アニメ:TVアニメ『ガーリッシュ ナンバー』アイドル声優ってこんな感じなの?見れば少しでも声優業界に詳しくなれる?2016年10月放送開始!

GNキー

2016年10月から、TBS/BS-TBS系列で放送が開始されるTVアニメ「ガーリッシュナンバー」。この作品は、小さい子供が将来なりたい職種として挙げる機会も多くなった声優業界をモチーフにしたテレビアニメ。

人気作家、渡 航原案の注目アニメを、声優ファンも声優に興味を持ち始めた人も、是非観て欲しい。


<ストーリー>
渡 航×QP:flapperが贈るアイドル声優お仕事ストーリー

かわいい外見と世を舐めきったメンタルを持つ女子大生・烏丸千歳。

夢と希望と野心を抱いて踏み込んだ声優業界で、彼女が目にしたのは、おかしな業界のシビアな現実の数々だった――。

仕事なし×やる気なしの新人声優・千歳に、人気声優への道は開けるのか!?


<キャラクター>
・烏丸千歳:千本木彩花
見た目はかわいいが性格はクズな新人声優。調子に乗りやすく凹みやすい。モブ役ばかりの現状に危機感がある。

・久我山八重:本渡 楓
千歳とは声優養成所の同期で友人。天然のあざとさが一部女性から嫌われている。年がら年中ダイエット中。

・片倉京:石川由依
千歳と同じ事務所に所属する関西弁のお姉さん。売れていないのでバイトを掛け持ちしている。

・苑生百花:鈴木絵理
アイドル声優ミュージシャンとして活躍する高校生。両親は業界の大物で、そのこともあって性格は生意気。

・柴崎万葉:大西沙織
役者への憧れが強い意識高い系声優。売れっ子だがラノベアニメや役者以外の仕事をやらされる現状が不満。

・九頭P:中井和哉
アニメ作品を企画・制作する敏腕(?)プロデューサー。外見はチャラく、中身もなかなかにチャラい。

・烏丸悟浄:梅原裕一郎
千歳の兄にしてマネージャー。仕事を舐めきった妹の態度に頭痛が絶えない日々を過ごしている。

・十和田AP:江口拓也
九頭Pを補佐するアシスタントプロデューサー。温和な性格で、上司がチャラい分(?)、仕事ぶりは真面目。

・難波社長:堀内賢雄
声優事務所・ナンバーワンプロデュースの社長。豪快でノリの良い性格。


<放送情報>
TBS:10月6日(木)深夜2時28分から放送予定
サンテレビ:10月7日(金)深夜0時00分から放送予定
BS-TBS:10月8日(土)深夜1時30分から放送予定

<連載情報>
・電撃G’sマガジン:
小説連載中
・電撃G’sコミック:
ストーリーコミック&スピンオフコミック連載中
・G’sマガジン.com:
WEB4コマ『ガーリッシュ ナンバー 修羅』連載中


<キャスト>
烏丸千歳:千本木彩花
久我山八重:本渡楓
片倉 京:石川由依
苑生百花:鈴木絵理
柴崎万葉:大西沙織
九頭P:中井和哉
烏丸悟浄:梅原裕一郎
十和田AP:江口拓也
難波社長:堀内賢雄

<スタッフ>
原作:Project GN
原案・シリーズ構成:渡 航
キャラクター原案:QP:flapper
監督:井畑翔太
キャラクターデザイン:木野下澄江
美術監督:峯田佳実
デザインワークス:石川雅一
LO監修:益田賢治
色彩設計:林 由稀
撮影監督:伊藤康行
編集:小島俊彦
アニメーション制作:ディオメディア


<オープニングテーマ>
「Bloom」
歌唱:ガーリッシュ ナンバー
(2016年11月2日CDリリース予定)

<エンディングテーマ>
「今は短し夢見よ乙女」
歌唱:ガーリッシュ ナンバー
(2016年11月30日CDリリース予定)

※「ガーリッシュ ナンバー」
烏丸千歳(cv.千本木彩花)
久我山八重(cv.本渡楓)
片倉京(cv.石川由依)
苑生百花(cv.鈴木絵理)
柴崎万葉(cv.大西沙織)


