ニュース:「響け!ユーフォニアム」完全新作映画2作品制作決定!&今秋公開の劇場版情報公開!

2015年4月から6月に第1期、2016年4月から劇場版が公開され、そして2016年10月から12月に第2期が放送され、さらには劇場版第2弾が今年の秋に公開予定となっている「響け!ユーフォニアム」シリーズ。

この「響け!ユーフォニアム」シリーズの更なる大きな新情報が、6月4日に京都府の宇治市文化センターにて開催されたスペシャルトークイベントにて公開された。


<新規解禁情報1>
今年の秋公開の劇場版の詳細がキービジュアル・特報などともに以下の内容で公開となった。

「劇場版 響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜」
総監督:石原立也
監督:小川太一
2017年9月30日全国ロードショー

6月10日からは、各劇場にて「“自撮り”クリアファイル付前売券」が販売開始となる。


<新規解禁情報2>
完全新作映画が、2018年に2作品公開されることが発表となった。

山田尚子監督による「みぞれと希美の物語」を描く完全新作映画
石原立也監督による「2年生になった久美子たちの物語」を描く完全新作映画

大きな今後の新展開が発表となった本作。
今年の秋公開の劇場版、そして完全新作映画2作品と、合計3作品もの劇場作品が控えている「響け!ユーフォニアム」シリーズから今後も目が離せない!


『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』特報

『響け!ユーフォニアム』劇場版特別告知


<「劇場版 響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜」作品情報>
原作:武田綾乃 (宝島社文庫「響け!ユーフォニアム」シリーズ)
総監督:石原立也
監督:小川太一
脚本:花田十輝
キャラクターデザイン:池田晶子
シリーズ演出:山田尚子
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:竹田明代
楽器設定:髙橋博行
撮影監督:髙尾一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:松田彬人
音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学
演奏協力:フレッシュマン・ウインド・アンサンブル2014
音楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹

<キャスト>
黄前久美子:黒沢ともよ
加藤葉月:朝井彩加
川島緑輝:豊田萌絵
高坂麗奈:安済知佳
田中あすか:寿美菜子
小笠原晴香:早見沙織
中世古香織:茅原実里
塚本秀一:石谷春貴
黄前麻美子:沼倉愛美
滝昇:櫻井孝宏


<「劇場版 響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜」イントロダクション>
あなたと一緒に響かせたい――。

高校生が吹奏楽に打ち込む姿を真摯に描いたTVアニメ『響け!ユーフォニアム』。
そのTVシリーズ第2期を、本作で初めて監督をつとめる小川太一が「久美子とあすか」を軸に再構築。

あすかから久美子へ、
受け継がれていく想いがある。

劇場版『響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』は
2017年9月30日全国ロードショー!


<「劇場版 響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜」ストーリー>
私は、先輩のことが――。

吹奏楽コンクール全国大会出場を控えた、私たち北宇治高校吹奏楽部。
うだるような夏の暑さが去り、秋の涼しげな気配が近づいたころ。

先輩が退部するかもしれない……。
私たちを襲った衝撃は大きく、不安をそう簡単に拭うことができなかった。

美人でカリスマ性があって、
ユーフォが上手くて、
みんなから頼りにされている「特別」な先輩。

でも、ふとした瞬間に見せる氷のように冷たい表情、
他人を突き放すような瞳、
誰にも本当の自分を見せない先輩。

「全国に出たい」
誰よりもそう思っているのに、
ただの高校生のくせに無理に大人ぶろうとする先輩。

そんな先輩が私は苦手で……、
もしかしたら嫌いだったかもしれない。

だけど私は――。

あなたと一緒に響かせたい。
あのあたたかいメロディーを。

だって、私は先輩のことが大好きだから――。


「響け!ユーフォニアム」公式HP
http://anime-eupho.com/

アニメ「響け!ユーフォニアム」公式Twitter
http://twitter.com/anime_eupho

(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

公式レポート:ゆゆ式 情報処理部課外活動 2017イベントレポート

ゆゆ式OVA『困らせたり、困らされたり』リリースを記念して『ゆゆ式 情報処理部課外活動 2017』が5月7日(日)よみうりホールにて開催された。昼の部・夜の部ともにチケットは完売。盛況の会場で、ファンやスタッフの作品愛溢れるイベントとなった。

