イベント:OLDCODEX Single Collection「Fixed Engine」 Releasing live in アニメイト

OLDCODEX リリースイベント
開催場所/開催日/開演時間
都内某所【ライブ会場】 2016年06月08日(水) 19:30
アニメイト札幌【ライブビューイング】 2016年06月08日(水) 19:30
アニメイト仙台【ライブビューイング】 2016年06月08日(水) 19:30
アニメイト池袋本店【ライブビューイング】 2016年06月08日(水) 19:30
animate hall SHINJUKU(アニメイト新宿 B2F)【ライブビューイング】 2016年06月08日(水) 19:30
アニメイト横浜【ライブビューイング】 2016年06月08日(水) 19:30
アニメイト大阪日本橋5F イベントホール【ライブビューイング】 2016年06月08日(水) 19:30
アニメイト広島【ライブビューイング】 2016年06月08日(水) 19:30
出演:OLDCODEX
内容:ミニライブ
応募券入手方法:
下記の対象商品のいずれかを、全国アニメイトにて、ご予約(全額内金)下さいましたお客様に、シリアル番号入りのイベント応募用紙をお渡し致します。
応募用紙に記載されている申し込み期間内に「CLUB animate」内「エントリープログラム」の受付専用ページよりお申込みください。
【対象商品】
2016年6月8日(水)発売CD
・OLDCODEX Single Collection 「Fixed Engine」【BLUE LABEL】/LACA-35560 3,800円+(税抜)
・OLDCODEX Single Collection 「Fixed Engine」【RED LABEL】/LACA-35561 \3,800円+(税抜)
・OLDCODEX Single Collection 「Fixed Engine」【GREEN LABEL】/LACA-15560 \2,800円+(税抜)
<応募方法>
応募用紙に記載されている必要事項をご記入の上、下記宛先へご応募下さい。
■応募宛先
〒173-0021 東京都板橋区弥生町77-3
株式会社アニメイト OLDCODEX Single Collection「Fixed Engine」 Releasing live 応募係
厳選なる抽選の上、当選者の方のみイベント参加のために必要な当選はがきをお送りさせて頂きます。
<応募要項>
・CLUB animateの登録情報・イベントの申し込み内容等に不備があった場合無効にさせて頂く場合がございますので、予めご了承下さい。
・抽選結果は当選された方にのみ当選通知をお送りさせて頂きます。※落選された方への通知はございませんので予めご了承下さい。
・電話等による当選結果等についての質問はお答え致しかねますので、予めご了承下さい。
申し込み受付期間 【2016/5/16(月)23:59まで】
※ハガキの方は2016/5/16(月)必着
<注意事項>
※当選ハガキの発送は【2016年5月20日(金)前後】を予定しております。また当落に関するお問い合わせにはお答えしかねます。
※対象商品のご予約は受付開始いたしております。
※本イベントはライブ本会場に限り、ご入場いただく際に本人確認を実施いたします。
当選ご本人様は当日、下記のものをお持ちください。
万が一、ご持参頂けない場合は、入場をお断りさせていただきます。予めご了承ください。
①当選ハガキ
②写真付公的本人証明書
【運転免許証,パスポート,学生証,写真付き住基カード 等。
写真付き の公的本人証明書が無い方は、健康保険証や住民票、公共料金(世帯主名義でも可能)の支払明細書等の現住所確認が出来る公的書類を2点以上)】
応募券配布店舗: 全国アニメイト各店

編集部コラム:アニラジはニコニコ動画で生き残れるか?

2016年4月の文化放送のラジオ改編をきっかけに少し動きが発生しました。それというのも、今までラジオの配信は超!A&G+が主体だったセカンドショットが枠の時間が悪いと言うことで、19:30に放送した内容を22:00にニコニコ生放送で再配信する事になりました。

これは、過去にシーサイド・コミュニケーションズも文化放送から秋葉原のラジオ会館が行うラジオプラットフォームに移行しようとしていましたが、頓挫して文化放送に出戻り、今も実験的にニコニコ動画で番組を配信していますが、文化放送から離れるかはまだ時間がかかりそうです。

何故、文化放送から離れたがっているのかというと、番組の制作費は30分番組の場合、100万円弱かかると言われています。そのうちの大部分が放送局への電波料が占めており、それがかなり重しになっているというのは聞きます。しかし、文化放送に限らず、音泉や響もそんなに変わらないらしいので、配信するのであれば多くの人に聞いて貰える所が良いと思います。

現在、文化放送で違法動画撲滅キャンペーンをしていますが、これは昔から文化放送の番組がニコニコ動画に違法アップロードされているのと、TPPという世界的な条約みたいなものを日本が合意することによって、著作権の非親告罪化と言う事で、権利者以外でも違法行為を見つけたら通報して、取り締まって貰う事ができるというような事があるので、違法アップロードしている人も警察に捕まりますが、違法動画も一斉に消えていく可能性があります。余談として、MAD動画も違法動画に分類されるので、無くなる可能性が高いでしょう。

シーサイド・コミュニケーションズやセカンドショットは文化放送離れを見せていますが、実際の所は無理な可能性が高いと思います。それというのも、文化放送は聞いていれば番組が探せること、音泉や響もアクセスすればどの番組があるのかは分かりますが、ニコニコ動画は別にラジオを優遇する事はしていないので、番組を見つけるキーワードを知っていないと行けませんが、シーサイド・コミュニケーションズとセカンドショットのファンで無ければ見つけるのは難しいでしょう。起用しているタレント名はあまり宛に出来ないのでは無いでしょうか。

各社の戦略は分かりませんが、一つは有料コンテンツにする事も考えられます。一時期、ニコニコチャンネルの資料が出回っていましたが、トップクラスはアイドルマスターのラジオで、各5000人の会員を確保していました。次いで、Lady Go!!、れい&ゆいのホームランラジオで3000人程度だったと思います。

しかし、今まで無料で提供されていた物が有料で提供される事は、かなり心理的ハードルが高い事と、アニラジは学生が聞いている事が多いので、学生を切り捨てると一気に人気が無くなることも想定されます。有料にする事で、リスナーを減らす事と人気を落とすことで、番組終了になる可能性が高くなると思います。

また、ニコニコ動画が万能プラットフォームかと言われるとそうでも無く、ニコニコ生放送の競合で無料で高画質のLINE LIVEが出てきて、そちらに流れている層も多いですし、ニコニコ動画も中国のビリビリ動画に国外ユーザーが取られていること、最大の敵のYouTubeなど、コンテンツの調達が上手く行かず、一時期の勢いは無くなってきているのでは無いかと思われます。

文化放送、音泉、響に勢いがあるかと言われれば、内部の数字を見ないと分かりませんが、ニコニコ動画は一時期の勢いが無くなってきているので、乗り換えはマイナスに動くと思われます。