ガーリッシュ ナンバー 第1巻<イベント優先販売申込券付 初回限定版>
発売日:2016年12月21日
価格:6,800円+税
<初回限定版特典>
・イベントチケット優先販売申込券(昼の部)
・シナリオブック(第1、2話 著:渡 航)
・QP:flapper描き下ろしアウターケース
・アニメ描き下ろしインナージャケット
・ナンバーワン ボイス1月号(ライナーノーツ)
・烏丸千歳ピンナップ


公式HP
http://www.tbs.co.jp/anime/gn/

公式Twitter
https://twitter.com/gn_staff

©Project GN/ガーリッシュ ナンバー製作委員会

ニュース:ポニーキャニオン50周年記念・P’s LIVE TORANOMON SP、ぽにきゃん50周年イベント後夜祭ほか

Print

人気映像・音楽メーカーであるポニーキャニオンが創立50周年を記念し、ポニーキャニオン創立50周年特設サイトが公開され、イベント内容も発表された。

こちらのサイトでは、ポニーキャニオン50周年を祝して、多くのイベントが開催される。是非、全部の情報に目を通して頂き、お目当てのイベントを見つけて欲しい。

10月1日に創立50周年を迎えるポニーキャニオン。今年をメモリアルイヤーとして、これまでご支援頂いた皆様に感謝し、総合エンターテイメントカンパニーとしての新しいポニーキャニオンを広く知って頂くため、様々なイベント・企画を実施する。特設サイトでは記念イベントやグッズなどの情報を随時公開していく。

ポニーキャニオン50周年特設サイトURL:
http://50th.ponycanyon.co.jp


●Contents
Program
○タイトル:
ポニーキャニオン50周年50時間連続放送「ポニキャン50TV(ぽにきゃんごーてぃーゔぃー)」
○日程:
10/8(土)12:00
~10/10(月)14:00(50時間放送)
○キャッチコピー
音楽・映画・バラエティ・アニメから虎ノ門コラボグルメまでイッキ見の50時間!
○概要
ポニーキャニオンの音楽・映画・バラエティ・アニメから虎ノ門コラボグルメまでを一気に楽しめる特別番組を50時間連続で放送します!笑いあり、涙あり、セクシーあり(!?)となんでも楽しめる50時間です!
○ニコニコ生放送URL:
http://live.nicovideo.jp/watch/lv274683239
○LINE LIVE URL:
https://live.line.me/r/channels/499/upcoming/33302


●Event
○タイトル:
ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭~PONY CANYON 50th Anniversary Special~
○日程: 10/8(土)@ニッショーホール
17:30開場/18:00開演
○キャッチコピー
ポニーキャニオンの50周年を祝う、アイドルたちによるお祭り!
○概要
ポニーキャニオン所属のアイドルが一堂に集結するニコニコ生放送のアイドル番組「ぽにきゃん!アイドル倶楽部」のスペシャルイベントを開催します!今回はアイドル倶楽部のメンバーが50周年を記念して盛大なFES形式でライブを行います!
○出演者:
ベイビーレイズJAPAN
バンドじゃないもん!
マジカル・パンチライン
さんみゅ~
がんばれ!Victory
Ange☆Reve
クロユリfrom夏の魔物

BRJ
banmon
majipan
sanmyu
(小)十代発表A写
Ange☆Reve
kuroyuri

○公式サイト:
http://idol.ponican.com/
○チケット販売URL:
http://w.pia.jp/t/pc-idolclub/


●Event
○タイトル:
P’s LIVE TORANOMON SP~50th ANNIVERSARY~
○日程:10/9(日)@ニッショーホール
1.12:30開場/13:00開演
2.15:30開場/16:00開演
3.18:30開場/19:00開演
○キャッチコピー
LOVE&P’s!人気声優&アーティストが共演する虎ノ門スペシャルライブ!
○概要
ポニーキャニオンに所属する声優アーティストが出演するライブイベントP’s LIVE!そんなP’s LIVEが今回50周年記念スペシャル版として虎ノ門で開催されます!ここでしか見られない声優アーティストによるスペシャルなライブをお楽しみ下さい!
○出演者:
竹達彩奈
三森すずこ
遠藤ゆりか
内田真礼
MICHI
久保ユリカ
和島あみ
(※各回によって出演者が異なりますので下記URLでご確認ください)
竹達彩奈web用アー写
三森すずこ_Toyful Basket_1_web
遠藤ゆりかアーティスト写真縦位置
内田真礼_A_01_web
【メイン】A写MICHI_SprintfortheDreams_art
【久保ユリカ】2ndSG アー写 WEB
和島あみ2nd_artist_main_yoko_s
○チケット販売URL:
http://special.canime.jp/50th/