イベントの開幕に先立って、かおり監督と小倉プロデューサーによる生コメンタリー付きのOVA上映会が行われた。アフレコで炸裂していた大久保さんのアドリブや作画に関わる話など、いろいろな裏話を披露。作り手の愛情もたっぷり感じられるコメンタリーに、これから始まるイベントへの期待感がますます高まっていった。

いよいよイベントがスタート!堀江由衣さん録り下ろしナレーションによる、お母さん先生からのご挨拶映像に続いて、イベントオープニング映像が上映される。OVA主題歌「きらめきの日」の曲に乗って出演者が次々とステージに登場した。

この日登壇したキャストは、野々原ゆずこ役の大久保瑠美さん、櫟井 唯役の津田美波さん、相川千穂役の茅野愛衣さん、岡野 佳役の潘めぐみさん、長谷川ふみ役の清水茉菜さんの5人。オープニングトークでは、OVAの好きなシーンや気になっているキャラクターを語り合って本編を振り返った。

ここからは『課外活動』のイベントタイトル通り、様々な活動にチャレンジしていく。最初のコーナーは『ゆゆ式科学部 ~みんなで科学の魅力を体験しよう~』。テレビでもおなじみの空気砲実験にチャレンジした。

ステージから客席に向かって空気砲を発射する実験だが、目標としてキャストが客席に移動(昼の部は潘さん、清水さん。夜の部は津田さん、茅野さん)し、お客さんと一緒に待ち構えた。昼の部では上手くいかなかったものの、夜の部は客席で待ち構える茅野さんに見事命中!

さらにブロワーで回した風船輪くぐり実験や、ペンライト光文字実験ではお客さんにも参加していただいての写真撮影。会場が一体となって盛り上がった。

次のコーナーは『ゆゆ式演芸部 ~みんなでいろんな遊びを体験してみよう~』。

キャストの皆さんが3つのゲームで対決し、優勝者には豪華商品のプレゼントというもので、ポイントを決めるジャッジにかおり監督、進行&ジャッジに小倉プロデューサーを招いて行われた。

最初の対決は『このフキダシに一言!』。原作漫画のフキダシに新たにセリフを入れて、その面白さを競うというもの。皆さんがそのキャラの性格をよく表したセリフを当てはめていく中、潘さんがお笑い芸人ネタを入れてくるなど、回答者の個性がよく出るコーナーとなった。

続いての『お絵描き対決』では、「あなたに付いている“めんどうくさい魔物”を描いてください」など、お題に沿ったイラストをホワイトボードに描くというものであったが、さらにくじで決めたアイテムを使って描かなければならないというもの。持ち手が激太のペンや、自分の背丈並みに長いペン、下しか見えない読書メガネなど悪戦苦闘だった。

最後の『エチュード対決』では、「唯ちゃんが思わず許しちゃう遅刻の謝り方」などのお題に即興でチャレンジ。潘さんの熱演や、津田さんと茅野さんによる唯と相川のラブラブなエチュードなど、キャストの皆さんのキャラクター愛あればこその内容が披露された。

優勝は、昼の部が茅野さん、夜の部が潘さんという結果になり、それぞれ豪華商品(特製の『ホワイトボードの落書きクッション』と、『めんどうくさい魔物ケーキ』)を獲得した。 なお、「ホワイトボードの落書きクッション」は、会場で欲しいという声が多数上がったため、急遽、受注販売が決定した。

『ゆゆ式朗読部』では、5人がちょっとしたことに話を膨らませてはにっこり笑顔になるという、『ゆゆ式』らしい、いつもの日常が披露され、いつものツッコミ、いつもの笑い声が聞こえてくる嬉しさを感じつつ、うっすら漂う切なさもこの作品の魅力なのだと再確認させられる内容だった。最後はゆずこの「縁ちゃんにも今日の話を教えてあげなくちゃ」というセリフで締めくくられた。

そして、2時間超に渡ったイベントもいよいよ終演へ。エンディングトークでは、キャストの皆さんがそれぞれ『ゆゆ式』への想いを語った。

「楽しい時間はあっという間です。『ゆゆ式』大好きなので、大好きな皆さんと一緒に過ごせて嬉しかったです。ありがとうございました」(清水茉菜さん)

