第2弾「Dance with Devils-Charming Book-」発売決定
「Vol.1 レム」:4月19日
「Vol.2 ウリエ」:5月17日
「Vol.3 リンド」:6月21日
「Vol.4 シキ」:7月19日
「Vol.5 メィジ」:8月16日
「Vol.6 ローエン」:9月20日


公式サイト:
http://dwd-movie.com

公式ツイッター:
https://twitter.com/DwD_info

(c)グリモワール編纂室/Dance with Devils F 製作委員会

公式レポート:1月14日開催TVアニメ「DAYS」聖蹟高校サッカー選手権イベントレポート公開&特典DVD化決定!

1月14日(土)、東京・エスフォルタアリーナ八王子にて、イベント「TVアニメ『DAYS』聖蹟高校サッカー選手権」が開催された。出演者は、吉永拓斗、松岡禎丞、浪川大輔、小野大輔、宮野真守、安元洋貴、吉野裕行、石川界人、岡部涼音、小松昌平、寺島惇太、小西克幸、伊瀬茉莉也、HOWL BE QUIET(竹縄航太、黒木健志、橋本佳紀、岩野亨)の17名。

オープニングでは蹴流波(シュール・ド・ウェーブ)のパフォーマンスがあり、普通のイベントとは違う『DAYS』ならではの演出に観客たちが魅了された。続いてキャストがそれぞれ返事をしながらステージに登場すると、会場からは大きな声援が飛んだ。そして『DAYS』のイベント恒例、吉永の「キック」コールに続いて、会場全員で「オフ!」と叫び、いよいよイベントがスタートした。

最初のコーナーは「聖蹟高校サッカーダイジェスト」。原作者の安田剛士先生が選んだ名シーンを振り返りつつ、アフレコ時の思い出なども語った。続く「ハーフタイムスペシャルライブ」では、HOWL BE QUIETが登場し、1クール目のOPテーマ「Wake We UP」を熱唱した。さらに2クール目のOPテーマ「Higher Climber」では、蹴流波が再び登場し、本日限りのコラボレーションステージが行われ、観客は大いに盛り上がった。

続くコーナーは「聖蹟高校紅白戦三本勝負」。浪川率いるオフェンスチーム(松岡、小野、宮野、岡部、吉永)と安元率いるディフェンスチーム(安元、小松、寺島、石川、吉野)に分かれ、広いアリーナを活かした「キックターゲット対決」、「バブルサッカーリレー対決」、「フットサル対決」が行われた。「キックターゲット対決」をディフェンスチーム、「バブルサッカーリレー対決」をオフェンスチームがそれぞれ制し、3本目となる「フットサル対決」で優勝が決まることに。

白熱した試合展開の中、助っ人として登場したのは日本代表の長友佑都と香川真司……ではなく、ものまねJAPANのアモーレ橋本と浅野智秋。結果は5対2で浪川率いるオフェンスチームが勝利(昼の部)。オフェンスチームがトロフィーを高々と掲げると、会場は大きな拍手に包まれた。

最後は聖蹟高校サッカー部を代表して浪川と吉永から挨拶があり、吉永は「『DAYS』東院戦、続編があります! 僕たちも頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします」とコメント。ラストは「聖蹟ファイ」「オー!」と会場が一体となり、出演者全員がアリーナを一周して、イベントは大盛況のうちに終了した。

なお、このイベントの映像がポニーキャニオンの通販サイト「きゃにめ」で特典DVD化される事が決定した。詳細は特設サイトで確認を。


きゃにめ特設サイト
http://special.canime.jp/days/

アニメ公式サイト
http://days-project.jp/

アニメ公式Twitter
https://twitter.com/days_anime

(C)安田剛士・講談社/「DAYS」製作委員会