●Event
○タイトル:
ぽにきゃん50周年イベント 後夜祭 – 昼の部 -『ACTORSイベント~天翔学園番外編~』
○日程:10/10(月)@ニッショーホール
12:00開場/12:30開演
○キャッチコピー
男性声優×ボカロの人気コラボ『ACTORS』がポニーキャニオン50周年イベントに登場!!
○概要
私立天翔学園の生徒・先生たちを男性声優が演じ、人気ボーカロイド曲を歌唱する新たな歌ってみたCD『ACTORS』。普段のイベント内容とは一味違う、50周年記念イベントに相応しいバラエティ豊かな内容でお届け♪
○出演者:
高橋直純
野島健児
速水奨
緑川光

○チケット販売URL:
http://special.canime.jp/actors/


●Event
○タイトル:
ぽにきゃん50周年イベント 後夜祭 – 夜の部 -『みんなで歌おう♪ P’s ANISON SHOUT NIGHT -ULTRA MEGA MIX- 』
○日程:10/10(月)@ニッショーホール
17:00開場/17:30開演
○キャッチコピー
怒涛のアニソンメドレーをみんなでシャウト!
○概要
50周年イベントの最後を飾る、グランドフィナーレ!大ヒットアニソンを出演者と一緒にシャウト!アニソンDJあり、ヲタ芸あり、鳴り物、光り物、なんでもあり。全員参加で盛り上がる、怒涛のアニソンメガヒットメドレー!!
○出演者
井上喜久子
田中真弓
野島健児
吉田尚記(ニッポン放送)
アニソンディスコ
PCF(DJけいたん from RAB(リアルアキバボーイズ)/ただのん/暴徒)
ギニュ~特戦隊
他…シークレットゲストあり!
○チケット販売URL:
http://special.canime.jp/50th/


●Event
○タイトル:
ポニーキャニオン創立50周年記念スペシャル・アニバーサリー・ステージ
○日程:10/8(土)
13:30開演
○キャッチコピー
創立50周年を迎えたポニーキャニオンのアーティストたちが増上寺のステージに登場!
○概要
50周年を記念し、みなと区民祭りとのコラボレーションライブ!ポニーキャニオン所属のアーティストが、自身の代表曲はもちろん、50年間を彩ってきた過去の名曲を特別にカバーし、老若男女全ての皆様が楽しめるスペシャルなライブを披露します!
○出演者:
吉田山田
つるの剛士
城南海
奥華子

47【ヨンナナ】アー写確定_small
(小)つるのうた35メイン
kizuki_ap_s
okuhanakoOmoide_MAINsmall


■Book
○タイトル:トラぺこ
○日程:9/30(金)発売
○キャッチコピー
虎ノ門の㊙情報が満載!スペシャル対談やコラボメニューも掲載のおトクBOOK!
○概要
虎ノ門のカフェ・グルメ・パワースポットなどの情報はもちろん、アーティストが考案した「トラぺこ」オリジナルコラボメニューや、虎ノ門㊙スポットでのここでしか聞けないコラボトークなど情報盛りだくさんの1冊!虎ノ門エリア20店舗で使えるクーポン付き!
H1_A
○出演者(掲載アーティスト)
叶姉妹×三森すずこ
内田真礼×MICHI・花守ゆみり・遠藤ゆりか
つるの剛士×城南海
w-inds.×Lead
奥華子×竹達彩奈
下野紘


■Goods
○タイトル:50周年記念グッズ
○日程:10/8(土)より順次発売開始
○キャッチコピー
50周年記念アーティスト・イベントコラボ限定グッズ販売!
○概要
ポニーキャニオンの50周年を記念したスペシャルなグッズを販売します!アイドル倶楽部のコラボTシャツ、P’s LIVEのコラボTシャツ、そして「Happy」をテーマに声優アーティストが考案したオリジナルデザインのTシャツを販売します!
○グッズ
ぽにきゃんアイドル倶楽部×50周年コラボTシャツ
P’s LIVE TORANOMON SPコラボTシャツ
三森すずこ×50周年コラボTシャツ
竹達彩奈×50周年コラボTシャツ
内田真礼×50周年コラボTシャツ
久保ユリカ×50周年コラボTシャツ