「スライドひとつから企画まで、本当に愛に満ちているイベントだと思いました。OVAのEDテーマに〈こんな小さな幸せが ずっとずっと続きますように〉って歌詞があるんですけど、みなさんのおかげで小さな幸せが大きなものになったと実感しました。これからも『ゆゆ式』を愛していただけたら嬉しいですしと、総メンバーで皆さんにまた会えればなと思いました」(潘めぐみさん)

「皆さんと楽しい時間が過ごすことができました。2017あれば2018も2019もあるかもしれませんし、『ゆゆ式』オリンピックがやりたいと思うので、それくらい皆さんと大きなことをまたやりたいので、皆さんと会えることがこれからも続いていけばいいなと信じています。それと今日登壇してない種ちゃん(種田梨沙さん)とほっちゃんさん(堀江由衣さん)も…みんなで一緒に立って、『ゆゆ式』の話をしたり、朗読をしたりできたらいいなって思っておりますので、その時まで『ゆゆ式』をずっとずっと応援していてください」(茅野愛衣さん)

「この作品は普通がすごく特別なんだと思う瞬間がたくさんあって。そんな特別な普通をこのイベントでも過ごせて、とても『ゆゆ式』らしいイベントだったと思います。また、ここにいないメンバーと一緒に特別な普通のイベントをやりたいです」(津田美波さん)

「変わらない毎日、いつもそこにある日常がコンセプトとしてありますが、『ゆゆ式』はずっと私と一緒にあるものだなと思っているので、イベントでもいつもの毎日を過ごせたことが楽しくて嬉しかったです。先のことは分からないですが、皆さんが応援してくれる限り『ゆゆ式』は終わらないと思います。種ちゃんや堀江さんと、全員でステージに立つことを楽しみにしています。そのときはぜひ駆けつけてください」(大久保瑠美さん)

フィナーレは、OVAのEDテーマ「青空のつくりかた」を、会場のお客さんと一緒に大合唱。会場を埋め尽くした青いペンライトに、「縁ちゃんが一緒に歌ってるみたいだね」と、ゆゆ式らしい心のこもった歌唱となった。

これで終演かと思いきや、さらにもう1曲『ゆゆ式』のOPテーマ「せーのっ!」をみんなで歌って、『ゆゆ式 情報処理部課外活動 2017』を締めくくり。ステージからも会場からも「ありがとう」の声が上がる、最後まで作品愛に溢れた、ゆゆ式らしいイベントとなった。

ニュース:安野希世乃・誕生日である7月9日(日)に本人も参加するアルバム先行試聴会の参加者を募集!!

安野希世乃本人の誕生日である7月9日(日)に実施するアルバム先行試聴会の参加者を募集!!

安野希世乃の1stソロアルバム「涙。」を、リリースより一足先に全曲ご試聴頂けるスペシャルイベントの参加者募集を6月2日(金)18:00よりスタートする!!


<安野希世乃1stミニアルバム「涙。」~お誕生日記念*特別先行試聴会~>
日時:2017年7月9日(日)
・1回目:開場12:30/試聴会スタート13:00~
・2回目:開場14:30/試聴会スタート15:00~
会場:ビクターエンタテインメント 10F大会議室にて
内容:アルバム「涙。」全曲試聴+本人登壇によるミニトークコーナー
出演者:安野希世乃
応募期間:2017年6月2日(金)18:00 ~ 6月19日(月)23:59まで
当選発表:抽選のうえご当選された方へ、2017年6月30日(金)までにメールにてご連絡いたします。
応募方法:フライングドッグの公式サイトからご応募できます。応募フォームへ必要事項をご記入のうえ、ご応募ください!!
http://www.jvcmusic.co.jp/flyingdog/kiyono-yasuno/event/


1stミニアルバム「涙。」
発売日:2017年7月26日
価格:
初回限定盤(CD+DVD) :VTZL-127 3,400円+税
通常盤(CD):VTCL-60451 2,400円+税


安野希世乃公式ブログ:
http://ameblo.jp/kiyono-yasuno/

安野希世乃Official Twitterアカウント:
https://twitter.com/Yaskiyo_manager

TVアニメ「異世界食堂」公式サイト:
http://isekai-shokudo.com/