<「ポニキャン50TV(ぽにきゃんごーてぃーゔぃー)」番組詳細>
■10/8(土)放送番組
1.ポニーキャニオンの秘蔵っ子・永野ちゃんと仲間たちが送る「ポニーキャニオン50周年」を祝う集会
出演者:
永野
浜辺のウルフ
シオマリアッチ
ザ・ツイスターズ
パーティ内山
カミナリ
あがすけ
番組概要:大ブレイク中・永野のネタはもちろん、グレープカンパニー所属の注目の若手芸人達のネタを披露!さらに、ポニーキャニオン50年の歴史を振り返りながら盛大にお祝い!


2.ぽにきゃん!アイドル倶楽部感謝祭舞台裏中継
出演者:
吉田尚記(ニッポン放送)
ベイビーレイズJAPAN
バンドじゃないもん!
マジカル・パンチライン
さんみゅ~
がんばれ!Victory
Ange☆Reve
クロユリfrom夏の魔物
番組概要:「ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭~PONY CANYON 50th Anniversary Special~」の舞台裏をニッショーホールから生中継。


3.w-inds. × Lead スペシャルマッチ
出演者:
w-inds.
Lead
番組概要:w-inds.× Lead による夜会!メンバー6人によるニコ生特番が遂に実現!デビュー15周年のw-inds.とデビュー15年目のLeadのスペシャルマッチ!15年の時を経て見せる彼らの世紀の一戦を見逃すな!!お楽しみに♪


4.吉田山田×ブリーフ&トランクス 即興ソング祭
出演者:
吉田山田
ブリーフ&トランクス
番組概要:吉田山田とブリーフ&トランクスでポニーキャニオン50周年を祝したテーマソングを視聴者からのキーワード等を基に即興で作成。即興ソングに定評のある(?)二組からどんな名曲、迷曲が飛び出すか、乞うご期待!


■10/9(日)放送番組
5.叶姉妹のファビュラスナイト
出演者:
叶姉妹
番組概要:愛の伝導師叶姉妹をホストに、視聴者のお悩みなどを解決していくトーク番組。
夜のお供に最適な乙女向けシュチュエーションドラマも紹介。


6.P’s LIVE TORANOMON SP楽屋トーク
出演者:
竹達彩奈
三森すずこ
遠藤ゆりか
内田真礼
MICHI
久保ユリカ
和島あみ
司会:
三上枝織、大坪由佳
番組概要:10/9(土)ニッショーホールで開催の50周年記念ライブ「P’s LIVE TORANOMON SP」のスペシャル企画として、出演者の中から数名が楽屋トークを生放送でお届けします!P’s LIVE01と02に出演した三上枝織さんと大坪由佳さんが司会として登場します。


7.SHOW BY ROCK!!特番にこにゃま
出演者:
稲川英里
沼倉愛美

番組概要:「SHOW BY ROCK!!」とは サンリオ発のゲーム・アニメファン向けのバンドをテーマとしたキャラクタープロジェクト。10月2日よりTOKYO MXほかにて第2期放送開始!そんな「SHOW BY ROCK!!」の特番にこにゃま♪


8.響け!ユーフォラジオ~ポニーキャニオン50周年を祝う音楽会
出演者:
朝井彩加
豊田萌絵
藤村鼓乃美
山岡ゆり
種﨑敦美
番組概要:10月より放送開始のTVアニメ『響け!ユーフォニアム2』。第1期「響け!ユーフォニアム』の放送時、大好評のうちに幕を閉じたニコ生番組「響け!ユーフォラジオ~MCのいない音楽会~」のポニーキャニオン50周年記念バージョンでお届けします!
そして、次の曲が始まるのです!


9.“生”島ジェーン
出演者:
上島竜兵
肥後克広
野呂佳代
マッコイ斉藤

番組概要:映画「上島ジェーン」シリーズ主演俳優・上島竜兵さん、助演俳優・肥後克広さん、助演女優野呂佳代さん、そしてシリーズの監督を務めたマッコイ斉藤さんによるトーク番組。


10.MILOU(ミルゥ)「私だけ?相談室」生放送スペシャル
出演者:
脊山麻理子
遠野なぎこ
OLIVIA(ラブライフアドバイザー)
喜田直江(なおえビューティークリニック院長)
男性特別ゲスト(予定)
番組概要:女性向け動画配信サービス「MILOU(ミルゥ)」内での人気番組「誰にも言えないオンナの悩みに答えます!私だけ?相談室」の生放送スペシャル番組。セックスやカラダの悩み、パートナーとのトラブルなど、「誰にも言えないオンナの悩み」に各界で活躍するプロが答えます。オンナたちの赤裸々な「性」の事情が明らかになる「大人の女性専用の保健室」です。


■10/10(月)放送番組
11.「オフィス北野ファンクラブ」
出演者:
馬鹿よ貴方は
マッハスピード豪速球
ランジャタイ
《スペシャルゲスト》
グレート義太夫
吉田宏プロデューサー(イースト・エンタテインメント)
番組概要:”馬鹿よ貴方は”が事務所を代表してニコ生に登場!大尊敬するビートたけしさんのDVDを見ながら目指す芸人象を仲間たちと語り、最新ネタも披露!スペシャルゲストに大先輩グレート義太夫さん、吉田宏プロデューサーも登場!


ポニーキャニオン50周年特設サイトURL:
http://50th.ponycanyon.co.jp

レポート:「羽多野渉 5th Anniversary Project記者発表会」4000文字超えロングレポート

DSC00398

2016年9月5日 21:00、都内某所にて羽多野渉さんの音楽活動5周年記念「羽多野渉 5th Anniversary Project公開記者発表会」が行われました。こちらの内容は、ニコニコ生放送でリアルタイムに中継され、多くの方が視聴されました。

今回の出演者は、羽多野渉さん、司会の大橋隆昌さん、エイベックス・ピクチャーズの田中宏幸プロデューサーの三人が登壇されました。

放送開始前に、主役の羽多野さんが会場に姿を現し、当初はリラックスした様子も見られましたが、開始の時間が近づくにつれ、普段は見せないような緊張された面持ちで、放送がスタートしました。

番組が始まり、最初は羽多野渉音楽活動5周年と言う事で、この5年間を「前半はこれまでの5年間を振り返る。」と「後半はこれからを展望する。」の二つのパートに分けて、展開されました。

前半では、「音楽コンセプト」、「音楽制作エピソード」、「声優とアーティスト」の三つに分けて、話が行われました。


最初に羽多野さんと田中さんが思っている羽多野渉の音楽コンセプトの話となり、お互いに事前にフリップにどういうコンセプトで行ってきたかを披露。

・羽多野さん:「温度を伝えられる音楽」をやりたい。
・田中さん:声優羽多野渉 →(1st~3rd +羽多野)、(4th +アニメ)
と書かれたフリップを出されました。

羽多野さんについては、普段はセリフで温度を伝えているけど、歌でも温度を伝えたい。という考えを持っており、(1stの楽曲の制作に当たって)沢山の方が話し合いをして下さって、ヒアリングをして頂いた。という事で、曲については1stは(これらの作業があった上で、)コンペの中から楽曲を選ぶ形だった。イントロから惚れた曲を選んだ。との事。また、音楽活動でも羽多野渉らしさを。故郷を思い出すような感じという話をされていました。デビューから一年くらいは色々検討を重ねて行ってきたとのこと。

田中さんの出したフリップの説明では、軸は「声優・羽多野渉」。CDの1枚目から3枚目までは、音楽活動に向いている声優だったので、羽多野さんのキャラクターを活かして、音楽を作ろうと考えていた。ちなみに、デビューから現時点では、24曲が制作されているそうです。

司会の大橋さんから質問で、「1曲目はコンセプト通りだったのでは?」という言葉については、羽多野さんが答え、3枚目までは、羽多野渉らしさが出ていたと思う。故郷の長野を思い出すような感じだった。と述べられました。

この時には、多少田中プロデューサーが羽多野さんの緊張を解そうと、羽多野さんが演じてきたキャラクターに関する雑談なども交えて行われておりました。

その後、田中プロデューサーは、「最初は丁寧に、ファンの皆さんにそっぽ向かれないように、最初からヘドバンしている感じでは無く。」との事で、1stから3rdまでは羽多野さんに合わせた曲調で作られていたとのこと。逆に4枚目からはアニメの作品ともタイアップがあったので、アニメの作品のリンク感を出し、作品との繋がりも考えられていたそうです。

アニメ作品とのリンクの関連で、羽多野さんはアニメとのタイアップはチャレンジ、チャンスを頂いた。4th「Hikari」(ハマトラOP)はそれまでド・バラードだったのが、ロックで、どうしたらいいか分からなかった。と迷いもあったそうですが、他の方からの評価としては、ワンランク皮を剥けられていた感じだったようです。


DSC00338

話も盛り上がってきたところで、丁度次の話題に繋がりそうだったので、大橋さんから、PVを見ながら話を促され、見ながらエピソードを振り返りました。

最初に、PV「はじまりの日に」が映像として映され、「はじまりの日に」は制作については短編の映画になっていて、2日間かけて撮影をした。映画の予告編のような形で作った。(制作が)6年の月日(デビュー以前から収録作業をしていたので)に驚いた。という話が印象的でした。

この時のPVがきっかけで、ライブでギターを使うきっかけになったそうです。ちなみに、こちらのPVは「神☆ヴォイス」オールアップ後だったそうです。

PVについても、4th Singleから方向性が変わり、MV:「Hikari」では、広い屋内施設で、バンドが入って、現在では珍しくないかも知れないが、当時としては最先端のドローンを使って、空撮を試みたそうです。倉庫の中で天井までギリギリで上がっていく。リアルな煙やハレーション。CGではない事を強調されていました。

4thからは、田中プロデューサーの話として、「2013年からかな?エイベックス、DiveII、羽多野渉というタッグで3枚、ハマトラのタイアップがあって、色んな方から前からお付き合いのある役者さんから、羽多野さんをいじって貰った。ハマトラの放送直前のイベントとかで。」と言う事で、3rdまでと4thまでは、違う発想で作られるようになったというのが印象的だったと思います。

4thについても、ハマトラとのタイアップで、イベントでハマトラに出演の先輩。神谷浩史さん、中村悠一さん、福山潤さん、後輩の加藤英美里さん…。ハマトラの応援をしようという感じで、イベントで弄って貰ったというエピソードを披露されていました。

続いて、MV:「覚醒のAir」の話で、羽多野さんは視力が裸眼で両目1.5と視力が良いので、今まで目にコンタクトを入れたことが無かったそうですが、目の色を変えたいと映像監督に提案したところ、CGでは無く、カラーコンタクトを入れて下さいと言う事で、初めての体験をされたそうです。


ここで、一旦MVからは話は離れ、メッセージで作曲家:山下洋介(4thまで編曲担当)さんからのメッセージが披露されました。山下さんは羽多野さんと同年代で、羽多野さんの音楽活動初期を支えてくれた方で、その時のエピソードを羽多野さんが披露。個性的なボイストレーニングを披露され、個性的だが、効果がある話をされていました。

メッセージの紹介の後は、羽多野さんの音楽活動史が大橋さんから披露され、当初は田町の会場で200人から初めて行った物も、フェスやイベント、ライブを重ね、フリーライブでも東京・お台場のVenus Fortで会場側から2000人を動員したイベント(通常は700人程度)など、回数を重ねるにつれて、環が大きくなっていることを実感されていました。


DSC00261

そして、最後の「声優とアーティスト」については、アーティストとはなんぞや?自問自答。自分の中で考えを作っていった。声優で同じ活動をしている人と色んな出会い、色んな話を聞き、色んな経験を得て、一緒のステージに立って、声優としての生き方の中に音楽活動が入っているという事に気付いた。究極の目標は羽多野渉が音楽で、声を届けられるか。表現が出来るか。その中には個人の活動もあるし、キャラクターソングとしての活動も やれたらいいと考えられているそうです。

ここで、羽多野さんのこれまでの活動について、振り返りが出来たので、小休止してから、発表と質疑応答が行われました。


DSC00392

Project 1 ライブツアー2017開催決定
・ライブツアー2017開催決定 2度目のライブツアー、詳細は後日発表。
11月23日発売「ユーリ!!!! on ICE」エンディングテーマシングル「You Only Live Once」にイベント優先申込券封入

Project 2 初のLive DVD発売
「Wataru Hatano Live 2016 “Synchronicity” Live DVD」
2016年2月7日に川崎CLUB CITTAで行われた「Wataru Hatano Live 2016 “Synchronicity”」の夜の部を本編として収録
2017年1月25日 7500円+税

Project 3 Artist Book
・初のアーティストブック発売決定
5周年の集大成、KADOKAWA ニュータイプから発売決定

Project 4 キャラバンはフィリアを奏でる/Photobook付「世界と時空を旅する」
・ミニアルバム「キャラバンはフィリアを奏でる」発売決定
テーマ:世界と時空を旅する

Project 5 ユーリ!!!! on ICEエンディングテーマシングル発売
・2016年秋放送ユーリ!!!! On ICE ED「You Only Live Once」11月23日発売


<質疑応答>
・12月にアーティストデビュー5周年を迎えますが、5年後の抱負
「一つの区切りではあるけど、有り難い事に声優をやらせて頂いて、声優が歌う意義の有る楽曲を本当にいつも頂いている。この流れはこのままでいきたい。更に今まで挑戦したことの無かった音楽ジャンルに羽多野渉を形作る物って何だろう。音楽制作で探求などをやらせてもらっている。一生懸命やっていこうと思っています。」

・「キャラバンはフィリアを奏でる」のフィリアとは古代ギリシャ語で、親愛という意味だが、羽多野さんにとっての親愛とは?
「色んな形で友愛・親愛・フィリアですが、色んな所で感じさせて貰っている。それは、家族に対する親愛、役者仲間、スタッフ、色んな方に感じている。今回のこのアルバムを企画したときには、今までであってきた作家さん達との親愛、友情を音楽でこのタイトルで、先ほど話をして下さった田中さんに「羽多野君はフィリアだね。」と食事をしているときに言われた。凄く嬉しかった。ずっと、羽多野渉とはどんな人間なのかというコンセプトで一緒に作ってきた。五周年記念と言う事で、与えて下されば、仲間達に対しての友情で有り、信頼です。」

・発表された新しいSingle「ユーリ!!!! on ICE」EDテーマの曲について
「つい先日、レコーディング終わったばかり。通常、いつも曲の収録は時間が違うが、今回の楽曲は今まで歌ってきたキャラクターソングと類似しない、新たな世界。
作品との親和性があるが、PIANOさんという若い音楽制作チームの方達が、最先端の音楽を制作されていて、楽曲を提供されている。一つずつ、丁寧にアドバイスをして下さる。今までの楽曲の中で一番英語の歌詞が多い。英語の発音を一つ一つ調べながら行った。
自分の声と言うのが一つの音楽を作る上で素材になる。自分の声がどんな風に 非常に楽しみで有り、色んな声をレコーディングしました。一時期、アルバム「W」の時にヒャダインさんに作って貰った、色んな羽多野渉の声を素材にして、仕上げて頂いた。
作品の雰囲気を頂いた上で、自分の声を素材にした。自分自身もどういう風で完成するか分からない。完成を皆さまも楽しみに待って頂いていると思いますが、僕自身も楽しみにしています。」

・羽多野家のムギちゃんについて
「お陰様で、羽多野渉公式Twitterはムギの育成日記になっている。本来は音楽活動の情報を発信するためにTwitterを始めた。スタッフが作ってくれた。途中から、ムギが可愛くて仕方無い。Twitterを遡って写真を見るとムギの成長が分かる。今、夏ですから、凄い暑い日ですけど、朝から晩までエアコンを効かせてきている。ゆっくりしていると思う。安心して下さい。ご飯は自動で出るようにしています。夜の仕事をしている時に一瞬心配になるが、最先端技術を信じています。また、ムギと一緒にやっていこうと思います。」

・ムギのフォトブックは出ませんか?
「まずは(羽多野渉さんが)先で。」


質疑応答終了後は、羽多野さんと一緒に仕事をしている作家の方からのメッセージが続き、レコーディングの時の話として、大体のアーティストの方はトラックダウンという音楽の編集作業において、プロの方に一任することが多いそうですが、羽多野さんの場合はその編集作業に立ち会い、作業をして、スタッフの方と強い親愛を深めているという話は印象的だったと思います。


時間も予定時間となったので、最後に羽多野さんから挨拶として、
「本当に立て続けに情報を皆さんにお届けしたのでまだ整理し切れていないところも有ると思いますが、少しずつ準備を重ねてきました。これからも準備をしながら、沢山歌わせて頂きたい。スタッフと出会い、キャラクターと出会い、音楽と出会い、、一つ一つ大事にしていきたい。これからも是非羽多野渉を応援宜しくお願いします。本日はありがとうございました。」

羽多野さんからの挨拶が終わり、公開記者会見は幕を閉じました。